マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「荒野の処刑」


ファビオ・ティステ

朝日新聞出版より2月2日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第22号が届いた。二作品のうち今回はルチオ・フルチ監督1975年製作「荒野の処刑(FOUR OF THE APOCALYPSE)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2017年 2/12号[分冊百科]


トーマス・ミリアン                リン・フレデリック

トーマス・ミリアンが想像した”チャコ”のモデル
本作で血も涙もない悪漢ハンター”チャコ”を演じたトーマス・ミリアンは、役作りにあたって実在の人物をモデルにしたという。1960年代後半にアメリカのカルト教団”マンソン・ファミリー”を組織し、1969年に映画監督ロマン・ポランスキーの妻シャロン・テート、大手スーパーマーケットの経営者レノ・ラビアンカとその妻ローズマリーらを信者に殺害させた狂信的カルト指導者チャールズ・マンソンである。彼に殺害を命じられた信者は、妊娠8カ月のシャロンを16カ所、レノを30カ所以上、ローズマリーを40カ所以上もメッタ刺しにした上で、被害者の血液で壁やドアに”Pig”などと殴り書きして現場を去っていた。実行犯でないものの、第一級殺人と殺人教唆によってマンソンに死刑判決が下されたのは1972年6月、「荒野の処刑」公開の約3年前の事である。(その後、カリフォルニア州が一時的に死刑を廃止した為、無期懲役に減刑)。本作の脚本を初めて読んだトーマス・ミリアンは、”チャコ”の凶悪な感性を”マンソン”に近いと感じ、人物造形の参考にした。”チャコ”が両目の下に描いた十字架は、獄中でマンソンが額に刻んだ十字架を見て発想したという。トーマス・ミリアンは、”チャコ”の衣装のほとんども、自分で選んだと語っている。ちなみに「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスタキー監督はマカロニ・ウエスタンのファンで、本作の”チャコ”のいでたちをジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ1に採り入れたという説があるが、真偽のほどは定かではない。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

リン・フレデリックの波乱万丈な人生
本作で妊娠中の娼婦”バニー”を演じたリン・フレデリックは、22歳を迎える1977年に天才喜劇役者ピーター・セラーズ(当時51歳)と結婚。心臓病を患っていたセラーズが1980年7月に心臓発作で急逝した事で、推定約450万ポンド(現在の価値で約1,740万ポンド。日本円で約22億円)もの膨大な遺産を手にした。一方、セラーズの最初の妻アン・ホーと二人の子供が相続したのは、わずか800ポンド(現在の約3,000ポンド=約38万円)ずつだったと伝えられている。セラーズの死から約半年後、フレデリックはイギリスの著名なテレビ司会者デイヴット・フロストと再婚し、1982年6月に離婚。同年には、セラーズの生前の映像を編集した「ピンクパンサーX(1952年)」の製作会社に対して訴訟を起こし、賠償金100万ポンド(現在の約320万ポンド=約4億円)を獲得して話題になった。さらに、同年12月に心臓外科医バリー・アンガーと結婚し、翌年に唯一の子を出産した彼女は1991年に離婚し、1994年4月27日、ロサンゼルスの自宅で遺体となって発見されたのである。享年39歳。死因は特定されず、薬物、あるいはアルコール依存症が噂されたが、遺族は否定している。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「荒野の処刑」当ブログ2013年3月20日公開
荒野の処刑荒野の処刑
トーマス・ミリアン                ファビオ・ティステ

今回はルチオ・フルチ監督1975年製作「荒野の処刑(FOUR OF THE APOCALYPSE)」をピックアップする。「真昼の用心棒」に続く9年後のルチオ・フルチ監督マカロニウエスタン第二作になる。この間は主にホラー映画「サンゲリア(SANGUELIA/1979年)」などを製作していた様だ。主人公が詐欺師でありガンマンではないキャラクター、ロードムービーといった切り口は、70年代製作の特徴のひとつだ。「ガンクレイジー(THE BOUNTY KILLER/1966年)」のトーマス・ミリアン、「俺たちに明日はない(BONNIE AND CLYDE/1967年)」「「華麗なる対決」のマイケル・J・ポラード、可憐な女優リン・フレデリック(後にピーター・セラーズと結婚)が脇を固めている。
尚、ルチオ・フルチ監督は1996年3月に満68歳で亡くなっている。

荒野の処刑荒野の処刑
リン・フレデリック、ファビオ・ティステ

【ストリー】
無法者に牛耳られた西部の町で、市民たちが彼らの支配から逃れるために虐殺を開始する。牢にいたギャンブラー、売春婦、黒人の墓堀り人夫、アル中の四人は殺す価値もないクズとして粗末な馬車を与えられ町を追放される。別の町を目指して旅をす る四人は一人のハンターと出会い一行に加えるが、その男は次第に掠奪者の本性を現し、彼らから全てを奪って去る。一人、また一人と仲間を失い、残された ギャンブラーは復讐を誓うのだった……。

荒野の処刑荒野の処刑
リン・フレデリック

題名:FOUR OF THE APOCALYPSE/I QUATTRO DELL’APOCALYPSE
邦題:荒野の処刑
監督:ルチオ・フルチ
脚本:エンニオ・デ・コンチーニ
撮影:セルジオ・サルヴァティ
音楽:フランコ・ピクシオ、ファビオ・フリッツィ、ヴィンス・テンペーラ
出演:トーマス・ミリアン、ファビオ・ティステ、リン・フレデリック、マイケル・J・ポラード、ドナルド・オブライエン、ブルーノ・コラッツァリ、ハリー・バード
1975年イタリア/ビスタサイズ・イーストマンカラー99分35mmフィルム[日本劇場未公開]
荒野の処刑 [DVD]

荒野の処刑荒野の処刑
荒野の処刑(FOUR OF THE APOCALYPSE)

映画「俺たちに明日はない」

俺たちに明日はない
フェイ・ダナウェイ

今回はアーサー・ペン監督1963年製作「俺たちに明日はない(BONNIE AND CLYDE)」高評価作品sをピックアップする。
本作はアメリカン・ニューシネマの先駆け的作品で俳優のウォーレン・ベイティが入れ込んでプロデューサーを買って出た。彼は当初フランソワ・トリュフォーを監督候補に考えていたが、撮影が始まる際に「華氏451」の製作が決まり、離脱した。次には新たな監督候補としてジャン=リュック・ゴダールに接近したが、結局これも合意には至らなかったそうだ。

俺たちに明日はない俺たちに明日はない
ウォーレン・ベイティ             フェイ・ダナウェイ

撮影はテキサス北東に位置する幾つかの町で、10週間かけて行われた。この辺りは撮影当時1930年代初頭の面影を強く留めており、テキサスの人々は、”クライド・パロウゆかりの地”として慣れ親しんでいる。撮影には、20台のクラシックカーが使用された。そのどれもが1930~1934年のモデルで、完璧に整備され新品同様だった為、撮影終了後に、収集家に買い取られた。また実際にギャングに襲われた銀行の内、三行が撮影当時も残っていた。大恐慌で営業を止めていたが、映画の銀行強盗の為、再び”営業再開”したそうだ。(DVDプロダクションノートより)

俺たちに明日はない俺たちに明日はない
マイケル・J・ポラード             ジーン・ハックマン

【ストリー】
世界恐慌下のアメリカのテキサス。刑務所を出所してきたばかりのクライド(ウォーレン・ベイティ)が例によって駐車中の車を盗もうとした時、近くの2階から声をあげて邪魔をしたのが、その車の持ち主の娘ボニー(フェイ・ダナウェイ)だった。2人にはこれがはじめての出会いだったが、クライドはボニーの気の強さに、ボニーはクライドの図太さに、惚れこんでしまった。2人いっしょならば恐いものなしと彼らは、町から町に渡りながら次々と犯行をくり返していく。。ほどなくガソリンステーションの店員だったC・W(マイケル・J・ポラード)を加え仲間は3人になる。しかし銀行強盗の最中にC・Wのヘマによりクライドは遂に人を殺すことになる。まだ顔の割れていないボニーを家に帰そうとするクライドだがボニーは残ると伝える。二人の想いは募るがクライドはボニーを抱くことが出来なかった。クライドの兄バック(ジーン・ハックマン)とその女房のブランチ(エステル・パーソンズ)を加え5人となったが、この兄夫婦とボニーはそりが合わなかった。一行はまだ手配所が出回ってないと思われるミズーリに移るが、すぐさま隠れ家を警察に突き止められ銃撃戦の末辛くも逃れる。5人の犯行はその後も続き、活躍の場も次第に広くなり世間の注目も増していった。ある日彼らを追跡していたテキサス警備隊隊長を捕獲し辱めを与える。銀行強盗を更に重ねる一行だが、ボニーとブランチの諍いも抜き差しならないところまで来ていた。ホームシックにかかったボニーのため一行は彼女の故郷に向かう。しかしボニーの母は別れ際に犯罪者となった娘に冷淡な態度を取るのだった。アイオワに移った一行だが、滞在中のモーテルで保安官たちに囲まれてしまう。装甲車すら出動した激しい射ち合いの末、バックとブランチは重傷を負ってしまった。その晩は何とか包囲網を突破した一行だったが、翌朝再び急襲される。傷を負いながらもクライド、ボニー、C・Wは何とか逃げ出したが、バックは死にブランシュは逮捕される。3人は、隠れ家を求めて逃走を続ける。そして唯一世間に名前の知られていないC・Wの父親の農場にたどり着き、そこで傷を癒すのだった。復讐に燃えるテキサス警備隊隊長ヘイマーは巧みな話術でブランチからC・Wの名前を聞き出す。ボニーは自分たちのことを詩にまとめ新聞で発表する。それを読み喜ぶクライドはついにボニーと愛を交わす。C・Wの父親は息子の命とひきかえにボニーとクライドの隠れ場所をヘイマーに密告した。車で町まで買い物に出かけた二人は帰路、待ち伏せしていたヘイマーたちの銃弾で蜂の巣にされ絶命する。若い男女の愛の無法の歴史は、銃の前にはかない終焉を告げたのだった。

俺たちに明日はない俺たちに明日はない

題名:BONNIE AND CLYDE
邦題:俺たちに明日はない
監督:アーサー・ペン
製作:ウォーレン・ベイティ
脚本:デヴィッド・ニューマン、ロバート・ベントン、ロバート・タウン
撮影:バーネット・ガフィ
編集:デデ・アレン
音楽:チャールズ ストラウス
出演:フェイ・ダナウェイ、ウォーレン・ベイティ、マイケル・J・ポラード、ジーン・ハックマン、エステル・パーソンズ、ジーン・ワイルダー
1967年アカデミー賞【助演女優賞】エステル・パーソンズ【撮影賞】バーネット・ガフィ
1967年NY批評家協会賞【脚本賞】デヴィッド・ニューマン【脚本賞】ロバート・ベントン

1967年アメリカ/ビスタサイズ・テクニカラー111分35mmフィルム
俺たちに明日はない [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

俺たちに明日はない俺たちに明日はない
俺たちに明日はない(BONNIE AND CLYDE)

映画「華麗なる対決」

華麗なる対決華麗なる対決
クラウディア・カルディナーレ         ブリジット・バルドー

今回はクリスチャン=ジャック監督1971年製作「華麗なる対決(LES PETROLEUSES)」をピックアップした。
主演はフランスとイタリアの二大女優、ブリジット・バルドーとクラウディア・カルディナーレの競演である。ヨーロピアン・ウエスタンである本作のロケ地はマカロニウエスタンでお馴染みのスペイン・アルメリア、アンダルシア地方だそうだ。クラウディア・カルディナーレは当時33歳、ブリジット・バルドーは37歳だった。本作はガンファイトのない西部劇で二大女優の魅力のみを引き出した作品だ。尚、マカロニウエスタン「荒野の処刑」のマイケル・J・ポラードが保安官役で出演している。

華麗なる対決華麗なる対決
ブリジット・バルドー            クラウディア・カルディナーレ

【ストリー】
1880年も終りに近い頃のニュー・メキシコ--フォート・サージュ地区一帯を荒し、人々に恐れられていたフランシー・キングという武装強盗団の一味の正体はセクシーな女ルイーズ(ブリジット・バルドー)とその妹たちだった。一方、この地区のフランス系移民の住む町ブージバルには、マリア(クラウディア・カルディナーレ)というとてつもないお転婆娘がいた。その美しさには、滅法人のよい保安官(マイケル・J・ポラード)が三年越しで惚れ込んでいるくらいだった。さて、あるクリスマスの日、二人の美女が対決するような事件が起こった。ブージバル行きの汽車が突如としてフランシー・キングに襲撃され、客の一1人であるドック・ミレーという謎の男の黒鞄から重要な書類が盗まれたのだ。二つの関連した書類はマリアとルイーズの手に渡った。マリアには、近くのリトル・P牧場の石油鉱脈があることを示している地図、ルイーズにはリトル・P牧場の売買契約書である。フランシー・キングことルイーズ一家は、ドック・ミレーとその妹たちになりすまして牧場にやってきた。一方そこには、厖大な石油鉱脈があることを知ったマリアが、賭場で稼いだ札束を手に現われたのだ。町の祭りの日。フランシー・キングの黒装東に身を包んだルイーズ姉妹は、マリアの弟たちを次々に誘惑して、P牧場に石油が眠っていることを聞きだす。翌朝、マリアは弟たちの行方を追ってP牧場に駈けつける。そこにはルイースが待ち構えており、二人の格闘が始まった。傷だらけになった二人は疲れ果て壁なり合ってその場にくずれ落ちた。その時、保安官と、多勢の部下を連れたドック・ミレーが現われ、彼はルイーズたちの逮捕を要求した。保安官がルイーズ姉妹に歩み寄ろうとしたとき、マリアの弟たちが隠れていた井戸の中で騒ぎだし、はずみで石油が吹きだした。てんやわんやの大騒ぎとなり、マリアとルイーズはその隙に乗じて逃げだし、危機一髪で逮捕をまぬがれた。数日後、ブージバルの町から汽車がでる。それぞれ手錠をかけられた二人の弟、娘たちがとぼけた保安官に護送される。だが、その列車は再び襲撃され、白と黒の装束をつけた盗賊は今度は乗客の持物には眼もくれず、囚人を奪うと砂漠の中に消えた。もちろん二人の盗賊はマリアとルイーズである。

華麗なる対決華麗なる対決
クラウディア・カルディナーレ

題名:LES PETROLEUSES
邦題:華麗なる対決
監督:クリスチャン=ジャック
製作:レイモン・エジェ
原案:マリー・アンジェ・アニエス 、 ジャン・ヌムール
脚本:ギイ・カザリル、ダニエル・ブーランジェ、クレマン・ビドル・ウッド
撮影:アンリ・ペルサン
音楽:フランシス・レイ
出演:ブリジット・バルドー、クラウディア・カルディナーレ、マイケル・J・ポラード、テレサ・ジンペラ、ミシュリーヌ・プレール、エマ・コーエン、パティ・シェパード
1971年フランス・イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー92分35mmフィルム
華麗なる対決 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

華麗なる対決華麗なる対決
ブリジット・バルドー、クラウディア・カルディナーレ