映画「白昼の大列車強盗」


エンリコ・マリア・サレルノ、アンソニー・ステファン        マーク・ダモン

今回はマリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)監督1967年製作「白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)」をピックアップする。出演は「荒野の死闘」「荒野のプロ・ファイター」のアンソニー・ステファン、「皆殺し無頼」「リンゴ・キッド」「荒野の死闘」のマーク・ダモン、舞台出身の演技派俳優エンリコ・マリア・サレルノ、「続・荒野の用心棒」のホセ・ボダロ、「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレル、「情無用のジャンゴ」のロベルト・カマルディエルなど。

脚本:ドゥッチオ・テッサリの真相
本作の脚本としてクレジットされているのは、監督のマリオ・カイアーノ、ホセ・グティエレス・マエッソに加え、監督・脚本を手掛けた「夕陽の用心棒(1965年)」でジュリアーノ・ジェンマをトップスターに押し上げたドゥッチオ・テッサリの三名。しかし、「禿鷹のえさ(1965年)」「続・荒野の1ドル銀貨」「キスキス・バンバン(1966年)」などの脚本をテッサリと共に執筆し、「嵐を呼ぶ男 スリム」などの脚本家として知られるフェルナンド・ディ・レオは、本作のシナリオを書き上げたのは、自分とアヴグスト・カミニートであると主張している。ディ・レオによると、当時のテッサリには温めていた別の映画の構想があり、その資金集めに苦労していた。そこで古くからの友人であるディ・レオに「白昼の大列車強盗」の原案とも言える粗原稿を託して脚本家を依頼。ディ・レオはこれに応え「拳銃無頼」「星空の用心棒(1967年)」などを共同執筆したカミニートに協力を要請し、脚本を完成させた。するとテッサリは、両者から手渡された原稿に目も通さずに、本作の製作陣にそのまま売却し、自らが構想していた作品の製作資金を得たというのだ。締め切りまでわずか1週間、しかもノーギャラで仕事を引き受けたディ・レオとカミートは、クレジットされなかった訳だが、当時のイタリアでは同様の事が珍しくなかったという。ちなみに、本作で得た資金でテッサリが何の映画を撮ったのかは定かではない。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエ               アルド・サンブレル

サッカー選手だった”メキシコ軍の大尉”
本作でメキシコ軍の大尉を演じたアルド・サンブレルは、1931年にスペインのマドリードで生まれた。スペイン内戦後の混乱を避け、12歳でメキシコに移住したサンブレルは、やがてプロサッカー選手としてメキシコの一部リーグで活躍。1959年にはスペインへ凱旋し、CDアルコヤーノ、ラーヨ・バジェカーノなどでプレーしたのである。現役引退後、歌手を目指したが断念し、俳優となる事を決意した彼は、1961年「キング・オブ・キングス」で俳優デビュー。「Tres hombres buenos(1963年)」を皮切りに、「荒野の用心棒(1964年)」「夕陽のガンマン(1966年)」などを含む約60作のマカロニ・ウエスタンで主に悪役を演じた。テレビドラマを含めて7作を監督したサンブレルは、出演作「さすらいのガンマン(1966年)」のセルジオ・コルブッチ監督について「素晴らしい監督だ。コミュニケーション能力に優れ、役者の緊張感を上手く解す術を持っていた。製作会社ら無断で撮影を切り上げ、現場の全員で闘牛を見に行った事もあったよ」と語っている。46年間に及ぶ俳優人生で150作以上の映像作品に出演したサンブレルは、2003年に自叙伝を出版。2010年に他界した。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

【ストリー】
石油やプラチナの採掘など一攫千金を求めて放浪するグリンゴ(アンソニー・ステファン)とルカ(エンリコ・マリア・サレル)が乗り込んだ列車で、革命軍による襲撃事件が発生。車内に積まれていた金庫が強奪された。その騒ぎの中、グリンゴとルカは殺された男の死体から金庫の鍵を手に入れる。金になると踏んだ二人は、接触した革命軍のボス(ホセ・ボダロ)に取り引きを持ち掛けるが、鍵を渡すよう拷問を受けてしまう。そこに謎の紳士ブラウン(マーク・ダモン)が現れ、革命軍に向けて機関銃を連射。絶体絶命のグリンゴらを救うのだった………。


ドミニク・ボシェロ                        マーク・ダモン

題名:UNO TRENO PER DURANGO
邦題:白昼の大列車強盗
監督:マリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)
製作:ビアンコ・マニーニ
脚本:マリオ・カイアーノ、ドゥッチオ・テッサリ、ホセ・グティエレス・マエッソ
撮影:エンツォ・バルボーニ
編集:レナード・チンクィーニー
音楽:カルロ・ルスティケリ
出演:アンソニー・ステファン、マーク・ダモン、エンリコ・マリア・サレルノ、ドミニク・ボシェロ、ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエル、アルド・サンブレル、マヌエル・ザルゾ
1967年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム[日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 50号 2018年 3/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「続・黄金の七人」

続・黄金の七人 レインボー作戦
ロッサナ・ポデスタ

今回はマルコ・ビカリオ監督1966年製作「続・黄金の七人 レインボー作戦(IL GRANDE COLPO DEI SETTE UOMINI D’ORO/GOLDEN SEVEN: STRIKE AGAIN!)」をピックアップした。本作は前作「黄金の七人」の直結した続編になる。当時ヒットした「007/サンダーボール作戦(THUNDERBALL/1965年テレンス・ヤング監督)」のパロディやキューバのカストロ首相を揶揄した将軍の登場など、スパイ路線と言うよりコメディ路線でアナログ特撮を交え、ロッサナ・ポデスタの魅力と共に楽しましてくれる作品だ。

続・黄金の七人 レインボー作戦続・黄金の七人 レインボー作戦
フィリップ・ルロワ、ロッサナ・ポデスタ

【ストリー】
危ないところでローマ警察の追求の手をのがれた“黄金の七人”ことアルベール教授(フィリップ・ルロワ)と六人の男たち、それに美しいジョルジァ(ロッサナ・ポデスタ)は、計画を練り直し、新しい仕事に着手した。それはローマ銀行の地下室に眠る金塊と札束を奪うことだった。ローマには二千年も前から地下道が縦横に走っている。彼らはそこに路線を敷き、本ものの列車を通した。大金庫の地下をくりぬき、金庫をそのまま貨車の上にのせて本線に連結してパリに運んでしまった。この成功をききおよんだ共産圏のZ国から極秘の仕事をたのみに来た。それはZ国の秘密情報部も投げだしたほどの大間題だった。そのためZ国は自国の原子力潜水艦はもちろん、あらゆる近代兵器を貸与すると申し出た。問題の場所は西側のA国だった。黄金の七人はA国に渡ったが、そこはつわものの彼らのことZ国から依頼された仕事のかたわら内職として七千トンの金塊略奪を計画した。Z国の援助のもとに堂々と行なうこの計画を、彼らはレインボー作戦と名づけた。それはジョルジァが計画遂行に当り、相手の目をごまかすため七色のレンズを使って、目の色を変えたところからきた名称だった。七人はZ国の依頼の問題を解決しつつ、同時に自分たちの内職の方も成功させてしまった。Z国政府が彼らの内職を知り、非難したが、それを公表すれば逆に自分たちのことを発表されてしまう。位置は逆転した。七人はZ国政府に護衛させて、七千トンの金塊を太平洋の孤島に運びこみ、まんまと、自分たちのものにしてしまった。

続・黄金の七人 レインボー作戦続・黄金の七人 レインボー作戦
続・黄金の七人 レインボー作戦続・黄金の七人 レインボー作戦

題名:IL GRANDE COLPO DEI SETTE UOMINI D’ORO/GOLDEN SEVEN: STRIKE AGAIN!
邦題:続・黄金の七人 レインボー作戦
監督:マルコ・ビカリオ
製作:マルコ・ビカリオ
脚本:マルコ・ビカリオ
撮影:エンニオ・グァルニエリ
編集:ニーノ・バラグリ、マリア・アナ・ロッカ
音楽:アルマンド トロヴァヨーリ、カルロ・ルスティケリ
出演:フィリップ・ルロワ、ロッサナ・ポデスタ、ガストーネ・モスキン、モーリス・ポリ、マヌエル・ザルゾ、エンリコ・マリア・サレルノ
1966年イタリア/ビスタサイズ・テクニカラー101分35mmフィルム
続・黄金の七人/レインボー作戦 HDニューマスター版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・黄金の七人 レインボー作戦続・黄金の七人 レインボー作戦
ロッサナ・ポデスタ