映画「続・荒野の用心棒<デジタル・リマスター版>」

続・荒野の用心棒

続・荒野の用心棒(DJANGO)<<デジタル・リマスター版>>
続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
フランコ・ネロ                   ロレダナ・ヌシアク

2020年1月31日に「続・荒野の用心棒(DJANGO)<<デジタル・リマスター版>>」が全国劇場公開され2月14日にシネマート新宿(スクリーン2[60席])で観て来た。この劇場は、アート・シネマ・ギルト(A.T.G)の封切館「アートシアター新宿文化(1962年~1974年)」が立て直され、1974年に再編したものだ。
平日昼に行ったので試写室で観る様な入りで、何度も観た本作の4Kデジタル・リマスター版の細部をDCP上映で確認する事が出来た。私見では暗部の再現性はフィルムに近く、ディテールも壊れてないが、映写距離が近いせいで暗部の黒が少し浮いていた。カラーは彩度が低い気がしたが、フィルムで観たのは50年以上前になるので記憶を加工しているのかもしれない。
イタリア製西部劇の名作と言われる本作は、名匠セルジオ・コルブッチ監督によるものだが、クエンティン・タランティーノ監督2019年製作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で「イタリア娯楽映画史の最重要監督にして”マカロニ・ウエスタンで2番目に偉大な監督”」と言う台詞で紹介されている。
セルジオ・コルブッチ監督は「二度と同じことはやらない」を信条に、次々と新機軸のアイディアを盛り込み、観客第一主義で娯楽に徹した映画作りを母国で続けた。「さすらいのガンマン」に主演したバート・レイノルズ(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの物語と同じ)からハリウッド入りを打診されていたが断り、イタリアで精力的に活躍し続けるも1990年12月1日に惜しまれつつ世を去った。

続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
ロレダナ・ヌシアク             フランコ・ネロ、ロレダナ・ヌシアク

本作の紹介は、1960年代の映画館事情も含め以下で紹介しています。
映画「続・荒野の用心棒」 マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「続・荒野の用心棒

続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
アンヘル・アルヴァレス、エドゥアルド・ファヤルド

【ストリー】
メキシコとの国境にほど近い小さな村。この村では、人種偏見にとらわれた元南軍の少佐アメリカ人のジャクソン少佐(エドゥアルド・ファヤルド)一派と、メ キシコ独立 運動の闘士ユーゴ・ロドリゲス将軍(ホセ・ボダロ)一派が激しく対立していた。ある日、国境にある底なし沼で混血娘マリア(ロレダナ・ヌシアック)が、将 軍の部下と 少佐の部下に相次いで危害を加えられようとしていた。ちょうどその時、古ぼけた棺桶をひきずり丘の上にたたずむ男がいた。男は目にもとまらぬ早技でマリア を救った。この男が国境地方で名を売った早射ちの用心棒ジャンゴ(フランコ・ネロ)だった。ジャンゴはマリアを連れて、ナタニエーレ(アンヘル・アルバレス)の酒場 で休むことにした。ほ どなく少佐の部下達が酒場に現れ、けたはずれの用心棒代をナタニエーレに強要しからんだ。ジャンゴの二度目の早射ちが見れたのはこの時だった。やがて復讐 の念に燃えた少佐の一味が四十人の手下を従えて姿を現した。おもむろに棺桶から機関銃をとりたすやいなやジャンゴの前には死者の山ができた。一方将軍達は 革命のために機関銃を着々と集めていた。そんなある日、メキシコ政府軍営舎に多量の黄金があるとの情報が入った。資金集めにとって、営舎襲撃はかっこうの チャンスだった。
ジャンゴの腕を見込んだ将軍は、黄金を折半することで手を握った。襲撃は成功した。しかし将軍は黄金の分け前を渡してくれぬばかりか、 ジャンゴを邪魔者扱いするのだった。怒ったジャンゴは黄金を棺に詰めこむとマリアと村から逃げだした。ところがつり橋のところで馬車が急に傾き、棺はそこ なし沼に落ちてしまった。棺捜しにもたついているうちに、将軍の追手が姿を現し、ジャンゴは捉えられた。そして二度と銃を握れぬように馬の蹄でジャンゴの 両手もこなごなに踏みつぶして去った。そしてメキシコに向う将軍達は、待ち伏せた少佐達に、皆殺しにされてしまった。傷ついた腕をかかえ酒場に戻ったジャ ンゴを少佐達は墓場へ呼びよせた。積り積った恨みをこめて、少佐達はジャンゴを狙った。しかしながら、次の瞬間倒されたのは少佐達だった。激痛に耐えて、 ピストルに細工をし、墓標でピストルを支え、げき鉄を利用してのジャンゴの執念の闘いだった。

続・荒野の用心棒〈デジタル・リマスター版〉
フランコ・ネロ

題名:DJANGO
邦題:続・荒野の用心棒
監督:セルジオ・コルブッチ
原案・脚本:ブルーノ・コルプッチ
製作:マノロ・ボロニーニ
撮影:エンツォ・バルボーニ
美術・衣裳:ルイス・エンリケス・バカロフ
音楽:ルイス・エンリケス・バカロフ  「さすらいのジャンゴ」ロベルト・フィア、ロッキー・ロバーツ(英語版)
撮影機材:テクノビジョン
現像:テクニカラー
出演:フランコ・ネロ、ロレダナ・ヌシアック、エドゥアルド・ファヤルド、ホセ・ボダロ、ジーノ・ペルニーチェ、アンヘル・アルバレス
1966年イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー97分35mmフィルム


続・荒野の用心棒(DJANGO)<<デジタル・リマスター版>>

映画「白昼の大列車強盗」


エンリコ・マリア・サレルノ、アンソニー・ステファン        マーク・ダモン

今回はマリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)監督1967年製作「白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)」をピックアップする。出演は「荒野の死闘」「荒野のプロ・ファイター」のアンソニー・ステファン、「皆殺し無頼」「リンゴ・キッド」「荒野の死闘」のマーク・ダモン、舞台出身の演技派俳優エンリコ・マリア・サレルノ、「続・荒野の用心棒」のホセ・ボダロ、「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレル、「情無用のジャンゴ」のロベルト・カマルディエルなど。

脚本:ドゥッチオ・テッサリの真相
本作の脚本としてクレジットされているのは、監督のマリオ・カイアーノ、ホセ・グティエレス・マエッソに加え、監督・脚本を手掛けた「夕陽の用心棒(1965年)」でジュリアーノ・ジェンマをトップスターに押し上げたドゥッチオ・テッサリの三名。しかし、「禿鷹のえさ(1965年)」「続・荒野の1ドル銀貨」「キスキス・バンバン(1966年)」などの脚本をテッサリと共に執筆し、「嵐を呼ぶ男 スリム」などの脚本家として知られるフェルナンド・ディ・レオは、本作のシナリオを書き上げたのは、自分とアヴグスト・カミニートであると主張している。ディ・レオによると、当時のテッサリには温めていた別の映画の構想があり、その資金集めに苦労していた。そこで古くからの友人であるディ・レオに「白昼の大列車強盗」の原案とも言える粗原稿を託して脚本家を依頼。ディ・レオはこれに応え「拳銃無頼」「星空の用心棒(1967年)」などを共同執筆したカミニートに協力を要請し、脚本を完成させた。するとテッサリは、両者から手渡された原稿に目も通さずに、本作の製作陣にそのまま売却し、自らが構想していた作品の製作資金を得たというのだ。締め切りまでわずか1週間、しかもノーギャラで仕事を引き受けたディ・レオとカミートは、クレジットされなかった訳だが、当時のイタリアでは同様の事が珍しくなかったという。ちなみに、本作で得た資金でテッサリが何の映画を撮ったのかは定かではない。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエ               アルド・サンブレル

サッカー選手だった”メキシコ軍の大尉”
本作でメキシコ軍の大尉を演じたアルド・サンブレルは、1931年にスペインのマドリードで生まれた。スペイン内戦後の混乱を避け、12歳でメキシコに移住したサンブレルは、やがてプロサッカー選手としてメキシコの一部リーグで活躍。1959年にはスペインへ凱旋し、CDアルコヤーノ、ラーヨ・バジェカーノなどでプレーしたのである。現役引退後、歌手を目指したが断念し、俳優となる事を決意した彼は、1961年「キング・オブ・キングス」で俳優デビュー。「Tres hombres buenos(1963年)」を皮切りに、「荒野の用心棒(1964年)」「夕陽のガンマン(1966年)」などを含む約60作のマカロニ・ウエスタンで主に悪役を演じた。テレビドラマを含めて7作を監督したサンブレルは、出演作「さすらいのガンマン(1966年)」のセルジオ・コルブッチ監督について「素晴らしい監督だ。コミュニケーション能力に優れ、役者の緊張感を上手く解す術を持っていた。製作会社ら無断で撮影を切り上げ、現場の全員で闘牛を見に行った事もあったよ」と語っている。46年間に及ぶ俳優人生で150作以上の映像作品に出演したサンブレルは、2003年に自叙伝を出版。2010年に他界した。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

【ストリー】
石油やプラチナの採掘など一攫千金を求めて放浪するグリンゴ(アンソニー・ステファン)とルカ(エンリコ・マリア・サレル)が乗り込んだ列車で、革命軍による襲撃事件が発生。車内に積まれていた金庫が強奪された。その騒ぎの中、グリンゴとルカは殺された男の死体から金庫の鍵を手に入れる。金になると踏んだ二人は、接触した革命軍のボス(ホセ・ボダロ)に取り引きを持ち掛けるが、鍵を渡すよう拷問を受けてしまう。そこに謎の紳士ブラウン(マーク・ダモン)が現れ、革命軍に向けて機関銃を連射。絶体絶命のグリンゴらを救うのだった………。


ドミニク・ボシェロ                        マーク・ダモン

題名:UNO TRENO PER DURANGO
邦題:白昼の大列車強盗
監督:マリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)
製作:ビアンコ・マニーニ
脚本:マリオ・カイアーノ、ドゥッチオ・テッサリ、ホセ・グティエレス・マエッソ
撮影:エンツォ・バルボーニ
編集:レナード・チンクィーニー
音楽:カルロ・ルスティケリ
出演:アンソニー・ステファン、マーク・ダモン、エンリコ・マリア・サレルノ、ドミニク・ボシェロ、ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエル、アルド・サンブレル、マヌエル・ザルゾ
1967年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム[日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 50号 2018年 3/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「ガンマン大連合」

ガンマン大連合
イリス・ベルベン

朝日新聞出版より7月7日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第7号が届いた。二作品のうち今回は「ガンマン大連合」をピックアップする。名匠セルジオ・コルブッチ監督の本作は、1970年に製作され「豹/ジャガー」に引き続いてフランコ・ネロ、ジャック・パランスとトリオを組み、前作同様メキシコ革命を舞台に大暴れする男を描いている。

ガンマン大連合ガンマン大連合
フランコ・ネロ                  トーマス・ミリアン

セルジオ・コルプッチ監督は、演出したマカロニウエスタンが10本目となった本作において、様々な”遊び心”を見せてくれている。その一つは、コルプッチ監督とフランコ・ネロの名を世界に轟かせた出世作「続・荒野の用心棒(1966)」を想起させるいくつかの場面である。物語の中盤。政府軍の検問に行く手を阻まれたネロが演じるペンギンの前に、トーマス・ミリアン演じるパスコが棺桶を引き摺って登場。さらに、この後に展開される政府軍との銃撃戦でペンギンは、通称”ジャンゴ・マシンガン”を撃ちまくるのだ。「続・荒野の用心棒」の主人公ジャンゴが棺桶から取り出した多数の銃口があるこのタイプのマシンガンは、同作撮影の際に創作されたオリジナルの銃器。ちなみに「続・荒野の用心棒」の唯一の正統な続編とされる「ジャンゴ/灼熱の戦場(1987)」にも”ジャンゴ・マシンガン”が登場する。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ガンマン大連合ガンマン大連合
ジャック・パランス                                       フェルナンド・レイ
ガンマン大連合ガンマン大連合
ホセ・ボダロ
ガンマン大連合ガンマン大連合
ガンマン大連合(COMPANEROS)
015ex017_ex
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。

次回発売予定作品


映画「ガンマン大連合」当ブログ2013年3月16日公開

ガンマン大連合
トーマス・ミリアン、フランコ・ネロ

今回はセルジオ・コルブッチ監督1970年製作「ガンマン大連合(COMPANEROS)」をピックアップする。1970年代に製作されたマカロニ ウエスタンだ。主演はフランコ・ネロ、共演に トーマス・ミリアン、ジャック・パランス 、フェルナンド・レイと豪華俳優陣になっている。メキシコ革命時代が背景で1960年代のマカロニティストとは違う内容だが、邦題の「ガンマン大連合」は相変わらずの不当表示だと思う。

ガンマン大連合

メキシコ革命を背景にしたマカロニは、「群盗荒野を裂く」に始まったと記憶するが、セルジオ・コルブッチ監督が本作を手掛ける前(1968年)に「豹/ジャガー」でフランコ・ネロとジャック・パランスを起用しているのも興味深い。また撮影監督は両作ともアレハンドロ・ウロア氏が担当した。
さらに「夕陽のギャングたち」では主演にロッド・スタイガー、ジェームズ・コバーンを迎えハリウッド映画と見違える。絶頂期を過ぎたマカロニウエスタンの終焉期を予感させる。

ガンマン大連合ガンマン大連合
フランコ・ネロ                トーマス・ミリアン
ガンマン大連合ガンマン大連合
ホセ・ボダロ                 フェルナンド・レイ

【ストリー】
1911年から約十年間断続的に起こったメキシコ革命時代。ある日、革命軍が占領していたアン・ベルナディノの町にヨド(フランコ・ネロ)がやってきた。 彼は革命軍に武器を売りつけようと目論んでいたが革命軍の資金は金庫の中に隠されており、その金庫の開け方を知っているのは、アメリカ軍に人質になってい るザントス教授(フェルナンド・レイ)しかいないということだった。ヨドが教授をつれもどしに行くことを申しでた。これを受け入れたアルバトスは彼を監視させるために部下のチャトー(トーマス・ミリアン)をつけた。二人の 作戦は成功し教授を救いだすことができた。帰途、三人は武器密売者ジョン(ジャック・パランス)につかまりそうになったが、うまくかわした。しかし、ヨドとチャトーが争っているうちに教授がジョン一味につかまってしまった。さらにヨドとチャトーはザントス派の人達の捕虜になるが、教授を救いだ すことを条件に釈放される。教授は二人の手によって無事救出され、やっと仲間の許に戻ることができたが、彼は仲間を連れてサン・ベルナディノに向う途中、 待ち伏せていたアルバレス一味のために殺されてしまう。ヨドは帰国を思い立つが、決心をひるがえし、チャトーらと共に戦うことを誓った。

ガンマン大連合ガンマン大連合
ジャック・パランス                イリス・ベルベン

題名:COMPANEROS/VAMOS A MATAR
邦題:ガンマン大連合
監督:セルジオ・コルブッチ
脚本:セルジオ・コルブッチ ディノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ フリッツ・エバート
製作:アントニオ・モレリ
撮影:アレハンドロ・ウロア
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:フランコ・ネロ、 トーマス・ミリアン、ジャック・パランス 、フェルナンド・レイ、イリス・ベルベン、ホセ・ボダロ
1970年イタリア・フランス・西ドイツ合作/テクニスコープ・テクニカラー105分35mmフィルム
※日本公開:1972年4月(FOX)
ガンマン大連合 スペシャル・エディション [DVD]

ガンマン大連合ガンマン大連合
ジャック・パランス「ガンマン大連合(COMPANEROS)」

1 2