映画「史上最大の作戦」


史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)

史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)

ジョン・ウェイン                         ヘンリー・フォンダ

今回はアンドリュー・マートン(アメリカ関連部分)、ケン・アナキン(イギリス関連部分)、ベルンハルト・ヴィッキ(ドイツ関連部分)の共同監督による1962年製作「史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)」をピックアップする。本作は製作費1,200万ドルを投じた大作で、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツのオールスター・キャスト、スタッフでの陣容だ。撮影日数267日、65mmフィルム36万フィート(66時間分)という巨大な撮影プロジェクトであった。1990年に本作をテレシネした素材をスタンダードサイズにトリミングし着色したカラー版が、ノルマンディ上陸作戦50周年記念でフランスが制作した。


ロバート・ライアン               リチャード・バートン

【ストリー】
1944年6月4日未明セーヌ河の湾曲部にあるドイツ西部軍B師団司令部で、司令官ロンメル元帥(ヴェルナー・ハインツ)は家族の許へ帰ろうとしていた。連合軍の大陸侵入作戦を知らないわけではなかったが、ここ数週間は悪天候だし防御は完璧だった。同じ南部イングランドで300万近い連合軍を指揮するアイゼンハワー最高司令官は上陸作戦の日--D・DAYを決定しょうとしていた。遅い月の出と夜明け直後の干潮という絶対条件の揃うのは6月5~7日の3日間だが、英仏海峡は大しけが続いていた。5日は取り消され延期するとなれば19日か7月まで待たねばならない。最高首脳部会議は気象部員からの詳細な報告に基づき6日をD・DAYと最終決定した。フランスのレジスタンス向けの暗号放送は盗聴されたがヴェルレーヌの“秋の歌”が上陸作戦の開始を告げるものであることは覚えられなかった。5,000雙からなる大船団はノルマンディへ南下し午前0時15分、米軍空挺部隊の降下から上陸作戦の火蓋は切られた。5時半の海上からの攻撃開始を西部軍総司令部が知ったのはその30分前、情婦エヴァの側にあったヒトラーやヘルリンゲンの自宅にいたロンメルが知ったのは5時間後だった。防御陣地は判断を誤った作戦会議のために殆ど無用の長物と化したが、激浪に苦しめられてきた連合軍を海辺に釘づけにして多大な損害を与えた。しかし物量を誇る連合軍は内陸深く侵入し上陸舟艇はノルマンディの海を覆った。“上陸作戦の最初の24時間は決定的なものになるだろう--この日こそ連合軍にとっても我々にとっても一番長い日になるだろう”とロンメルに言わせた6月6日は史上最大の作戦をもった連合軍の圧倒的な勝利に終わり、ナチス・ドイツが崩壊し去る運命の日になった。

題名:THE LONGEST DAY
邦題:史上最大の作戦
監督:ケン・アナキン 、アンドリュー・マートン、ベルンハルト・ヴィッキ
製作総指揮:エルモ・ウィリアムス
製作:ダリル・F・ザナック、エルモ・ウィリアムズ
原作:コーネリアス・ライアン
脚本:コーネリアス・ライアン、ジェームズ・ジョーンズ、ジャック・セドン、デヴィッド・パーサル、ロマン・ギャリー
撮影:ジャン・ブルゴワン、アンリ・ペルサン、ワルター・ウォティッツ。ギイ・タバリー
特撮:ロバート・マクドナルド
美術:ヴィンセント・コルダ、テッド・ハワース、レオン・バルザック
衣装:ジョン・マッコリー
配役:モード・スペクター
スタント:エルモ・ウィリアムス、ノッシャー・パウエル
編集:サミュエル・E・ビートリー
音楽:モーリス・ジャール、ポール・アンカ 演奏:ミッチ・ミラー合唱団
現像:L.T.C(フランス)
出演::ジョン・ウェイン、クルト・ユルゲンス、ロバート・ミッチャム、ヘンリー・フォンダ、ロバート・ライアン、リチャード・バートン、ジャン・ルイ・バロー、ショーン・コネリー、ヴェルナー・ハインツ
1962年アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス/シネスコサイズ・モノクロ179分70mmフィルム
史上最大の作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)

【出演者】
(アメリカ側)
バンダーブーアト中佐:ジョン・ウェイン
コータ准将: ロバート・ミッチャム
ルーズベルト准将:ヘンリー・フォンダ
ジェイムズ・M・ギャビン准尉:ロバート・ライアン
駆逐艦艦長海軍中佐:ロッド・スタイガー
奇襲部隊長:ロバート・ワグナー
シュルツ一等兵:リチャード・ベイマー
ロバート・ヘインズ陸軍少将:メル・ファーラー
フラー軍曹:ジェフリー・ハンター
マーティーニ一等兵:サル・ミネオ
モリス一等兵:ロディ・マクドウォール
シーン中尉:スチュアート・ホイットマン
ニュートン大佐:エディ・アルバート
奇襲部隊員:ポール・アンカ
奇襲部隊員:フェビアン

(イギリス側)
空軍将校:リチャード・バートン
コリン・モード大尉:ケネス・モア
ロバット卿:ピーター・ローフォード
ジョン・ハワード:リチャード・トッド
パーカー准尉:レオ・ゲン
フラナガン一等兵:ショーン・コネリー
モンゴメリー大将:トレバー・リード

(フランス側)
ジャニーヌ・ボアタール:イリナ・デミック
コールビュ村長:ブールヴィル
ルーラン神父:ジャン・ルイ・バロー
フィリップ・キーファ司令官:クリスチャン・マルカン
尼僧長:ジャック・ルノー

(ドイツ側)
ブルメントリット少将: クルト・ユルゲンス
ロンメル元帥: ヴェルナー・ハインツ
ゲルト・フォン・ルンシュテット元帥:ベルナー・ハインツ
カフィークラッチュ軍曹:ゲルト・フレーベ
ロンメル夫人:ルト・ハウスマイスター

映画「暗殺者のメロディ」

暗殺者のメロディ暗殺者のメロディ
アラン・ドロン                  リチャード・バートン

今回はジョゼフ・ロージー監督1972年製作「暗殺者のメロディ(THE ASSASSINATION OF TROTSKY)」をピックアップする。
本作は、世界史上あまりにも有名なトロツキー暗殺事件(1940年8月20日)を描いている。メキシコに亡命したトロツキーにリチャード・バートン、ソビエト連邦スパイのラモン・メルカデルにアラン・ドロンが扮している。

暗殺者のメロディ暗殺者のメロディ
ロミー・シュナイダー           アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー

【ストリー】
1940年。メキシコ・シティ。ゾカロ広場ではメーデーを祝う共産主義者たちのパレードがくりひろげられている。その広場の近くにあるホテルの一室に一組の男女がいた。男はフランク・ジャクソン(アラン・ドロン)、カナダ人といいながら軍役を免れるためにメキシコに来て貿易商をやっていることになっている。女は彼の愛人のギタ(ロミー・シュナイダー)、スターリンに追われてメキシコ亡命中の革命家トロツキー(リチャード・バートン)の熱烈な信奉者だった。ギタは時々トロツキーのもとを訪れては、通訳をしたり運動の支持者として働いていた。トロツキーは、かつてソ連においてレーニンの片腕となって働いていたが、スターリンの政敵として3人の子供を殺された上、国外追放にあい、今はメキシコの保護をうけながら妻ナターシャ(ヴァレンティナ・コルテーゼ)と共に厳重な見張りと鉄の囲いの中で、スターリンによって差しむけられる暗殺者の危険と闘う日々を送っていた。ジャクソンは、表面、政治に無関心を装っていたが、実はソビエトのゲー・ぺー・ウー(国家政治保安部)と連絡をとり、秘かにトロツキーの命を狙う暗殺者だった。彼は、トロツキー家に自由に出入りできるギタを利用するために、彼女と関係していたのだ。一方、広場のパレードの中にもう一群の暗殺者たちがいた。スターリン派のスパイ、フェリーぺもその1人で、彼はトロツキーを警備している若いアメリカ人のシェルドン(カルロス・ミランダ)を、酒と女でろう落させていた。5月23日の夜。ソビエト政権に共鳴する土地の戦闘的共産主義者たちの一団が、メキシコの画家シケイロスに率いられてトロツキー家を襲撃した。もちろんフェリーぺが陰で操っていた。シェルドンの誘導で、トロツキーの寝室に弾丸をぶち込んだ。ベッドの下に身を隠したトロツキーは無事だったが、シェルドンは人質として連れ去られた。数日後、一味は捕えられ、シェルドンは死体となって発見された。暗殺に失敗したフェリーぺは更迭され、ジャクソン1人が暗殺にすべてを賭ける運命になった。ある日、トロツキーに会って彼の役に立ちたいというジャクソンを、ギタはトロツキーに夫として紹介した。以後、ジャクソンはトロツキーと2人だけになるチャンスを作るため、彼に見てもらう原稿を執筆し始めた。その間、彼は町の古物屋から1本の登山用ピッケルを買った。数日後、ソフトをかぶり、白いコートのエリをたてたジャクソンはトロツキー家を訪れ、持ってきた原稿をトロツキーに渡すと、それに眼を通している彼の背後に回り、その後頭部をじっと見つめた。書斎には誰もいない。暗殺には絶好のチャンスだったが、トロツキーの犯しがたい雰囲気に押され何もできなかった。1940年8月17日。ジャクソンは再びトロツキー家を訪れた。前と同様、ソフトをかぶり、上天気だというのに白いレインコートを着ていた。いつものように原稿に眼を通しているトロツキーの後頭部めがけて、ジャクソンは渾身の力を込めてピッケルをふりおろした。鈍い音と共にピッケルの先がトロツキーの頭にくい込んだ。悲鳴を聞いたナターシャと警備の男たちが飛んできてジャクソンを取り押さえた。事件を知ったギタの驚きは大きかった。彼女は警察に留置されているジャクソンの姿を見ると、「その男を殺して」と泣き叫んだ。一方、つめよる刑事の尋問に、おどおどと顔をあげたジャクソンは、ポツリと一言「私はトロツキーを殺した」とつぶやいた。その頃、偉大なる革命家トロツキーは、最愛の妻ナターシャの腕に抱かれながら、61年の波乱に富んだ生涯を終えて、永遠の眠りについた。

暗殺者のメロディ暗殺者のメロディ
アラン・ドロン              アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー

題名:THE ASSASSINATION OF TROTSKY
邦題:暗殺者のメロディ
監督:ジョゼフ・ロージー
製作:ジョゼフ・ロージー、ジョセフ・シャフテル
原作:ニコラス・モスレー
脚本:ニコラス・モスレー
撮影:パスクァリーノ・デ・サンティス、ヴィットリオ・ストラーロ
編集:レジナルド・ベック
音楽:エジスト・マッキ
現像:テクニカラー
出演:アラン・ドロン、リチャード・バートン、ロミー・シュナイダー、ヴァレンティナ・コルテーゼ、ジャン・ドザイー
1972年フランス・イタリア・イギリス/ビスタサイズ・カラー104分35mmフィルム
暗殺者のメロディ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暗殺者のメロディ暗殺者のメロディ
ヴァレンティナ・コルテーゼ              アラン・ドロン

映画「荒鷲の要塞」

荒鷲の要塞
リチャード・バートン、クリント・イーストウッド

今回はブライアン・G・ハットン監督1968年製作「荒鷲の要塞(WHERE EAGLES DARE)」をピックアップする。
本作は「ナバロンの要塞」や「女王陛下のユリシーズ号」等で有名なアリステア・マクリーン氏が原作・脚本を担当した作品だ。撮影はオーストリア・アルプスのザルツブルグ地方で”鷲の城”はオーストリア中部のホーヘンヴェルフェン城で行われたそうだ。
私は本作を1981年に閉館したテアトル東京で父親に連れられて観た記憶がある。スーパーシネラマ方式による天井から床まで壁一面がスクリーンの大画面と定員1,000人を超える大規模な映画館だった。

荒鷲の要塞荒鷲の要塞

【ストリー】
第2次大戦で連合軍が、ようやく反撃に移ろうとしている頃。鷲の城と呼ばれるドイツ情報本部に、アメリカのカーナビー将軍が捕われの身となっていた。彼を救出すべくジョン・スミス(リチャード・バートン)をはじめとする6人のイギリス軍情報部の諜報員と、アメリカのレンジャー部隊員シャファー中尉(クリント・イーストウッド)らが乗り込んだ。彼らは、情報部のターナー大佐の命令でこの大仕事に取り組んだのだ。だが何故かスミスは、ほかの部員とは内密に女性諜報部員メアリー(メアリー・ユーア)と連絡をとっていた。そしてドイツ兵士が集まる酒場に彼女を連れて行き、そこで働くスパイ仲間のミス・ハイディに引きあわせる。ハイディの口ききで、メアリーは鷲の城の中に仕事口を見つけて潜入する。その直後、酒場に一斉手入れがあり、スミスは逮捕される。情報が筒抜けであるので、二重スパイがいるのかもしれない…。やがてスミスは逃亡し、シャファーと2人で城内に潜入してメアリーと連絡し、カーナビー将軍が城外に連れ去られることを防ぐ。カーナビー将軍の取り調べが始まろうとしており、そこにはスミスらと一緒に来た3人のイギリスのスパイが捕らわれていた。そこへ現れたスミスは意外なことを言い出す。「このカーナビー将軍は偽物だ! そして、この3人のスパイたちも、実はイギリス側ではなくドイツ側だ!」。そしてスミスはメアリー、シャファーらとともに城内を破壊し、アメリカの俳優が扮している偽将軍を連れて脱出。やがてターナー大佐の飛行機で救出される。では何故スミスは、こんなことをしたのか? 実は、かねがねターナー大佐の行動が怪しいと、にらんでいた男がいた。イギリス軍情報部のローランド海軍提督である。彼はそれを証明するために、偽将軍が捕らわれる状況を作り、救出作戦を立てた。そして救出部員の人選をターナーにまかせたのである。案の定、ターナーは裏切り者のスパイたちを作戦に加えたのだった。事実を知っていたのはスミス1人。間もなくして、ターナーは自決して果てるのだった。

荒鷲の要塞荒鷲の要塞
メアリー・ユーア

題名:WHERE EAGLES DARE
邦題:荒鷲の要塞
監督:ブライアン・G・ハットン
製作:ジェリー・ガーシュイン、エリオット・カストナー
製作総指揮:デニス・ホルト
脚本:アリステア・マクリーン
撮影:アーサー・イベットソン
編集:ジョン・ジンプスン
音楽:ロン・グッドウィン
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:リチャード・バートン、クリント・イーストウッド、メアリー・ユーア、マイケル・ホーダーン、ロバート・ビーティ、アントン・ディフリング、イングリッド・ピット、ドナルド・ヒューストン、ファーディ・メイン、ウィリアム・スクワイアー、ブルック・ウィリアムズ、ヴィンセント・ボール、ダーレン・ネスビット、パトリック・ワイマーク
1968年アメリカ・イギリス/シネスコサイズ・カラー155分35mmフィルム
荒鷲の要塞 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

荒鷲の要塞荒鷲の要塞

荒鷲の要塞テアトル東京
撮影合間のスナップ             1981年に閉館したテアトル東京