映画「イヴの総て」


ベティ・デイヴィス                        アン・バクスター

今回はジョセフ・L・マンキーウィッツ監督1950年製作「イヴの総て(ALL ABOUT EVE)」をピックアップする。
本作は第22回アカデミー賞において、作品賞以下6つのオスカーを獲得した作品で、20世紀フォックスの総帥ダリル・F・ザナック氏がプロデュースし、ブロードウェイ出身俳優を中心に、ブロードウェイ演劇界の内幕を描いている。
長尺ながら芝居が上手いので、引き込まれる映画だった。


セレステ・ホルム、ベティ・デイヴィス     セレステ・ホルム、ヒュー・マーロウ、ベティ・デイヴィス

【ストリー】
アメリカ劇界最高の栄誉であるセイラ・シドンス賞が、新進女優イヴ・ハリントン(アン・バクスター)に与えられた。満場の拍手のうち、イヴの本当の姿を知る数人の人達だけは、複雑な表情で彼女の受賞を見守るのだった。8ケ月前、劇作家ロイド・リチャアズ(ヒュー・マーロウ)の妻カレン(セレステ・ホルム)は、毎夜劇場の楽屋口で大女優マーゴ・チャニング(ベティ・デイヴィス)に憧れの目を向けている田舎娘イヴを知り、マーゴに紹介した。その哀れな身上話はひどくマーゴを感動させ、イヴはマーゴのアパートに住込んで秘書の役をすることになった。目から鼻へ抜けるようなイヴの利発さに、マーゴは愛情とともに次第に警戒心を抱きはじめたが、たまたまマーゴの家でのパーティーの夜、ハリウッドの仕事から帰って来たマーゴの恋人、演出家のビル(ゲイリー・メリル)に対するイヴの厚かましい態度は、マーゴをすっかり怒らせてしまった。この夜カレンにとりいってマーゴのアンダア・スタディに推薦してもらったイヴは、マーゴの知らぬうちに批評家アディスン(ジョージ・サンダース)に真価を認められるに至った。マーゴはビルやロイドに当り散らし、その横暴さはカレンまで立腹させた。カレンはマーゴをこらしめるため自動車旅行の途中わざと車のガソリンを抜いてマーゴを欠勤させ、イヴを舞台に立たせた。処女出演は大成功で、アディスンは殊更マーゴの老齢を当てこすってイヴへの賛辞を書きたてた。この記事でカレンも態度をひるがえしかけたところ、ビルに言い寄って失敗したイヴは逆にガソリン事件を種にカレンを脅迫し、ロイドのマーゴ用脚本をせしめた上、彼を籠絡した。しかしロイドと結婚してブロードウェイを征服しようとしたイヴは、過去の偽りにみちた正体と汚ないヤリ口の証拠をすべてアディスンが握っていることを知った。かくてイヴは、1枚上手のアディスンにあやつられたまま、ほかの人々を踏台にして、栄誉の席についたのだった。受賞の夜、アパートに帰ったイヴは、フィービー(バーバラ・ベイツ)という演劇志望の少女が部屋に座りこんで、こまごまと彼女の用を足すのをみた。イヴが寝室に入った後この少女は、イヴの衣裳をつけて鏡の前に立ち、丁度8ケ月前にイヴがマーゴの衣裳でしたと同じように、自らの姿に法悦を感じていた。


ジョージ・サンダース、マリリン・モンロー     ベティ・デイヴィス、マリリン・モンロー、ジョージ・サンダース

アン・バクスター                          アン・バクスター

題名:ALL ABOUT EVE
邦題:イヴの総て
監督:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
製作:ダリル・F・ザナック
脚本:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
撮影:ミルトン・クラスナー
録音:W・D・フリック、ロジャー・ヒーマン
美術:ライル・ウィーラー、ジョージ・W・デイヴィス
衣装:チャールズ・ル・メア、エディス・ヘッド
編集:バーバラ・マクリーン
音楽:アルフレッド・ニューマン
出演:ベティ・デイヴィス、アン・バクスター、ジョージ・サンダース、マリリン・モンロー、セレステ・ホルム、ゲイリー・メリル、バーバラ・ベイツ
第22回アカデミー賞作品賞、助演男優賞、監督賞、脚本賞、衣裳デザイン賞、録音賞受賞。
1950年アメリカ/スタンダードサイズ・モノクロ138分35mmフィルム
イヴの総て -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「イヴの総て(ALL ABOUT EVE)」バーバラ・ベイツ

映画「七年目の浮気」


七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)マリリン・モンロー

マリリン・モンロー                 イヴリン・キース

今回はビリー・ワイルダー監督1955年製作「七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)」をピックアップする。
本作はブロードウェイの大ヒット作を映画化したものだが、マリリン・モンローが地下鉄通気口の風でスカートが浮き上がるシーンは、一世を風靡した。撮影はニューヨークロケが1954年の8月から始まったそうだ。
下左側画の有名な”スカートが浮き上がるスチール”は、本作のプロモーションとしての企画で、プロ・アマ含め数百人のカメラマンが集まったそうだ。


有名な地下鉄通気口の風でスカートが浮き上がるシーンは左が宣材用スチール。実際は右下のカットのみ。

【ストリー】
リチャード・シャーマン(トム・イーウェル)は出版社の編集者。中年に近い恐妻家の男だが、避暑に出かける妻ヘレン(イヴリン・キース)と息子のリッキー(ブッチ・バーナード)を飛行場で見送り、妻君の口うるさい忠告に閉口してひとりアパートに戻った。ところが彼の部屋の1階上には、部屋主の避暑旅行の留守期間だけ住みこんだテレビに出演している娘(マリリン・モンロー)がいた。その悩ましさを印象づけられたシャーマンは落ちつきをなくし、止むなく出版予定の精神病医ブルベイカー博士の原稿を読み始めた。やがてシャーマンは、自分が女たらしになる妄想の糸をたぐり出し、女秘書モリスから妻の女友達エレンまで、さまざまな女たちに誘惑される想像にふける。と、そこへ妻から長距離電話が。ヘレンは、旧友の作家トム・マッケンジーに会ったと言う。シャーマンの心はおだやかでなくなり、ふとしたきっかけで階上の娘を自室に招くが、現実の世界は妄想のようにはうまく運ばず、彼はことごとにヘマをする。翌朝、出社したシャーマンがブルベイカー博士の原稿を読むと、結婚7年目の男の浮気心を「7年越しのムズムズ」と説明している。自分もちょうど結婚7年目なのでいたく良心を責められるシャーマンだが、妄想は又もや始まる。たまりかねて妻に電話をかけると、マッケンジーとドライヴに出かけたという。アパートに戻ったシャーマンは、階上の娘をさそって映画を観に行く。自分の部屋はクーラーがないので暑くて眠れない、という娘を自分たちの寝室に寝かせ、シャーマンは居間で一夜を明かす。翌朝、又もやノイローゼ的妄想を始めたシャーマンに、娘は昨夜のお礼の接吻をする。そこへマッケンジーが突然訪ねてきた。シャーマンは、ヘレンが離婚する意志を伝えにやって来たと誤解し、トムを殴り倒してヘレンの元へ飛んでゆくのだった。

題名:SEVEN YEAR ITCH
邦題:七年目の浮気
監督:ビリー・ワイルダー
製作:チャールズ・K・フェルドマン、ビリー・ワイルダー
原作:ジョージ・アクセルロッド
脚本:ビリー・ワイルダー、ジョージ・アクセルロッド
撮影:ミルトン・クラスナー
特撮:レイ・ケロッグ
美術:ライル・ウィーラー、ジョージ・W・デイヴィス
装飾:ウォルター・M・スコット、スチュアート・A・リース
衣装:チャールズ・ル・メイル、トラヴィーラ
編集:ヒュー・S・ファウラー
音楽:アルフレッド・ニューマン
現像:デラックスカラー カラー・コンサルタント:レオナード・ドス
出演:マリリン・モンロー、イヴリン・キース、ソニー・タフツ、トム・イーウェル、ロバート・ストラウス、オスカー・ホモルカ、マーゲリット・チャップマン、ヴィクター・ムーア、ブッチ・バーナード
1955年アメリカ/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム
七年目の浮気 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)

七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)

七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)