映画「東京暗黒街 竹の家」


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

ロバート・スタック              シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)

今回はサミュエル・フラー監督1955年製作「東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)」をピックアップする。本作は東京(浅草松屋の屋上、月島、銀座など)、神奈川(横浜港、鎌倉など)、山梨で、43日間にわたり日本で撮影が行なわれ、室内シーンの多くは、ハリウッドの撮影所に作られた日本家屋などのセットが使われている。
特筆すへきは、富士山をバックに蒸気機関車が走るトップシーン(上画)で、富士山麓電鉄(現・富士急行線)の富士吉田駅と河口湖駅の区間約5kmを、20世紀フォックス社が借り切って撮影したそうだ。
1955年2月7日から9日の午前7時30分から午後4時まで、列車を運休して撮影するという前代未聞の撮影は、戦後10年経った当時、アメリカ政府、軍の圧力と日本政府、外務省、運輸省、山梨県、東京都などの忖度があって実現したものである。
開業時から電化されていた富士山麓電鉄(現・富士急行線)は、蒸気機関車はなく、わざわざ国鉄(現・JR東海)から借りて来たそうだ。
(ウィキペディア参照)


ロバート・ライアン                  ブラッド・デクスター、ロバート・スタック、早川雪洲

【ストリー】
日本の富士山麓で列車ギャング事件が起こり、アメリカ軍の兵器が 奪われ、軍曹が殺される。東京警視庁のキタ警部(早川雪洲)はアメリカ憲兵隊と協力し、ハンスン大尉(ブラッド・デクスター)と共に捜査に乗り出す。数日後、ギャングは東京の工場を襲い、その時傷ついた一味の1人ウェッバーが逃げおくれて死ぬ。ハンスン大尉は男の所持品の中からスパニア(ロバート・スタック)という男の手紙を発見し、その内容から、スパニアがアメリカの刑務所に入っていること、出所したら東京へ来ることなどが判明する。またナゴヤ・マリコ(シャーリー・ヤマグチ)という日本人の女性の写真も発見され、この女はウェッバーと結婚していたのである。東京へ来たスパニアはマリコに会い、ウェッバーが殺されたことを知る。彼はやがてグリフとその親分サンディ(ロバート・ライアン)の組織するギャングの仲間入りをしたが、実はハンスン大尉の頼みでスパイとして一味の行動を探ることになったのである。スパニアとマリコは次第に親しくなり、ギャングが大工場を襲撃した際、自分がスパイであることを告げてハンスン大尉への連絡を頼むようになる。サンディ一味は次に銀行の現金輸送車を襲う計画をたてるがマリコが事前に憲兵隊へ知らせたので失敗に帰し、スパニアがスパイであったことを知る。そこでサンディは計略をつかって彼を警官に射殺させようとするが失敗し、かえってスパニアに殺されてしまう。スパニアはマリコと結ばれる。


シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)           ロバート・スタック

題名:HOUSE OF BANBOO
邦題:東京暗黒街 竹の家
監督:サミュエル・フラー
製作:バディ・アドラー
脚本:ハリー・クライナー、サミュエル・フラー
撮影:ジョー・マクドナルド
録音:ジョン・D・スタック、ハリー・M・レオナルド
美術:ライル・R・ウィラー、エディソン・ハー、ウォルター・M・スコット、スチュアート・リース
特殊効果:レイ・ケロッグ
編集:ジェームズ・B・クラーク
音楽:リー・ハーライン、ライオネル・ニューマン
撮影レンズ:Bausch & Komb
現像:デラックスカラー
出演:ロバート・スタック、シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)、ロバート・ライアン、キャメロン・ミッチェル、早川雪洲、ブラッド・デクスター、ビフ・エリオット
1955年アメリカ/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
東京暗黒街 竹の家 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シャーリー・ヤマグチ、ロバート・スタック、ロバート・ライアン               浅草松屋の屋上


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

上のカットは、当時の京浜急行電鉄大師線(小島新田駅~桜本駅)の軌道区間中で川崎市電に譲渡された塩浜駅~桜本駅間と思われる。大師線の現在はルート変更され、軌道区間は川崎市電廃止で存在しない。

映画「荒野の七人」


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン

ユル・ブリンナー                 スティーヴ・マックィーン

今回はジョン・スタージェス監督1960年製作「荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)」をピックアップする。
本作は黒澤明監督が1954年に東宝で制作した「七人の侍」を許諾を得てが西部劇化した作品である。原作は、農民に対する善意・義侠心・憐れみを持って7人が村へと集結するが、本作では7人それぞれに事情と思惑を持ちつつ、あくまで20ドルの礼金を前提として7人が揃って盗賊と戦うという設定だ。本作は続編2作とテレビシリーズが制作され、2016年にアントワーン・フークア監督によって原題「マグニフィセント・セブン」でリメイクされた。
当時、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーンなどトップスターだったユル・ブリンナー以外の俳優は、ブレイク前だった。またユル・ブリンナーは1971年「大西部無頼列伝」イーライ・ウォラックは1966年「続・夕陽のガンマン」他多数、ジェームズ・コバーンは1971年「夕陽のギャングたち」など、ハリウッドからイタリアへ、マカロニ・ウエスタンで貫録の出演をしている。

七人の侍
七人の侍(1954年)」黒澤明監督

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン

チャールズ・ブロンソン               ロバート・ヴォーン

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

ジェームズ・コバーン、ホルスト・ブッフホルツ   イーライ・ウォラック

ジェームズ・コバーン、スティーヴ・マックィーン ホルスト・ブッフホルツ、ユル・ブリンナー、ブラッド・デクスター

【ストリー】
メキシコの寒村イスカトランの村人達は毎年収穫期になると恐怖に戦いていた。カルヴェラ(イーライ・ウォラック)が率いる野党がきまって掠奪にくるからだ。しかし、今年はもう我慢が出来なくなっていた。子供達は飢え、村を去っていく農民がふえていた。ヒラリオと2人の農夫は皆を代表して戦うことを決議、銃を買いに国境のアメリカの町やって来た。彼らが町に着いた時に騒ぎが起きていた。原住民の死体を白人の墓地に埋める埋めないの騒ぎだ。全身黒ずくめのガンマン、クリス(ユル・ブリンナー)が無造作に俺が埋めてやろうと買って出た。そこへやりとりを見ていたヴィン(スティーヴ・マックイーン)も助手を志願した。墓地で銃を構える数人の男達、だが、クリスとヴィンは鮮やかにこの騒動を片づけてしまった。ヒリイオ達はこの有様を見てクリスにわけを話して力になってもらうことにした。同意したクリスは腕の立つガンマンを探し始めた。最初に仲間に入ったのがクリスの古い友人ハリー・ラック(ブラッド・デクスター)だった。ヴィンも仲間に入った。ナイフ使いの名人ブリッ(ジェームズ・コバーン)と早打ちのリーも加わった。それに西部で名高いオラリー(チャールズ・ブロンソン)も仲間に入れた。そんな中にチコという男がいた。経験も浅く40人もの敵を相手に戦うには若過ぎた。だがチコはクリスを尊敬していた。チコは強引に仲間に入れてもらった。7人のガンマンを迎えて村は一変した。クリスは村人達に戦う準備をさせた。防壁を築いたり銃の使い方を教えたり、7人の男達と村人の間には奇妙な友情が生まれていった。チコはペトラ(ロゼンダ・モンテロス)という村娘と仲良くなった。そんな時に、カルヴェラ一味が村を襲って来た。凄惨な拳銃戦が展開された。野盗は撃退された。死傷者も出た。村の雑貨商ソテロは臆病者で戦いにまき込まれるのを恐れていた。クリスはこの機を逃さず一味を全滅させようと深夜野盗のキャンプを襲った。しかし誰もいなかった。ソテロの裏切りでカルヴェラは7人の逆をついて村を占領していたのだ。7人は村を追い払われた。しかし、クリスはもう一度村へ引返し戦うことを皆に告げた。逆襲は掠奪に酔ったカルヴェラ一味の隙をついた。戦闘は激烈をきわめたが、カルヴェラも一味も全滅できた。味方もハリー、ブリット、リー、オラリーが斃れた。チコはペトラと暮らすことになり、クリスとヴィンは村を去った。クリスは村を眺めながら云った。「本当に勝ったのは農民たちだ。俺たちじゃない。」と…。


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

ホルスト・ブッフホルツ               ロゼンダ・モンテロス

題名:THE MAGNIFICENT SEVEN
邦題:荒野の七人
監督:ジョン・スタージェス
製作総指揮:ウォルター・ミリッシュ、ルー・モーハイム
製作:ジョン・スタージェス
原作:黒澤明、橋本忍、小国英雄 (映画「七人の侍」)
脚本:ウィリアム・ロバーツ、(初稿:ウォルター・ニューマン)
撮影:チャールズ・ラング
録音:ジャック・ソロモン
美術:エドワード・フィッツジェラルド
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:エルマー・バーンスタイン
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックス
出演:ユル・ブリンナー、ジェームズ・コバーン、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーン、ホルスト・ブッフホルツ、ブラッド・デクスター、イーライ・ウォラック
1960年アメリカ/シネスコサイズ・カラー128分35mmフィルム
荒野の七人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ジョン・スタージェス監督