映画「ブレードランナー」


ハリソン・フォード                                    ショーン・ヤング

今回はリドリー・スコット監督1982年製作「ブレードランナー(BLADE RUNNER)」をピックアップする。
本作は、ワーナー・ブラザースのバーバンクスタジオにある”オールド・ニューヨーク・ストリート”と呼ばれるオープンセットを大規模に改装して作られたセットで撮影された。人造人間と人間との戦いをフィルム・ノワール調で描いたSF映画だ。
撮影後の合成処理は、視覚効果監修のダグラス・トランブル氏によると「2001年宇宙の旅」での経験から当時のオプチカル合成による画質劣化を抑えるために、SFXシーンを70mm(65mm)で撮影したそうだ。ファイナル・カット版の特撮シーンは、この70mmフィルムからダイレクトにテレシネされたものが使用されいる。


ダリル・ハンナ                  ルトガー・ハウアー

【ストリー】
2019年。この頃、地球人は宇宙へ進出し、残された人々は高層ビルの林立する都市に住んでいた。休みなく雨が降っているロサンゼルスでは東洋系を始めとして、さまざまな人々がうごめいていた。その1人デッカード(ハリソン・フォード)は、ガフ(エドワード・ジェームズ・オルモス)と名乗る男に本署へ連れてこられる。そこで彼は元上司のブライアントに、レプリカント4名が地球に侵入したので、彼らを見つけ出せと命じられる。レプリカントとは、遺伝子工学の新技術によって生産された人造人間で、宇宙探索や植民地惑星での危険な労働に従事し、あらかじめ死期もセットされている。ブレードランナーはレプカリントの犯罪や叛逆にそなえ、彼らを識別し抹殺する刑事のことで、デッカードはなかでも一流だった。彼はレプカリント製造の最大手タイレル社に行き、そこでタイレル博士(ジョン・ターケル)と謎の美女レイチェル(ショーン・ヤング)に出合う。彼はレイチェルをテストし、彼女がレプカリントであることを知るが、彼女自身はそれを知らなかった。デッカードはスネーク・ダンスを踊っていたレプリカントの1人ゾーラを射殺。レプリカントのレオンに襲われるが、危ういところをレイチェルに救われた。その後、2人はアパートで結ばれる。レプリカントのリーダーであるバッティ(ルトガー・ハウアー)は、自分の死期を知ろうとしてタイレル社長と対面し、タイレルを惨殺。デッカードは、レプリカントのプリス(ダリル・ハンナ)を倒した。そして、デッカードとバッティが対決。デッカードを追いつめながら、死期を悟ったバッティは彼を見逃すのだった。デッカードはレイチェルを連れて、都市から脱出する。

題名:BLADE RUNNER : The Final Cut
邦題:ブレードランナー ファイナル・カット
監督:リドリー・スコット
製作総指揮:ブライアン・ケリー、ハンプトン・ファンチャー
製作:マイケル・ディーリー
原作:フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
脚本:ハンプトン・ファンチャー、デイヴィッド・ピープルズ
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
録音:バド・アルパー
美術:ローレンス・G・ポール、デイヴィッド・L・スナイダー
衣裳:チャールズ・ノッド、マイケル・カプラン
特殊メイク:マービン・G・ウェストモア
スタント:ゲイリー・コムズ
未来世界視覚デザイン:シド・ミード
特殊効果監修:ダグラス・トランブル、リチャード・ユーリシッチ、デイヴィッド・ドライヤー
ビジュアルフューチャリスト:シド・ミード
編集:テリー・ローリングス、マーシャ・ナカシマ
音楽:ヴァンゲリス
提供:ジェリー・ペレンチノ、バッド・ヨーキン
出演:ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモスM・エメット・ウォルシュ、ダリル・ハンナ、ウィルアム・サンダーソン、ブライオン・ジェームズ、ジョセフ・ターケル、ジョアンナ・キャシディ
1982年アメリカ/シネスコサイズ・カラー116分35mmフィルム
ブレードランナー ファイナル・カット -Blu-ray-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ブレードランナー ファイナル・カット(BLADE RUNNER : The Final Cut)

映画「ワールド・オブ・ライズ」

ワールド・オブ・ライズ
レオナルド・ディカプリオ             ラッセル・クロウ

今回はリドリー・スコット監督2008年製作「ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES)」をピックアップする。
本作はデイヴィッド・イグネイシアス氏の同名小説を映画化したものだが、イスラム過激派組織の恐ろしさ及び諜報機関という組織が如何に冷酷で非情かを思い知らされるストーリーを展開する。リアリティがあり、ヨルダンを舞台にしているところもおもしろい。

ワールド・オブ・ライズワールド・オブ・ライズ
マーク・ストロング                ゴルシフテ・ファラハニ

【ストリー】
ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、上司であるエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)から命じられるままに潜入調査を行うCIAの敏腕工作員。今回の命令は、中東の爆破テロ組織のリーダーであるアル・サリーム(アロン・アブトゥブール)を捕えることだった。助手のバッサーム(オスカー・アイザック)とイランに潜入したフェリスは、自爆テロを命じられたジハード戦士のニザールからサリームの最新情報を得る。ホフマンからの命令でニザールを泳がせていたフェリスだが、自身の身元が漏れる危険性を感じて彼を殺す。その結果、銃撃戦に巻き込まれたフェリスは被弾し、バッサームは命を落とした。瀕死の状態から立ち直ったフェリスに、冷酷なホフマンは次の指令を下した。ニザールの資料から、サリームの隠れ家が発覚したのだ。フェリムは、ヨルダン情報局の責任者であるハニ・サラーム(マーク・ストロング)に協力を仰いだ。心を通いあわせるフェリスとハニ。しかし、そんな信頼関係もホフマンの裏工作によって壊れてしまう。それに怒ったフェリスは、ホフマンに逆らって独自でサリームを追いかける作戦を実行に移した。ところが、その途中でフェリスが思いを寄せていたイラン人の看護婦アイシャ(ゴルシフテ・ファラハニ)がサリームの組織によって誘拐されてしまった。それが罠だと知りながらも、サリームの指示に従ってアジトへとフェリスは誘導された。そんなフェリスに対して、ホフマンは何も出来なかった。サリームのアジトで拷問を受け、遂には殺されそうになったとき、救出に現れたのはハニだった。間一髪のところで、命拾いするフェリス。重症が癒えてホフマンと再会したフェリスは、CIAの組織を離れて中東に生きる決意を語る。その後ろ姿を見守るホフマンは、これまでフェリスを監視しつつけた衛星偵察システムから彼を外すよう指令を下した。

ワールド・オブ・ライズワールド・オブ・ライズ

題名:BODY OF LIES
邦題:ワールド・オブ・ライズ
監督:リドリー・スコット
製作総指揮:マイケル・コスティガン、チャールズ・J・D・シュリッセル
製作:リドリー・スコット、マイケル・コスティガン、ドナルド・デ・ライン
原作:デイヴィッド・イグネイシアス
脚本:ウィリアム・モナハン
撮影:アレクサンダー・ウィット
美術:アーサー・マックス
VFX:ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
衣裳:ジャンティ・イェーツ
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:マルク・ストライテンフェルト
撮影機材:アリフレックス
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、サイモン・マクバーニー、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、アリ・スリマン、アロン・アブトゥブール
2008年アメリカ/シネスコサイズ・カラー128分35mmフィルム
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ワールド・オブ・ライズワールド・オブ・ライズ

映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」

チャイルド44 森に消えた子供たちチャイルド44 森に消えた子供たち
トム・ハーディ                   ノオミ・ラパス

今回はダニエル・エスピノーサ監督2014年製作「チャイルド44 森に消えた子供たち(CHILD44)」をピックアップした。本作は1950年代、偽りの理想国家=犯罪の存在を認めないソ連邦スターリン政権で、子供ばかりを狙った連続殺人事件を追う捜査官の姿を通じて独裁国家の恐ろしさを根底のテーマにしている。ロシアで公開予定日の前日にあたる2015年4月15日に「史実を歪めている」として上映の中止が発表された。

チャイルド44 森に消えた子供たちチャイルド44 森に消えた子供たち
ゲイリー・オールドマン

【ストリー】
1953年、スターリン独裁政権下にあったソビエト連邦で、1933年、ソヴィエト連邦ウクライナのチェルヴォイ村は、大飢饉によって飢餓に喘いでいた。飢えに耐えかねた兄弟、兄パーヴェルと弟アンドレイは食用目的で猫を捕まえるため森の中へ入っていく。そしてパーヴェルはそのまま行方不明になってしまった。国家保安省の捜査官レオ・デミドフ(トム・ハーディ)は親友の息子が殺されたことをきっかけにこの事件の捜査を開始する。容疑者の一人として、スパイの疑いを掛けられていた獣医アナトリー・ブロツキー(ジェイソン・クラーク)を逮捕した。ところが、レオの部下ワシーリー・ニキーチン(ジョエル・キナマン)がアナトリーを匿っていた農夫ミハイル・ジノヴィエフとその妻の二人を殺害してしまう。レオはそれに激昂し、ワシーリーに銃を向け、殴り、その事を後に上司のクズミン少佐(ヴァンサン・カッセル)に問い詰められるのだった。その後、事件の捜査を進めるレオの妻ライーサ(ノオミ・ラパス)にスパイの嫌疑が掛けられる。それは全てクズミン少佐の謀略によるものだった。そして、レオはヴォウアルスクという辺境の村に左遷されてしまう。だがそこでも、少年少女を対象とした残酷な殺人事件が連続して発生する。レオはそれまでの組織に忠実な姿勢を変え、本気で事件の解決を目指すが―。

チャイルド44 森に消えた子供たちチャイルド44 森に消えた子供たち

題名:CHILD44
邦題:チャイルド44 森に消えた子供たち
監督:ダニエル・エスピノーサ
製作:リドリー・スコット、マイケル・シェイファー、グレッグ・シャピロ
原作:トム・ロブ・スミス「チャイルド44」
脚本:リチャード・プライス
撮影:オリヴァー・ウッド
美術:ヤン・ロールフス
衣裳:ジェニー・ビーヴァン
配役:ナンシー・ビショップ、ニナ・ゴールド
編集:ディラン・ティチェナー、ピエトロ・スカリア
音楽:ヨン・エクストランド
フィルム;イーストマンコダック
出演:トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマン、ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、ジェイソン・クラーク、ヴァンサン・カッセル
2014年アメリカ/シネスコサイズ・カラー137分35mmフィルム
チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

チャイルド44 森に消えた子供たちチャイルド44 森に消えた子供たち

1 2