映画「赤い砂の決闘」


リチャード・ハリソン              サラ・レザーナ、リチャード・ハリソン、ダニエル・マーチン

今回はリチャード・ブラスコ監督1963年製作「赤い砂の決闘(DUELLO NEL TEXAS)」をピックアップする。
本作は日本で”マカロニ・ウエスタン上陸第1号”として公開された記念すべき作品である。スペインでロケをした本作は、イタリア製西部劇の原点と称されるようになり、音楽のエンニオ・モリコーネ(ダン・サビオ名義) は初めて西部劇のスコアを書き、撮影のマッシモ・ダラマーノ(ジャック・ダルマス名義)は後に「荒野の用心棒」を担当する事になる。出演は「ガンマン牧師」のリチャード・ハリソン、「荒野のみな殺し」のジャック・スチュアート、「情無用のコルト」など30本以上のマカロニ・ウエスタンに出演したアルド・サンプレルの初出演作にもなった。

マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 51号 2018年 3/25号 [分冊百科]


ミカエラ(右)                      サラ・レザーナ

ミカエラ
本作で見事な美声を聞かせてくれるマリア役を演じたミカエラは、スペインの舞台女優であると共に、スペインの伝統的歌謡曲”コブラ”とフラメンコを得意とするアーティストであった。1965年に発表したシングル「La tre spade di Zorro」はスペイン年間売上第1位という大ヒットを記録した。彼女が得意とした”コブラ”は、日本の演歌に相当する歌謡曲というニュアンスだ。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより抜粋)

サラ・レザーナ
本作でエリザを演じたサラ・レザーナは、当時15歳の若さで抜擢され映画デビューを飾っている。その後17本の映画に出演した後にバイアオーラ(フラメンコの女性の踊り手)に専念し、2005年以降はフラメンコ演劇団”バレーフラメンコ・マドリード”で演技指導、振付、監督を兼任し、現在も世界中でツアーを開催している。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより抜粋)


リチャード・ハリソン、サラ・レザーナ       アルド・サンプレル

【ストリー】
メキシコ人ドン・ディエゴの農場は、国境に近いテキサス州カータービルにあった。家族は老ディエゴ、息子マヌエル(ダニエル・マーチン)、娘エリザ(サラ・レザーナ)の他にアメリカ人孤児ウィルスン(リチャード・ハリソン)の四人だった。ある日マヌエルは恋人エレーネ(ミカエラ)の経営する酒場で牧童たちにメキシコ人とあなどられ、大喧嘩をしてしまい、そのあげく父が砂金を溜め込んでいることを口走ってしまった。その夜遅く、覆面の三人組が農場に押し入り、ディエゴを射殺し砂金を奪って逃げた。外出していたウィルソンがもどってきた。そして彼は復讐を決意した。数日後、犯人は町を暴力で支配している悪徳保安官(ジャック・スチュアート)だと目ぼしをつけた。その頃エレーネは、マヌエルの父が殺されたのは自分にも責任があると思い、町から姿を消した。ところが彼女は途中、保安官の銃弾で殺されてしまった。養父殺しの確証を握ったウィルソンは保安官一味と対決し、あざやかな拳銃さばきでウィルソンが勝利をおさめた。町には再び平和がよみがえり、養父の仇をはらしたウィルソンの前にリサが明るく微笑んでいた。


ジャック・スチュアート             パルタ・バリー、ミカエラ

題名:GUNFIGHT AT THE RED SANDS
英題:DUELLO NEL TEXAS
邦題:赤い砂の決闘
監督:リチャード・ブラスコ
原作:J・プリンドル
脚本:リチャード・ブラスコ、アルバート・バンド
撮影:マッシモ・ダラマーノ(ジャック・ダルマス)
音楽:エンニオ・モリコーネ(ダン・サビオ) 主題歌:デッキィー・ジョーンズ
出演:リチャード・ハリソン、ジャック・スチュアート(ジャコモ・ロッシー=スチュアート)、ダニエル・マーチン(ダン・マーチン)、ミカエラ、サラ・レザーナ、パルタ・バリー、ロドルフォ・デル・カンボ(サム・フィールド)、アルド・サンプレル
1963年イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー91分35mmフィルム
赤い砂の決闘 -DVD-
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 51号 2018年 3/25号[分冊百科]
2018年3月現在、DVDレンタルはありません。

町のシーンは、スペインの首都マドリードの北にあるオヨ・デ・マンツァナーレスのオープンセットで撮影された。「ミネソタ無頼(1964年)」 「荒野の用心棒(1964年)」「荒野の棺桶(1966年)」などで撮影されたが、1970年代半ばに取り壊されたそうだ。

赤い砂の決闘(DUELLO NEL TEXAS)

赤い砂の決闘(DUELLO NEL TEXAS)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」完結
2016年4月23日より毎月4作品を投稿して来ました「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」は、2018年3月15日発売の第51号(全101作品)を持ちまして完結しました。この2年間、ご覧戴きましてありがとうございました。
総合メニュー「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」
第 1号~25号はこちらです。
第26号~51号はこちらです。
※朝日新聞出版「マカロニ・ウエスタン傑作映画DVDコレクション
※販売元の朝日新聞出版とAMAZONの単品販売は、在庫限りになります。


※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「ガンマン牧師」


ガイ・マディソン                 リチャード・ハリソン

今回はレオン・クリモフスキー監督1972年製作「ガンマン牧師(REVERENDO COLT)」をピックアップする。
出演は「五匹の用心棒(1966年)」「荒野のお尋ね者」のガイ・マディソン、「墓標には墓標を(1964年)」「必殺のプロガンマン(1966年)」のリチャード・ハリソン、「七人の特命隊」「ケオマ・ザ・リベンジャー」のエンツォ・G・カステラーリ監督の実兄であるエンニオ・ジロラーミ、「荒野の一つ星」のゲルマン・コボスなど。

アメリカ・イタリア両国でウエスタン・スター  ガイ・マディソン
本作の主演俳優ガイ・マディソンは、海軍に従軍していた1944年当時、休暇を利用してハリウッドのラジオ放送を見学していた際、スカウトされて芸能界へ進む事となった。演技経験のないマディソンは、舞台、テレビ、映画への出演を積み重ねながら演技力を磨き、1951年から8年にわたって放送されたテレビシリーズ「Adventures of Wild Bill Hickok」の主役となる保安官役に抜擢され、1953年にゴールデン・グローブ賞を受賞。1960年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名が刻まれたのである。しかし、その後、「五匹の用心棒(1966年)」「荒野のお尋ね者(1967年)」などでも主人公を演じたマディソンは、マカロニ・ウエスタンのテクニカルアドバイザーにも就任している。イタリアを中心に約30作の作品に出演した彼は、1970年代後半に帰国してテレビドラマなどに出演していたが、1988年に交通事故で大怪我を負い、芸能界から引退し1996年に死去した。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ゲルマン・コボス            エンニオ・ジロラーミ、マリア・サルレノ

【ストリー】
かつて賞金稼ぎとして名を馳せたミラー・コルト(ガイ・マディソン)が、牧師として教会を建てるために町へやって来た。その直後、強盗団が町の銀行を襲撃し、銀行員を殺害した上。大金を奪って逃亡。町の人々は、ミラーを犯人の一味だと決めつけ「人殺し」と罵る。そんな中、ドノバン保安官(リチャード・ハリソン)の許可を得て強盗団の追跡を始めたミラーは、強盗団に襲われていた、南軍の金庫を馬車で運ぶ「幌馬車隊」を援護射撃し、彼らと共に古い砦に籠城するのだった………….。


クリス・ヒュエルタ、マリア・マーティン ゲルマン・コボス、マリア・マーティン、マリア・サルレノ、アルフォンソ・ロハス

題名:REVERENDO COLT
邦題:ガンマン牧師
監督:レオン・クリモフスキー
製作:マリノ・ジロラミ
脚本:マヌエル・マルチネス・レミ、ティト・カルピ
撮影:アルベルト・フシ
編集:アントニオ・ギメーノ
音楽:ジャンニ・フェリオ(レディ・パーク)、ピエロ・ウミリアーニ
出演:ガイ・マディソン、エンニオ・ジロラーミ(トーマス・ムーア)、リチャード・ハリソン、ゲルマン・コボス、ジュゼッペ・カルティロ、ホセ・カナレハス、スティーヴン・テッド、ペルラ・クリスタル、マリア・マーティン、マリア・サルレノ、クリス・ヒュエルタ、アルフォンソ・ロハス
1972年イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー90分35mmフィルム
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 49号 2018年 2/25号 [分冊百科]
2018年2月現在、DVDレンタルはありません。


ガンマン牧師(REVERENDO COLT)

ガンマン牧師(REVERENDO COLT)

「ガンマン牧師(REVERENDO 」※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

「ガンマン牧師(REVERENDO 」※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。