映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ              ブラッド・ピット

今回は8月30日に日本で劇場公開されたクエンティン・タランティーノ監督2019年製作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)」を9月12日にTOHOシネマズ府中スクリーン4で観て来た。第9回監督作品である本作は、1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を映画愛で描いたものだ。5年間に渡って書き上げられた脚本は、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)のモデルがバート・レイノルズであるそうだが、イタリアに渡ってマカロニ・ウエスタンに出演した作品は、セルジオ・コルプッチ監督1966年製作「さすらいのガンマン(Navajo Joe)」なのだが、作品名を変えている。シャロン・テート(マーゴット・ロビー)が、街の映画館で自分の作品を観るが、フィル・カールソン監督1968年製作「サイレンサー第4弾/破壊部隊(The Wrecking Crew)」、こちらは本物を使っていた。本作はフィルムスキャンしたものをDCP上映で観たのだが、35mmフィルムで撮られている。イーストマン・コダックのVISION3 500T(5219)、200T(5213)で現像はフォトケムである。とても素晴らしい作品だった。本作こそ本物の映画である。

作品リスト

撮影監督のロバート・リチャードソン氏によると(コダックメルマガVOL,143より)
「クエンティンは、ズームやリッチで血気盛んな色彩であるテクニカラー(ダイ・トランスファー)のルックを使った、 リック・ダルトンのテレビ西部劇からのシーンやより古い時代とも調和する1969年当時を思わせる映像を求めていました。フィ ルムかデジタルかという議論はありませんでした。デジタルという言葉は、クエンティンの辞書にはありません。彼との共作はすべてコダックフィルムで撮影し ています。2人がこれまでに35mmフィルムで撮影した作品は、2003年「キル・ビル」「キル・ビル Vol.2」2009年「イングロリアス・バスターズ」2012年「ジャンゴ 繋がれざる者」があり、「ヘイトフル・エイト」は65mmフィルムで撮影されました。
かなり早い段階から、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のフォーマットは、ワイドスクリーンと決 まっていました。35mmのアナモフィックです。リック・ダルトンのテレビ西部劇シリーズだけは、35mmの白黒フィルムを使い、アスフェリカルのズームレ ンズでほぼすべて1:1.33で撮影しています。また、シャロン・テートとロマン・ポランスキー夫妻の自宅での2シーンは、コダック エクタクロームで撮影し、一方は16mmでもう一方はスーパー8です。」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー                  レオナルド・ディカプリオ  

【ストリー】
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いてい た。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変 化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える事件は起こる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)

題名:ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD
邦題:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:ジョージア・カカンデス
製作:デイヴィッド・ヘイマン、シャノン・マッキントッシュ、クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
美術:バーバラ・リング
衣裳:アリアンヌ・フィリップス
編集:フレッド・ラスキン
フィルム:イーストマンコダック
※カラーネガティブ フィルム:VISION3 500T(5219)、200T(5213)
撮影機材:パナビジョン
※パナビジョンCとEシリーズのアナモフィックレンズを使用
現像:フォトケム
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、マーゴット・ロビー、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
2019年アメリカ・イギリス/シネスコサイズ・カラー161分35mmフィルム
公式サイト


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

映画「アメリカン・レポーター」


ティナ・フェイ                  マーゴット・ロビー

今回はグレン・フィカーラ・ジョン・レクア監督2016年製作「アメリカン・レポーター(WHISKEY TANGO FOXTROT)」をピックアップする。ジャーナリストのキム・バーカーが自身の体験をつづったエッセイを原作に、アフガニスタンの紛争地域を取材する女性レポーターが悪戦苦闘する姿を、実話に基づいて描いている。


アメリカン・レポーター(WHISKEY TANGO FOXTROT)

【ストリー】
2003年、ニューヨーク。テレビ局員のキム・ベイカー(ティナ・フェイ)は、人員不足のため、アフガニスタンの現地レポーターになることを勧められ、生活に変化を求めた彼女は旅立つ決心をする。カブールに着いたキムは、アフガニスタン人のファヒム(クリストファー・アボット)と警護のニック(スティーヴン・ピーコック)に迎えられ、各国取材陣が集まる宿舎に案内される。翌日、”不朽の自由作戦”を展開するアメリカ海兵隊のホラネク大佐(スティーヴン・ピーコック)の許可を得たキムは、従軍取材のため部隊と共に行動を始める。その後、BBCの特派員ターニャ(マーゴット・ロビー)と競い合い、スコットランド人のフリーの写真家イアン(マーティン・フリーマン)と親密な関係になりながら、キムは現地の生活や仕事に順応していくのだが・・・。


アメリカン・レポーター(WHISKEY TANGO FOXTROT)

題名:WHISKEY TANGO FOXTROT
邦題:アメリカン・レポーター
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
製作総指揮:チャーリー・ゴゴーラック、エリック・ガリアン、サム・グレイ
製作:ロニー・マイケルズ、ティナ・フェイ、イアン・ブライス
原作:キム・バーカー
脚本:ロバート・カーロック
撮影:ハビエル・グロベット
美術:ベス・ミックル
編集:ジャン・コバック
音楽:ニック・ウラタ
撮影機材:パナビジョン、ARRIFLEX
出演:ティナ・フェイ、マーゴット・ロビー、マーティン・フリーマン、クリストファー・アボット、アルフレッド・モリーナ、ビリー・ボブ・ソーントン、ニコラス・ブラウン、スティーヴン・ピーコック
2016年アメリカ/ビスタサイズ・カラー112分デジタルシネマ [日本劇場未公開]
アメリカン・レポーター -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


アメリカン・レポーター(WHISKEY TANGO FOXTROT)