映画「ミッション:インポッシブルIII M-I:III」


トム・クルーズ                 ミシェル・モナハン

今回はJ・J・エイブラムス監督2006年製作「ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)」をピックアップする。本作はトム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションの第3弾で敵役にアカデミー賞受賞俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンを迎え、目まぐるしいアクションを展開する。撮影は2005年6月にイタリアで開始され、ベルリン、ローマ、バチカン、上海、西塘(浙江省)、ヴァージニア州、カリフォルニア州などでロケが行われた。2006年6月21日に主演のトム・クルーズが、東京~新大阪間の新幹線「のぞみ」を借り切った来日キャンペーンが実施された。時刻表にない特別ダイヤで運行し、出発時刻などは混乱を避ける目的で非公開となった。この企画の経費は、「のぞみ」の貸切りの1,500万円など、約3,000万円とされる。
(ウィキペディア参照)


マギー・Q                     ケリー・ラッセル

【ストリー】
スパイを引退したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。新人スパイの教育に当っていたイーサンだが、教え子リンジーが誘拐されたことを知らされ、その救出作戦に参加する。しかし救出に成功したと思ったのも束の間、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまった。その後、一連の事件の裏に闇商人デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)がいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを捕獲すべく、バチカンへと向かった。見事デイヴィアンを捕らえたイーサンたちだったが、帰国後、襲撃を受ける。リンジーが遺したマイクロドットには、上官のブラッセルが、デイヴィアンと通じているという秘密が語られていた。奇襲を受けたイーサンたちは、結局デイヴィアンを奪われてしまう。イーサンに恨みを抱くデイヴィアンは、ジュリアを誘拐し、機密物質「ラビットフット」を48時間以内に探し出さないとジュリアを殺すと脅迫してきた。ブラッセルの裏切りに気づいた上司マスグレイブの機転により、イーサンは上海に向かった。そこにはチームの面々も揃っていた。「ラビットフット」があるという高層ビルに潜入し、盗み出すことに成功するイーサン。それをデイヴィアンの元に持っていくが、頭に爆弾を埋め込まれた挙句、目の前でジュリアを殺されてしまう。絶望するイーサン。しかし何故かそこにマスグレイブが現れ、実は殺されたジュリアが偽者だったことを明かす。デイヴィアンと結託していたのはマスグレイブだったのだ。イーサンはマスグレイブを出し抜き、本物のジュリアが囚われている場所へと向かった。そこでイーサンはデイヴィアンを倒し、頭の爆弾を破壊することにも成功する。追ってきたマスグレイブを撃ち殺したのはジュリアだった。イーサンは新しい仕事を丁重に断り、ジュリアとハネムーンに出かけるのだった。

題名:MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III
邦題:ミッション:インポッシブル3/M-I:III
監督:J・J・エイブラムス
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス
製作総指揮:ストラットン・レオポルド
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー
撮影:ダン・ミンデル
美術:スコット・チャンブリス
VFX:インダストリアル・ライト&マジック(ILM)
効果:ロジャー・ガイエット
衣装:コリーン・エイトウッド
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マイキー
音楽:マイケル・ジアッチーノ
音楽スーパーバイザー:ダニー・ブラムソン
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ビリー・クラダップ、ミシェル・モナハン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ケリー・ラッセル、マギー・Q、サイモン・ペッグ、ローレンス・フィッシュバーン
2006年アメリカ/シネスコサイズ・カラー126分35mmフィルム
ミッション:インポッシブル3 M-I:III -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)

映画「イーグル・アイ」


シャイア・ラブーフ                ミシェル・モナハン

今回はD・J・カルーソ監督2008年製作「イーグル・アイ(EAGLE EYE)」をピックアップする。
スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を執った本作は、2007年11月からイリノイ州シカゴで撮影が開始されたそうだ。トニー・スコット監督が1998年に製作した「エネミー・オブ・アメリカ」では、国家安全保障局(NSA)が世界規模の盗聴ネットワークを張り巡らせている現実の中で、主人公が暗殺事件の証拠を手にしてしまい事件に係るといったものだが、本作は、国防総省のハイパーコンピューター・アリアが、命令違反をしてAI知能を使って抽出した男女を事件に係かわらせて行くという内容で、10年のIT状況の進化をもモチーフにしている。


シャイア・ラブーフ、 ミシェル・モナハン

【ストリー】
シカゴで働くジェリー(シャイア・ラブーフ)のもとに届いた連絡、それは空軍に勤める双子の兄の死を告げるものだった。優秀な兄へのコンプレックスから、大学卒業後も放浪生活を続けていたジェリーは大きなショックを受ける。葬儀に出席して帰宅する途中から、ジェリーの身辺には異変が起こる。銀行口座には75万ドルが振り込まれ、自室には組立式の軍事兵器が山のように届く。そして、携帯電話による謎の女の声から命令を受ける。事態を理解できないジェリーは、駆けつけたFBIによって逮捕された。取調室でジェリーは、テロ犯の容疑をかけるモーガン(ビリー・ボブ・ソーントン)に対して無罪を主張する。そこに、また例の女から電話があり、その指示に従うことで逃亡に成功する。彼を待っていたポルシェには、シングルマザーのレイチェル(ミシェル・モナハン)が乗っていた。彼女もまた息子の生命と引き換えに謎の女から脅迫され、操られていた。街中のあらゆるディスプレイ映像を使って、謎の女はジェリーとモーガンに指示を出してくる。そして、二人が導かれるようにたどり着いたのは、米国の国防総省だった。その地下の通称イーグル・アイには、あらゆるネットワークに通じたハイパー・コンピューター「アリア」があった。米軍によって開発されたアリアは自らの意志を持ち、不適切な判断によってアフガニスタンで爆撃を行った大統領らを抹殺する「ギロチン作戦」を企てていた。それを察知して音声ロックを掛けたのがジェリーの兄であり、彼に代わってロック解除のためジェリーを呼び寄せたのだ。兄を殺したのがアリアだと知ったジェリーは怒り、その本体を破壊する。アリアによって実行されようとしていた「ギロチン作戦」も未然に防ぐジェリー。それから半年後。数々の危機をともにしたジェリーとレイチェルの間では、新たな関係が始まっていた。


ビリー・ボブ・ソーントン            ロザリオ・ドーソン

題名:EAGLE EYE
邦題:イーグル・アイ
監督:D・J・カルーソ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、エドワード・マクドネル
製作:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、パトリック・クロウリー
原案:ダン・マクダーモット
脚本:ジョン・グレン、トラヴィス・アダム・ライト、ヒラリー・ザイツ、ダン・マクダーモット
撮影:ダリウス・ウォルスキー
美術:トム・サンダース
衣装:マリー・シルヴィ・テヴィー
配役:デボラ・アキュラ
SFX/VFXスーパーバイザー:ジム・ライジール
編集:ジム・ヘイジ
音楽:ブライアン・タイラー
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマン・コダック
現像:デラックスカラー
出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントン、イーサン・エンブリー、アンソニー・アジジ
2008年アメリカ/シネスコサイズ・カラー118分35mmフィルム
イーグル・アイ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「ボーン・スプレマシー」

ボーン・スプレマシーボーン・スプレマシー
マット・デイモン

今回はポール・グリーングラス監督2004年製作「ボーン・スプレマシー(THE BOURNE SUPREMACY)」をピックアップする。本作は“ボーン・シリーズ”2作目で「ボーン・アイデンティティー」の続編になる。原作はロバート・ラドラムのベストセラー小説「殺戮のオデッセイ」。アメリカでは3,165館で公開され週末興行成績初登場1位となった。

ボーン・スプレマシーボーン・スプレマシー
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ       ジョアン・アレン

“ボーン・シリーズ”
2002年ダグ・リーマン監督「ボーン・アイデンティティー(THE BOURNE IDENTITY)」
2004年ポール・グリーングラス監督「ボーン・スプレマシー(THE BOURNE SUPREMACY)」
2007年ポール・グリーングラス監督「ボーン・アルティメイタム(THE BOURNE ULTIMATUM」
2012年トニー・ギルロイ監督「ボーン・レガシー(THE BOURNE LEGACY)」
2016年ポール・グリーングラス監督「ジェイソン・ボーン(JASON BOURNE)」

【ストリー】
記憶を喪失したCIAのトップエージェント、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は過去を捨て、恋人マリー(フランカ・ポテンテ)とともに新たな人生を踏み出した。だが、2年たっても記憶が完全には戻らないボーンを、過去が闘いの場に引き戻す。ベルリンで起きたCIAを震撼させる事件。同時期にCIA内部で不正を働いた者のリストの売り込みがあり、情報屋との取引現場を何者かが襲撃。エージェントと情報屋は殺され、犯人の唯一の手掛かりはひとつの指紋。それはジェイソン・ボーンのものだった。そのころ、インドのゴアでひっそりと暮らしていたボーンは殺し屋に襲われ、マリーが犠牲になってしまう。からくも窮地を脱したボーンは、CIAの仕業と考え、復讐に立ち上がるのだった。

ボーン・スプレマシーボーン・スプレマシー
マット・デイモン、ジョアン・アレン       ジュリア・スタイルズ

題名:THE BOURNE SUPREMACY
邦題:ボーン・スプレマシー
監督:ポール・グリーングラス
製作総指揮:ダグ・リーマン、ジェフリー・M・ウェイナー、ヘンリー・モリソン
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クロウリー、ポール・サンドバーグ
原作:ロバート・ラドラム
脚本:トニー・ギルロイ
撮影:オリヴァー・ウッド
衣装:ディナ・コリン
編集:クリストファー・ラウズ、リチャード・ピアソン
音楽:ジョン・パウエル
撮影機材:アリフレックス
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:マット・デイモン、ジョアン・アレン、フランカ・ポテンテ、ブイアン・コックスラ、ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン、ガブリエル・マン
2004年アメリカ/シネスコサイズ・カラー108分35mmフィルム
ボーン・スプレマシー -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ボーン・スプレマシーボーン・スプレマシー


ボーン・スプレマシー(THE BOURNE SUPREMACY)
ボーン・スプレマシー
Arriflex 535 A