映画「続・荒野の用心棒<デジタル・リマスター版>」

続・荒野の用心棒

続・荒野の用心棒(DJANGO)<<デジタル・リマスター版>>
続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
フランコ・ネロ                   ロレダナ・ヌシアク

2020年1月31日に「続・荒野の用心棒(DJANGO)<<デジタル・リマスター版>>」が全国劇場公開され2月14日にシネマート新宿(スクリーン2[60席])で観て来た。この劇場は、アート・シネマ・ギルト(A.T.G)の封切館「アートシアター新宿文化(1962年~1974年)」が立て直され、1974年に再編したものだ。
平日昼に行ったので試写室で観る様な入りで、何度も観た本作の4Kデジタル・リマスター版の細部をDCP上映で確認する事が出来た。私見では暗部の再現性はフィルムに近く、ディテールも壊れてないが、映写距離が近いせいで暗部の黒が少し浮いていた。カラーは彩度が低い気がしたが、フィルムで観たのは50年以上前になるので記憶を加工しているのかもしれない。
イタリア製西部劇の名作と言われる本作は、名匠セルジオ・コルブッチ監督によるものだが、クエンティン・タランティーノ監督2019年製作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で「イタリア娯楽映画史の最重要監督にして”マカロニ・ウエスタンで2番目に偉大な監督”」と言う台詞で紹介されている。
セルジオ・コルブッチ監督は「二度と同じことはやらない」を信条に、次々と新機軸のアイディアを盛り込み、観客第一主義で娯楽に徹した映画作りを母国で続けた。「さすらいのガンマン」に主演したバート・レイノルズ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの物語と同じ)からハリウッド入りを打診されていたが断り、イタリアで精力的に活躍し続けるも1990年12月1日に惜しまれつつ世を去った。

続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
ロレダナ・ヌシアク             フランコ・ネロ、ロレダナ・ヌシアク

本作の紹介は、1960年代の映画館事情も含め以下で紹介しています。
映画「続・荒野の用心棒」 マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「続・荒野の用心棒

続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
アンヘル・アルヴァレス、エドゥアルド・ファヤルド

【ストリー】
メキシコとの国境にほど近い小さな村。この村では、人種偏見にとらわれた元南軍の少佐アメリカ人のジャクソン少佐(エドゥアルド・ファヤルド)一派と、メ キシコ独立 運動の闘士ユーゴ・ロドリゲス将軍(ホセ・ボダロ)一派が激しく対立していた。ある日、国境にある底なし沼で混血娘マリア(ロレダナ・ヌシアック)が、将 軍の部下と 少佐の部下に相次いで危害を加えられようとしていた。ちょうどその時、古ぼけた棺桶をひきずり丘の上にたたずむ男がいた。男は目にもとまらぬ早技でマリア を救った。この男が国境地方で名を売った早射ちの用心棒ジャンゴ(フランコ・ネロ)だった。ジャンゴはマリアを連れて、ナタニエーレ(アンヘル・アルバレス)の酒場 で休むことにした。ほ どなく少佐の部下達が酒場に現れ、けたはずれの用心棒代をナタニエーレに強要しからんだ。ジャンゴの二度目の早射ちが見れたのはこの時だった。やがて復讐 の念に燃えた少佐の一味が四十人の手下を従えて姿を現した。おもむろに棺桶から機関銃をとりたすやいなやジャンゴの前には死者の山ができた。一方将軍達は 革命のために機関銃を着々と集めていた。そんなある日、メキシコ政府軍営舎に多量の黄金があるとの情報が入った。資金集めにとって、営舎襲撃はかっこうの チャンスだった。
ジャンゴの腕を見込んだ将軍は、黄金を折半することで手を握った。襲撃は成功した。しかし将軍は黄金の分け前を渡してくれぬばかりか、 ジャンゴを邪魔者扱いするのだった。怒ったジャンゴは黄金を棺に詰めこむとマリアと村から逃げだした。ところがつり橋のところで馬車が急に傾き、棺はそこ なし沼に落ちてしまった。棺捜しにもたついているうちに、将軍の追手が姿を現し、ジャンゴは捉えられた。そして二度と銃を握れぬように馬の蹄でジャンゴの 両手もこなごなに踏みつぶして去った。そしてメキシコに向う将軍達は、待ち伏せた少佐達に、皆殺しにされてしまった。傷ついた腕をかかえ酒場に戻ったジャ ンゴを少佐達は墓場へ呼びよせた。積り積った恨みをこめて、少佐達はジャンゴを狙った。しかしながら、次の瞬間倒されたのは少佐達だった。激痛に耐えて、 ピストルに細工をし、墓標でピストルを支え、げき鉄を利用してのジャンゴの執念の闘いだった。

続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
フランコ・ネロ

題名:DJANGO
邦題:続・荒野の用心棒
監督:セルジオ・コルブッチ
原案・脚本:ブルーノ・コルプッチ
製作:マノロ・ボロニーニ
撮影:エンツォ・バルボーニ
美術・衣裳:ルイス・エンリケス・バカロフ
音楽:ルイス・エンリケス・バカロフ  「さすらいのジャンゴ」ロベルト・フィア、ロッキー・ロバーツ(英語版)
撮影機材:テクノビジョン
現像:テクニカラー
出演:フランコ・ネロ、ロレダナ・ヌシアック、エドゥアルド・ファヤルド、ホセ・ボダロ、ジーノ・ペルニーチェ、アンヘル・アルバレス
1966年イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー97分35mmフィルム


続・荒野の用心棒(DJANGO)<<デジタル・リマスター版>>

映画「スキャンダル」


リザ・ガストーニ                        フランコ・ネロ

今回は、サルヴァトーレ・サンペリ監督1976年製作「スキャンダル(LO SCANDALO)」をピックアップする。
本作はイタリア版ロマンポルノといった内容の作品で、「エヴァの匂い」「太陽の下の18歳」のリザ・ガストーニ、
真昼の用心棒」「続・荒野の用心棒」で主演したフランコ・ネロが、情熱の濡れ場を魅せてくれる。


リザ・ガストーニ                フランコ・ネロ、アンドレア・フェレオル

【ストリー】
ヒツトラーの軍隊が侵入してくる数カ月前のフランスはプロバンスの5月。女盛りのエリアーヌ(リザ・ガストーニ)は薬局を経営、夫アンリー(レイモン・ペルグラン)は大学教授であり、町の名士である。2人には15歳の娘ジュスティーヌ(クラウディオ・マルサーニ)がいた。ある日、店の雑役夫アルマン(フランコ・ネロ)が、女店員ジュリエット(アンドレア・フェレオル)とまちがえ、エリアーヌを暗闇で抱いてしまったことから、スキャンダルは始まった。すでに夫との性交渉のないエリアーヌは、アルマンを怒ったが、彼女には彼の肉体が忘れられない。名士夫人としてたかが下男に、と思っても肉体は無意識に……。それに感づいたアルマンはある夜、エリアーヌにむりやりフェラチオをさせた。以来、彼女はアルマンの愛の奴隷と化し、主従関係は逆転してしまう。一方、アルマンはジュリエットとも関係を続け、2人の情事をエリアーヌは目撃した。嫉妬する彼女。アルマンはジュリエットの前で、エリアーヌに裸になれ、と命じる。屈辱にたえるエリアーヌ。翌日、アルマンは店を辞めた。だが、彼を忘れられないエリアーヌは、ジュリエットに彼を連れ戻しにやらす。やがて、勝ちほこった笑顔で帰ってくるアルマンは、再びエリアーヌに精神的拷問を加えた。彼のSEXを得るため店の前で裸で娼婦のように立つエリアーヌ。今や理性などない彼女は、それがスキャンダルになろうとも、彼との激しい性の歓びさえあればよかったのだ。さらに、アルマンはジュスティーヌ(クラウディオ・マルサーニ)にも接近する。狂乱して反対するエリアーヌは、ついに夫にすべてを告白するが、アンリーは涙を浮かべるだけであった。パーティの席上ではエリアーヌと下男アルマンのスキャンダルがささやかれる。そんなある日、アンリーの大切なコレクションをこわしてしまったジュスティーヌは叱られ、それを機に彼女はアルマンに近づいていく。絶望の底のエリアーヌは毒薬をあおった。折しも空襲は激しさを加え、ブルジョワ階級は戦争と共にその姿を崩壊しつつあった。


スキャンダル(LO SCANDALO)リザ・ガストーニ

リザ・ガストーニ          リザ・ガストーニ、アンドレア・フェレオル、フランコ・ネロ

題名:LO SCANDALO
邦題:スキャンダル
監督:サルヴァトーレ・サンペリ
製作:シルヴィオ・クレメンテッリ
脚本:オッタヴィオ・ジェンマ、サルヴァトーレ・サンペリ
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集:セルジオ・モンタナリ
音楽:リズ・オルトラーニ
出演:リザ・ガストーニ、フランコ・ネロ、レイモン・ペルグラン、アンドレア・フェレオル、クラウディオ・マルサーニ
1976年イタリア/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
スキャンダル -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


スキャンダル(LO SCANDALO)リザ・ガストーニ

スキャンダル(LO SCANDALO)      フランコ・ネロ、クラウディオ・マルサーニ

映画「哀しみのトリスターナ」


「哀しみのトリスターナ(TRISTANA)」カトリーヌ・ドヌーヴ

カトリーヌ・ドヌーヴ                                フェルナンド・レイ

今回はルイス・ブニュエル監督1970年製作「哀しみのトリスターナ(TRISTANA)」をピックアップする。
1920年代末のスペイン・トリエステを舞台に、薄幸の美女の愛と憎しみを描いた本作の主演は、フランスの名女優カトリーヌ・ドヌーヴ、共演に「ガンマン大連合」などのマカロニ・ウエスタンでお馴染みのスペイン人俳優フェルナンド・レイと「続・荒野の用心棒(DJANGO)」のイタリア人俳優フランコ・ネロが名優ぶりを魅せている。”愛なき結婚の孤独を、自らの片足のない裸体を、口のきけぬ下男に晒す”シーンは、凄絶の極みである。


フランコ・ネロ、カトリーヌ・ドヌーヴ          カトリーヌ・ドヌーヴ、フェルナンド・レイ

【ストリー】
幼ない時に父を失い、16歳の時、母が死んだトリスターナ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、母の知人ドン・ロペ(フェルナンド・レイ)に引き取られた。ドン・ロペは貴族であり、職業を持たず、先祖から伝わる土地や財産で食べていた。人間で一番幸福なのは働かない事だと彼は言う。しかし、1920年代終りのこの頃では、そういった生活は苦しいものだった。邸にはサトゥルナ(アントニオ・カサス)という女中が居て、トリスターナは、ロペの簡単な身のまわりをすれば良かった。或る日、サトゥルナの息子達と遊ぶうちに教会の鐘楼に登った彼女は、鐘をつかせて貰った。その夜、トリスターナは無気味な夢を見る。鐘にぶら下がってカッと眼をひらいたドン・ロペの生首だった。彼女は、悲鳴をあげて目を覚ました。ロペが来て、気を落着かせるが、彼はトリスターナのゆるめた寝間着の下の胸のふくらみが意外と成熟しているのを見逃さなかった。そして彼は、暮しがいよいよ苦しくなっているのもいさいかまわず、喫茶店に入りびたり、またトリスターナをわが物にと心がける。或る夜「愛とは自由なものだ。鎖も祝福もいらぬ」と語り、トリスターナを組み敷いた。そのうち、ドン・ロペは風邪をひく。病いに臥せる姿に老醜が浮かんだ。「自由とはいっても限度があるのだ、それお前自身で判断して、儂の名誉とお前の愛情を保つのだ」と彼は訂正した。ロペの風邪が治るとトリスターナは久し振りに外出して、画家のオラーシオ(フランコ・ネロ)と知り合う。彼女は度々外出しはじめ、夜遅くにまで及んだ。嫉妬するロペに対し、彼女は「私は自由よ。そう言ったでしょ」と答える。オラーシオを知ってからトリスターナは以前にも増して親切になるドン・ロペを心から憎み始める。彼女の過去を聞いたオラーシオは一度は怒るが、一緒に生活しようと決心する。そして「お前の母から、お前を後見し、名誉を守るよう遺言されている儂だ!」というドン・ロペに「名誉ですって!あなたのおかげで、私はそれを失くしたのに!」とトリスターナは応酬し、私は出ていくと言う。その夜、オラーシオに掛け合いに行ったロペは、てもなく殴り倒される。翌日、二人は出立した。「また戻る。きっと戻ってくる!」とドン・ロペは呟いた。ロペと仲の悪かった姉(アントニオ・カサス)が突然死に、巨額の遺産がころがり込んで来た。今迄に売った家具、食器を買い戻したが、ロペはトリスターナが忘れらなかった。そんな或る日、サトゥルナがトリスターナが町に戻ったと告げに来た。足にデキモノが出来て、トリスターナのたっての願いで町へ戻ったとオラーシオは言った。足の切断という手術が必要だったのだ。彼女はドン・ロペの家に引き取られた。トリスターナはすっかり冷たい女となっていたがロペは溺愛する。オラーシオは去った。老衰が目立つロペだが、毎日、彼女の車椅子を押し、散歩を続け、トリスターナの冷たい素振りにも耐え続ける。そして、結婚してくれと言った。トリスターナは鼻でせせら笑うが、後日二人は結婚する。かつては無神論を唱えたロペは教会で式をあげ、神父を招いてもてなす好々爺となった。が、トリスターナは彼と別の寝室をとり、口も利かぬ日が続いた。ある夜、ドン・ロペが発作を起こす。隣室から来たトリスターナに「医者を呼んでくれ」と言うが、居間に行った彼女は受話器を取り上げるがソッと切り、医者に電話をかけたように装う。寝室に戻ったトリスターナは窓を開けた。雪が風に舞っていた。しばらく苦しんでいたロペはもう動かなくなった。トリスターナは相変らず無表情で窓を閉めた。


哀しみのトリスターナ(TRISTANA)

哀しみのトリスターナ(TRISTANA)カトリーヌ・ドヌーヴ

題名:TRISTANA
邦題:哀しみのトリスターナ
監督:ルイス・ブニュエル
原作:ベニート・ペレス・ガルドス
脚本:ルイス・ブニュエル、ジュリオ・アレジァントロ
撮影:ホセ・F・アグアーヨ
音楽:クロード・デュラン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フェルナンド・レイ、フランコ・ネロ、ロラ・ガオス、アントニオ・カサス
1970年スペイン・フランス・イタリア/ビスタサイズ・カラー99分35mmフィルム
哀しみのトリスターナ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


哀しみのトリスターナ(TRISTANA)

1 2 3 6