マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「怒りの用心棒 復讐のダラス」


ジュリアーノ・ジェンマ        ジュリアーノ・ジェンマ、ウォーレン・ヴァンダース

朝日新聞出版より6月8日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第31号が届いた。二作品のうち今回はトニーノ・ヴァレリ監督1969年製作「怒りの用心棒(THE PRICE OF POUER)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 31号 2017年 6/18号 [分冊百科]


ベニト・ステファネッリ                  レイ・サンダース

ケネディ暗殺事件の謎を取り上げた先駆的な作品
本作に登場するアメリカ合衆国大統領は、遊説先のテキサス州ダラスで、夫人と共に臨んだパレードの最中、何者かによって狙撃されてしまう。映画の時代設定は南北戦争(1861~1865年)の数年後だが、致命傷となった弾丸が発射された方向と容疑者が発砲されたとする場所との相違、単独犯とされながら大統領に命中した複数の弾丸の存在、逮捕された容疑者が護送中に殺害される………など、題材となったのは1963年11月22日に起こったジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件である。
同事件にまつわる一連の謎を取り上げた映画には、デビット・ミラー監督の「ダラスの熱い日(1973年)」メル・スチュアート監督の「ダラスの長い日/ケネディ大統領暗殺事件(1978年)」オリヴァー・ストーン監督「JFK(1991年)」などがよく知られているが、本作は、その先駆けともいえる作品だった。ちなみに、初代ジョージ・ワシントンから現在のドナルド・トランプまでの45代44人(クローバー・クリープランドは、22代と24代の大統領を務めた)の大統領のうち、在職中に暗殺されたのは、16代エイブラハム・リンカーン(1865年)、20代ジェームズ・ガーフィールド(1881年)、25代ウィリアム・マッキンリー(1901年)、35代ケネディの4名である。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


フェルナンド・レイ                ホセ・カルヴォ

ホセ・スアレス                 ヴァン・ジョンソン

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
怒りの用心棒(THE PRICE OF POUER)
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「怒りの用心棒 復讐のダラス」当ブログ2013年2月27日公開

怒りの用心棒(復讐のダラス)
ジュリアーノ・ジェンマ

今回は名匠トニーノ・ヴァレリ監督1969年製作「怒りの用心棒(THE PRICE OF POUER)」をピックアップした。本作は日本で劇場未公開だったが、邦題が「怒りの用心棒」「ダラス・ブリット」「怒りと復讐の果て」「復讐のダラス」 と四つもある。VHS販売、テレビ放映で題名を変えられ、DVD版では「怒りの用心棒 復讐のダラス」となっている。マカロニウエスタンの邦題は実にいい加減だ。本作の英語題名”THE PRICE OF POWER”は「権力の代償」。
1963年のケネディ大統領暗殺をモチーフにしている本作は、1973年「ダラスの熱い日」よりも早く題材にした訳だが、劇中のガーフィールド大統領は歴 史上に実在する合衆国第20代大統領で、実際に1881年にダラスではなくワシントンDCで暗殺されている。
この歴史的事実とフィクションをシャッフルし 再構築した内容は、マカロニ作品にしてはシリアスでおもしろかった。派手なアクション・ガンプレイも少なくジュリアーノ・ジェンマと絡むヒロインもいない。

怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)

本作は助演陣も凄い。黒幕の銀行家を演じるフェルナンド・レイは、ルイス・ブニュエル監督1970年「哀しみのトリスターナ(TRISTANA)」 1972年「ブルジョワジーの秘かな愉しみ(LE CHARME DISCRET DE LA BOURGEOISIE)」やウィリアム・フリードキン監督1971年「フレンチ・コネクション(THE FRENCH CONNECTION)」に出演したスペインの俳優(1994年没)、悪徳保安官を演じたベニート・ステファネッリは、「夕陽のガンマン」「怒りの荒野」ほか多数のマカロニウエスタンに出演している。その他にもマカロニ作品で顔馴染みの中堅俳優が多数出演しているのが嬉しい。

怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)
ジュリアーノ・ジェンマ、ヴァン・ジョンソン

【ストリー】
1881年のダラス。南北戦争の遺恨がくすぶるこの街にガーフィールド大統領が遊説にやってくるが、彼の政策を快く思わない保守派連中はならず者を雇い大 統領を暗殺。その生贄に選ばれたのが黒人青年ジャック。彼を大統領狙撃犯に仕立て白人の黒人に対する憎悪を煽ろうとする。かつてジャックと共に北軍兵士として戦った戦友のウィリアム(ジュリア―ノ・ジェンマ)はこの企てに父を殺したならず者のウォレス一派が加わっている事を 掴み、ジャックの救出と共に真相を公にすべく奔走。しかしジャックは殺され真相も闇の中に葬られようとする最中、副大統領補佐官も真相究明に乗り出す…。

怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)

題名:THE PRICE OF POUER / IL PREZZO DEL POTERE
邦題:怒りの用心棒 / ダラス・ブリット / 怒りと復讐の果て / 復讐のダラス
監督:トニーノ・ヴァレリ
脚本:マッシモ・パトリッツィ
撮影:スティルヴィオ・マッシ
音楽:ルイス・エンリケス・バカロフ
フィルム:イーストマンコダック
出演:ジュリアーノ・ジェンマ、ウォーレン・ヴァンダース、ヴァン・ジョンソン、フェルナンド・レイ、ベニト・ステファネッリ、レイ・サンダース、ホセ・カルヴォ、ホセ・スアレス
1969年イタリア/テクノスコープ・テクニカラー109分35mmフィルム [日本劇場未公開]
怒りの用心棒 [DVD]

怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)
怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)
怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)怒りの用心棒(復讐のダラス)
怒りの用心棒(THE PRICE OF POUER)

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「必殺の用心棒」


「必殺の用心棒(SUGAR COLT)」ハント・パワーズ

ハント・パワーズ                                                     ソルダード・ミランダ

朝日新聞出版より5月11日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第29号が届いた。二作品のうち今回はフランコ・ジラルディ監督1966年製作「必殺の用心棒(SUGAR COLT)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 29号 2017年 5/21号 [分冊百科]


ジャンヌ・オーク

“ハッタリ”で主役を射止めたハント・パワーズ
本作のヒーロー”シュガー・コルト”を演じているハント・パワーズは、本名のジャック・ベッツ名義で1950年代後半に俳優デビューして以来、小さな役でテレビシリーズにゲスト出演するという地味な活動を続けていた。そんなある日「仕事はないか?」とエージェントに電話をかけた彼は、イタリアのフランコ・ジラルディという監督が、新作マカロニ・ウエスタンの主演俳優を探しにロサンゼルスに来ている事を知る。
そしてその20分後、監督が泊まっていたホテルに駆け付け、猛アタックを仕掛けたのである。「馬に乗った事はあるか?」と訊かれれば「何年も経験があります」と答え、「銃の扱いは?」との質問には「プロ級の腕前です」と即答。実は、その全てはハッタリだったのだが、同行していた監督夫人にも気に入られたパワーズは「2週間後にイタリアに来られるか?」という最後の質問にも二つ返事で了承し、見事、主役の座を手に入れたのだった。その後、ジョン・ウェインの友人でもあるトレーナーから、まったく経験のない乗馬と銃の撃ち方の猛特訓を受けた事は言うまでもない。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ハント・パワーズ                                           ジャンヌ・オーク、ソルダード・ミランダ

本当に炸裂していたパワーズの左ストレート
「必殺の用心棒」の主役の座を射止めたハント・パワーズは、初めて経験したマカロニ・ウエスタンの撮影について「驚きの連続だった」と語っている。彼が最初に驚いたのは、撮影の際、監督が「用意、スタート!」との掛け声をかけてカメラが回り始めても、周囲にいるスタッフたちが一向に静かにせず、おしゃべりを続けている事だった。しかも、パワーズが手渡された英語台本の台詞を話しているにもかかわらず、相手役のイタリア人やドイツ人の俳優たちは「1,2,3,4…..」と数字を数えていたのだ。これらは全て、台詞や効果音を映像に合わせて後で録音するアフレコ方式によるものだったが、パワーズにそれが伝えられていなかったのである。また、パワーズはエルノ・クリサ演じるヤンガーとの激しい殴り合いのシーンで、誤ってクリサの顔面に左ストレートを命中させてしまったという。その結果、クリサは小麦粉を赤く染める程の鼻血を出し、パワーズは手を骨折してしまった。その後も撮影は続けられたが、パワーズは川で泳ぐシーンについて「ほとんど片手しか使えなかった。本当に痛くて辛かったよ」と振り返っている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


必殺の用心棒(SUGAR COLT)            ソルダード・ミランダ

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「必殺の用心棒」当ブログ2014年4月5日公開
必殺の用心棒必殺の用心棒
ハント・パワーズ

今回はフランコ・ジラルディ監督1966年製作「必殺の用心棒(SUGAR COLT)」をピックアップする。本作はスパイ映画的要素を組み込んだマカロニウエスタンで、軍の情報部員だったシュガー・コルトが拉致された北軍兵士130人を奪還するという内容。
70年代マカロニの到来を予感する作品だ。
ラクエル・ウェルチが主演したビフテキ・ウエスタン「100挺のライフル(100 RIFLES/1968年トム・グライス監督)」に出演したスペイン出身の美人女優ソルダード・ミランダが共演しているが、残念ながら1970年に交通事故死(享年27歳)した。
遺作は「SHE KILLED IN ECSTASY(1970年ジェス・フランコ監督)」というホラー映画だったそうだ。

必殺の用心棒必殺の用心棒
ハント・パワーズ               ソルダード・ミランダ、ハント・パワーズ

【ストリー】
南北戦争が終り、西部から故郷へ復員する途中、北軍の狙撃兵130名が行方不明になった。それから一年後、ニュー・メキシコのアラモゴードの近くの町で婦 人に護身用のピストルを教えるトム(ハント・パワーズ)のもとへ一人の老探偵が訪ねて来た。彼はトムがシュガー・コルトと名のり3年前まで情報部員をして いたピストルの名手であることを知っていた。そして行方不明の兵士の一人の親から、息子は生存していて身代金を払えば戻ってくることが判明したので協力を 依頼され、蛇の谷という町を調べたいが、それにトムの協力がほしいと言った。が、老探偵は翌日、無法者に射殺されてしまった。
数日後、トムは巡回医師に扮 し、ひとり蛇の谷に向った。町の入口で見張番の男にトムはいやがらせをうけたが、この町を支配するヘイバーブルック大佐に助けられた。町には無法者たちが たむろしていた。トムは気づかれぬ様に、調査をはじめた。そして、無法者の一人が阿片に酔い、狙撃隊を人質として拉致するよう大佐に命令されたとわめき、 大佐の部下に射殺されるのを見届けた。調査を進めるうちにトムに応援してくれる人々の間にも犠牲者が出た。がトムはついに狙撃隊兵士が檻禁されている物置 きを探り出し、脱出の手順を命令した。そして逃げる大佐を町まで連れ戻した。狙撃兵たちの怒りに耐えかね、大佐はかつての愛人で酒場の女主人ベスのもとに のがれたが、かねて大佐の仕打ちをよく思っていなかったベスは、容赦なく銃の引金をひいた。

必殺の用心棒必殺の用心棒
ジャンヌ・オーク、ソルダード・ミランダ

題名:SUGAR COLT
邦題:必殺の用心棒
監督:フランコ・ジラルディ
原案:アウグスト・フィノッキ、ジュゼッペ・マンジョーネ
脚本:ジュゼッペ・マンジョーネ、フェルナンド・デイ・レオ、アウグスト・フィノッキ、サンドロ・コンチネンツァ
撮影:アレハンドロ・ウロア
音楽:ルイス・エンリケス・バカロフ
出演:ハント・パワーズ、ジュリアン・ラファティ、ジェームズ・パーカー、ジャンヌ・オーク、ソルダード・ミランダ、ルイス・バルブー
1966年イタリア・スペイン/テクニスコープ・テクニカラー97分35mmフィルム
必殺の用心棒 [DVD]

必殺の用心棒必殺の用心棒
ソルダード・ミランダ
必殺の用心棒(SUGAR COLT)

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「新・さすらいの用心棒 ベン&チャーリー」


ジュリアーノ・ジェンマ              ジョージ・イーストマン

朝日新聞出版より4月27日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第28号が届いた。二作品のうち今回はミケーレ・ルーポ監督1972年製作「新・さすらいの用心棒  ベン&チャーリー(BEN AND CHARLIE)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 28号 2017年 5/7号 [分冊百科]


ジョージ・イーストマン、ヴィットリオ・コンジャ、ジュリアーノ・ジェンマ   マリーザ・メル

原案・脚本を担当したジョージ・イーストマンの不満
本作の脚本家としてクレジットされているルイジ・モンテフィオリとは、ジュリアーノ・ジェンマ演じるベンの相棒チャーリー役で出演している長身俳優ジョージ・イーストマンの別名である。実は、彼の企画・発案によって本作は誕生したのであり、イーストマンこそが”生みの親”なのだ。1971年、後に「新・さすらいの用心棒」となる脚本を書き上げたイーストマンは、ベン役に想定したジェンマに作品を読んでもらい、出演の快諾を得た。次に彼はプロデューサーを探したが、手を挙げる者がなかなか現れない。ベンとチャーリーは完全な同格の相棒で、前半はコメディタッチで描かれるものの、中盤から一転してシリアスな展開となり、ラストで悲劇的な死を迎える——というイーストマンの脚本に難色を示したのだ。製作者(プロデューサー)たちは、チャーリーの役を小さくしてジェンマをメインとし、大ヒットした「風来坊/花と夕日とライフルと・・・(1970年)」にならって作品を”コメディ・ウエスタン”に仕上げたかったのだ。イーストマンは当初、こうした要求を拒否していたが、「ウエスタン(1968年)や「夕陽のギャングたち(1971年)」」などを手掛けたセルジオ・ドナティが脚本に手を加える事を拒む事は出来なかった。
そして、結局、イーストマンの構想とはかけ離れた「新・さすらいの用心棒」が完成したのであった。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ジョージ・イーストマン            ルチアーノ・ロルカス

ネッロ・パザフィーニ

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「新・さすらいの用心棒」当ブログ2013年5月3日公開

新・さすらいの用心棒
ジュリアーノ・ジェンマ

今回はミケーレ・ルーポ監督1972年製作「新・さすらいの用心棒(BEN AND CHARLIE)」をピックアップした。主演はジュリアーノ・ジェンマとジョージ・イーストマンによるマカロニウエスタン終焉期の作品だ。ガンプレイも希少でハリウッドウエスタンに近づいた。この頃は、「荒野の大活劇(VIVI O PREFERIBILMENTE MORTI/1969年)」の様にコメディ要素を入れたものや「荒野のドラゴン」のカンフー仕立てのウエスタンなど試行錯誤が続く。終焉期と言ったが、これは日本国内での事で1980年代後半にイタリアやスペインに行った時、マカロニウエスタンは健在だった。

新・さすらいの用心棒新・さすらいの用心棒
ジュリアーノ・ジェンマ           ジョージ・イーストマン

ジョージ・イーストマンは「皆殺しのジャンゴ」「拳銃無頼(POKER WITH PISTOLS/1967年)」に出演しているが、この芸名はイーストマンコダック社の創始者名から取ったものだ。マカロニウエスタンはアメリカ名の芸名をスタッフもキャストもよく使うが、映画フィルム会社とは驚いた。
オーストリア出身の美人女優マリーザ・メルは「ゴールデン・ハンター(CASANOVA ’70/1965年)」「地獄のランデブー(NEW YORK CHIAMA SUPERDRAGO/1966年)に出演していたが1992年5月に亡くなっている。

新・さすらいの用心棒新・さすらいの用心棒
マリーザ・メル     ジョージ・イーストマン、ヴィットリオ・コンジャ、ジュリアーノ・ジェンマ

【ストリー】
詐欺の罪で服役していたお調子者のベン(ジュリアーノ・ジェンマ)、大柄で慎重なチャーリー(ジョージ・イーストマン)。チャーリーはベンを煙たがっては いるものの、腐れ縁の二人は結局行動を共にすることに。ベンの突飛な思いつきに巻き込まれる形で、共に銀行強盗になってしまった2人。
罪状を重ねてしまい、どうせならと本格的な無法者に転身してしまう。殺しは避けるというモットーのもと、襲撃した銀行でついてきた元銀行員のスミス (ヴィットリオ・コンジャ)、そして知り合ったカート(ルチアーノ・ロルカス)を始めとする無法者3人と徒党を組んで強盗を繰り返えすが、悪行の報いか、 迫る追っ手に加え、カートたち3人が彼らを裏切るのだった……。

新・さすらいの用心棒新・さすらいの用心棒

題名:BEN AND CHARLIE/AMICO, STAMMILONTANO ALM
邦題:新・さすらいの用心棒  ベン&チャーリー
監督:ミケーレ・ルーポ
脚本:セルジオ・ドナティ、ルイジ・モンテフィオリ
撮影:アリステッド・マサセッシ
音楽:ジャンニ・フェリオ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ、ジョージ・イーストマン、レモ・キャピターニ、ルチアーノ・ロルカス、マリーザ・メル、ネッロ・パザフィーニ、ジャコモ・ロッシ・スチュアート
1972年イタリア/テクニカラー・テクノビジョン109分35mmフィルム[日本劇場未公開]
新・さすらいの用心棒 ベン&チャーリー [DVD]

新・さすらいの用心棒新・さすらいの用心棒
新・さすらいの用心棒  ベン&チャーリー(BEN AND CHARLIE)

1 2 3 4 5 15