映画「不良番長 手八丁口八丁」


「不良番長 手八丁口八丁」大原麗子

今回は内藤誠監督1971年製作「不良番長 手八丁口八丁」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第12弾になる。
今作のカポネ団は、国定忠治でお馴染みの群馬県赤城山に舞台を移し、コメディ・アクションを繰り広げるという内容だ。



梅宮辰夫                                                              大原麗子

【ストリー】
窃盗罪で刑務所入りしていた神坂(梅宮辰夫)以下カポネ団の面々は、暴力団中西興業に睨まれ喰いつめていたが、どうした風の吹きまわしか、中西興業社長の中西(室田日出男)から高速道路の利権問題に絡んだ土地買収の話が持ち込まれ、赤城の山で知られる上州国定村へと旅立つ。しかし、士地を所有する忠治の子孫で神主の長岡(玉川良一)はなかなか手放しそうになかった。しかし、長岡の好色ぶりに目をつけた神坂は、団員のヨーコ(フラワー・メグ)を使ってお色気戦法で迫るが、土地のヤクザ島田一家の女親分スミ(宮城千賀子)に見つかり、この一件から手を引くように脅されてしまう。ところが島田一家代貸の北原栄次(待田京介)が神坂のネリ鑑仲間だったことから、神坂は、これまでの中西の悪どさを知り、善良な市民のために立ち上ることを決心する。数日後、神坂の後を追ってきた夏子(大原麗子)も、父の復讐のために仲間に加わった。このことを知った中西は、スミを闇討ちにしてしまった。さらに、事件の核心に迫ろうと、建設会社に探りを入れ公団総裁と中西の関係に気ずいたカポネ団のサッポロ(地井武男)とヨーコをも殺してしまった。神坂は、中西への復讐の念に燃え上った。翌朝、神坂、五郎(山城新伍)、ジャブ(鈴木ヤスシ)、アパッチ(安岡力也)らは中西がいる公団事務所へと殴り込みをかけた。また北原栄次もその後を追うのだった。


「不良番長 手八丁口八丁」大原麗子

フラワー・メグ                                                          ピーター

題名:不良番長 手八丁口八丁
監督:内藤誠
企画:吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:広上益弘
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:神谷好孝
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:長谷稔
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:玉木宏樹 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
演技事務:石原啓二
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、大原麗子、ピーター、フラワー・メグ、待田京介、宮城千賀子、玉川良一、由利徹、丹下キヨ子、山城新伍、鈴木ヤスシ、安岡力也、地井武男、安部徹、室田日出男、小林稔侍、園佳也子、大泉滉
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
不良番長 手八丁口八丁 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山城新伍、安岡力也、梅宮辰夫、地井武男、鈴木ヤスシ                          待田京介、梅宮辰夫

室田日出男                                                         宮城千賀子、玉川良一

不良番長 出たとこ勝負

映画「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」


池玲子                           賀川雪絵

杉本美樹                        渡辺やよい

今回は鈴木則文監督1971年製作「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第1作目である。”スケバン”という言葉はこの映画から生まれ、”女番長”と書いて”すけばん(スケバン)”と読む事が最初になされた。主演の池玲子さんは、巨乳を惜しげもなく見せつけて初のトップレス番長を演じ、上半身ヌードにサテン地のパンタロン、プラットフォーム・ブーツを着こなし、アクションまで見せるカッコ良さで、人気を決定的にした。
(ウィキペディア参照)

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」杉本美樹

天知茂                         安部徹

【ストリー】
関西を根城にするやさぐれグループ“アテネ団”の女番長玲子(池玲子)は、真弓(杉本美樹)、サセ子(一の瀬レナ)、モコ(河崎いち子)、宏美(山田みどり)、妙子(西来路ひろみ)、宥子(渡辺やよい)、ジュン(賀川雪絵)ら団員を従えて、万引き、喧嘩、ギャンブル、自動車泥棒と非行の限りをつくしているが、そんな玲子に地元の愚連隊・北神会の巽次郎(流健二郎)はまいっていた。そして、神戸のやくざ秋本組の幹部として吸収される日を夢みて、玲子を専属の女にしようと機会をうかがっている。一方単車を駆って跳りようする学生愚連隊の杉岡英二(一ノ瀬謙)も玲子の美ぼうに目をつけ、執拗にアテネ団につきまとっている。阪神連合会長の跡目を狙う秋本組組長・秋本剛(安部徹)は勢力を拡大するための手段として、そんな北神会やアテネ団を適当に利用している。ある時、目下青春歌手No1で売出し中の篠原由紀ンマンショーが開催された。歌手を目ざして一緒に勉強したことのある妙子は、アテネ団の仲間と彼女を訪ねるが、冷たくあしらわれる。怒った妙子はトップ屋の牛島一六(山城新伍)から買った、篠原由紀(潤まり子)と代議士志水(名和宏)のスキャンダルをもとに、志水を恐喝するが、駈けつけた秋本組に袋だたきにされてしまう。怒った次郎たちは、深夜のマンションで由紀の帰りを待ち伏せし、エレベーターの中でかわるがわる凌辱してうっ噴を晴らし、赤新聞にネタを売りつけて、ひともうけした。一方、秋本組では急に三千万の金が必要となり、高利貸のご気嫌をとるため、次郎を介して、一夜玲子をその相手に当てがおうとしたが、英二たちと遊んでいた玲子は次郎との約束をすっぽかしてしまう。次郎の面目は丸つぶれだが、団の統制を乱したかどで、玲子はモーターボートにロープでつながれ水上スキーさながらのリンチを受ける。こうして高利貸からの借入れに失敗した秋本は、塩酸フェニールから1キロ2億円もする覚醒剤が作れるという事を知るや英二が秋本に盾ついたとの口実を理由に彼を人質にして父親の康平(小松方正)をゆすり、フェニールをださせようとする。トップ屋牛島からこの情報をキャッチした玲子、次郎たちは、秋本に一泡ふかせようと、現場に先廻りするが、英二を救ってフェニールの入ったカバンを奪取しようとした次郎は殺されてしまう。英二はカバンを奪い返すと玲子をオートバイに乗せ、後を追ってきた秋本の車をヘアピンカーブから崖下に落す。翌日、トップモードを身につけたアテネ団の面々は何事もなかったように町を闊歩していた。


「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」池玲子

池玲子                         渡辺やよい

題名:女番長ブルース 牝蜂の逆襲
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:小山裕久
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:温井弘司
装飾:宮川俊夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:八田富子「女番長ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:真洋士
助監督:皆川隆之
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、賀川雪絵、杉本美樹、渡辺やよい、天知茂、弓恵子、安部徹、小松方正、一ノ瀬謙、流健二郎、一の瀬レナ、潤ますみ、西来路ひろみ、河崎いち子、山田みどり、片桐竜次、山城新伍、名和宏、左とん平、由利徹、大泉滉、ピーター、梅津栄
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
女番長ブルース 牝蜂の逆襲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


流健二郎                        弓恵子

青空はるお、杉本美樹、池玲子、青空あきお

映画「薔薇の葬列」


池畑慎之介(ピーター)                  土屋嘉男

今回は松本俊夫監督1969年製作「薔薇の葬列」bestをピックアップする。
本作は松本監督、渾身の劇場用長編第1作であり、ピーターさんのデビュー作でもある。
オイディプス劇的ストリーに実験映画的要素を大胆に取り入れ、時間軸の超越で組み立てられた構成は素晴らしく、同時代の商業映画とは一線を画した秀逸な作品である。
撮影は名匠鈴木達夫氏が担当され、特にハンディカメラのショットは、まさに神業だ。
松本監督は短編映画、実験映画等を数多く手掛け、著書も多数あるが、私は「映像の発見」で大変感銘を受け、70年代に入ってから本作を新宿ATG(アートシアターギルド)で観て衝撃を受けたのを覚えている。それから40年以上経った今、当時の感動が蘇る。

残念ながら松本俊夫監督は2017年4月(満85歳没)に惜しまれつつ亡くなられた。合掌。
ニュースソース(朝日新聞デジタル)


※この撮影風景も本編に入る凄さ!キャメラはArriflex 35 ⅡC (200ftマガジン)
“虚構”と”現実”を織り交ぜながらゲイという新人類(当時は)の探求がテーマである。
このペースもまた”虚構”=”映画”であるというインサートカットだと私は解釈した。


小笠原修                        東恵美子

【ストリー】
エディ(池畑慎之介)は、ゲイ・バー“ジュネ”のNO1だったが、経営者の権田(土屋嘉男)と情事を持った。権田と同棲している“ジュネ”のママのレダ(小笠原修)は、それを知って、心中穏やかではなかった。二人の間は、冷戦から熱戦へエスカレートする。
エディは、レダを消してしまえば……と想像する。その考えは、恐ろしい母親殺しの記憶を呼び起こした。母の手一つで育てられたエディは、ある日偶然、母(東恵美子)の情事を見てしまい、発作的に母を刺してしまったのだった。厭な思い出から逃れようと、エディは、ベトナム帰休兵の黒人トニー(ドン・マドリッド)と寝る。一方、エディとレダの反目は、派手なとっくみ合いの喧嘩で頂点に達した。焦ったレダは、ズべ公に頼んでエディの美貌を傷つけようとするが、失敗。しかもその陰謀かバレ、権田に捨てられて、自殺する。エディは、権田も店も手に入れた。二人は晴れて抱き合った。が、権田は、一枚の古い写真から、エディが実の息子だったことを知り、頚動脈を切って自殺する。すべてを知ったエディは、ナイフで自分の両眼をえぐりとった。


薔薇の葬列

薔薇の葬列

「薔薇の葬列」池畑慎之介(ピーター)

題名:薔薇の葬列
監督:松本俊夫
製作:工藤充
脚本:松本俊夫
撮影:鈴木達夫
照明:久米成男
美術:朝倉摂
装飾:日本美術造形社
録音:片山幹男
音効:福島効果
特殊メイク:小林重雄
殺陣:久地明
編集:岩佐壽彌
記録:馬道子
音楽:湯浅譲二
製作主任:町田圭子
製作進行:藤沢すみ子
現像:東洋現像所
スチール:遠藤正
出演:池畑慎之介(ピーター)、土屋嘉男、小笠原修、城よしみ、仲村紘一、太田サー子、フラメンコ梅路、卍太郎、小林千枝子、東恵美子、ドン・マドリッド、小松方正、淀川長治、秋山庄太郎、篠田正浩、粟津潔、岩崎とよ子、藤田敏八
1969年日本・松本プロダクション+ATG/スタンダードサイズ・モノクロ104分35mmフィルム
薔薇の葬列 -DVD-
2017年8月現在、DVDレンタルはありません。


「薔薇の葬列」カメオ出演:淀川長治氏     小笠原修、池畑慎之介(ピーター)

「薔薇の葬列」池畑慎之介(ピーター)

1 2