映画「東京暗黒街 竹の家」


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

ロバート・スタック              シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)

今回はサミュエル・フラー監督1955年製作「東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)」をピックアップする。本作は東京(浅草松屋の屋上、月島、銀座など)、神奈川(横浜港、鎌倉など)、山梨で、43日間にわたり日本で撮影が行なわれ、室内シーンの多くは、ハリウッドの撮影所に作られた日本家屋などのセットが使われている。
特筆すへきは、富士山をバックに蒸気機関車が走るトップシーン(上画)で、富士山麓電鉄(現・富士急行線)の富士吉田駅と河口湖駅の区間約5kmを、20世紀フォックス社が借り切って撮影したそうだ。
1955年2月7日から9日の午前7時30分から午後4時まで、列車を運休して撮影するという前代未聞の撮影は、戦後10年経った当時、アメリカ政府、軍の圧力と日本政府、外務省、運輸省、山梨県、東京都などの忖度があって実現したものである。
開業時から電化されていた富士山麓電鉄(現・富士急行線)は、蒸気機関車はなく、わざわざ国鉄(現・JR東海)から借りて来たそうだ。
(ウィキペディア参照)


ロバート・ライアン                  ブラッド・デクスター、ロバート・スタック、早川雪洲

【ストリー】
日本の富士山麓で列車ギャング事件が起こり、アメリカ軍の兵器が 奪われ、軍曹が殺される。東京警視庁のキタ警部(早川雪洲)はアメリカ憲兵隊と協力し、ハンスン大尉(ブラッド・デクスター)と共に捜査に乗り出す。数日後、ギャングは東京の工場を襲い、その時傷ついた一味の1人ウェッバーが逃げおくれて死ぬ。ハンスン大尉は男の所持品の中からスパニア(ロバート・スタック)という男の手紙を発見し、その内容から、スパニアがアメリカの刑務所に入っていること、出所したら東京へ来ることなどが判明する。またナゴヤ・マリコ(シャーリー・ヤマグチ)という日本人の女性の写真も発見され、この女はウェッバーと結婚していたのである。東京へ来たスパニアはマリコに会い、ウェッバーが殺されたことを知る。彼はやがてグリフとその親分サンディ(ロバート・ライアン)の組織するギャングの仲間入りをしたが、実はハンスン大尉の頼みでスパイとして一味の行動を探ることになったのである。スパニアとマリコは次第に親しくなり、ギャングが大工場を襲撃した際、自分がスパイであることを告げてハンスン大尉への連絡を頼むようになる。サンディ一味は次に銀行の現金輸送車を襲う計画をたてるがマリコが事前に憲兵隊へ知らせたので失敗に帰し、スパニアがスパイであったことを知る。そこでサンディは計略をつかって彼を警官に射殺させようとするが失敗し、かえってスパニアに殺されてしまう。スパニアはマリコと結ばれる。


シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)           ロバート・スタック

題名:HOUSE OF BANBOO
邦題:東京暗黒街 竹の家
監督:サミュエル・フラー
製作:バディ・アドラー
脚本:ハリー・クライナー、サミュエル・フラー
撮影:ジョー・マクドナルド
録音:ジョン・D・スタック、ハリー・M・レオナルド
美術:ライル・R・ウィラー、エディソン・ハー、ウォルター・M・スコット、スチュアート・リース
特殊効果:レイ・ケロッグ
編集:ジェームズ・B・クラーク
音楽:リー・ハーライン、ライオネル・ニューマン
撮影レンズ:Bausch & Komb
現像:デラックスカラー
出演:ロバート・スタック、シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)、ロバート・ライアン、キャメロン・ミッチェル、早川雪洲、ブラッド・デクスター、ビフ・エリオット
1955年アメリカ/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
東京暗黒街 竹の家 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シャーリー・ヤマグチ、ロバート・スタック、ロバート・ライアン               浅草松屋の屋上


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

上のカットは、当時の京浜急行電鉄大師線(小島新田駅~桜本駅)の軌道区間中で川崎市電に譲渡された塩浜駅~桜本駅間と思われる。大師線の現在はルート変更され、軌道区間は川崎市電廃止で存在しない。

映画「史上最大の作戦」


史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)

史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)

ジョン・ウェイン                         ヘンリー・フォンダ

今回はアンドリュー・マートン(アメリカ関連部分)、ケン・アナキン(イギリス関連部分)、ベルンハルト・ヴィッキ(ドイツ関連部分)の共同監督による1962年製作「史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)」をピックアップする。本作は製作費1,200万ドルを投じた大作で、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツのオールスター・キャスト、スタッフでの陣容だ。撮影日数267日、65mmフィルム36万フィート(66時間分)という巨大な撮影プロジェクトであった。1990年に本作をテレシネした素材をスタンダードサイズにトリミングし着色したカラー版が、ノルマンディ上陸作戦50周年記念でフランスが制作した。


ロバート・ライアン               リチャード・バートン

【ストリー】
1944年6月4日未明セーヌ河の湾曲部にあるドイツ西部軍B師団司令部で、司令官ロンメル元帥(ヴェルナー・ハインツ)は家族の許へ帰ろうとしていた。連合軍の大陸侵入作戦を知らないわけではなかったが、ここ数週間は悪天候だし防御は完璧だった。同じ南部イングランドで300万近い連合軍を指揮するアイゼンハワー最高司令官は上陸作戦の日--D・DAYを決定しょうとしていた。遅い月の出と夜明け直後の干潮という絶対条件の揃うのは6月5~7日の3日間だが、英仏海峡は大しけが続いていた。5日は取り消され延期するとなれば19日か7月まで待たねばならない。最高首脳部会議は気象部員からの詳細な報告に基づき6日をD・DAYと最終決定した。フランスのレジスタンス向けの暗号放送は盗聴されたがヴェルレーヌの“秋の歌”が上陸作戦の開始を告げるものであることは覚えられなかった。5,000雙からなる大船団はノルマンディへ南下し午前0時15分、米軍空挺部隊の降下から上陸作戦の火蓋は切られた。5時半の海上からの攻撃開始を西部軍総司令部が知ったのはその30分前、情婦エヴァの側にあったヒトラーやヘルリンゲンの自宅にいたロンメルが知ったのは5時間後だった。防御陣地は判断を誤った作戦会議のために殆ど無用の長物と化したが、激浪に苦しめられてきた連合軍を海辺に釘づけにして多大な損害を与えた。しかし物量を誇る連合軍は内陸深く侵入し上陸舟艇はノルマンディの海を覆った。“上陸作戦の最初の24時間は決定的なものになるだろう--この日こそ連合軍にとっても我々にとっても一番長い日になるだろう”とロンメルに言わせた6月6日は史上最大の作戦をもった連合軍の圧倒的な勝利に終わり、ナチス・ドイツが崩壊し去る運命の日になった。

題名:THE LONGEST DAY
邦題:史上最大の作戦
監督:ケン・アナキン 、アンドリュー・マートン、ベルンハルト・ヴィッキ
製作総指揮:エルモ・ウィリアムス
製作:ダリル・F・ザナック、エルモ・ウィリアムズ
原作:コーネリアス・ライアン
脚本:コーネリアス・ライアン、ジェームズ・ジョーンズ、ジャック・セドン、デヴィッド・パーサル、ロマン・ギャリー
撮影:ジャン・ブルゴワン、アンリ・ペルサン、ワルター・ウォティッツ。ギイ・タバリー
特撮:ロバート・マクドナルド
美術:ヴィンセント・コルダ、テッド・ハワース、レオン・バルザック
衣装:ジョン・マッコリー
配役:モード・スペクター
スタント:エルモ・ウィリアムス、ノッシャー・パウエル
編集:サミュエル・E・ビートリー
音楽:モーリス・ジャール、ポール・アンカ 演奏:ミッチ・ミラー合唱団
現像:L.T.C(フランス)
出演::ジョン・ウェイン、クルト・ユルゲンス、ロバート・ミッチャム、ヘンリー・フォンダ、ロバート・ライアン、リチャード・バートン、ジャン・ルイ・バロー、ショーン・コネリー、ヴェルナー・ハインツ
1962年アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス/シネスコサイズ・モノクロ179分70mmフィルム
史上最大の作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


史上最大の作戦(THE LONGEST DAY)

【出演者】
(アメリカ側)
バンダーブーアト中佐:ジョン・ウェイン
コータ准将: ロバート・ミッチャム
ルーズベルト准将:ヘンリー・フォンダ
ジェイムズ・M・ギャビン准尉:ロバート・ライアン
駆逐艦艦長海軍中佐:ロッド・スタイガー
奇襲部隊長:ロバート・ワグナー
シュルツ一等兵:リチャード・ベイマー
ロバート・ヘインズ陸軍少将:メル・ファーラー
フラー軍曹:ジェフリー・ハンター
マーティーニ一等兵:サル・ミネオ
モリス一等兵:ロディ・マクドウォール
シーン中尉:スチュアート・ホイットマン
ニュートン大佐:エディ・アルバート
奇襲部隊員:ポール・アンカ
奇襲部隊員:フェビアン

(イギリス側)
空軍将校:リチャード・バートン
コリン・モード大尉:ケネス・モア
ロバット卿:ピーター・ローフォード
ジョン・ハワード:リチャード・トッド
パーカー准尉:レオ・ゲン
フラナガン一等兵:ショーン・コネリー
モンゴメリー大将:トレバー・リード

(フランス側)
ジャニーヌ・ボアタール:イリナ・デミック
コールビュ村長:ブールヴィル
ルーラン神父:ジャン・ルイ・バロー
フィリップ・キーファ司令官:クリスチャン・マルカン
尼僧長:ジャック・ルノー

(ドイツ側)
ブルメントリット少将: クルト・ユルゲンス
ロンメル元帥: ヴェルナー・ハインツ
ゲルト・フォン・ルンシュテット元帥:ベルナー・ハインツ
カフィークラッチュ軍曹:ゲルト・フレーベ
ロンメル夫人:ルト・ハウスマイスター

映画「ワイルド・バンチ」

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ウィリアム・ホールデン               ロバート・ライアン

今回はサム・ペキンパー監督1969年製作「ワイルド・バンチ(THE WILD BUNCH)」をピックアップする。
本作はサム・ペキンパー監督の最高傑作として高く評価された作品で、1969年にはデニス・ホッパー監督「イージー・ライダー」ジョージ・ロイ・ヒル監督「明日に向って撃て!」と並び”アメリカン・ニューシネマ “の一つであるとされている。また本作は、スローモーション撮影と当時のカラー映画最多の3,624カットを駆使し、アクション映画における暴力描写に新境地を切り開いた。特に6台のパナビジョンキャメラを用いて11日間にわたって撮影されたというラストの壮絶なシーンは有名だ。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
アーネスト・ボーグナイン

【ストリー】
1913年、テキサスとの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら5人組は鉄道の駅舎で、突如、 物騒な強盗作業を開始。まんまと事を運んだかにみえたが、鉄道会社の経営者が雇った3人の腕ききガンマンたちに逆襲されて大混乱。こちらのリーダーは仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)である。パイクたちが再び集まったのは老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の牧場だった。そしてサ イクスも仲間に割り込んできた。再び旅が始まった。ソーントンとバウンティハンターたちが追う。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消 しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコ人の小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だ。だがエンジェルの恋人テレサが、マパッチを リーダーとする野盗の群れに掠われた。一味は彼を追って、さらに奥地へ。だがパイクもマパッチも、悪党であることに変わりはない。やっとのことで追いつ き、商談らしきものが成立したが、そこは双方だまし合い。あげくの果てに悪と悪との壮烈な戦いとなり、すべてが死に絶えるというさま。そこへソーントンの 一行がやって来た。死体をめぐって仲間割れ。ソーントンだけが生き残った。だが、そこへ現れたのが、サイクス老人だ。彼はパイク一味の仲間入りしたにもか かわらず同行せず、すべてが死んだ後に1人でやって来て、原住民と商取り引きを始めた。金のないソーントンなど手を出すすべもない。悪の中でも最高の悪が 勝った開拓時代の1エピソードである。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ワイルド・バンチワイルド・バンチ
サム・ペキンパー監督

題名:THE WILD BUNCH
邦題:ワイルド・バンチ
監督:サム・ペキンパー
製作:フィル・フェルドマン
原案:ワロン・グリーン、ロイ・N・シックナー
脚本:ワロン・グリーン、サム・ペキンパー
撮影:ルシアン・バラード
編集:ルイス・ロンバルト
音楽:ジェリー・フィールディング
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、ウォーレン・オーツ、ベン・ジョンソン、エドモンド・オブライエン、ストローザー・マーティン、 アルバート・デッカー
1969年アメリカ/シネスコサイズ・カラー177分35mmフィルム
ディレクターズカット ワイルドバンチ スペシャル・エディション [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ