マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「傷だらけの用心棒」


ロベール・オッセン                 ミシェル・メルシエ

朝日新聞出版より8月31日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第37号が届いた。二作品のうち今回はロベール・オッセン監督主演1968年製作「傷だらけの用心棒(UNE CORDE, UN COLT)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 37号 2017年 9/10号 [分冊百科]


アンヘル・アルバレス               セルジュ・マルカン
※「続・荒野の用心棒」のナタニエーレ役

セルジオ・レオーネに捧げられた「傷だらけの用心棒」
本作に登場する”ワイルド・ウエスト・ホテル”のフロントの男を演じているのは、”マカロニ・ウエスタンの父”と称される巨匠セルジオ・レオーネである。
….という“誠しやかな噂”がある。本作の監督・脚本・主演を務めたロペール・オッセンはレオーネの旧友であり、エンドクレジットには「この作品をセルジオ・レオーネに捧げる」とのメッセージが登場。そして何より、フロントの男の風貌がレオーネによく似ている事などから、未だに広く信じられている噂である。


クリス・ヒュエルタ

ところが、日本でDVD化した際の調査によると、フロントの男を演じているのはレオーネではなく、ポルトガル人俳優クリス・ヒュエルタであるようだ。
それでは何故、この様な噂が流れたのだろうか。レオーネの生涯を綴った「セルジオ・レオーネ 西部劇神話を撃ったイタリアの悪童(著者:クリストファー・フレイリング 訳:鬼塚大輔 発行:フィルムアート社)」によれば、レオーネは実際にオッセンからオファーを受け、ホテルのフロントマンを一度は演じたという。しかし、レオーネはは自分自身の演技力に失望し「あの映画に出ている自分の姿を見て、もう二度とやるまいと心に誓ったよ。馬の方が私よりも演技が巧みだったからね(同書)」とコメントしている。
この事から、一度は撮影したものの、本人の希望を受けたオッセンが、レオーネによく似たヒュエルタを起用し、同じシーンを取り直した….という可能性が考えられる。
またオッセンは撮影現場に訪れたレオーネに、本編36分30秒頃から約3分にわたる食事シーンの演出を依頼。後に「レオーネは素晴らしい場面に仕上げてくれた。彼はやはり、最高の監督だ」という感謝の言葉を残している。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ミッシェル・ルモアン、グイド・ロロプリジーダ、ミシェル・メルシエ

主題歌を歌った音楽界のスーパースター
本作の主題歌を歌っているのは、1960年代にビートルズと並ぶ絶大な人気を誇ったロックバンド”ウォーカー・ブラザース”のポーカルとして活躍したスコット・ウォーカーである。1944年、アメリカのオハイオ州に生まれたスコットは、1964年にウォーカー・ブラザースを結成。1965年、ビートルズ旋風が吹き荒れるイギリスへ渡ってレコードデビューを果たし、3枚目のシングル「涙でさよなら」で早くも全英チャート1位を獲得。
以降も「孤独の太陽」「ダンス天国」といったヒット曲を連発し、瞬く間にトップスターとなったのである。その後の1967年、ウォーカー・ブラザースは解散し、スコットはソロシンガーとして再出発。「傷だらけの用心棒」の主題歌「The Rope and The Colt」は、5枚目のシングルとしてフランスでリリースされている。
スコットは現在も音楽活動を続けており、2007年には彼の半生を描いたドキュメンタリー映画「スコット・ウォーカー30世紀の男」が製作された。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


傷だらけの用心棒(UNE CORDE, UN COLT)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。


映画「傷だらけの用心棒」当ブログ2013年9月1日公開

傷だらけの用心棒傷だらけの用心棒
ロベール・オッセン

今回はロベール・オッセン監督主演1968年製作の「傷だらけの用心棒(UNE CORDE, UN COLT)」をピックアップした。フランスのスター俳優ロベール・オッセンがフィルムノワールのティストを取り入れたマカロニウエスタンだ。共演はフラン ソワ・トリュフォー監督「ピアニストを撃て」に出演した女優ミシェル・メルシエ「荒野の一つ星」でジュリアーノ・ジェンマと共演したセルジュ・マルカン「怒りの荒野」のベニート・ステファネッリ「皆殺しのジャンゴ」のリー・バートンが脇を固めている。

セルジオ・レオーネセルジオ・レオーネ
セルジオ・レオーネ  クリス・ヒュエルタ

本作で特筆すへきはイタリア映画界の巨匠でありマカロニウエスタンの父であるセルジオ・レオーネ監督が出演している事だろう。カメオ出演ではあるが威厳を持った宿屋の主人役で出ている。貴重な1シーンだった。
また当時アイドル歌手だったスコット・ウォーカーが主題歌を歌っている。

傷だらけの用心棒傷だらけの用心棒
ミシェル・メルシエ

【ストリー】
かつて愛した女マリア(ミシェル・メルシエ)に呼ばれて、無口で非情なガンマンのマヌエル(ロベール・オッセン)がやって来る。未亡人マリアの願いは、殺された夫の葬儀を執り行うことだった。夫の仇である牧場主の元へ用心棒として潜入したマヌエルは、牧場主の一人娘(セルジュ・マルカン)の誘拐に成功。可愛い娘を人質を取られた牧場主はマリアの要求通り、夫の葬式に参列する。血を流すことなく全てがうまく治まろうとしたその矢先、ならず者兄弟が人質の娘を奪い返そうとして、犠牲者が出る。早撃ちのガンマンとならず者たちの間で、血で血を洗う報復合戦が始まった。

傷だらけの用心棒傷だらけの用心棒
セルジュ・マルカン

題名:UNE CORDE, UN COLT/CIMITERO SENZA CROCE
邦題:傷だらけの用心棒
監督:ロベール・オッセン
脚本:ダリオ・アルジェント、クロード・デザイリー
撮影:アンリ・ペルサン
音楽:アンドレ・オッセン
現像:テクニカラー
出演:ロベール・オッセン、ミシェル・メルシエ、リー・バートン、セルジュ・マルカン、ベニート・ステファネッリ、ミッシェル・ルモアン、グイド・ロロプリジーダ、ダニエル・バルガス、ピエール・コレット、アンヘル・アルバレス、セルジオ・レオーネ
1968年イタリア・フランス/ビスタサイズ・イーストマンカラー87分35mmフィルム[日本劇場未公開]
傷だらけの用心棒 [DVD]

傷だらけの用心棒傷だらけの用心棒
傷だらけの用心棒(UNE CORDE, UN COLT)

映画「そして神はカインに語った」


クラウス・キンスキー                                            ペーター・カルステン

今回はアンソニー・マルゲリーティ監督1970年製作「そして神はカインに語った(E DIO DISSE A CAINO)」をビックアッブする。本作は「夕陽のガンマン」「殺しは静かにやって来る」の性格俳優クラウス・キンスキー主演の日本劇場未公開作品になる。

ゲイリー・ハミルトンが登場する”姉妹作”
本作には、クラウス・キンスキーが演じる主人公ゲイリー・ハミルトン、ペーター・カルステンが演じるアコンバールという人物が登場し、ストリーもよく似た”姉妹作”とも言える映画が存在する。ハミルトンをアンソニー・ステファンが、アコンバールをエドゥアルド・ファヤルトが演じた「パソ・ブラボーの流れ者(Uno straniero a Paso Bravo/1968年)」である。「顔のない殺人鬼(1963年)」「幽霊屋敷の蛇淫(1964年)」などのホラー映画で知られている監督・脚本のアンソニー・マルゲリーティ(アンソニードーソン)が、典型的な復讐劇である「パソ・ブラボーの流れ者}に得意とするホラー・ティストを加え、”ゴシック・(スパゲッティ)ウエスタン”と呼ばれる特徴ある作品を創り上げたのだ。アンソニー・マルゲリーティ監督は本作の主役に起用したクラウス・キンスキーに対して「扱い難く、腹立たしい事もあったが、私のキャリアにおいて最も素晴らしい俳優だった」と評価している。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


マルチェラ・ミケランジェリ                      アントニオ・カンタフォラ、マルチェラ・ミケランジェリ

【ストリー】
収容所で強制労働をさせられていたゲイリー・ハミルトン(クラウス・キンスキー)。ある日彼は釈放され、馬車に乗ってと故郷を目指します。馬車で同席した青年ディック(アントニオ・カンタフォラ)が旧知のアコンバー(ペーター・カルステン)の息子だと知ると、彼に「ゲイリー・ハミルトンが帰ってきたと伝えてくれ」と言って馬車を途中下車するゲイリー。実はアコンバーこそがゲイリーが10年間も服役していた原因でした。ゲイリーとアコンバーは北軍で同じ部隊にいたのですが、軍の金が横領されるという事件が起き、ゲイリーは犯人として捕まっていたのでした。しかし、真犯人はアコンバーであり、彼は金ばかりか、ゲイリーの恋人であったマリア(マルチェラ・ミケランジェリ)まで奪っていたのでした。真相を知らないディックは、父にゲイリーの伝言を伝えます。顔を強ばらせる父とマリア。アコンバーは部下たちに、ゲイリーを町に入れずに始末するようにとの指示を出しますが、ゲイリーは地下道を巧みに使って町に侵入します。嵐の夜、ゲイリーは一人また一人とアコンバーの部下たちを葬ってゆくのでした……。

題名:E DIO DISSE A CAINO /AND GOD SAID TO CAIN/SATAN DER RACHE
邦題:そして神はカインに語った
監督:アンソニー・マルゲリーティ(アンソニー・ドーソン)
製作:ジョヴァンニ・フデッシ
脚本:ティト・カルビ、ジョヴァンニ・フデッシ
撮影:ルチアーノ・トラザッティ、リカルド・パロッティーニ
音楽:カルロ・サヴィーナ
出演:クラウス・キンスキー、ペーター・カルステン、マルチェラ・ミケランジェリ、アントニオ・カンタフォラ、ジュリアーノ・ラファエリ、ケイト・ロロブリジータ(リー・バートン)、ルチアーノ・ビゴッツィ(アラン・コリンズ)、ルチオ・デ・サンティス
1970年イタリア・西ドイツ/テクニ・スコープ・テクニカラー96分35mmフィルム[日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 32号 2017年 7/2号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


そして神はカインに語った(E DIO DISSE A CAINO)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション 「皆殺しのジャンゴ」


朝日新聞出版より1月19日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション 」第21号が届いた。二作品のうち今回はフェルディナンド・バルディ監督1968年製作「皆殺しのジャンゴ(VIVA DJANGO)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2017年 1/29号[分冊百科]

テレンス・ヒル版ジャンゴ誕生の経緯
「皆殺しのジャンゴ」は、伝説的なキャラクター”ジャンゴ”を生み出した「続・荒野の用心棒(1966年)」の製作会社B・R・Cプロダクションが、フランコ・ネロと交わした契約書に基づいて企画された作品である。B・R・Cはネロとの間に3作品出演するという契約を交わしており、その1作目が「続・荒野の用心棒」、2作目が「ガンマン無頼(1966年)」、3作目が本作だった。ところが、「続・荒野の用心棒」で一躍その名を轟かせたフランコ・ネロは、ハリウッドの巨匠ジョン・ヒューストンに招かれアメリカ・イタリア合作の超大作映画「天地創造(1966年)」に出演。
帰国して「ガンマン無頼」を撮り終えると、今度はハリウッド製ミュージカル「キャメロット(1967年)」に出演すべく、再び渡米してしまったのだ。一方、フランコ・ネロにもう一度ジャンゴを演じさせたいB・R・C側は、「続・荒野の用心棒」の脚本家フランコ・ロゼッティに続編を依頼し、セルジオ・コルプッチ監督にオファーを送った。コルブッチが続編に興味を示さなかった為、メガホンは「ガンマン無頼」のフェルディナンド・バルディに託される。このバルディ監督が、B・R・Cのプロデューサーであったマノロ・ボロニーニに、「フランコ・ネロの弟の様なルックスだ」とテレンス・ヒルを推薦したのである。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ヒル&バルディ監督の意外な前作
本作の主演俳優としてテレンス・ヒルを推薦したフェルディナンド・バルディ監督は、前年(1967年)に撮影した「西部のリトル・リタ 踊る大銃撃戦」で彼を起用していた。当時のイタリアでアイドル歌手的な人気を誇ったカンツォーネ歌手リタ・パヴォーネを主演に招いた”世界初のマカロニ・ウエスタン・ミュージカル”と称される超異色作である。(日本未公開)
ストリーは、人間を惑わす「金」をなくすために銀河の彼方から地球にやって来た早撃ちガンマン「リトル・リタ」が、金を巡って争う「ジャンゴ」や「リンゴ」というガンマンたちを次々に倒していく——というもの。
この作品で、リタが一目惚れしてしまう謎のガンマン「ブラック・スター」を演じたのが、テレンス・ヒルだったのである。随所に散りばめられた歌と踊りに加え、マカロニ・ウエスタンのパロデイ満載の「西部のリトル・リタ」についてバルディ監督は、「私が監督した41本の中で一番気に入ってる作品だ」後に語っている。ちなみに、「皆殺しのジャンゴ」」の原題「PREPARATI LA BARA(棺桶を用意しろ)」は、この作品の台詞から採られたものである。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「「皆殺しのジャンゴ」当ブログ2013年4月3日公開
皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
テレンス・ヒル

今回は「ガンマン無頼」のフェルディナンド・バルディ監督1968年製作「皆殺しのジャンゴ(VIVA DJANGO)」をピックアップした。本作と「続・荒野の用心棒」を見比べると興味深い。主人公のジャンゴが身に纏う黒の帽子、黒のインバネスコート、棺桶から取り出す・ガトリングマシンガン、そして最終決着が妻の墓前という設定はオマージュしているのかパクリなのか?フランコ・ネロを意識したテレンス・ヒルの演技も濃くしている。それなりに楽しめるマカロニ・ウエスタンだ。

皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
ジョージ・イーストマン

【ストリー】
金輸送の警護人ジャンゴ(テレンス・ヒル)は妻ルーシー(バーバラ・サイモン)を連れての警護中親友のデビッド(ホルスト・ブランク)と彼の手下ルーカス (ジョージ・イーストマン)に率いられた盗賊に襲われた。ジャンゴを裏切ったデビッドは、ジャンゴとルーシーに向かって発砲、ルーシーは死んだ。辛うじて 逃れたジャンゴはデビッドに復讐を誓った。ジャンゴは巧妙な企てを敢行した。絞首刑吏となり、巧みに罪人たちの命を助け、次々と彼等を仲間に加えていった のだ。ある酒場でルーカスを発見したジャンゴは、はげしいガンファイトの末、彼を射殺した。このあと、ジャンゴの手下ガルシア(ホセ・トーレス)が謀反を 企て、ジャンゴの手下を皆殺しにして、金輸送馬車襲撃を狙ったが、ジャンゴに阻まれた。一方、ルーカスに代りギャング団を再編成したデビッドは、ジャンゴ 抹殺を画策するが、いずれも失敗、逆にジャンゴに墓場に誘い出されジャンゴの執念の銃口はデビッドにピタリと狙いを定めた。その時、デビッドの手下達が忽 然と現われた。ジャンゴはデビッドに強制的に墓穴を掘らされ、ジャンゴ絶体絶命かと見えたとき、ジャンゴは掘り起こした柩の中を見やって、うっすらと笑み を浮かべた。と瞬間手にした機関銃は轟然と火を吹き、一味は次々と地に這っていった。

皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
ホセ・トーレス

題名:VIVA DJANGO/PREPARATI LA BARA
邦題:皆殺しのジャンゴ
監督:フェルディナンド・バルディ
脚本:フランコ・ロゼッティ、フェルディナンド・バルディ
撮影:エンツォ・バルボーニ
音楽:ジャンフランコ・レヴェルベリ
出演:テレンス・ヒル、ジョージ・イーストマン、マリオ・ジロッティ、リー・バートン、ホルスト・ブランク、バーバラ・サイモン、ホセ・トーレス
1968年イタリア/ヨーロッパビスタサイズ・イーストマンカラー95分35mmフィルム
皆殺しのジャンゴ [DVD]

皆殺しのジャンゴ皆殺しのジャンゴ
皆殺しのジャンゴ(VIVA DJANGO)

1 2