映画「オーシャンズ13」


ジョージ・クルーニー                 アル・パチーノ

今回はスティーヴン・ソダーバーグ監督2007年製作「オーシャンズ13(OCEAN’S THIRTEEN)」をピックアップする。
2001年「オーシャンズ11」2004年「オーシャンズ12」に続くジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットらハリウッド豪華スター競演によるクライム・ムービーの第3弾だ。


ブラッド・ピット             アンディ・ガルシア、エレン・バーキン

【ストリー】
ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いるプロフェッショナルな犯罪チーム“オーシャンズ”のメンバーの一人、ルーベン(エリオット・グールド)は、今まさに生死の境を彷徨っていた。世界を股にかけるホテル王、ウィリー・バンク(アル・パチーノ)と組み、ラスベガスに新たな巨大ホテルを立ち上げようとしていた矢先、バンクの裏切りによってホテルを乗っ取られ、失意のあまり心筋梗塞で倒れてしまったのだ。ルーベン危篤の報せに、盗み出す寸前だった大金さえも放り出し、ラスベガスへ駆けつけたラスティー(ブラッド・ピット)。やがて病床に集まったライナス(マット・デイモン)たち“オーシャンズ”のメンバーは、バンクへの復讐を誓う。まもなくダニーは、バンクへの最後の警告として、ホテルの権利を返した方が身のためだと伝えるが、バンクは平然とこれを拒否。所有するすべてのホテルで最高の格付けを得てきたバンクには、“オーシャンズ”など所詮敵ではないと思えたのだ。一方、“オーシャンズ”の狙いは、バンクがルーベンから奪い取った、まもなくグランド・オープンを迎える超高級ホテル“バンク”。カジノを併設するそのホテルは、世界最新にして最高の人工知能セキュリティ“グレコ”に守られていた。だが、“オーシャンズ”は仲間の借りを返すため、金品のみならずバンクのすべてを奪い取るつもりだ。そして“オーシャンズ”にとって因縁の宿敵であり、バンクのライバルであるベネディクト(アンディ・ガルシア)、またバンクの右腕である女性アビゲイル(エレン・バーキン)らも巻き込んで、壮大なリベンジ計画が繰り広げられるのだった。


ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット

題名:OCEAN’S THIRTEEN
邦題:オーシャンズ13
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮:スーザン・イーキンス、グレゴリー・ジェイコブス、フレデリック・W・ブロスト、ブルース・バーマン、ジョージ・クルーニー
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:ブライアン・コペルマン、デイヴィッド・レヴィーン
撮影:スティーヴン・ソダーバーグ
美術:フィリップ・メッシーナ
衣装:ルイーズ・フログレイ
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:デイヴィッド・ホームズ
撮影機材:パナビジョン
特機機材:チャップマン(Chapman)
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、アル・パチーノ、エレン・バーキン、ドン・チードル、バーニー・マック、ケイシー・アフレック、スコット・カーン、エディー・ジェミソン
2007年アメリカ/シネスコサイズ・カラー122分35mmフィルム
オーシャンズ13 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


マット・デイモン、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット

映画「アジャストメント」


「アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)」エミリー・ブラント

マット・デイモン                  エミリー・ブラント

今回はジョージ・ノルフィ監督2011年製作「アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)」をピックアップする。本作はフィリップ・K・ディック氏のSF短編小説「調整班」を映画化したものだが、SFというより恋愛ファンタジーといった内容になっている。恋愛映画の設定としては斬新ではあるが、SFとしては”ドアを開ければ別の場所”に行くドラえもん映画である。


アンソニー・マッキー           エミリー・ブラント、マット・デイモン

【ストリー】
選挙で敗れた上院議員候補デヴィッド・ノリス(マット・デイモン)。敗戦会見の準備をしていた彼は、見知らぬ女性エリース(エミリー・ブラント)と出会い、たちまち意気投合する。さらに、会見を無事に切り抜けたデヴィッドは全米一のベンチャー企業に役員として迎えられ、次回上院選の有力候補として再浮上する。だが、そんな彼の行動を逐一モニターする謎の集団があった。社会の裏で超人的な能力を駆使して、人間の運命を操作する運命調整局のエージェントたちだった。その1人、ハリー(アンソニー・マッキー)は、出勤するデヴィッドがバスを乗り過ごすように操作を試みるが、手違いから失敗。バスに乗り込んだデヴィッドは車内でエリースと再会し、彼女の携帯番号が書かれたメモを手に入れる。出社したデヴィッドは、調整局から派遣された干渉班が社員の意識改変を実施する現場に遭遇し、捕えられてしまう。エリースとは2度と会わないようデヴィッドに忠告したエージェントたちは、携帯番号のメモを燃やす。さらに、調整局の背後にはすべての運命を司る“チェアマン”の存在が……。それから3年。デヴィッドはエリースと偶然再会。それを知って2人を引き離そうと様々な策を講じる調整局。繰り返し再会する彼らに疑問を持ったリチャードソン(ジョン・スラッテリー)は、2人を調査。過去に2度も結ばれる運命にあった2人が、その運命に引きずられて互いに呼び合っていたことが明らかになる。一方、デヴィッドの元には調整局が派遣した“ハンマー”の異名を持つトンプソン(テレンス・スタンプ)が現れ、彼が政治家になった理由は真のリーダーとして人類を統率させるためだったと説明。さらに、これ以上エリースと接触すると、彼女のダンサーとしての夢も消えると告げる。選択を迫られたデヴィッド。果たして彼はどのような決断を下すのか……?


アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)

題名:THE ADJUSTMENT BUREAU
邦題:アジャストメント
監督:ジョージ・ノルフィ
製作総指揮:ジョナサン・ゴードン、アイサ・ディック・ハケット
共同製作:ジョエル・フィルテル
製作:マイケル・ハケット、ジョージ・ノルフィ、ビル・カラッロ、クリス・ムーア
原作:フィリップ・K・ディック「調整班」
脚本:ジョージ・ノルフィ
撮影:ジョン・トール
美術:ケヴィン・トンプソン
衣装:カシア・ワリッカ=メイモン
配役:アマンダ・マッキ―、キャシー・サンドリッチ・ゲルフォンド
SFX/VFXスーパーバイザー:マーク・ラッセル
視覚効果:ランドール・バルスマイヤー
編集:ジェイ・ラヴィノウィッツ
音楽:トーマス・ニューマン
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ
2011年アメリカ/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
アジャストメント -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


エミリー・ブラント、マット・デイモン   アジャストメント(THE ADJUSTMENT BUREAU)

映画「プライベート・ライアン」


トム・ハンクス

今回はスティーヴン・スピルバーグ監督1998年製作「プライベート・ライアン(SAVING PRIVATE RYAN)」bestをピックアップする。本作はフィクションであるが、基になったナイランド兄弟のエピソードが存在するそうだ。約3時間にもおよぶ長編映画にも拘わらず、わずか60日間というハリウッド映画としては驚異的な早撮りでクランクアップしている。ロケはイギリスで行われたが、冒頭の”Dデイ”におけるオマハ・ビーチ上陸作戦のシーンは、アイルランドで撮影された。アイルランド陸軍はエキストラとして250名の兵士を貸し出し大人数にもかかわらず撮影はスムーズに進行したそうだ。この冒頭から約20分間にもおよぶオマハ・ビーチにおけるノルマンディー上陸作戦を描く戦闘シーンは、映画史に残る20分間と位置付けされている。


マット・デイモン

【ストリー】
1944年。第2次世界大戦の真っ只中、米英連合軍はフランス・ノルマンディのオマハビーチでドイツ軍の未曾有の銃撃を受け、多くの歩兵が命を落としていった。戦禍を切り抜けたミラー大尉(トム・ハンクス)に、軍の最高首脳から「3人の兄を戦争で失った末っ子のジェームズ・ライアン2等兵を探し出し、故郷の母親の元へ帰国させよ」という命令が下った。ミラーは古参軍曹のホーヴァス(トム・サイズモア)、2等兵のレイベン(エドワード・バーンズ)、カパーゾ(ヴィン・ディーゼル)、メリッシュ(アダム・ゴールドバーグ)、名狙撃手ジャクソン(バリー・ペッパー)、衛生兵のウェード(ジョヴァンニ・リビジ)、ドイツ語が話せる実践経験ゼロのアパム(ジェレミー・デイヴィス)を選び、落下傘の誤降下で行方の知れないライアンを敵地の前線へと探しに向かう。彼らは廃墟の町で攻撃を受け、ひとり、ふたりと銃弾に倒れていく。なぜライアン1人のために8人が命をかけなければならないのか? とレイベンが怒りを爆発させた時、ミラーはライアンを探し出し妻の元へ帰ることが自分の任務だと淡々と語り、離れかけていた皆の心をまとめあげる。前線へ進むうちミラーたちは空挺部隊に救われるが、その中にライアン2等兵がいたのだ。兄たちの死亡と帰国命令を知ったライアンは、戦友を残して自分だけ帰国することはできないときっぱりと言い放つ。ライアンの意思がミラーたちの心を捉え、共に踏みとどまりドイツ軍と一戦を交えることに。乏しい兵力、装備という悪条件の中、仲間たちは次々と銃弾に倒れ、ミラーも爆撃を受け死んでしまう。ライアンに「しっかり生きろ」と言い残して…。時を経て年老いたライアンは、ミラーの墓地の前で彼の言い残した言葉を、再びかみしめるのだった。

題名:SAVING PRIVATE RYAN
邦題:プライベート・ライアン
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:イアン・ブライス、マーク・ゴードン、ゲイリー・レヴィンソン、スティーヴン・スピルバーグ
共同製作:ボニー・カーティス、アリソン・リオン・セーガン
脚本:ロバート・ロダット
撮影:ヤヌス・カミンスキー
録音:ランス・ブラウン
美術:トーマス・イー・サンダース
衣裳:ジョアンナ・ジョンストン
特殊効果:インダストリアル・ライト・アンド・マジック(I.L.M)
特殊効果スーパーバイザー:ニール・コブルド
軍事アドバイザー:デイル・ダイ
編集:マイケル・カーン
音楽:ジョン・ウィリアムス
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマン・コダック
現像:テクニカラー
出演:トム・ハンクス、エドワード・バーンズ、マエドワード・バーンズ、マット・デイモン、トム・サイズモア、アダム・ゴールドバーグ、ジェレミー・デイヴィス、バリー・ペッパー
第71回アカデミー賞最優秀監督賞受賞
1998年アメリカ/ビスタサイズ・カラー170分35mmフィルム
プライベート・ライアン -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


プライベート・ライアン(SAVING PRIVATE RYAN)

1 2 3