映画「続・荒野の七人」


ロバート・フラー、ユル・ブリンナー 「続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)」

ユル・ブリンナー                  ロバート・フラー

今回はバート・ケネディ監督1966年製作「続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)」をピックアップする。
本作の撮影は前作のアメリカからスペイン・バレンシア州アリカンテとマドリッドのブロンストンスタジオで行われた。
どおりでマカロニウエスタンで見慣れた風景やロケセットに見覚えがある。本作は原作(七人の侍)にはない内容で、以降「新・荒野の七人 馬上の決闘(1969年)」「荒野の七人・真昼の決闘(1972年)」の続編が作られた。


クロード・エイキンズ

【ストリー】
19世紀も終わりに近いころのメキシコ。貧しい農民たちが砂漠に囲まれた不毛の土地にしがみついて細々と暮しをたてていた。ある日、そのあたり一帯を勢力下に治め悪業の限りをつくしている男ロルカ(エミリオ・フェルナンデス)一味が村を襲い、男たちをひっ捕らえて消えた。ロルカは戦いで破壊された自分の領地を再生しようと、農夫を集め奴隷のように労働させていたのだ。捕えられた男の中には、かつて6人の仲間と村人のために馬賊と闘った経験のあるガンマン、チコ(ジュリアン・マテオス)がいた。彼は村娘ペトラと結ばれて以来、平和な農村生活を送っていたのだった。その頃、チコの昔の仲間クリス(ユル・ブリンナー)とビン(ロバート・フラー)は近くの町で闘牛見物に興じていた。そこへチコの危急の報が1人の少年によってもたらされた。ふたりは早速村へ急行すべく仲間集めを開始した。昔の仲間は4人とも馬賊との戦いで死んでしまったから、新たに屈強のガンマンを探さねばならなかった。しかし、それは雑作なかった。たちまちそれぞれ腕に一癖ある男たち、フランク、ルイ、コルビー(ウォーレン・オーツ)、マヌエルの4人が仲間となった。クリスたちがロルカの本拠“悪魔の背骨”に騎首を進めている頃、チコは300人の農民とロルカの牢から脱出に成功していた。チコと合流して昔どおりの7人にかえった一同は、村人を指揮して教会を急ごしらえの砦に改変し、敵の襲撃を待った。戦いは翌朝を皮切りに、2回3回と続いた。7人の果敢な攻撃は重装備で騎馬に乗ったロルカ一味をかきまわし、決戦を次の日の朝に持ちこした。敵の背後に回ったマヌエルの投じたダイナマイトで一味は大半壊滅した。猛り狂ったロルカもクリスの正確な一発で倒された。再び平和を取り戻した村に響く鐘楼の鐘の音は、壮烈な死をとげたフランクやルイを追悼し、去って行くクリスとビンを惜しんでいるようであった。


エミリオ・フェルナンデス

題名:RETURN OF THE SEVEN
邦題:続・荒野の七人
監督:バート・ケネディ
製作:テッド・リッチモンド
脚本:ラリー・コーエン
撮影:ポール・C・ヴォーゲル
編集:バート・ベイツ
音楽:エルマー・バーンスタイン
撮影機材:パナビジョン
現像:FOTOFILM ESPANA プリント:デラックス
出演:ユル・ブリンナー、ロバート・フラー、ジュリアン・マテオス、ロゼンダ・モンテロス、ウォーレン・オーツ、エミリオ・フェルナンデス、クロード・エイキンズ、フェルナンド・レイ、ジョーダン・クリストファー
1966年アメリカ/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
続・荒野の七人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)

フェルナンド・レイ、ジュリアン・マテオス、ロゼンダ・モンテロス

映画「荒野の七人」


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン

ユル・ブリンナー                 スティーヴ・マックィーン

今回はジョン・スタージェス監督1960年製作「荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)」をピックアップする。
本作は黒澤明監督が1954年に東宝で制作した「七人の侍」を許諾を得てが西部劇化した作品である。原作は、農民に対する善意・義侠心・憐れみを持って7人が村へと集結するが、本作では7人それぞれに事情と思惑を持ちつつ、あくまで20ドルの礼金を前提として7人が揃って盗賊と戦うという設定だ。本作は続編2作とテレビシリーズが制作され、2016年にアントワーン・フークア監督によって原題「マグニフィセント・セブン」でリメイクされた。
当時、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーンなどトップスターだったユル・ブリンナー以外の俳優は、ブレイク前だった。またユル・ブリンナーは1971年「大西部無頼列伝」イーライ・ウォラックは1966年「続・夕陽のガンマン」他多数、ジェームズ・コバーンは1971年「夕陽のギャングたち」など、ハリウッドからイタリアへ、マカロニ・ウエスタンで貫録の出演をしている。

七人の侍
七人の侍(1954年)」黒澤明監督

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン

チャールズ・ブロンソン               ロバート・ヴォーン

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

ジェームズ・コバーン、ホルスト・ブッフホルツ   イーライ・ウォラック

ジェームズ・コバーン、スティーヴ・マックィーン ホルスト・ブッフホルツ、ユル・ブリンナー、ブラッド・デクスター

【ストリー】
メキシコの寒村イスカトランの村人達は毎年収穫期になると恐怖に戦いていた。カルヴェラ(イーライ・ウォラック)が率いる野党がきまって掠奪にくるからだ。しかし、今年はもう我慢が出来なくなっていた。子供達は飢え、村を去っていく農民がふえていた。ヒラリオと2人の農夫は皆を代表して戦うことを決議、銃を買いに国境のアメリカの町やって来た。彼らが町に着いた時に騒ぎが起きていた。原住民の死体を白人の墓地に埋める埋めないの騒ぎだ。全身黒ずくめのガンマン、クリス(ユル・ブリンナー)が無造作に俺が埋めてやろうと買って出た。そこへやりとりを見ていたヴィン(スティーヴ・マックイーン)も助手を志願した。墓地で銃を構える数人の男達、だが、クリスとヴィンは鮮やかにこの騒動を片づけてしまった。ヒリイオ達はこの有様を見てクリスにわけを話して力になってもらうことにした。同意したクリスは腕の立つガンマンを探し始めた。最初に仲間に入ったのがクリスの古い友人ハリー・ラック(ブラッド・デクスター)だった。ヴィンも仲間に入った。ナイフ使いの名人ブリッ(ジェームズ・コバーン)と早打ちのリーも加わった。それに西部で名高いオラリー(チャールズ・ブロンソン)も仲間に入れた。そんな中にチコという男がいた。経験も浅く40人もの敵を相手に戦うには若過ぎた。だがチコはクリスを尊敬していた。チコは強引に仲間に入れてもらった。7人のガンマンを迎えて村は一変した。クリスは村人達に戦う準備をさせた。防壁を築いたり銃の使い方を教えたり、7人の男達と村人の間には奇妙な友情が生まれていった。チコはペトラ(ロゼンダ・モンテロス)という村娘と仲良くなった。そんな時に、カルヴェラ一味が村を襲って来た。凄惨な拳銃戦が展開された。野盗は撃退された。死傷者も出た。村の雑貨商ソテロは臆病者で戦いにまき込まれるのを恐れていた。クリスはこの機を逃さず一味を全滅させようと深夜野盗のキャンプを襲った。しかし誰もいなかった。ソテロの裏切りでカルヴェラは7人の逆をついて村を占領していたのだ。7人は村を追い払われた。しかし、クリスはもう一度村へ引返し戦うことを皆に告げた。逆襲は掠奪に酔ったカルヴェラ一味の隙をついた。戦闘は激烈をきわめたが、カルヴェラも一味も全滅できた。味方もハリー、ブリット、リー、オラリーが斃れた。チコはペトラと暮らすことになり、クリスとヴィンは村を去った。クリスは村を眺めながら云った。「本当に勝ったのは農民たちだ。俺たちじゃない。」と…。


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

ホルスト・ブッフホルツ               ロゼンダ・モンテロス

題名:THE MAGNIFICENT SEVEN
邦題:荒野の七人
監督:ジョン・スタージェス
製作総指揮:ウォルター・ミリッシュ、ルー・モーハイム
製作:ジョン・スタージェス
原作:黒澤明、橋本忍、小国英雄 (映画「七人の侍」)
脚本:ウィリアム・ロバーツ、(初稿:ウォルター・ニューマン)
撮影:チャールズ・ラング
録音:ジャック・ソロモン
美術:エドワード・フィッツジェラルド
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:エルマー・バーンスタイン
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックス
出演:ユル・ブリンナー、ジェームズ・コバーン、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーン、ホルスト・ブッフホルツ、ブラッド・デクスター、イーライ・ウォラック
1960年アメリカ/シネスコサイズ・カラー128分35mmフィルム
荒野の七人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)撮影風景

荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)ジョン・スタージェス監督

映画「大西部無頼列伝」

大西部無頼列伝大西部無頼列伝
ユル・ブリンナー

今回はフランク・クレイマー監督1971年製作「大西部無頼列伝(ADIOS,SABATA/SABATA2/INDIO BLACK)」をピックアップする。主演はハリウッドからユル・ブリンナーを迎えて「西部悪人伝」のSABATAシリーズ続編だ。と言ってもSABATAのキャラクターや俳優は異なる。

大西部無頼列伝大西部無頼列伝

【ストリー】
革命の嵐が渦巻くメキシコ。プロのバウンティ・ハンター、インディオ・ブラック(ユル・ブリンナー)は全身黒ずくめ、稼いだ賞金は秘かに孤児院に寄附して しまう、という秘密をもった男である。メキシコ人弾圧のためオーストリア軍のスキンメル大佐(ジェラルド・ハーター)とメッテルニッヒ少佐(A・グラド リ)は、メキシコ人に好意をみせるインディオ・ブラックを買収したが、インディオは一方で革命軍にも通じていた。これを嗅ぎつけたのがケチなこそ泥のバランタイン(ディーン・リード)、インディオに取り入り一口乗っかると、早速肖像画家に化けてスキンメルに近づき オーストリア軍資金の輸送計画を聞き出し強奪計画はうまくいった。意外にも簡単に政府側は降伏し、革命資金は不要とばかり、インディオ、エスクドー(ペド ロ・サンチェ)、バランタインの三人が山分けしようとすると敵もさるもの袋の中は砂にすり変っている。早速張本人のスキンメル大佐らを倒したが、バランタ インは敵弾を受けエスクドーに金の隠し場を教えて息絶えた。しかし、砂金入りの酒樽をつみ込んだ馬車はいつの間にか消えうせていた。インディオ・ブラックはピンと来た。エスクドーをせきたて、テキサス国境に向った。国境の橋へと疾走する馬車の酒樽に狙いを定め、ライフルを次々と射ち込 んだ。国境の橋を渡り切って勝ち誇ったように馬車から下り立ったエクスドーは空の酒樽を見て、すっかりショゲかえった。自ら爆破した橋はまだ、音をたてて 崩れ落ちていた。

大西部無頼列伝大西部無頼列伝

題名:ADIOS,SABATA/SABATA2/INDIO BLACK
邦題:大西部無頼列伝
監督:フランク・クレイマー(本名:ジャンフランコ・パロリーニ)
製作:アルベルト・グリマルディ
脚本:レナート・イッツォ、フランク・クレイマー
撮影:サンドロ・マンコーリ
音楽:ブルーノ・ニコライ
出演:ユル・ブリンナー、ディーン・リード、ペドロ・サンチェス、ジェラード・ハーターニエヴェス・ナバロ、、サル・ボージェス、フランコ・ファンタジア、ジャンニ・リッツォ、サルヴァトーレ・ビッラ、マッシモ・カロッチ
1971年イタリア/テクニスコープ(シネスコサイズ)・テクニカラー106分35mmフィルム
大西部無頼列伝 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大西部無頼列伝大西部無頼列伝
大西部無頼列伝(ADIOS,SABATA)