映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ              ブラッド・ピット

今回は8月30日に日本で劇場公開されたクエンティン・タランティーノ監督2019年製作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)」を9月12日にTOHOシネマズ府中スクリーン4で観て来た。
第9回監督作品である本作は、1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を映画愛で描いたものだ。5年間に渡って書き上げられた脚本は、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)のモデルがバート・レイノルズであるそうだが、イタリアに渡ってマカロニ・ウエスタンに出演した作品は、セルジオ・コルプッチ監督1966年製作「さすらいのガンマン(Navajo Joe)」だが、作品名を変えている。シャロン・テート(マーゴット・ロビー)が、街の映画館で自分の作品を観るが、フィル・カールソン監督1968年製作「サイレンサー第4弾/破壊部隊(The Wrecking Crew)」、こちらは本物を使っていた。
本作はフィルムスキャンしたものをDCP上映で観たのだが、35mmフィルムで撮られている。
イーストマン・コダックのVISION3 500T(5219)、200T(5213)で現像はフォトケムである。とても素晴らしい作品だった。本作こそ本物の映画である。

作品リスト

撮影監督のロバート・リチャードソン氏によると(コダックメルマガVOL,143より)
「クエンティンは、ズームやリッチで血気盛んな色彩であるテクニカラー(ダイ・トランスファー)のルックを使った、 リック・ダルトンのテレビ西部劇からのシーンやより古い時代とも調和する1969年当時を思わせる映像を求めていました。フィ ルムかデジタルかという議論はありませんでした。デジタルという言葉は、クエンティンの辞書にはありません。彼との共作はすべてコダックフィルムで撮影し ています。
2人がこれまでに35mmフィルムで撮影した作品は、2003年「キル・ビル」「キル・ビル Vol.2」2009年「イングロリアス・バスターズ」2012年「ジャンゴ 繋がれざる者」があり、「ヘイトフル・エイト」は65mmフィルムで撮影されました。

かなり早い段階から、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のフォーマットは、ワイドスクリーンと決 まっていました。
35mmのアナモフィックです。リック・ダルトンのテレビ西部劇シリーズだけは、35mmの白黒フィルムを使い、アスフェリカルのズームレ ンズでほぼすべて1:1.33で撮影しています。また、シャロン・テートとロマン・ポランスキー夫妻の自宅での2シーンは、コダック エクタクロームで撮影し、一方は16mmでもう一方はスーパー8です。」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー                  レオナルド・ディカプリオ  

【ストリー】
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いてい た。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。
目まぐるしく変 化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。
そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える事件は起こる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)

題名:ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD
邦題:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:ジョージア・カカンデス
製作:デイヴィッド・ヘイマン、シャノン・マッキントッシュ、クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
美術:バーバラ・リング
衣裳:アリアンヌ・フィリップス
編集:フレッド・ラスキン
フィルム:イーストマンコダック
※カラーネガティブ フィルム:VISION3 500T(5219)、200T(5213)
撮影機材:パナビジョン
※パナビジョンCとEシリーズのアナモフィックレンズを使用
現像:フォトケム
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、マーゴット・ロビー、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
2019年アメリカ・イギリス/シネスコサイズ・カラー161分35mmフィルム
公式サイト


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

映画「ブラッド・ダイヤモンド」


レオナルド・ディカプリオ                       ジェニファー・コネリー

今回はエドワード・ズウィック監督2006年製作「ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND)」をピックアップする。
本作は、アフリカのシエラレオネ共和国での内戦(1991年~2002年)を背景に、紛争の資金調達のため不法に取引されるダイヤモンドを巡る物語だが、RUFが拉致して洗脳した子供兵士や住民虐殺の悲惨な事実を物語に絡めて現実世界を炙り出している。緻密で優秀な脚本で素晴らしい作品だ。ハリウッドの底力を見た気がする。


レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・ハンスゥ

【ストリー】
内戦が続くアフリカ、シエラレオネ共和国。漁師ソロモン(ジャイモン・フンスー)は平穏に暮らしていたが、反政府軍RUFの襲撃により家族と引き離されてしまう。ソロモンが連れて行かれたのはRUFの資金源となっているダイヤモンドの採掘場だった。そこで驚くほど大粒のピンク・ダイヤを発見するソロモン。これがあれば家族を救える。危険を承知で彼はダイヤを秘密の場所に隠すのだった。一方、ダイヤの密輸を生業としているアーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、刑務所でそのピンク・ダイヤの話を聞き、ソロモンに接近しようとする。家族を探す手伝いをする代わりにピンク・ダイヤの在り処を教えてくれと取引を持ちかけるアーチャー。しかしソロモンは承知しなかった。一方でジャーナリストのマディー(ジェニファー・コネリー)がアーチャーに近付いてくる。RUFの資金源となっている「ブラッド・ダイヤモンド」の真相を追っている彼女は、アーチャーの持っている情報が欲しかったのだ。しかしアーチャーは口を閉ざした。やがて難民キャンプで家族と再会するソロモン。しかし息子の姿だけが無かった。RUFが連れ去った可能性が高い。ソロモンは覚悟を決め、アーチャーの申し出を受け入れた。こうして異なる目的を持った三人がピンク・ダイヤを求めて過酷な道を歩き出す。アーチャーはこの暗黒の大陸から抜け出すため、ソロモンは息子の行方を突き止めるため、そしてマディーはアーチャーから決定的な情報を引き出すために……。


ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND)

題名:BLOOD DIAMOND
邦題:ブラッド・ダイヤモンド
監督:エドワード・ズウィック
製作総指揮:レン・アマート、ケヴィン・デラノイ、ベンジャミン・ワイスブレン
製作:ポーラ・ワインスタイン、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ、グラハム・キング、ジリアン・ゴーフィル
原案:チャールズ・リーヴィット、C.ゲイビー・ミッチェル
脚本:チャールズ・リーヴィット
撮影:エドゥアルド・セラ
録音:アイヴァン・シャーロック、アンディ・ネルソン
音効:ロン・ベンダー
美術:ダン・ウェイル
衣装:ナイラ・ディクソン
特殊メイク:クリフ・ウォーレス
SFX:ウィリアム・メサ、ピクセル・マジック社
編集:スティーヴン・ローゼンブラム
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
フイルム:イーストマンコダック、富士フィルム
現像:テクニカラー
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、デヴィッド・ヘアウッド、マイケル・シーン、スティーヴン・コリンズ
2006年アメリカ/シネスコサイズ・カラー143分35mmフィルム
ブラッド・ダイヤモンド -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


アーノルド・ボズルー、レオナルド・ディカプリオ
ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND)

映画「ワールド・オブ・ライズ」

ワールド・オブ・ライズ
レオナルド・ディカプリオ             ラッセル・クロウ

今回はリドリー・スコット監督2008年製作「ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES)」をピックアップする。
本作はデイヴィッド・イグネイシアス氏の同名小説を映画化したものだが、イスラム過激派組織の恐ろしさ及び諜報機関という組織が如何に冷酷で非情かを思い知らされるストーリーを展開する。リアリティがあり、ヨルダンを舞台にしているところもおもしろい。

ワールド・オブ・ライズワールド・オブ・ライズ
マーク・ストロング                ゴルシフテ・ファラハニ

【ストリー】
ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、上司であるエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)から命じられるままに潜入調査を行うCIAの敏腕工作員。今回の命令は、中東の爆破テロ組織のリーダーであるアル・サリーム(アロン・アブトゥブール)を捕えることだった。助手のバッサーム(オスカー・アイザック)とイランに潜入したフェリスは、自爆テロを命じられたジハード戦士のニザールからサリームの最新情報を得る。ホフマンからの命令でニザールを泳がせていたフェリスだが、自身の身元が漏れる危険性を感じて彼を殺す。その結果、銃撃戦に巻き込まれたフェリスは被弾し、バッサームは命を落とした。瀕死の状態から立ち直ったフェリスに、冷酷なホフマンは次の指令を下した。ニザールの資料から、サリームの隠れ家が発覚したのだ。フェリムは、ヨルダン情報局の責任者であるハニ・サラーム(マーク・ストロング)に協力を仰いだ。心を通いあわせるフェリスとハニ。しかし、そんな信頼関係もホフマンの裏工作によって壊れてしまう。それに怒ったフェリスは、ホフマンに逆らって独自でサリームを追いかける作戦を実行に移した。ところが、その途中でフェリスが思いを寄せていたイラン人の看護婦アイシャ(ゴルシフテ・ファラハニ)がサリームの組織によって誘拐されてしまった。それが罠だと知りながらも、サリームの指示に従ってアジトへとフェリスは誘導された。そんなフェリスに対して、ホフマンは何も出来なかった。サリームのアジトで拷問を受け、遂には殺されそうになったとき、救出に現れたのはハニだった。間一髪のところで、命拾いするフェリス。重症が癒えてホフマンと再会したフェリスは、CIAの組織を離れて中東に生きる決意を語る。その後ろ姿を見守るホフマンは、これまでフェリスを監視しつつけた衛星偵察システムから彼を外すよう指令を下した。

ワールド・オブ・ライズワールド・オブ・ライズ

題名:BODY OF LIES
邦題:ワールド・オブ・ライズ
監督:リドリー・スコット
製作総指揮:マイケル・コスティガン、チャールズ・J・D・シュリッセル
製作:リドリー・スコット、マイケル・コスティガン、ドナルド・デ・ライン
原作:デイヴィッド・イグネイシアス
脚本:ウィリアム・モナハン
撮影:アレクサンダー・ウィット
美術:アーサー・マックス
VFX:ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
衣裳:ジャンティ・イェーツ
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:マルク・ストライテンフェルト
撮影機材:アリフレックス
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、サイモン・マクバーニー、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、アリ・スリマン、アロン・アブトゥブール
2008年アメリカ/シネスコサイズ・カラー128分35mmフィルム
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ワールド・オブ・ライズワールド・オブ・ライズ

1 2