映画「左利きの女」

左利きの女左利きの女

今回はペーター・ハントケ監督1977年製作「左利きの女(THE LEFT-HANDED WOMAN)」をピックアップする。
本作のプロデューサーはヴィム・ヴェンダース氏が担当し、同監督作品「まわり道(1974年)」「ベルリン・天使の詩(1987年)」の脚本を担当したペーター・ハントケ氏が本作の監督をしている。
劇中、小津安二郎監督をオマージュした肖像写真と映画館のシーンで1930年代に製作されたと思われるサイレント映画作品が出て来る。それらは小津調には程遠いが、随所に影響を受けたと思われるイメージがインサートされている。日本劇場未公開作品とあってDVD原版が、色補正の取れてないダメージプリントをポジテレシネ→キャプチャーした為に画質が悪いのが残念だった。

左利きの女左利きの女

【ストリー】
長期出張に出かけていたブルーノが家に戻って来る。妻マリアンヌはブルーノに別れを告げ、彼は一晩も自分の家に泊まることなく出て行くことになる。マリアンヌには8歳になる一人息子のステファンがいる。昔つとめていた出版社を頼り、フランス語の翻訳の仕事を得て、自立しようとする。なかなか集中できずいらだつことも多い。友人のフランチェスカからは寂しくないのかと聞かれ、つらいと答えるマリアンヌ。ブルーノも復縁を迫るが、マリアンヌの決心は動きそうもない。 心配して父親もやってくる。そうこうしているうちに春になり、マリアンヌは少しずつ元気を出していくが・・・。

左利きの女左利きの女

題名:DIE LINKESHANDIGE FRAU/THE LEFT-HANDED WOMAN
邦題:左利きの女
監督:ペーター・ハントケ
製作:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ペーター・ハントケ
撮影:ロビー・ミューラー
出演:エディット・クレヴァー、ブルーノ・ガンツ、マルクス・ミューライゼン、アンゲラ・ヴィンクラー、ジェラール・ドパルデュー、ベルンハルト・ヴィッキ
1977年西ドイツ/スタンダードサイズ・カラー115分35mmフィルム[日本劇場未公開]
左利きの女 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

左利きの女左利きの女

映画「ベルリン・天使の詩」

ベルリン・天使の詩
ベルリン・天使の詩
ベルリン・天使の詩ベルリン・天使の詩
ブルーノ・ガンツ

今回はヴィム・ヴェンダース監督1987年製作「ベルリン・天使の詩(DER HIMMEL UBER BERLIN/LES AILES DU DESIR/THE WINGS OF DESIRE)」高評価作品sをピックアップした。本作は、ヴェンダース監督の他の作品とは違い、隠し持っていたとされるロマンチシズムが展開される。天使の視点から全ての事象を見詰めるという設定は、名匠アンリ・アルカンによる卓越したドリー、クレーンショットで美しく実現している。続編は「時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!(1993年/FARAWAY, SO CLOSE!)」が作られた。

作品リスト

ベルリン・天使の詩ベルリン・天使の詩
ブルーノ・ガンツ             ブルーノ・ガンツ、オットー・ザンダー

【ストリー】
ベルリンの街。廃墟の上から人々を見守っている天使ダミエル(ブルーノ・ガンツ)がいる。天使の耳には、地上の人々の内心の声が聞こえる。天使の姿は子供たちには見える。コロンボ刑事役で親しまれているアメリカの映画スター、ピーター・フォーク(本人)がこれからベルリンで撮影に入る映画の脚本を読んでいる。街の中のさまざまな人々の肉声。ダミエルは、親友の天使カシエル(オットー・ザンダー)と、今日見た自然や人々の様子について情報交換し、永遠の霊であり続けながら人間ではない自分にいや気がさしている。図書館は天使たちの憩いの場だ。老詩人ホメロス(クルト・ボウワ)が失われた物語を探している。サーカスに迷いこんだダミアンは、空中ブランコを練習中の美女マリオン(ソルヴェイグ・ドマルタン)を見て一目惚れをする。橋のたもとで起こった交通事故で死にかけている男に息をふきかえさせるダミエル。カシエルは、ホメロスにつき添ってポツダム広場を歩いている。ピーター・フォークの出演しているスタジオには様々な人がいる。ダミエルはカシエルを呼んでサーカスの公演を見にゆく。マリオンを見つめるダミエル。最後の公演を前に死の怖れを語るマリオンの肉声。ロック・コンサートで踊るマリオンの手にふれるダミエル。夜明け、ピーター・フオークはダミエルに人間になることをすすめる。壁をこえてノーマンズランドを散策するダミエルは、マリオンへの愛をカシエルに告白する。人間に恋すると天使は死ぬ。彼はカシエルの腕の中で死んだ。西ベルリン側の壁のそばで目をさましたダミエルの目の前は、モノクロから色彩の世界に変わっているのだった。

ベルリン・天使の詩ベルリン・天使の詩
ソルヴェイグ・ドマルタン

題名:DER HIMMEL UBER BERLIN/LES AILES DU DESIR/THE WINGS OF DESIRE
邦題:ベルリン・天使の詩
監督:ヴィム・ヴェンダース
製作総指揮:イングリット・ヴィンディシュ
製作:ヴィム・ヴェンダース、アナトール・ドーマン
脚本:ペーター・ハントケ、ヴィム・ヴェンダース
撮影:アンリ・アルカン
整音:ジャン・ポール・ミュジェル、アレックス・アーフト
編集:ペーター・プルツィゴッダ
音楽:ユルゲン・クニーパー
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:ARRIFLEX BL4,Skymote-Kran mit Camremote von
出演:ブルーノ・ガンツ、オットー・ザンダー、ピーター・フォーク、ソルヴェーグ・ドマルタン、クルト・ボウワ
1987年カンヌ国際映画祭【監督賞】ヴィム・ヴェンダース1988年 NY批評家協会賞【撮影賞】アンリ・アルカン1988年LA批評家協会賞【外国映画賞】【撮影賞】アンリ・アルカン
1987年西ドイツ・フランス/ビスタサイズ・パートカラー128分35mmフィルム
ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ベルリン・天使の詩ベルリン・天使の詩
ソルヴェイグ・ドマルタン、ピーター・フォーク

映画「ブラジルから来た少年」

ブラジルから来た少年ブラジルから来た少年
ローレンス・オリビエ               グレゴリ-・ペック

今回はフランクリン・J.シャフナー監督1978年製作「ブラジルから来た少年(THE BOYS FROM BRAZIL)」をピックアップした。
本作はアイラ・レヴィンの同名小説を映画化したものだが名優ローレンス・オリビエとグレゴリ-・ペック、ジェームズ・メイスンの共演が良かった。特に好人物な主役を演じることの多かったグレゴリー・ペックが、ヨーゼフ・メンゲレを怪演じたのが凄かった。内容はブラジルでヒトラーのクローンを再生させようとする科学者ヨーゼフ・メンゲレと、それを阻止しようとするナチ・ハンターのユダヤ人・リーベルマンとの葛藤を描いたものだが、本作は1970年代にクローン技術を軸にナチス復活というサスペンスドラマとして卓越したおもしろさがある傑作だ。

ブラジルから来た少年ブラジルから来た少年
ジェームズ・メイスン               グレゴリ-・ペック

【ストリー】
第二次大戦が終わっても、いまだウィーンでナチスの残党を追っている老人リーバーマン(ローレンス・オリビエ)のところに、収容所で絶大な権力を握っていたメンゲレ博士(グレゴリ-・ペック)についての情報が入る。電話から流れたテープはメンゲレの声で、「65歳の公務員を94人殺さなければいけない」という内容だった。しかしその電話の主は電話の途中でナチス残党に射殺されてしまう。リーバーマンが調査を開始すると、各地で息子がいて、公務員で、という共通の条件を持つ、同じ年齢の男性が次々殺されていく事件が起きる。遺族の息子の少年は、色白でブルーの瞳を持つ少年だった。別の家の遺族の息子の少年も、同じだった。そして彼らは全員、14年前、ブラジルから来た少年たちだったことがわかる。メンゲレ博士は第三帝国滅亡前、総統閣下の体の一部を採取していました。そう、彼はブラジルで、ヒトラーから採取した細胞からヒトラーのクローンを作ったのです。リーバーマンと対峙した博士は言う。「総統閣下の腕に注射した時、まるで神の聖域に踏み入れたような気がした…」と誇らしげに。ただのクローンではいけない。総統閣下になるには、総統閣下と同じ境遇で育たねばならない。14歳の時、公務員の父を亡くさなければならないのだ。全ては総統閣下を復活させる為のナチス残党の仕組んだこと。リーバーマンは撃たれるが、その時、「よくも父を殺したな!」と少年がドーベルマン犬たちをメンゲレに向かって放つ。「閣下、おやめください!」と叫んだが、少年は許さない。メンゲレは噛み殺された。病院に入院したリーバーマンは、ナチスハンターたちに少年の名簿を渡すように言われる。ヒトラーの芽は、摘まなければならない。それを聞いたリーバーマンは、名簿に火をつけた。罪もない少年を殺すなど、ナチスと同じだ、と。ナチスハンターたちは、反論できなかった。しかし、その頃、メンゲレを噛み殺させた少年は、その時の写真を現像し、満足そうにメンゲレの死を見つめる。振り返った少年の目には冷たく光り、その口には残酷な笑みが浮かんでいた。少年たちは、世界中にいる…。

ブラジルから来た少年ブラジルから来た少年

題名:THE BOYS FROM BRAZIL
邦題:ブラジルから来た少年
監督:フランクリン・J.シャフナー
製作総指揮:ロバート・フライアー
製作:マーティン・リチャーズ、スタンリー・オトゥール
原作:アイラ・レヴィン
脚本:ヘイウッド・グールド
撮影:アンリ・ドカエ
美術:ピーター・ラモント
衣装:アンソニー・メンデルソン
編集:ロバート・スウィンク
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:グレゴリー・ペック、ローレンス・オリビエ、ジェームズ・メイスン、ブルーノ・ガンツ、ユタ・ヘーゲン、スティーブ・グッテンバーグ、デンホルム・エリオット、リリー・パルマー
1978年アメリカ・イギリス/ビスタサイズ・カラー125分35mmフィルム[日本劇場未公開]
ブラジルから来た少年 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ブラジルから来た少年ブラジルから来た少年