映画「100挺のライフル」


ジム・ブラウン                     ラクェル・ウェルチ

今回はトム・グリース監督1968年製作「100挺のライフル(100 RIFLES)」をピックアップする。
本作はロバート・マクラウドの小説「カリフォルニア人」を映画化したものだが、ハリウッド・ビフテキウエスタンにも係わらず、多くのマカロニ・ウエスタンで使われたスペインで撮影している。ホセ・マヌエル・マルティン(西部の無頼人など)、アルド・サンブレル(赤い砂の決闘など)、ソルダード・ミランダ(必殺の用心棒)などマカロニ常連のスペイン人俳優が出演しているのは嬉しい。またバート・レイノルズは、1966年に名匠セルジオ・コルブッチ監督「さすらいのガンマン」の主役を務めアルド・サンブレルと共演している。


バート・レイノルズ            エリック・ブレーデン、フェルナンド・ラマス

【ストリー】
1912年、メキシコにインディアンの反乱が起きた頃。ノガレスの町に軍総督ベルデューゴ(フェルナンド・ラマス)が鎮圧にやって来た。インディアンの虐殺が行われ、町は大混乱。その頃ライデッカー(ジム・ブラウン)というアメリカ人警官が町へ入ってきた。目的は、アリゾナで銀行強盗を働いたインディアンのジョー(バート・レイノルズ、)を逮捕することだ。ジョーは強奪した金でライフルを買い、インディアン仲間に提供するつもりであった。ライデッカーがジョーを逮捕しようとした時、現れたベルデューゴは、なんと2人とも捕まえ、檻禁した。だが2人は脱走、やがてインディアン仲間のもとへ戻った。そこにはベルデューゴの部下に父(ホセ・マヌエル・マルティン)を殺され娘サリタ(ラクウエル・ウェルチ)が居り、復讐のため銃をとって戦っている。数日後、ベルデューゴの一党に急襲されライデッカーとジョーは捕虜になってしまった。だが連行されたベルデューゴの牧場に、なんとジョーが強盗し金で買った100挺のライフルが、隠されてあった。2人はサリタの助けを借りてライフルを奪い返した。この頃ライデッカーはサリタとの間に、愛情が芽生え、一方、ジョーにも男の友情を感じて、彼を逮捕するという仕事より、彼と行動をともにする決心を固めた。やがてインディアンと討伐軍が対決する日が来た。まずサリタがヌードになり敵の目をそらす。100挺のライフルは火を吹きインディアン軍の大勝利となった。だがサリタが犠牲になってしまった。その後もジョーは戦闘を続けるだろう。だがサリタを失ったライデッカーは、ジョーを逮捕するのを、きっぱりとあきらめ、アリゾナへ帰っていった。


ソルダード・ミランダ               ホセ・マヌエル・マルティン

ラクェル・ウェルチ                    100挺のライフル(100 RIFLES)

題名:100 RIFLES
邦題:100挺のライフル
監督:トム・グリース
製作:マーヴィン・シュワルツ
原作:ロバート・マクラウド
脚本:トム・グライス、クレア・ハフェーカー
撮影:チェチリオ・パニアグア
特撮:L・B・アボット
録音:ロイ・J・チャーマン、デビット・ドックエンドロフ
編集:ロバート・シンプソン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
現像:デラックスカラー
出演:ジム・ブラウン、ラクェル・ウェルチ、バート・レイノルズ、フェルナンド・ラマス、エリック・ブレーデン、ダン・オハーリー、エイキム・タミロフ、アルド・サンブレル、ソルダード・ミランダ、ホセ・マヌエル・マルティン
1968年アメリカ/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
100挺のライフル -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


100挺のライフル(100 RIFLES)           ジム・ブラウン、バート・レイノルズ

映画「女ガンマン 皆殺しのメロディ」

女ガンマン/皆殺しのメロディ
ラクエル・ウェルチ

今回はバート・ケネディ監督1971年のイギリス製西部劇「女ガンマン/皆殺しのメロディ(HANNIE CAULDER)」をピックアップした。マカロニウエスタンはイタリアだが、ヨーロッパではスペイン、フランス、イギリス、ドイツが西部劇を製作している。以前に2002年イギリス製作の「グローリー・エンジェルス~女たちの聖戦~」を紹介したが本作もマカロニウエスタンとはティストが違うが、ロケ地はスペインの様だ。

女ガンマン 皆殺しのメロディ女ガンマン/皆殺しのメロディ
ラクエル・ウェルチ

主演はハリウッド女優ラクエル・ウェルチだ。「ミクロの決死圏(FANTASTIC VOYAGE/1966年)「恐竜100万年(ONE MILLION YEARS B.C./1966年)」「100挺のライフル(100 RIFLES/1969年)」などに出演し“20世紀最高のグラマー”と称されたのは記憶が残る。本作ではやや色気を抑え可愛らしさが残る女ガンマンを演じている。彼女が31歳の時の作品だ。

女ガンマン 皆殺しのメロディ女ガンマン 皆殺しのメロディ
ロバート・カルプ、ラクエル・ウェルチ

【ストリー】
銀行を襲ったクレメンツ三兄弟。彼らは、逃亡用の馬を盗むために、町外れの牧場に向う。兄弟は、地主のクローデルを殺し、その妻ハニー(ラクエル・ウェルチ)をレイプして去った。復讐を誓う彼女は、賞金稼ぎのプライス(ロバート・カルプ)と組むことにする。プライスは、ガンさばきをハニーに指導、二人はクレメンツたちを一人ずつ倒してゆく。が、油断したプライスがクレメンンツの凶弾に倒れた。ハニーは単身クレメンツの隠れ家を襲撃、復讐を果たすのだった・・・。

女ガンマン 皆殺しのメロディ女ガンマン 皆殺しのメロディ
ロバート・カルプ             アーネスト・ボーグナイン

題名:HANNIE CAULDER
邦題:女ガンマン 皆殺しのメロディ
監督:バート・ケネディ
製作:パトリック・カーティス
脚本:バート・ケネディ、デヴィッド・ハフト
撮影:テッド・スケイフ
音楽:ケン・ソーン
出演:ラクエル・ウェルチ、ロバート・カルプ、アーネスト・ボーグナイン、ジャック・イーラム、ストローザー・マーティン、クリストファー・リー、スティーブン・ボイド
1971年イギリス/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム[日本劇場未公開]
女ガンマン 37564(ミナゴロシ)セット [2巻セットDVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

女ガンマン 皆殺しのメロディ女ガンマン 皆殺しのメロディ
ラクエル・ウェルチ

女ガンマン 皆殺しのメロディ
宣材写真(本編ではこの姿はない)