映画「大奥十八景」

大奥十八景大奥十八景
勝野洋                          辻沢杏子

今回は鈴木則文監督1986年製作「大奥十八景」をピックアップする。
“摩訶絶品、世紀末風エロス・スペクタクル大作!”と銘打たれた本作は、南原幹雄氏の同名小説を映画化したものだが、大奥なのに絢爛さがなく、濡れ場はそこそこあるが物足りないのだ。この時代になると70年代の東映パワーは、減衰していると思われる作品だった。

大奥十八景大奥十八景
新藤恵美                        あおい輝彦

【ストリー】
延宝7年の頃、武蔵野の山野で鷹狩りをしていた四代将軍、家綱(あおい輝彦)は、貧しい農家の娘おなつ(伊織祐未)を見染めた。家綱に力ずくで凌辱された彼女は、大奥に召し上げられあでやかなお手付中臈に変身した。家綱は未だに世継ぎに恵まれていなかったため、大奥総取締り役の年寄り、姉小路の局(新藤恵美)は、おなつに期待をこめて性教育をする。お手付中臈、おみの(山本奈津子)が妊娠した。大奥は待望の世継ぎ懐妊と色めきたったが、おみのが宿した子は市井の下賎の男のものだった。おみのは炎の間に閉じ込められ、半裸にむかれて陰惨な私刑を浴びた。息絶えだえのおみのから、同じお手付中臈、おすみ(辻沢杏子)は、家綱に子種がないと確信した姉小路が、おみのに他の男の種を宿させ世継ぎ懐妊をふれまわったことを知った。おみのは自害した。恐ろしくなったおすみは江戸城を出、産婦人科を営む初恋男性、中条源四郎(勝野洋)の住む裏長屋に逃げ込んだ。一方、世継ぎもままならぬ家綱の焦りは頂点に達し、女漁りは激しさを加え、遂には湯殿でお末女中、よしの(野村真美)を抱きすくめた。以後、家綱はよしのに溺れた。やがて、家綱が急死し、綱吉(宮内洋)が五代将軍の座についた。そんなある日、源四郎は老中、堀田正俊(中野誠也)に呼び出され、意外な頼みを持ちかけられた。それは亡き家綱の胤を宿した側妾が一人だけ居るが、その女を探し出し胎児を闇に葬れとのことだった。そして、源四郎が断るならばおすみとその家族を処刑に処するという。源四郎は性の営みに及ぶとき、麝香の匂いを放つというその女性探しを手下の巾着切り、隼の完次(ベンガル)に頼んだ。家綱の寵愛を受けた中臈たちは、追放されて探すすべもないが、桜田御用屋敷に気のふれたおなつをはじめ5人ほど預けられていた。源四郎と完次は屋敷に忍び込み、一人一人に接触するが徒労に終った。源四郎は大奥に潜入し、秘術を尽して姉小路を責め麝香の女の名を聞きだした。それはよしのだった。よしのは郷里、若狭でひっそりと暮らし玉のような男の子を産んでいた。自分の命に替えても我が子を守ろうとするよしのに、源四郎はきっぱりと役目を捨てるのだった。

大奥十八景大奥十八景
絵沢萠子、伊織祐未                    ベンガル、勝野洋

題名:大奥十八景
監督:鈴木則文
企画:佐藤雅夫
製作:厨子稔雄、豊島泉、横溝重雄
原作:南原幹雄「大奥十八景」
脚本:志村正浩、鈴木則文
撮影:北坂清
照明:安藤清人
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:小林勝美
装置:和田順吉
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:森譲も豊中健
美粧:中村清和
結髪:福本るみ
配役:葛原隆康
擬斗:菅原俊夫
記録:中野保子
編集:荒木健夫
音楽:はる、佐久間正英 主題歌:はる「むらさき」音楽プロデューサー:高桑忠男
進行主任:宇治本進
現像:東映化学
助監督:藤原敏之
演技事務:寺内文夫
和楽:中元哲
絵画制作:白数徳郎
舞踊振付:藤間紋蔵
作法指導:春藤真澄
スチール:小原健志
出演:辻沢杏子、勝野洋、伊織祐未、あおい輝彦、新藤恵美、ベンガル、絵沢萠子、野村真美、三島ゆり子、山本奈津子、八神康子、美波千秋、森田水絵、渡辺良子、宮内洋、中野誠也
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー115分35mmフィルム
大奥十八景 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
辻沢杏子                        野村真美
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景

映画「カポネ大いに泣く」


「カポネ大いに泣く」萩原健一

萩原健一                         沢田研二

今回は鈴木清順監督1985年製作「カポネ大いに泣く」をピックアップする。
本作は、全編の8割を占めるアメリカ・サンフランシスコのシーンを全て国内撮影、主に横浜で撮影した鈴木清順監督第45作になる。主演は、惜しくも2019年3月26日に急逝した萩原健一さん。サンフランシスコの見立てには無理があるものの、美術センスは素晴らしい作品である。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

田中裕子                        加藤治子

【ストリー】
昭和初期、芸者の小染(田中裕子)は、旅回りの役者の順之助、のちの桃中軒海右衛門(萩原健一)と出会い、深い仲になる。小染は、昔、旦那の目を盗んで浮気をしたことがバレ、背中に蛸の刺青を彫られてしまった。順之助は浪花節語りの桃中軒雲右衛門(柄本明)に憧れ、一座を逃げ出したのだ。小染の旦那が監獄から出ることになり、一方、一座も順之助を連れ戻しに来たので、二人はサンフランシスコに逃げた。浪花節で日本人移民を慰問するという気宇壮大な出発だったが、口入れ屋にだまされ、有り金は底をつき、小染のアクセサリーも賭博で取られ、小染は女郎に、海右衛門は乞食になる。そんな時、二人は大西鉄五郎(沢田研二)<通称ガン鉄>と出会う。ガン鉄は横浜ハウスに巣喰う快男児で、街頭で狼花節をうなる海右衛門を見かねて、高級ナイトクラブに連れていさ、浪花節は通用しないと、新しいショーを見せた。そこで踊っていたダンサーのリリアン(ローリー・ベリス)が和服の海右衛門をサムライ!と一目惚れしてしまう。その頃のサンフランシスコは中国人、日本人など様々な人種が入り乱れる欲望の街で、シカゴのギャング、カポネ(チャック・ウィルソン)も西部進出を狙い、弟のフランク・カポネ(ランディ・レイス)を派遣して来た。フランクはサンフランシスコの密造酒を独占しようとし、一方、ガン鉄、海右衛門、小染たちも、つくり酒屋の息子だった海右衛門に“シスコ正宗”を作らせて対抗する。三人はシカゴに行ったりするが、だんだんと追いつめられていく。そんな中で、小染は自動車事故で死んでしまう。さらにガン鉄もフグを食べて中毒死。海右衛門はリリアンに介錯させ切腹するのだった。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

樹木希林、柄本明                      梅宮辰夫、萩原健一

チャック・ウィルソン                    萩原健一、田中裕子

題名:カポネ大いに泣く
監督:鈴木清順
企画:奥山和由、C.C.J
製作:櫻井五郎
原作:梶山季之「カポネ大いに泣く」
脚本:大和屋竺、木村威夫、鈴木岬一
撮影:藤沢順一、高田昭
照明:大西美津男
特機:NK特機
録音:福島信雅
音効:酒井三郎
美術:木村威夫
装飾:安田彰一
大道具:佐藤信昭
衣裳:坂下英明、佐藤貞子
結髪:中村さき
美粧:中村恭子
化粧:山口和子、竹島綾子
ヘアー・メイク:高原宏
ボディ・メイク:小林照子
擬斗:岡田勝
カースタント:高橋義浩、前川広一
特殊効果:芳賀真人
記録:内田絢子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
フィルム:富士フィルム(報映産業)
撮影機材:日本映樹
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所
音楽:井上尭之
プロデューサー:中村賢一
アシスタントプロデューサー:莟宣次
コウ・プロデューサー:内田誠、三上祥一、森田亜男
プロダクションマネージャー:今井博彦
製作主任:高橋文雄
製作進行:福島聰司、山川元
助監督:高橋正治
監督助手:渡辺孝好、中井俊夫、滝坂裕二、藤嘉行
撮影助手:栢野直樹、佐藤和人、有田勝美
照明助手:鈴木豊、落合文雄、松島五也、奥村誠、鈴木喜三郎
録音助手:斎藤道夫、小高勲、阿部茂
美術補佐:丸山裕司、池田育代
装飾補佐:松下照夫、桜井陽一、嵩村裕司、藤木光次
編集補佐:村山勇二
企画協力:角川春樹事務所
製作事務:吉田弘美
演技事務:碓井義徳
制作作宣伝:大久保信雄
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
浪曲監修:芝清之 浪曲指導:東家菊燕
三味線指導:東家栄子
河内音頭指導:目崎明美
方言指導:大原穣子、東隆明
英語通訳:松原由利子、ロイド・ハント
キャスティング・コーディネーター:アット・ワーク
ロケ協力:横浜ドリームランド、日光ウエスタン村、他
スチール:金田正
出演:萩原健一、沢田研二、田中裕子、チャック・ウィルソン、ローリー・ベリス、柄本明、平田満、加藤治子、樹木希林、梅宮辰夫、峰岸徹、牧伸二、苅谷俊介、常田富士男、ランディ・レイス、高倉美貴、たこ八郎、阿藤海、ベンガル
1985年日本・ケイエンタープライズ/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
カポネ大いに泣く -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「カポネ大いに泣く」萩原健一

峰岸徹                       カポネ大いに泣く

映画「異人たちとの夏」


風間杜夫                       名取裕子

今回は大林宣彦監督1988年製作「異人たちとの夏」をピックアップする。
内容は、或るシナリオ・ライターが、幼い頃死んだはずの両親と再会する不思議な体験を描いたファンタジードラマだ。HD合成に500万円を掛けたと言うホラーシーンが無駄な気がした。当時は未だHD合成したものをキネコしてからフィルムに戻していた為、画質が悪かった。フィルムレコーダーや映画用スキャナーが出現する前だったのだ。

【追記・訃報】
“尾道三部作”と称される「転校生(1982年)」、「時をかける少女(1983年)」、「さびしんぼう(1985年)」などで知られる映画作家・大林宣彦さんが、2020年4月10日午後7時23分、肺がんのため東京都世田谷区の自宅で亡くなった。82歳。葬儀・告別式は、家族葬(密葬)を執り行い、後日、お別れの会を予定している。喪主は、妻で映画プロデューサーの、大林恭子氏が務める。
1938年広島県尾道市生まれの大林監督は、3歳の時に自宅の納戸で見つけた活動写真機と戯れるうちに映画を作り始めた。テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用し、3000本を超えるCMを制作。1977年に「HOUSE/ハウス」で商業映画に進出。自身のふるさと・尾道を舞台にした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の3作品は、世代を超えて親しまれ、今も新世代のクリエイターへ大きな影響を与え続けている。
近年には“大林的戦争三部作”となる「この空の花-長岡花火物語(2011年)」、「野のなななのか(2014年)」、「花筐/HANAGATAMI(2017年)」を発表。「花筐/HANAGATAMI」は、第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞などさまざまな賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞した。
大林監督個人では、2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2019年、令和初の文化功労者に選ばれた。
大林監督は、2016年8月に肺がんと診断され、余命の宣告を受けるも、転移を繰り返すがんと闘いながら、みずからの命を削って、平和をたぐり寄せる映画を作り続けた。監督が旅立たれた4月10日は、最新作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」の公開予定日だったが、新型コロナウィルスの影響により映画館が休館し、公開延期となっていた。なお、遺作となる同映画は、近日公開を予定している。
4/11(土) 1:29配信 ORICON NEWS


永島敏行                    秋吉久美子、片岡鶴太郎

【ストリー】
原田英雄(風間杜夫)は40歳のシナリオ・ライター。妻子と別れ、今はマンションに一人暮らしをしていた。ある日、原田は幼い頃に住んでいた浅草に出かけ、偶然、死んだはずの両親に会ってしまう。二人は原田が12歳の時に交通事故で死亡したが、なぜかその時の年齢のまま、浅草に住んでいた。原田は懐かしさのあまり、浅草の両親の家へたびたび通うようになる。一方で、原田は同じマンションに住む桂(名取裕子)という女性と、愛し合うようになっていた。彼女は、もう両親には会うなという。異人(幽霊)と近づくと、それだけ自分の体は衰弱し、死に近づくのだ。原田はようやく両親と別れる決心をし、浅草にあるすき焼き屋で親子水いらず別れの宴を開いた。暖かい両親の愛情に接し、原田が涙ながらに別れを告げると、二人の姿は消えていった。しかし、原田の衰弱は止まらない。
実は、桂も異人だったのだ。男にふられ原田にもすげなくされた桂は、ずっと以前に自殺していたのだった。愛と憎しみに狂った異人は原田に迫ったが、友人・間宮の機転で原田は助けられた。その後、体調の回復した原田は両親のもとに花と線香を手向け、静かな夏の日の不思議な体験を回想するのだった。

題名:異人たちとの夏
監督:大林宣彦
製作総指揮:杉崎重美
製作:樋口清
原作:山田太一
脚本:市川森一
撮影:阪本善尚
照明:佐久間丈彦
録音:島田満
美術:薩谷和夫
特殊メイク:原口智生
HD技術:NHKエンタープライズ、NHKテクニカルサービス
編集:太田和夫
音楽:篠崎正嗣
現像:イマジカ
助監督:松原信吾
スチール:赤井博且
出演:風間杜夫、秋吉久美子、片岡鶴太郎、名取裕子、永島敏行、笹野高史、ベンガル、川田あつ子、桂米丸、柳家さん吉
1988年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
異人たちとの夏 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


異人たちとの夏

1 2