映画「白昼の大列車強盗」


エンリコ・マリア・サレルノ、アンソニー・ステファン        マーク・ダモン

今回はマリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)監督1967年製作「白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)」をピックアップする。出演は「荒野の死闘」「荒野のプロ・ファイター」のアンソニー・ステファン、「皆殺し無頼」「リンゴ・キッド」「荒野の死闘」のマーク・ダモン、舞台出身の演技派俳優エンリコ・マリア・サレルノ、「続・荒野の用心棒」のホセ・ボダロ、「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレル、「情無用のジャンゴ」のロベルト・カマルディエルなど。

脚本:ドゥッチオ・テッサリの真相
本作の脚本としてクレジットされているのは、監督のマリオ・カイアーノ、ホセ・グティエレス・マエッソに加え、監督・脚本を手掛けた「夕陽の用心棒(1965年)」でジュリアーノ・ジェンマをトップスターに押し上げたドゥッチオ・テッサリの三名。しかし、「禿鷹のえさ(1965年)」「続・荒野の1ドル銀貨」「キスキス・バンバン(1966年)」などの脚本をテッサリと共に執筆し、「嵐を呼ぶ男 スリム」などの脚本家として知られるフェルナンド・ディ・レオは、本作のシナリオを書き上げたのは、自分とアヴグスト・カミニートであると主張している。ディ・レオによると、当時のテッサリには温めていた別の映画の構想があり、その資金集めに苦労していた。そこで古くからの友人であるディ・レオに「白昼の大列車強盗」の原案とも言える粗原稿を託して脚本家を依頼。ディ・レオはこれに応え「拳銃無頼」「星空の用心棒(1967年)」などを共同執筆したカミニートに協力を要請し、脚本を完成させた。するとテッサリは、両者から手渡された原稿に目も通さずに、本作の製作陣にそのまま売却し、自らが構想していた作品の製作資金を得たというのだ。締め切りまでわずか1週間、しかもノーギャラで仕事を引き受けたディ・レオとカミートは、クレジットされなかった訳だが、当時のイタリアでは同様の事が珍しくなかったという。ちなみに、本作で得た資金でテッサリが何の映画を撮ったのかは定かではない。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエ               アルド・サンブレル

サッカー選手だった”メキシコ軍の大尉”
本作でメキシコ軍の大尉を演じたアルド・サンブレルは、1931年にスペインのマドリードで生まれた。スペイン内戦後の混乱を避け、12歳でメキシコに移住したサンブレルは、やがてプロサッカー選手としてメキシコの一部リーグで活躍。1959年にはスペインへ凱旋し、CDアルコヤーノ、ラーヨ・バジェカーノなどでプレーしたのである。現役引退後、歌手を目指したが断念し、俳優となる事を決意した彼は、1961年「キング・オブ・キングス」で俳優デビュー。「Tres hombres buenos(1963年)」を皮切りに、「荒野の用心棒(1964年)」「夕陽のガンマン(1966年)」などを含む約60作のマカロニ・ウエスタンで主に悪役を演じた。テレビドラマを含めて7作を監督したサンブレルは、出演作「さすらいのガンマン(1966年)」のセルジオ・コルブッチ監督について「素晴らしい監督だ。コミュニケーション能力に優れ、役者の緊張感を上手く解す術を持っていた。製作会社ら無断で撮影を切り上げ、現場の全員で闘牛を見に行った事もあったよ」と語っている。46年間に及ぶ俳優人生で150作以上の映像作品に出演したサンブレルは、2003年に自叙伝を出版。2010年に他界した。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

【ストリー】
石油やプラチナの採掘など一攫千金を求めて放浪するグリンゴ(アンソニー・ステファン)とルカ(エンリコ・マリア・サレル)が乗り込んだ列車で、革命軍による襲撃事件が発生。車内に積まれていた金庫が強奪された。その騒ぎの中、グリンゴとルカは殺された男の死体から金庫の鍵を手に入れる。金になると踏んだ二人は、接触した革命軍のボス(ホセ・ボダロ)に取り引きを持ち掛けるが、鍵を渡すよう拷問を受けてしまう。そこに謎の紳士ブラウン(マーク・ダモン)が現れ、革命軍に向けて機関銃を連射。絶体絶命のグリンゴらを救うのだった………。


ドミニク・ボシェロ                        マーク・ダモン

題名:UNO TRENO PER DURANGO
邦題:白昼の大列車強盗
監督:マリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)
製作:ビアンコ・マニーニ
脚本:マリオ・カイアーノ、ドゥッチオ・テッサリ、ホセ・グティエレス・マエッソ
撮影:エンツォ・バルボーニ
編集:レナード・チンクィーニー
音楽:カルロ・ルスティケリ
出演:アンソニー・ステファン、マーク・ダモン、エンリコ・マリア・サレルノ、ドミニク・ボシェロ、ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエル、アルド・サンブレル、マヌエル・ザルゾ
1967年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム[日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 50号 2018年 3/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「荒野の死闘」


「荒野の死闘」マーク・ダモン、アンソニー・ステファン

マーク・ダモン、アンソニー・ステファン       アンソニー・ステファン

今回はラファエル・ロメロ・マルチェント監督1968年製作「荒野の死闘(I MORTI NON SI CONTANO)」をピックアップする。本作はW主演で「地獄から来たプロガンマン」「荒野の棺桶」など27本のマカロニ・ウエスタンに主演したアンソニー・ステファン、「皆殺し無頼」「リンゴ・キッド」でブレイクし、後にハリウッドに戻りプロデューサーに転身したマーク・ダモン。共演は「情無用のジャンゴ」のピエロ・ルリ、後にスペインの大御所女優になったマリア・マルティンなどが脇を固めている。

50年後にクレジットされた「荒野の死闘」の作曲家
本作の音楽としてクレジットされているのは、エンニオ・モリコーネと並ぶイタリアを代表する映画音楽家リズ・オルトラーニである。1926年生まれのオルトラーニは、マカロニ・ウエスタンでは初期の「墓標には墓標を(1963年)」全盛期の「怒りの荒野」後期の「ダーティ・セブン」などを担当。1962年公開のドキュメンタリー映画「世界残酷物語」テーマ曲「モア」が大ヒットを記録してグラミー賞に輝いたほか、1984年のロマンチック・コメディ「黄色いロールス・ロイス」でゴールデン・グローブ歌曲賞を獲得した。マカロニ・ウエスタンは、DVDは出なくてもサントラ盤が発売されるなど、世界的に音楽ファンが多い事で知られているが、マカロニ・ウエスタンのサントラ及びロケ地研究家である久保田芳支氏は、以前から「荒野の死闘」の曲調がリズ・オルトラーニとは違うのではないか……と感じていたという。そんな久保田氏は、インターネットの普及によって多くのマカロニ・ウエスタンのスタッフ達との親交を深めた結果として、ついに真相に辿り着く。「荒野の死闘」における音楽は、当時のタイトル制作会社の誤表記であり、本当の楽曲提供者は「西部悪人伝」「西部決闘史」などを手掛けたマルチェロ・ジョンビーニだったのだ。それにもかかわらず、本作は誤表記のまま各国で劇場公開され、DVDも販売されたのである。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


マーク・ダモン                     ピエロ・ルリ

【ストリー】
フレッド(アンソニー・ステファン)とジョニー(マーク・ダモン)は2人組の賞金稼ぎ。流れ着いた町で保安官(ピエロ・ルリ)をだまして、ひと儲けを企むが、嘘がばれ牢獄に入れられた。2人はそこで実力者ロジャース(ルイス・インデュニ)と出会う。ロジャースはかつて人を殺して、その妻(マリア・マルティン)と再婚したのだが、その際捨てた赤子に持たせた銃をジョニーが持っていたのだ。銃の出自を尋ねるロジャース。ジョニーは、道で拾ったと言い放つ。「その男は息子だわ」と、確信した妻は、「あの子に何かあったら、私が許さないわよ」と夫に警告する。しかし、付近住民を虐殺して土地を片っ端から自分のものにするロジャースは、2人が邪魔で仕方がない。手下の保安官を使って、殺し屋を雇う。殺し屋は、牧場経営者フォレストを脅し、所有の牧場をロジャースに譲渡する契約書にサインさせると、一家を皆殺し。その足で町に向かう。行方しれずになった保安官に代わり、バッジを付けたフレッドとジョニーは決闘で一味を倒す。直後、フォレスト一家の死体を見つけたジョニーは、愛を感じていたフォレストの娘(ディアニク・ズラゴウスカ)の死に激怒。「誰がやったんだ」と復讐を誓う(だけど、死体を見つける前に結果的に決闘でそいつら殺してるんだって。そこに現れた保安官を2人が追う。銃弾を浴びて死んだフリをして落馬したフレッドは、保安官を捕らえ、互いの服を換えて敵陣まっしぐら。フレッドの服を着せられた保安官は、待ち伏せする悪党どもの一斉射撃を浴び、地獄へ堕ちた。死体を確認して慌てる悪党どもへ、フレッドとジョニーの挟撃が襲う。高台からライフルで2人を狙うロジャース。その背を銃弾が貫いた。妻が「我が子」を守るために夫を射殺したのだ。それを見て、爆笑するフレッド。ジョニーの拳銃は、本当にただ道で拾っただけで、「もったいぶったロジャースの家族や冒頭の殺人劇には何の関係もなかった」のだ。そんな愛憎劇は最初からなかったかのように微笑み合う2人。


「荒野の死闘」ディアニク・ズラゴウスカ

ディアニク・ズラゴウスカ               マリア・マルティン

題名:I MORTI NON SI CONTANO (UN DEN GALGEN,BASTARDO!)
邦題:荒野の死闘
監督:ラファエル・ロメロ・マルチェント
製作:エドゥアルド・ブロチェロ
脚本:マルコ・レトー、ヴィットリオ・サレルノ
撮影:フランコ・デリ・コリ
編集:アントニオ・ギメーノ
音楽:マルチェロ・ジョンビーニ (英語版誤植:リズ・オルトラーニ)
出演:マーク・ダモン、アンソニー・ステファン、ルイス・インデュニ、マリア・マルティン、ディアニク・ズラゴウスカ、ピエロ・ルリ、バルタ・バリー、ホセ・マルコ、ラフ・バルダッサーレ。バルタ・バリー
1968年イタリア/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 47号 2018年 1/28号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

情無用のコルト
荒野の死闘」でのシーン           「情無用のコルト」のラストシーン

本作の町のシーンは、スペインの首都マドリードの北にあるオヨ・デ・マンツァナーレスのオープンセットで撮影された様だ。「ミネソタ無頼(1964年)」 「荒野の用心棒(1964年)」「荒野の棺桶(1966年)」などで撮影されたが、1970年代半ばに取り壊された。

荒野の死闘(UN DEN GALGEN,BASTARDO!)

荒野の死闘(UN DEN GALGEN,BASTARDO!)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「オーウェルロックの血戦」


「オーウェルロックの血戦(LA MORTE NON CONTA I DOLLARI)」マーク・ダモン

ローレンス・ホワイト、マーク・ダモン、パメラ・チューダー

今回はジョージ・リンカーン(本名:リカルド・フレーダ)監督1967年製作「オーウェルロックの血戦(LA MORTE NON CONTA I DOLLARI)」をピックアップする。
出演は「リンゴ・キッド」「皆殺し無頼」「殺して祈れ」のマーク・ダモン「情無用のコルト」のスティーブン・フォーサイス「荒野の棺桶」のルチアナ・ギリ「さいはての用心棒」「南から来た用心棒」「復讐のガンマン」のネロ・パッツァフィーニなど。

ベテラン監督が明かす数々の不満
本作のリカルド・フレーダ監督は「ソード&サンダル」と呼ばれた史劇映画の他、ホーラーやSF映画でも十分な実績を上げており、既に25年間ものキャリアを誇るベテランであった。そんな彼は、ブームに乗って大量生産されるマカロニ・ウエスタンに批判的であったが、時代の流れには逆らえず、本作のメガホンをとる事になった。「本物のウエスタンを撮れと言うなら、ユタ州のモニュメントヴァレーでロケをすべきなのに、ローマ近郊で撮影しろと言う。リアリティとは程遠いものだった」と、後にフレーダは当時の不満を吐露。クラウス・キンスキーを主役に使いたいという強い要望も、プロデューサーに却下されたと語っている。それらに加え、作品完成後、フレーダが気に入っていた2つのバイオレンスシーンがイタリア検閲局によってカットされた事で、ベテラン監督はついに激怒、偉大なアメリカ大統領2人の名を組み合わせた”ジョージ・リンカーン”という名前をでっち上げ、本作の監督としてクレジットしたのだった。フレーダは本作の原題「LA MORTE NON CONTA I DOLLARI(死はドルに値しない])」に関しても、「意味をなさない陳腐なタイトルだ」と批判している。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ネロ・パッツァフィーニ、アレッサンドロ・ゴッドリーブ

【ストリー】
長年、故郷を離れて暮らしていたローレンス・ホワイト(マーク・ダモン)は、父の死を知らされ、オーウェルロックに駅馬車に乗って戻って来る。途中、ハリー・ボイド(スティーブン・フォーサイス)という名前のガンマンが乗り込んでくるが、彼らを乗せた駅馬車を襲って来た強盗を撃退する。故郷に戻ったローレンスは、妹のジェーン(ルチアナ・ギリ)から、父の復讐のため、犯人と思われるドック・レスター(ネロ・パッツァフィーニ)を殺すよう、詰め寄られる。しかし、証拠がないので、ためらうローレンスは、保安官のところに行き、手がかりを聞き出すが何も得ることは無かった。一方、ハリー・ボイドはドックに雇われたガンマンだったのだが、駅馬車の中で知り合った女性 エリザベス(パメラ・チューダー)に誘われ、彼女の家に招かれるが、そこでは彼女の父親が殺されていた。ある晩、保安官事務所に何者かが忍び込み、保安官を殺した上に証拠品であるドックの拍車を奪って行く。保安官の死を知ったドックは、ウォーレン判事(アラン・コリンズ)にハリーを新しい保安官に任命させる。しかし、レスター一味に加担して保安官になったハリーを見て、エリザベスは彼から遠ざかって行く。次にまた何者かが、今度は医師の家に忍び込み、証文を書かせる。は銃を抜こうとするが、逆に殺されてしまう。ローレンスは、父殺害の手がかりを得るためにギルバート夫人の家を訪ねるが、ドックたちが待ち伏せていて、納屋に逆さ吊りにされてしまう。ローレンスを助けに来たハリーを待ち構えていたのはレスターの手下たちだった。ハリーが拷問を受けそうになった時、ライフルを持って助けに入ったのはギルバート夫人だった。その隙にハリーは手下たちを仕留めるが、ギルバート夫人は息絶えていた。屋敷に二人は戻るが、実はハリーこそが本物のローレンス・ホワイトで、彼のフリをしていたのは、ジェーンの婚約者のハリー・ボイドだったのである。二人は、ドックに関する全ての証拠を集めた上で、ウォーレン判事のもとに行き、父殺害の犯人に対する再審を行なうよう判事を説得する。判事はドックに出廷するように告げるが、レスター一味は二人を待ち伏せする。激しい撃ち合いの末、一人生き残ったドックを判事に突き出すローレンス。ハリーとジェーンは二人で町を去って行くが、保安官として町に残ったローレンスのもとへエリザベスがやって来る。


「オーウェルロックの血戦(LA MORTE NON CONTA I DOLLARI)」

英題:DEATH DOES NOT COUNT THE DOLLARS
伊題:LA MORTE NON CONTA I DOLLARI
邦題:オーウェルロックの血戦
監督:ジョージ・リンカーン(本名:リカルド・フレーダ)
脚本:リカルド・フレーダ、ルイジ・マシーニ
撮影:ガボール・ポガニー
音楽:ノラ・オルランディ、ロビー・ポイトヴァン
出演:マーク・ダモン、スティーヴン・フォーサイス、ルチアナ・ギリ、パメラ・チューダー、ネロ・パッツァフィーニ(ジョバンニ・パッツァフィーニ)、アラン・コリンズ(ルチアーノ・ビゴッティ)、ペドロ・サンチェス(イグナチオ・スパラ)、アレッサンドロ・ゴッドリーブ
1967年イタリア/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 36号 2017年 8/27号 [分冊百科]
2017年8月現在、DVDレンタルはありません。


「オーウェルロックの血戦(LA MORTE NON CONTA I DOLLARI)」

「オーウェルロックの血戦(LA MORTE NON CONTA I DOLLARI)」

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

1 2