マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション 「皆殺しのジャンゴ」


朝日新聞出版より1月19日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション 」第21号が届いた。二作品のうち今回はフェルディナンド・バルディ監督1968年製作「皆殺しのジャンゴ(VIVA DJANGO)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2017年 1/29号[分冊百科]

テレンス・ヒル版ジャンゴ誕生の経緯
「皆殺しのジャンゴ」は、伝説的なキャラクター”ジャンゴ”を生み出した「続・荒野の用心棒(1966年)」の製作会社B・R・Cプロダクションが、フランコ・ネロと交わした契約書に基づいて企画された作品である。B・R・Cはネロとの間に3作品出演するという契約を交わしており、その1作目が「続・荒野の用心棒」、2作目が「ガンマン無頼(1966年)」、3作目が本作だった。ところが、「続・荒野の用心棒」で一躍その名を轟かせたフランコ・ネロは、ハリウッドの巨匠ジョン・ヒューストンに招かれアメリカ・イタリア合作の超大作映画「天地創造(1966年)」に出演。
帰国して「ガンマン無頼」を撮り終えると、今度はハリウッド製ミュージカル「キャメロット(1967年)」に出演すべく、再び渡米してしまったのだ。一方、フランコ・ネロにもう一度ジャンゴを演じさせたいB・R・C側は、「続・荒野の用心棒」の脚本家フランコ・ロゼッティに続編を依頼し、セルジオ・コルプッチ監督にオファーを送った。コルブッチが続編に興味を示さなかった為、メガホンは「ガンマン無頼」のフェルディナンド・バルディに託される。このバルディ監督が、B・R・Cのプロデューサーであったマノロ・ボロニーニに、「フランコ・ネロの弟の様なルックスだ」とテレンス・ヒルを推薦したのである。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ヒル&バルディ監督の意外な前作
本作の主演俳優としてテレンス・ヒルを推薦したフェルディナンド・バルディ監督は、前年(1967年)に撮影した「西部のリトル・リタ 踊る大銃撃戦」で彼を起用していた。当時のイタリアでアイドル歌手的な人気を誇ったカンツォーネ歌手リタ・パヴォーネを主演に招いた”世界初のマカロニ・ウエスタン・ミュージカル”と称される超異色作である。(日本未公開)
ストリーは、人間を惑わす「金」をなくすために銀河の彼方から地球にやって来た早撃ちガンマン「リトル・リタ」が、金を巡って争う「ジャンゴ」や「リンゴ」というガンマンたちを次々に倒していく——というもの。
この作品で、リタが一目惚れしてしまう謎のガンマン「ブラック・スター」を演じたのが、テレンス・ヒルだったのである。随所に散りばめられた歌と踊りに加え、マカロニ・ウエスタンのパロデイ満載の「西部のリトル・リタ」についてバルディ監督は、「私が監督した41本の中で一番気に入ってる作品だ」後に語っている。ちなみに、「皆殺しのジャンゴ」」の原題「PREPARATI LA BARA(棺桶を用意しろ)」は、この作品の台詞から採られたものである。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「「皆殺しのジャンゴ」当ブログ2013年4月3日公開
皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
テレンス・ヒル

今回は「ガンマン無頼」のフェルディナンド・バルディ監督1968年製作「皆殺しのジャンゴ(VIVA DJANGO)」をピックアップした。本作と「続・荒野の用心棒」を見比べると興味深い。主人公のジャンゴが身に纏う黒の帽子、黒のインバネスコート、棺桶から取り出す・ガトリングマシンガン、そして最終決着が妻の墓前という設定はオマージュしているのかパクリなのか?フランコ・ネロを意識したテレンス・ヒルの演技も濃くしている。それなりに楽しめるマカロニ・ウエスタンだ。

皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
ジョージ・イーストマン

【ストリー】
金輸送の警護人ジャンゴ(テレンス・ヒル)は妻ルーシー(バーバラ・サイモン)を連れての警護中親友のデビッド(ホルスト・ブランク)と彼の手下ルーカス (ジョージ・イーストマン)に率いられた盗賊に襲われた。ジャンゴを裏切ったデビッドは、ジャンゴとルーシーに向かって発砲、ルーシーは死んだ。辛うじて 逃れたジャンゴはデビッドに復讐を誓った。ジャンゴは巧妙な企てを敢行した。絞首刑吏となり、巧みに罪人たちの命を助け、次々と彼等を仲間に加えていった のだ。ある酒場でルーカスを発見したジャンゴは、はげしいガンファイトの末、彼を射殺した。このあと、ジャンゴの手下ガルシア(ホセ・トーレス)が謀反を 企て、ジャンゴの手下を皆殺しにして、金輸送馬車襲撃を狙ったが、ジャンゴに阻まれた。一方、ルーカスに代りギャング団を再編成したデビッドは、ジャンゴ 抹殺を画策するが、いずれも失敗、逆にジャンゴに墓場に誘い出されジャンゴの執念の銃口はデビッドにピタリと狙いを定めた。その時、デビッドの手下達が忽 然と現われた。ジャンゴはデビッドに強制的に墓穴を掘らされ、ジャンゴ絶体絶命かと見えたとき、ジャンゴは掘り起こした柩の中を見やって、うっすらと笑み を浮かべた。と瞬間手にした機関銃は轟然と火を吹き、一味は次々と地に這っていった。

皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
ホセ・トーレス

題名:VIVA DJANGO/PREPARATI LA BARA
邦題:皆殺しのジャンゴ
監督:フェルディナンド・バルディ
脚本:フランコ・ロゼッティ、フェルディナンド・バルディ
撮影:エンツォ・バルボーニ
音楽:ジャンフランコ・レヴェルベリ
出演:テレンス・ヒル、ジョージ・イーストマン、マリオ・ジロッティ、リー・バートン、ホルスト・ブランク、バーバラ・サイモン、ホセ・トーレス
1968年イタリア/ヨーロッパビスタサイズ・イーストマンカラー95分35mmフィルム
皆殺しのジャンゴ [DVD]

皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
皆殺しのジャンゴ(VIVA DJANGO)

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「ミスター・ノーボディ」

ミスター・ノーボディ
ヘンリー・フォンダ
ミスター・ノーボディミスター・ノーボディ

朝日新聞出版より7月7日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第7号が届いた。二作品のうち今回は「ミスター・ノーボディ」をピックアップする。

ミスター・ノーボディ
テレンス・ヒル

本作でヘンリー・フォンダが演じるジャック・ボーレガードは、音信不通となった弟を探してアコマの墓場に行き着く。そこでテレンス・ヒル演じるノーボディは、ひとつの墓標を見つめながら「サム・ペキンパー、ナボハ族にしちゃいい名だ」と語る。
「昼下がりの決斗(1962)」「ワイルド・バンチ(1969)」などで知られ”最後の西部劇監督”とも称されるサム・ペキンパーは、本作の製作・原案を務めるセルジオ・レオーネとの間に、浅からぬ因縁があったと言われている。
1970年頃、レオーネは次回作「夕陽のギャングたち(1971)」の監督をペキンパーに依頼したものの、実現せずに自らメガホンを撮る事となった。その理由をレオーネは「映画会社の反対」と説明したのだが、同作の脚本家の一人であるルチアーノ・ヴィンチェンツォーニは「断りを入れたのはペキンパー自身だった」と 明かし、さらにレオーネは本作でペキンパーの名を墓標に刻み”自分の方がペキンパーより優れている”という思いを表した」と証言している。真相は分からな いが、この作品に「ワイルド・バンチ」を登場させ、ペキンパーが多用したスローモーションを採り入れるなど、レオーネがペキンパーを強く意識していた事は 批評家たちの一致した意見となっている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ミスター・ノーボディミスター・ノーボディ
ミスター・ノーボディ

本作は「荒野の用心棒(1964)」「夕陽のガンマン(1965)」の助監督を務め、セルジオ・レオーネ監督の”愛弟子”と呼ばれたトニーノ・ヴァレリが監督した作品である。レオーネの下で修業を積んだ後、クレイグ・ヒル主演のマカロニ・ウエスタン「さすらいの一匹狼(1966)」で監督デビューを飾ったヴァレリは、ジュリアーノ・ジェンマ、リー・ヴァン・クリーフという2大スターを迎えた「怒りの荒野(1967)」で実力を発揮。再びジェンマを起用した「怒りの用心棒/復讐のダグラス(1969)」 ではサスペンス色を押し出して称賛を浴び、さらに1970年の「ジュールの恋人」がベルリン映画祭に出品される等、監督としての地位を確立していた。こう した実績を引っさげて、恩師レオーネがプロデュースする「ミスター・ノーボディ」の演出を任されたのである。ところが、本作の撮影終了後にレオーネは、 オープニング、ボーレガードとワイルドバンチとの決斗、ボーレガードとノーボディとの決闘、という最重要シーンは「私が演出した」と発言。これに対して ヴァレリが、レオーネからの影響とプロデューサーとしての関与は認めながらも、演出については頑なに否定した為、両者の関係は完全に拗れてしまう。恩師・ 愛弟子という間柄だったレオーネとヴァレリは、その後、二度と一緒に仕事する事はなかったのである。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作映画DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。

次回発売予定作品

7月21日発売予定          8月4日発売予定


映画「ミスター・ノーボディ」当ブログ2013年2月12日公開

ミスター・ノーボディミスター・ノーボディ
ヘンリー・フォンダ                 テレンス・ヒル

今回はトニーノ・ヴァレリ監督1974年製作「ミスター・ノーボディ(MY NAME IS NOBODY)」をピックアップする。伝説のガンマンにハリウッドの大御所ヘンリー・フォンダ、不思議な風来坊に「皆殺しのジャンゴ」のテレンス・ヒルを配し音楽をエンニオ・モリコーネが担当している。
ヘンリー・フォンダは、トニーノ・ヴァレリ氏の師匠であるセルジオ・レオーネ監督「ウエスタン」と本作のみマカロニウエスタンに出演している。さすが大御所を迎えるだけあって両作共にオープンセット、美術が豪華である。尚、本作の一部をセルジオ・レオーネ監督が演出しているそうである。

ミスター・ノーボディミスター・ノーボディ

【ストリー】
ここはアメリカ南西部の小さな田舎町。初老の早射ちガンマン、ジャック・ボーレガード(ヘンリー・フォンダ)が、町の小さな電報局に立ち寄る。ニューオリ ンズからヨーロッパへ向けて出航する船の出発日時を確認するためだ。彼はガンマン稼業から足を洗い、ヨーロッパで残り少ない余生を静かに送る決心をしてい た。彼は床屋で待ちぶせていた三人の無頼漢を難なく片づけると、小さな食堂に入り食事を注文した。そこへ金髪の若者(テレンス・ヒル)が入ってきて、何か 入ったバスケットを渡した。バスケットの中味は爆弾だった。やがて、ボーレガードは町はずれの墓地に立った。そこには金鉱の利権争いで殺された弟のネバ ダ・キッドの墓がある。背後に人の気配を感じ、ふり返るとさっきの若者が立っていた。若者は自ら雑魚と名のり、「あんたは俺の英雄さ、あんたの最後をこの 眼でみたいのさ。この町の無法者を一人で片づけりゃ引退土産にふさわしい語り草になるぜ」といった。そのとき、凄い地鳴りがした。砂埃をあげて150人の ワイルド・バンチの登場だ。ボーレガードが線路の土手に三挺のカービン銃を準備するのを、ノーボディは冷やかに見つめていた。やがて1対150の壮烈な銃 撃戦が展開されていった。ボーレガードは正確に狙いを定め、ダイナマイトが入っている敵の鞍を片はしから爆破した。戦いは終わった。ボーレガードとノーボ ディは盗んだ機関車でニューオリンズに向かう。だがボーレガードが生きている限り、彼を殺してその後釜に坐ろうとする野望に燃えたガンマンが彼を追うだろ う。それから逃れる手はただひとつ--ボーレガードが死ぬことだ。ニューオリンズに到着したボーレガードとノーボディは遂に宿命の対決に決着をつけなけれ ばならない。二人の拳銃が同時に火を吹く。次の瞬間、地面に崩れおれたのはボーレガードだった。だが、この決闘はボーレガードの伝説に終止符をうつための 二人の仕組んだ芝居だった。船のなかで、ボーレガードはノーボディに手紙を書いた。「君はもう雑魚ではない。有名人だ。今に大勢のノーボディが君の命を狙 うだろう……」。

ミスター・ノーボディミスター・ノーボディ

題名:MY NAME IS NOBODY/IL MIO NOME E NESSUNO
邦題:ミスター・ノーボディ
監督:トニーノ・ヴァレリ
製作総指揮:クラウディオ・マンシーニ
製作:フルヴィオ・モルセラ
原案:セルジオ・レオーネ
脚本:エルネスト・ガスタルディ
撮影:ジュゼッペ・ルッツォリーニ、アルマンド・ナンヌッツィ
音楽:エンニオ・モリコーネ
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:ヘンリー・フォンダ、テレンス・ヒル、レオ・ゴードン、ジェフリー・ルイス、ジャン・マルタン、マリオ・ジロッティ、R・G・アームストロング
1974年イタリア・フランス・西ドイツ合作/シネスコサイズ・テクニカラー115分35mmフィルム
ミスター・ノーボディ [DVD]

ミスター・ノーボディミスター・ノーボディ
ヘンリー・フォンダ                テレンス・ヒル

映画「荒野の三悪党」

荒野の三悪党
イーライ・ウォラック 「荒野の三悪党(ACE HIGH)」
荒野の三悪党
テレンス・ヒル、イーライ・ウォラック、ブロック・ピータース、バッド・スペンサー

今回はジュゼッペ・コリッツィ監督1969年製作「荒野の三悪党(ACE HIGH)」をピックアップする。
本作は「続・夕陽のガンマン(THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY)」で忘れられない強烈なキャラクターを演じた名優イーライ・ウォラックが主演するイタリア製西部劇(マカロニウエスタン)だ。
イーライ・ウォラック氏はアメリカ人俳優で、1951年にトニー賞を受賞するなど舞台俳優として活躍し、1956年にエリア・カザン監督「ベビイドール(BABY DOLL)」で映画デビュー、ジョン・スタージェス監督「荒野の七人」に出演、1967年に「POPPIES ARE ALSO FLOWERS」でエミー賞助演男優賞を受賞する経歴を持つ実力派だったが、2014年6月に亡くなり残念だ。
マカロニでお馴染みのテレンス・ヒル「ミスター・ノーボディ」「皆殺しのジャンゴ」、バッド・スペンサー「ダーティー・セブン」「野獣暁に死す」、助演に「ガンマン無頼」のリビオ・ロレンツォンも出演しているマカロニブーム後期の作品。

【追記・訃報】
イーライ・ウォラックは2014年6月に惜しくも亡くなっている。満98歳だった。遺作はオリヴァー・ストーン監督2010年製作「ウォール・ストリート(WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS)」のジュール・シュタインハート役だった。

荒野の三悪党荒野の三悪党
バッド・スペンサー、テレンス・ヒル

【ストリー】
十九世紀後半のエル・パソ、キャット・スティブンス(テレンス・ヒル)とハッチ・ベッシイ(バッド・スペンサー)の二人のならず者は、金塊を強奪し、それ を餌に、多額の現金を奪いとった。銀行頭取のハロルド氏は獄中の悪党、カコプーロス(イーライ・ウォラック)に出牢の代償にキャットとハッチの迫跡を命じ た。カコは簡単に金塊を取り戻した。今度はキャットとハッチがカコ追跡にまわった。メキシコのツーラの酒場で酔いつぶれていたハッチに、カコは相談をもち かけた。カコを牢にぶち込んだ張本人ハロルド氏とパコという男と、そしてドレイクという男に対する復讐の手助けである。キャットも加わってパコを襲った が、多勢に無勢、命からがら逃げのびた。九死に一生を得たキャットとハッチはフェア・シティでカコに再会した。サーカスの綱渡り芸人トーマス(ブロック・ ピータース)とレストランで働くカコは、向いのカジノに金を全部まきあげられていた。カジノの持ち主は、カコの狙うドレイクだった。カコ、ハッチ、キャッ ト、トーマスの四人は、カジノのいかさまを見破った。ドレイクは、カコ一味皆殺しを命じた。凄まじい銃撃戦に射ち勝った四人は金をわけ、別々に砂漠へと姿 を消した。

荒野の三悪党荒野の三悪党
リビオ・ロレンツォン

題名:ACE HIGH
邦題:荒野の三悪党
監督:ジュゼッペ・コリッツィ
製作:ビノ・チコーナ、ジュゼッペ・コリッツィ
脚本:ジュゼッペ・コリッツィ
撮影:マルチェロ・マシオッキ
音楽:カルロ・ルスティケリ
出演:テレンス・ヒル、イーライ・ウォラック、バッド・スペンサー、マリオ・ジロッティ、ブロック・ピータース、ケヴィン・マッカーシー、リビオ・ロレンツォン、ステファン・ザカリアス
1969年イタリア作/テクニスコープ(シネスコサイズ)・テクニカラー122分
荒野の三悪党 [DVD]
※2016年2月現在レンタルはしていません。

荒野の三悪党荒野の三悪党
荒野の三悪党(ACE HIGH)

1 2