映画「ガンマン牧師」


ガイ・マディソン                 リチャード・ハリソン

今回はレオン・クリモフスキー監督1972年製作「ガンマン牧師(REVERENDO COLT)」をピックアップする。
出演は「五匹の用心棒(1966年)」「荒野のお尋ね者」のガイ・マディソン、「墓標には墓標を(1964年)」「必殺のプロガンマン(1966年)」のリチャード・ハリソン、「七人の特命隊」「ケオマ・ザ・リベンジャー」のエンツォ・G・カステラーリ監督の実兄であるエンニオ・ジロラーミ、「荒野の一つ星」のゲルマン・コボスなど。

アメリカ・イタリア両国でウエスタン・スター  ガイ・マディソン
本作の主演俳優ガイ・マディソンは、海軍に従軍していた1944年当時、休暇を利用してハリウッドのラジオ放送を見学していた際、スカウトされて芸能界へ進む事となった。演技経験のないマディソンは、舞台、テレビ、映画への出演を積み重ねながら演技力を磨き、1951年から8年にわたって放送されたテレビシリーズ「Adventures of Wild Bill Hickok」の主役となる保安官役に抜擢され、1953年にゴールデン・グローブ賞を受賞。1960年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名が刻まれたのである。しかし、その後、「五匹の用心棒(1966年)」「荒野のお尋ね者(1967年)」などでも主人公を演じたマディソンは、マカロニ・ウエスタンのテクニカルアドバイザーにも就任している。イタリアを中心に約30作の作品に出演した彼は、1970年代後半に帰国してテレビドラマなどに出演していたが、1988年に交通事故で大怪我を負い、芸能界から引退し1996年に死去した。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ゲルマン・コボス            エンニオ・ジロラーミ、マリア・サルレノ

【ストリー】
かつて賞金稼ぎとして名を馳せたミラー・コルト(ガイ・マディソン)が、牧師として教会を建てるために町へやって来た。その直後、強盗団が町の銀行を襲撃し、銀行員を殺害した上。大金を奪って逃亡。町の人々は、ミラーを犯人の一味だと決めつけ「人殺し」と罵る。そんな中、ドノバン保安官(リチャード・ハリソン)の許可を得て強盗団の追跡を始めたミラーは、強盗団に襲われていた、南軍の金庫を馬車で運ぶ「幌馬車隊」を援護射撃し、彼らと共に古い砦に籠城するのだった………….。


クリス・ヒュエルタ、マリア・マーティン ゲルマン・コボス、マリア・マーティン、マリア・サルレノ、アルフォンソ・ロハス

題名:REVERENDO COLT
邦題:ガンマン牧師
監督:レオン・クリモフスキー
製作:マリノ・ジロラミ
脚本:マヌエル・マルチネス・レミ、ティト・カルピ
撮影:アルベルト・フシ
編集:アントニオ・ギメーノ
音楽:ジャンニ・フェリオ(レディ・パーク)、ピエロ・ウミリアーニ
出演:ガイ・マディソン、エンニオ・ジロラーミ(トーマス・ムーア)、リチャード・ハリソン、ゲルマン・コボス、ジュゼッペ・カルティロ、ホセ・カナレハス、スティーヴン・テッド、ペルラ・クリスタル、マリア・マーティン、マリア・サルレノ、クリス・ヒュエルタ、アルフォンソ・ロハス
1972年イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー90分35mmフィルム
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 49号 2018年 2/25号 [分冊百科]
2018年2月現在、DVDレンタルはありません。


ガンマン牧師(REVERENDO COLT)

ガンマン牧師(REVERENDO COLT)

「ガンマン牧師(REVERENDO 」※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

「ガンマン牧師(REVERENDO 」※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「黄金の棺」

黄金の棺第三の男
ジョセフ・コットン         「第三の男」のジョセフ・コットン

朝日新聞出版より9月29日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第13号が届いた。二作品のうち今回はセルジオ・コルブッチ監督1966年製作「黄金の棺」をピックアップする。本作は、オーソン・ウェルズの初監督作「市民ケーン(1941年)で映画デビューを果たし「第三の男(1949年)」「黒い罠(1958年)に出演したジョセフ・コットンが主演したマカロニ・ウエスタンだ。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 10/9号[分冊百科]

黄金の棺黄金の棺
ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス        アルド・サンブレル

ジョセフ・コットンが出演した「黄金の棺」の姉妹作
「黄金の棺」をプロデュースしたアルバート・バンドは、1958年にウィル・クックが発表した小説「Guns of North Texas」の映画化権を買い取り、本作の他に「荒野の渡り者(1965年)」という映画も製作している。同じ小説が原作であることで、同作の主人公も南北戦争直後の南部の男とその子供たちなのだが、バンドはこちらの”頑固オヤジ”テンプル役にもジョセフ・コットンを指名。テンプルに娘との結婚を反対される恋人チャーリー役に、この翌年「続・荒野の用心棒」のジャンゴ役で大ブレイクを果たすこととなるフランコ・ネロを起用している。「黄金の棺」のメガホンをセルジオ・コルブッチに託したバンドは、この「荒野の渡り者」では監督も担当(マリオ・セクィとの共同監督)。その後も1983年に息子チャールズとともにエンバイア・ピクチャーズを設立し、数々のB級アクションやホラー映画を世に送り出すのであった。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

黄金の棺黄金の棺

主人公が名乗った”ヘルベンダース”とは?
「黄金の棺」で、敗北した南軍の再興をもくろむジョナスは、現金輸送隊の襲撃に成功した直後、日本語字幕では省略されているが、我々”ヘルベンダース(Hellbenders)”のことを忘れている」と語る—–。
「何があっても考えを変えない」という意味の「hell-bent」に由来する「hellbender」とは、「向こう見ずな人」「強情な人」という意味のほか、アメリカ中東部の川に生息する「アメリカオオサンショウウオ(アメリカハンザキ)」を表す言葉でもあるのだ。こうしたことから、南軍再興、新政府樹立という大志を決して諦めないジョナスは、自分たちのことを「ヘルベンダース」と名乗り、デザイン化したヘルベンダーをシンボルマークとして採用。そのバッジをカーボーイハットに付けていたのである。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

黄金の棺黄金の棺
ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス          ジョセフ・コットン
黄金の棺黄金の棺
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「黄金の棺」当ブログ2015年4月29日公開
黄金の棺黄金の棺
ジョセフ・コットン             ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス

今回はセルジオ・コルブッチ監督1966年製作「黄金の棺(THE HELLBENDERS)」をピックアップする。主演は「第三の男」の名優ジョセフ・コットンだ。
共演は「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレル「続・荒野の用心棒」のジーノ・ペルニスが脇を支えている。

黄金の棺黄金の棺

【ストリー】
南北戦争直後、一台の馬車が荒野を行く。そこへ北軍の輸送部隊が。馬車を臨検する北軍兵士。馬車には棺がひとつ。ナッシュビルで戦死した南軍兵士のもので、その兵士の未亡人とエスコートのガイドの男が同乗していた。同胞の棺とあって気にも留めずにそのまま進む北軍の輸送部隊。だが川原で4人の男たちに待ち伏せされてダイナマイトとライフルで襲撃されて30人の兵士たちは川の水を血で真っ赤に染めて全滅する。ジョナスは南軍兵士で、北軍の軍資金を奪い故郷へ戻って敗軍である南軍を立て直すのが目的だった。男たちは彼の息子たちで棺に隠した奪った軍資金を運ぶという筋書きだが、道中にいろいろな障害が生まれていく。まずは未亡人に化けたキティがアル中で使い物にならない。北軍のパトロールに怪しまれてばれそうになったり馬車を暴走させて、ついにジョナスの息子のジェフにナイフで惨殺される。女が居なくなったら道中が困るジョナスは代役の女を捜しに町へ入る。そしていかさまカードで騙したクレアをキティの代役に充てる。自警団の尋問やメキシコ山賊の襲撃など苦難の旅がジョナスたちの前に立ちはだかる・・・・。

黄金の棺黄金の棺
アルド・サンブレル

題名:I CRUDELI/THE HELLBENDERS/THE CRUEL ONES
邦題:黄金の棺
監督:セルジオ・コルブッチ
製作:アルバート・バンド
脚本:ルイス・ガーフィンクル、ウーゴ・リベラトーレ
撮影:エンツィオ・バルボーニ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジョセフ・コットン、ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス、エンジェル・アランダ、マリア・マーティン、ジュリアン・マテオス、ジーノ・ペルニス
1966年イタリア・西ドイツビスタサイズ・イーストマンカラー92分35mmフィルム[日本劇場未公開]
黄金の棺 [DVD]

黄金の棺黄金の棺
黄金の棺(THE HELLBENDERS)