映画「ワイルド・アパッチ」

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
バート・ランカスター              ブルース・デイヴィソン 

今回はロバート・アルドリッチ監督1972年製作「ワイルド・アパッチ(ULZANA’S RAID)」をピックアップする。
本作は追いつめられたアパッチ族の最後の反逆である“ウルザナの襲撃”を、それが実際に起きたアリゾナの平原と山岳地帯に再現し、撮影はアリゾナ州のコロナド国立森林とノガレス、ネバダ州のバレー・オブ・ファイア州立公園で行われたそうだ。

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
ホルヘ・リューク             ワイルド・アパッチ(ULZANA’S RAID)

【ストリー】
西へ西へと進んだアメリカ西部開拓の時代も終わろうとしていた1810年代なかば。わずかにこの30年たらずの間に各地で圧倒的な騎兵隊の攻撃の前に、勇敢さで恐れられたシャイアン、スー、コマンチ族などが次々に敗れ、散り散りとなった。ここアリゾナでも、アパッチ族は自分たちの土地だった平原と険しい山々が連なるその一隅に押し込められていた。従って騎兵隊もその役割を終わろうとしていた。安穏な空気が流れるロウェル砦に、インディアン保留地とでたアパッチが、ウルザナに率いられて南へ向かったという報せが入った。砦に呼ばれたマッキントッシュ(バート・ランカスター)は、インディアンとの戦いに長くたずさわっており、騎兵隊の指揮官たちの考えが安易すぎるのを忠告した。これが初陣である若いデブリン中尉(ブルース・デイヴィソン)を指揮官に、20名の隊員が、とりあえず出陣、マッキントッシュが彼を補佐し、地理に明るいアパッチの若い男ケ・ニ・ティ(ホルヘ・リューク)をガイドに、ウルザナの追跡を始めた。だが開拓者たちに危険を知らせるべく、先発していた騎兵隊員たちをたちまち血祭にあげたウルザナ(ホアキン・マルティネス)は、道道の家を襲った。ウルザナな、自決した者も容赦なく身を剥ぎ、心臓をえぐり取った。また犬の尾をくわえさせ、股間を焼くなど、その殺戮は凄惨を極めた。「なぜアパッチはこんなにも残酷なんだ」経験のない若い中尉の怒りにみちた問に、ケ・ニ・ティは答えた。「この厳しい土地で生きるためには力が必要なのだ。殺した男が殺された男の力を受ける。ウルザナは長い保留地の生活で力が薄れているからこれからも多勢の人を殺すだろう」。マッキントッシュは敵の手にのると見せかけてその裏をかき、一挙に決着をつけようとする。ウルザナの策略はこうだ。襲った家の主婦を輪姦し、命だけは助けておく、そうすれば騎兵隊は婦人を砦に送る隊と、追跡する隊に分散する。そこを襲って潰滅させ馬を奪おうというのだ。マッキントッシュはこの危険な賭に乗った。討つか討たれるか、もはや1手の誤ちも許されない緊迫の戦いへ突入した。険しい山がそそりたち、急激に細かく切れ込んでいる“赤い谷”を朝日が朱のように染めあげた。騎兵隊は中尉の率いる本隊と、傷ついた婦人を砦に送りかえすマッキントッシュと軍曹(リチャード・ジャッカル)たちの2手に別れて進んだ。赤い谷に入る護衛隊。襲いかかるアパッチ。狙い射ちに護衛隊員は次々と倒れて、谷は修羅場と化した。だがこのおとり作戦も中尉が合図を読み違え、銃声が轟いてからかけつけたため、功を奏さず、護衛隊は全滅。マッキントッシュはなおも襲いくるアパッチを倒すが、深手を負った。一方、別行動にでていたケ・ニ・ティはウルザナを追いつめた。ウルザナは自分を正当化し、死の歌をうたった。戦いは終わった。砦に運ぼうという中尉の申し出を断わり、来るべき死を静かに待ち受けるマッキントッシュ。中尉は、アパッチも騎兵隊員と同様埋葬するよう命じ、砦に引き上げていった。

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
リチャード・ジャッケル                                          ホアキン・マルティネス

題名:ULZANA’S RAID
邦題:ワイルド・アパッチ
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:カーター・デ・ヘブン、バート・ランカスター
脚本:アラン・シャープ
撮影:ジョゼフ・バイロック
美術:ジェームズ・D・ヴァンス
録音:ワルドン・O・ワトソン、ジム・アレクサンダー
衣装:グレン・ライト
編集:マイケル・ルチアーノ
音楽:フランク・デヴォール
現像:テクニカラー
助監督:マルコム・R・ハーディング
出演:バート・ランカスター、ブルース・デイヴィソン、ホルヘ・リューク、リチャード・ジャッケル、ロイド・ボックナー、ホアキン・マルティネス、カール・スウェンソン、ダグラス・ワトソン
1972年アメリカ/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
ワイルド・アパッチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
バート・ランカスター                                  ワイルド・アパッチ(ULZANA’S RAID)

ワイルド・アパッチ

映画「ガンマー第3号 宇宙大作戦」


ロバート・ホートン                                                 リチャード・ジャッケル

今回は深作欣二・田口勝彦共同監督による1968年製作「ガンマー第3号 宇宙大作戦」をピックアップする。
本作の製作された当時のアメリカ映画界は、制作費の安い日本=(1ドル=360円為替相場固定)との合作を望み、一方、予算調達に行き詰った日本画界は、日米合作による低迷打開を模索していた時期であった。本作は「海底大戦争」に続き、東映がアメリカのラム・フィルムと合作した第2弾である。深作欣二監督にとって特撮作品第一作であり、田口勝彦監督は1967年のTV特撮映画「キャプテンウルトラ」などを手掛けていた。特筆すべきは、出演者が主役から端役に至るまで全員外国人俳優のみで演じられた事だ。米TV映画「幌馬車隊」のロバート・ホートン、東宝特撮「緯度0大作戦」のリチャード・ジェッケル「007サンダーボール作戦」』でボンドガールとなったルチアナ・パルツィなどだ。撮影はすべて日本人スタッフ(東映)によって東映東京撮影所内スタジオで行われた。(特撮シーンは日本特撮が担当)クエンティン・タランティーノ監督は本作のファンで、訪日時に深作欣二監督と対面した際、サインを貰う為に用意してたのが本作レーザーディスクであったそうだ。


ルチアナ・パルッツィ

【ストリー】
22世紀。地球文明は高度に発達し、宇宙ステーションガンマ第3号は、宇宙空間に巨大な雄姿を誇っていた。ある日のこと、宇宙船の司令官エリオット少佐(リチャード・ジャッケル)は、地球に向って突進する正体不明の惑星を発見した。電子計算機によると10時間後には地球に激突するという。地球では、すぐさま小惑星の爆破計画がたてられ、ランキン中佐(ロバート・ホートン)が、爆破隊長として国連宇宙センターから派遣された。ランキンとエリオットは、兄弟のように仲が良かったが、女医ルイズ(ルチアナ・パルッツィ)をめぐる恋愛問題で、今はすっかり仲たがいをしていた。爆破隊は小惑星フローラに出発。見事小惑星を爆破した。しかし、宇宙船はガンマ第3号に無事戻ったものの、船体に附着した緑色の物体を持ち帰っていた。やがて、この物体は、ガンマ第3号の電気エネルギーを吸収し怪獣に成長した。乗組員はしーザー銃でこの怪獣と闘ったが、自ら傷を治す能力をもった怪獣は平然としていた。しかも怪獣は緑色の血液から続々と怪獣を誕生させ、ガンマ第3号は次第に占領されていった。負傷者を地球に送り戻すことでエリオットとランキンが対立した。ルイズの申し出を、ランキンは地球まで汚染させては、と拒絶したのだ。やがて、怪獣を死滅させるため大気圏突入の計画が練られた。宇宙船ごと焼失しようというものだった。乗務員は次々と小型宇宙船で宇宙空間へ避難し、ランキンは、ガンマ第3号の自動運転装置に切換えるため。最後まで残った。しかし、船内には怪獣がすでに充満していた。ランキンは危機一髪のところをエリオットに救出された。だが、エリオットは逃げ遅れガンマ第3号もろとも大気圏に突入していった。空間に青く浮かぶ平和な地球。ランキンとルイスはエリオットの功績をしのびながらいつまでも地球を眺めていた。

題名:ガンマー第3号 宇宙大作戦
英題:THE GREEN SLIME
監督:深作欣二、田口勝彦
企画:アイバン・ライナー、ウイリアム・ロス、扇沢要、太田浩児
脚本:金子武郎、トム・ロー、チャールズ・シンクレア、ウィリアム・フィンガー
撮影:山沢義一
照明:梅谷茂
録音:渡辺義夫
美術:江野慎一
装置:松野太三郎
装飾:武井正二
特撮:日本特撮(渡辺明、真野田幸雄)
記録:山之内康代
編集:田中修
音楽:津島利章、チャールズ・フォックス
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
進行主任:阿部征司
助監督:山口和彦
日本語版協力:テアトル・エコー
出演:ロバート・ホートン、リチャード・ジャッケル、ルチアナ・パルッツィ、バッド・ウイドム、テッド・ガンサー、ロバート・ダンハム
1968年日本・東映+ラム・フィルム/シネスコサイズ・カラー77分(日本語版) 90分(英語版)35mmフィルム
ガンマー第3号 宇宙大作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ガンマー第3号 宇宙大作戦(THE GREEN SLIME) 宇宙怪物ローラ

ガンマー第3号 宇宙大作戦(THE GREEN SLIME)

ガンマー第3号 宇宙大作戦(THE GREEN SLIME)

映画「ビリー・ザ・キッド 21才の生涯」

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯ビリー・ザ・キッド 21才の生涯
ジェームズ・コバーン             クリス・クリストファーソン

今回はサム・ペキンパー監督1973年製作「ビリー・ザ・キッド 21才の生涯(PAT GARRETT AND BILLY THE KID)」をピックアップする。本作は、数々の名作を世に贈り届け、1984年にこの世を去った巨匠・サム・ペキンパー監督が21歳の若さで死んだ希代の無法者ビリー・ザ・キッドと彼を追う保安官のパット・ギャレットを描いたビフテキウエスタン(アメリカ西部劇)だ。偉大なフォークシンガーであるボブ・ディランが出演し音楽を担当している。また本作の1973年のオリジナル版の後に1988年、2005年版と編集を変えた3篇がある。

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯ビリー・ザ・キッド 21才の生涯
ボブ・ディラン

【ストリー】
無法者の楽園、ニュー・メキシコ・テリトリーのフォート・サムナーでビリー・ザ・キッド(クリス・クリストファーソン)は、仲間たちと陽気な日々を送っていた。ある日、バット・ギャレット(ジェームズ・コバーン)がひょっこり現われ、これからシェリフになると告げた。彼は、1匹狼でみんなから煙ったがられていた無法者だが、大分年下のビリーと不思議に気があった。さらにギャレットは、親友ビリーに土地の有力者たちの意向を伝え、「5日以内にここを去れ」と警告した。しかし、ビリーが彼の警告を無視したのでギャレットはビリーを逮捕し留置所にぶち込んだ。縛り首が8日後に迫り、ギャレットが所用で町をでていた時、ビリーは拳銃を手に入れ、留守を預かるジェリフ代理2人を射ち殺して、群衆の見守る中を悠然と町から出て行った。町に戻ったギャレットは、アラモサ・ビルを新たな代理に命じて後を追った。ギャレットは彼がメキシコへ逃げる事を祈った。しかし、ビリーはフォート・サムナーに戻って、友人や住民から大歓迎されていた。見知らぬ男バートに挑戦され、彼やその仲間を射殺した。その時ビリーに加勢した若者エイリアス(ボブ・ディラン)と友達になり、また美しい娘マリア(リタ・クーリッジ)を知った。ここは居心地がよかった。一方、ギャレットはゆっくりビリーを追っていた。ベイコスでは無法者のブラック・ハリスからビリーに関する情報を掴もうとして老保安官ベイカーと夫人(カティ・フラドー)を使いベイカーを死なせてしまう。山中でキャンプをしている時、ウォーレス知事(ジェイソン・ロバーズ)から任命されたシェリフ代理ポー(ジョン・ベック)に出合ったが、肌が合わず、レミュエル(チル・ウィルス)の店で別行動をとることにした。その頃、ビリーは友人たちにメキシコに行くよう説得されていたが仲仲腰を上げなかった。しかし、故郷のメキシコに帰る老パコから、身の安全のため国境を越えるようすすめられ、ついに無法者の楽園を去る決心をした。ビリーはその途中、パコとその家族がチザムの部下たちに襲われている所に行き合い、暴漢どもを射殺したが、パコは、間もなく息を引き取った。ビリーは、弱い者いじめをするチザムや、ウォーレスに激しい怒りを覚え、再びフォート・サムナーに舞い戻った。ギャレットはポーやシェリフのキップ・マッキニー(リチャード・ジャッケル)に出合い、フォート・サムナーに向かった。彼らがマックスウェルの家に到着した時、その奥の部屋ではビリーとマリアがベットを共にしていた。その夜、ビリーはギャレットの1弾のために、21歳の生涯を終えた。翌朝ギャレットは静かにフォート・サムナーに立った。人々は黙って見守っていたが、彼らの気持ちを代表するかのように幼い男の子がギャレットに石を投げつけた。ギャレットはふり返らなかった。

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯ビリー・ザ・キッド 21才の生涯

題名:PAT GARRETT AND BILLY THE KID
邦題:ビリー・ザ・キッド 21才の生涯
監督:サム・ペキンパー
製作:ゴードン・キャロル
脚本:ルディ・ワーリッツァー
撮影:ジョン・コキロン
編集:ロジャー・スポティスウッド、ガース・クレーヴン、ロバート・L・ウォルフ、リチャード・ハルシー、デイヴィッド・バーラトスキー、トニー・デ・ザラガ
音楽:ボブ・ディラン
撮影機材:パナビジョン
現像:メトロカラー
出演:ジェームズ・コバーン、クリス・クリストファーソン、リチャード・ジャッケル、カティ・フラドー、チル・ウィルス、ジェイソン・ロバーズ、ボブ・ディラン、R・G・アームストロング、ルーク・アスキュー、ジョン・ベック、リチャード・ブライト、リタ・クーリッジ
1973年アメリカ/シネスコサイズ・カラー108分35mmフィルム
ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯ビリー・ザ・キッド 21才の生涯

1 2