映画「ハレンチ学園」


児島みゆき                        雷門ケン坊

今回は丹野雄二監督1970年製作「ハレンチ学園」をピックアップする。
本作は、週刊少年ジャンプに連載(1968年11号から1972年41号)された永井豪氏の人気漫画「ハレンチ学園」を実写映画化したものである。以降、1970年「ハレンチ学園 身体検査の巻(監督:丹野雄二)」1970年「ハレンチ学園 タックルキスの巻(監督:林功)」1971年「新・ハレンチ学園(監督:林功)」が日活で制作された。


宍戸錠                          小松方正

【ストリー】
今日は「聖ハレンチ学園」の卒業式。居並ぶ在校生の中には、山岸(雷門ケン坊)、袋小路(大谷潤)、風間(渡辺史郎)、柳生みつ子(児島みゆき)の顔が、一方教師側には校長(上田吉二郎)以下荒木(小松方正)、吉永(藤村俊二)、木戸(大泉滉)の神妙な顔がみえる。「仰げば尊し」の歌声は流れているものの、歌っているのは教師だけで生徒たちはまったく無視した態度。そこへ教育委員到着の知らせが入ったが校長はこの醜態を見せては、補助金打ち切りになりかねぬと無事卒業式は終了したと報告し、教育委員の目をごまかすのだった。山岸たちはこの事実をネタに、教師を強迫、全員にオール5を認めさせた。しかし、その反動として、荒木は男生徒を檻に入れ、木刀をふりまわした。そこに現われ、生徒の人望を集めたのは新任の体操教師マカロニ(宍戸錠)だった。一方、吉永は女生徒にビキニを着せて楽しんでいたが、それを知って学園内をデモる山岸たちと対決した。そんなハレンチぶりは美人でミニスカートのよく似合う西尾みどり(うつみみどり)が赴任してきて、頂点に達した。みどりのスカートをめくることに端を発したイタズラの数々は、エスカレートし校内は大騒動となった。その騒動もおさまらぬまま、修学旅行の日がやってきた。その趣旨はただ喰い、踏み倒しを実践し、悪いことを身をもって教えるというもので、生徒からの旅行代はすべて芸者代になった。大広間での餐会は、教師、先生、芸者入りみだれての野球拳大会に変貌し、大俗場では、みどり以下女生徒のストリップとハレンチきわまる旅行とあいなった。そして、その延長が学園まで持ち込まれ、いまでは全く手のつけられない状態となっている。


由利徹、上田吉二郎、大泉滉               藤村俊二

うつみみどり                      左卜全

小桜京子、石井均                  武智豊子、十朱久雄 

児島みゆき                         小松政夫

題名:ハレンチ学園
監督:丹野雄二
企画:園田実彦
原作:永井豪
監修:阿部進
脚本:山崎巌、鴨井達比古
撮影:高村倉太郎
照明:三尾三郎
録音:高橋三郎
美術:川原資三
擬斗:渡井喜久雄
編集:近藤光雄
音楽:山本直純
現像:東洋現像所
製作担当:大橋和男
色彩計測:舟生幸
助監督:小沼勝
スーチル:土屋豊
出演:児島みゆき、雷門ケン坊、宍戸錠、小松方正、藤村俊二、うつみみどり、川口恒、岡崎二郎、十朱久雄、武智豊子、石井均、小桜京子、ミッキー安川、なべおさみ、由利徹、大泉滉、上田吉二郎、左卜全、小松政夫、大谷潤、渡辺史郎、星野みどり、増田ひろ子
1970年日本・日東プロダクション+ピロ企画/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
ハレンチ学園 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハレンチ学園

映画「クレージーの大爆発」


植木等                                                                       松岡きっこ

今回は古澤憲吾監督1969年製作「クレージーの大爆発」をピックアップする。
本作は、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第13弾で全14作が制作された。
マルコ・ビカリオ監督1965年製作「黄金の七人」をオマージュしたと思える本作は、時事ネタやアイロニーを織り交ぜながら、中野昭慶氏の特技監督デビュー作として特撮にも力を入れている作品だ。


高橋紀子                                                         クレイジーキャッツ

【ストリー】
大木健太郎(植木等)はかの三億円強奪事件の真犯人。あり余る札束減らしのために競馬場通いをしていた。日本の三一銀行に預けられている“金”に目をつけた秘密組機GIB本部は、日本支部のW氏(平田昭彦)に毛利エリ子(松岡きっこ)と健太郎を使っての大略奪を命令した。エリ子は早速GIB撮影の三億円強奪現場のフィルムを持って健太郎に接近したが、宇宙真丸教の信奉者健太郎には通じなかった。やがて、御本尊のお告げがエリ子にとって吉と出た。健太郎はその道に達者な仲間六人を集め、後楽園球場を借り切り、巨人対阪神戦のネット裏で作戦会議を開いた。トンネルを掘って真下から金庫を狙うという作戦は、映画ロケと称する演出が効を奏して見事成功した。“金”は本部へ空輸された。7人は輪送機に乗込んだが、受信機が自衛隊からの大変な情報をキャッチした。彼らの輸送機に国籍不明の水爆が搭載されているというのだ。折しも、機は富士の乱気流に巻込まれて火口に不時着。そこを自衛隊員に変装したGIBに捕われ、大西洋上の本部に連行された。ところが、その途中で水爆が爆発、つられて富士山も大噴火、健太郎らの乗ったカプセルは大西洋への軌道をはずれて月に向ってしまった。やがて、月面で夢遊病者のように踊り狂う七人の姿があった。月がキラキラ光っているのは、一説によれば彼らのせいとのことである。


悠木千帆(樹木希林)                                                なべおさみ

由利徹                                                                藤田まこと

題名:クレージーの大爆発
監督:古澤憲吾
製作:大森幹彦、田波靖男
脚本:田波靖男
撮影:永井仙吉
照明:金子光男
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:小川一男
編集:黒岩義民
音楽:萩原哲晶、宮川泰 挿入歌「悪気じゃないんだ」「キンキラキン」
特技監督:中野昭慶
撮影:真野田陽一
照明:原文良
美術:井上泰幸
合成:松田博
現像:東京現像所
製作担当:鈴木政雄
監督助手:黒岩義民
スチール:田中一清
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、松岡きっこ、いしだあゆみ、桜井センリ、犬塚弘、石橋エータロー、安田伸、高橋紀子、悠木千帆(樹木希林)、人見明、平田昭彦、藤田まこと、由利徹、藤村有弘、玉川良一、ミッキー安川
1969年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー83分35mmフィルム
クレージーの大爆発 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「クレージーの大爆発」いしだあゆみ

いしだあゆみ「恋はそよ風」

植木等、ミッキー安川                                       ELMO製16mm映写機

クレージーの大爆発

クレージーの大爆発