映画「白昼の大列車強盗」


エンリコ・マリア・サレルノ、アンソニー・ステファン        マーク・ダモン

今回はマリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)監督1967年製作「白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)」をピックアップする。出演は「荒野の死闘」「荒野のプロ・ファイター」のアンソニー・ステファン、「皆殺し無頼」「リンゴ・キッド」「荒野の死闘」のマーク・ダモン、舞台出身の演技派俳優エンリコ・マリア・サレルノ、「続・荒野の用心棒」のホセ・ボダロ、「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレル、「情無用のジャンゴ」のロベルト・カマルディエルなど。

脚本:ドゥッチオ・テッサリの真相
本作の脚本としてクレジットされているのは、監督のマリオ・カイアーノ、ホセ・グティエレス・マエッソに加え、監督・脚本を手掛けた「夕陽の用心棒(1965年)」でジュリアーノ・ジェンマをトップスターに押し上げたドゥッチオ・テッサリの三名。しかし、「禿鷹のえさ(1965年)」「続・荒野の1ドル銀貨」「キスキス・バンバン(1966年)」などの脚本をテッサリと共に執筆し、「嵐を呼ぶ男 スリム」などの脚本家として知られるフェルナンド・ディ・レオは、本作のシナリオを書き上げたのは、自分とアヴグスト・カミニートであると主張している。ディ・レオによると、当時のテッサリには温めていた別の映画の構想があり、その資金集めに苦労していた。そこで古くからの友人であるディ・レオに「白昼の大列車強盗」の原案とも言える粗原稿を託して脚本家を依頼。ディ・レオはこれに応え「拳銃無頼」「星空の用心棒(1967年)」などを共同執筆したカミニートに協力を要請し、脚本を完成させた。するとテッサリは、両者から手渡された原稿に目も通さずに、本作の製作陣にそのまま売却し、自らが構想していた作品の製作資金を得たというのだ。締め切りまでわずか1週間、しかもノーギャラで仕事を引き受けたディ・レオとカミートは、クレジットされなかった訳だが、当時のイタリアでは同様の事が珍しくなかったという。ちなみに、本作で得た資金でテッサリが何の映画を撮ったのかは定かではない。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエ               アルド・サンブレル

サッカー選手だった”メキシコ軍の大尉”
本作でメキシコ軍の大尉を演じたアルド・サンブレルは、1931年にスペインのマドリードで生まれた。スペイン内戦後の混乱を避け、12歳でメキシコに移住したサンブレルは、やがてプロサッカー選手としてメキシコの一部リーグで活躍。1959年にはスペインへ凱旋し、CDアルコヤーノ、ラーヨ・バジェカーノなどでプレーしたのである。現役引退後、歌手を目指したが断念し、俳優となる事を決意した彼は、1961年「キング・オブ・キングス」で俳優デビュー。「Tres hombres buenos(1963年)」を皮切りに、「荒野の用心棒(1964年)」「夕陽のガンマン(1966年)」などを含む約60作のマカロニ・ウエスタンで主に悪役を演じた。テレビドラマを含めて7作を監督したサンブレルは、出演作「さすらいのガンマン(1966年)」のセルジオ・コルブッチ監督について「素晴らしい監督だ。コミュニケーション能力に優れ、役者の緊張感を上手く解す術を持っていた。製作会社ら無断で撮影を切り上げ、現場の全員で闘牛を見に行った事もあったよ」と語っている。46年間に及ぶ俳優人生で150作以上の映像作品に出演したサンブレルは、2003年に自叙伝を出版。2010年に他界した。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

【ストリー】
石油やプラチナの採掘など一攫千金を求めて放浪するグリンゴ(アンソニー・ステファン)とルカ(エンリコ・マリア・サレル)が乗り込んだ列車で、革命軍による襲撃事件が発生。車内に積まれていた金庫が強奪された。その騒ぎの中、グリンゴとルカは殺された男の死体から金庫の鍵を手に入れる。金になると踏んだ二人は、接触した革命軍のボス(ホセ・ボダロ)に取り引きを持ち掛けるが、鍵を渡すよう拷問を受けてしまう。そこに謎の紳士ブラウン(マーク・ダモン)が現れ、革命軍に向けて機関銃を連射。絶体絶命のグリンゴらを救うのだった………。


ドミニク・ボシェロ                        マーク・ダモン

題名:UNO TRENO PER DURANGO
邦題:白昼の大列車強盗
監督:マリオ・カイアーノ(ウィリアム・ホーキンス)
製作:ビアンコ・マニーニ
脚本:マリオ・カイアーノ、ドゥッチオ・テッサリ、ホセ・グティエレス・マエッソ
撮影:エンツォ・バルボーニ
編集:レナード・チンクィーニー
音楽:カルロ・ルスティケリ
出演:アンソニー・ステファン、マーク・ダモン、エンリコ・マリア・サレルノ、ドミニク・ボシェロ、ホセ・ボダロ、ロベルト・カマルディエル、アルド・サンブレル、マヌエル・ザルゾ
1967年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム[日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 50号 2018年 3/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

白昼の大列車強盗(UNO TRENO PER DURANGO)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「続・さすらいの一匹狼」


「続・さすらいの一匹狼(ADIOS GRINGO)」ジュリアーノ・ジェンマ

ジュリアーノ・ジェンマ             イブリン・スチュワート

朝日新聞出版より7月6日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第33号が届いた。二作品のうち今回はジョージ・フィンレー(本名:ジョルジオ・ステガーニ)監督1967年製作「続・さすらいの一匹狼(ADIOS GRINGO)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 33号 2017年 7/16号 [分冊百科]


ネロ・バッツァフィーニ       ヘスス・ブエンテ、ロベルト・カマルディエル、ジュリアーノ・ジェンマ

イタリアで人気男優No.1となったジュリアーノ・ジェンマ
本作は、モンゴメリー・ウッドの名で「夕陽の用心棒」に出演し、トップスターとなったジュリアーノ・ジェンマが、初めて本名で主演したマカロニ・ウエスタン4作目である。
最も「夕陽の用心棒(1965年5月12日公開)」「荒野の1ドル銀貨(1965年8月8日公開)」「続・荒野の1ドル銀貨(1965年12月8日公開)」「続・さすらいの一匹狼(1965年12月22日公開)」「南から来た用心棒(1966年8月27日公開)」の順に公開された本国イタリアに対し、「夕陽の用心棒」が劇場未公開となった日本では「荒野の1ドル銀貨(1966年7月15日日本公開)」「南から来た用心棒(1967年4月22日日本公開)」「続・荒野の1ドル銀貨(1967年6月10日日本公開)」「続・さすらいの一匹狼(1967年9月14日日本公開)」の順で公開された。そのため、本作の日本公開時のパンフレットには「人気絶頂のジュリアーノ・ジェンマ主演の「南から来た用心棒」に続く最新作と記されていたのである。
ちなみに、このパンフレットに掲載されたジェンマの紹介文は次の様なものであった。
「イタリアの有力芸能紙”モメント・セーラ”が1967年初頭に人気投票をやったところ、過去、数年間男優の部でナンバー・ワンの座を占めていたマルチェロ・マストロヤンニを抜いてジュリアーノ・ジェンマがされにとって代わったという。さしずめイタリア版”現代の英雄”といったところだ」………..・
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ジュリアーノ・ジェンマ、イブリン・スチュワート

「続・さすらいの一匹狼」の主題歌を歌う大御所ミュージシャン
本作の主題歌を歌っているのは、イタリアを代表するカンツォーネ/ポップス歌手として知られるフレッド・ボングストである。1935年4月6日、ナポリ北東のカンボバッソで生まれ、大学在学中に”4ロリス”というバンドのボーカリストとしてデビューしたボングストは、1962年にソロ歌手としてリリースした「ドーチェ・ドーチェ」が大ヒット。
立て続けに「カテリーナ」「フリーダ」などをヒットさせ、1964年には「わが恋のたそがれ」で日本デビュー、翌年には自作曲「明日を待とう」でサンレモ音楽祭入賞を果たすなど、世界的なシンガー/作曲家としての地位を確立したのだった。その一方でボングストは、俳優としての出演をきっかけに映画界にも進出。ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが共演した「昨日・今日・明日(1963年)「あゝ結婚(1964年)」」、ジュリアーノ・ジェンマ主演の「荒野の1ドル銀貨」などの主題歌の他、フランコ・ネロ主演の「夜の刑事(1969年)」「皆殺しの用心棒(1969年)」ラウラアントネッリ主演の「青い体験(1973年)」などの映画音楽を手掛けている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


「続・さすらいの一匹狼(ADIOS GRINGO)」ジュリアーノ・ジェンマ

「続・さすらいの一匹狼(ADIOS GRINGO)」

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「続・さすらいの一匹狼」当ブログ 2014年4月9日公開

続・さすらいの一匹狼
ジュリアーノ・ジェンマ

今月は「追悼・ジュリアーノ・ジェンマ」として彼の主演映画(イタリア西部劇)を6作続けて特集する。第5回はジョージ・フィンレー(本名:ジョルジオ・ステガーニ)監督1967年製作「続・さすらいの一匹狼(ADIOS GRINGO)」をピックアップする。

続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼

本作はハリー・ウィッティントンの同名小説(ADIOS GRINGO)を「地獄のランデブー」のジョージ・フィンレーが脚色・監督した作品だ。共演は「荒野の1ドル銀貨」のイヴリン・スチュワート、ロベルト・カマルディエル、「荒野の用心棒」のピーター・クロスが出演している。

続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼
イブリン・スチュワート、ジュリアーノ・ジェンマ

【ストリー】
ブレント・ランダース(ジュリアーノ・ジェンマ)は牛泥棒のジルから牛を買ったばっかりに、彼も牛泥棒呼ばわりされ、無実の証をたてようとして人ひとり殺 してしまった。ほうほうのていで町を脱出したブレントには牛を盗んだ張本人ジルを捕える以外、無実を証明する道はなかった。そこで彼はジルのあとを追ってセージ・クローシングに向ったが、その途中、人里離れたある山間で、半裸で縛られて傷を受けている牧師の娘ルーシー・チルソ ン(イブリン・スチュワートト)を助けた。彼女は駅馬車で学校から帰る途中、三人の暴漢に襲われたのだった。やがてルーシーは快方に向ったある日、駅馬車 が町に着くのを見て、その客の中にまぎれもなく彼女に暴行を加えた三人組がいるのを発見した。その一人はジルであった。ブレントはルーシーから話を聞くと 早速彼らのいる酒場へ行った。だが町の保安官は三人組の一人、大地主の息子エベリー・ランチェスターが悪事をするとは信じられず、またブレントには五千ド ルの賞金つきの逮捕状が出ていたから、ブレントを逮捕しようとした。そのうち三人組はルーシーを消そうと、彼女が身を寄せている医師の家を襲った。やっと保安官も彼らの罪を信じ、ブレントを連れてエベリーの父クレイトンを 訪ねた。だがクレイトンはブレントが息子を非難するのを聞くと怒り、彼を追い出した。そしてその帰り際ブレントは三人組に襲われ、監禁されてしまった。そ の夜、保安官助手が殺され、ブレントの逮捕状が奪われた。そこで保安官はてっきり犯人がブレントだと思い、ブレントが三人組の一人を倒して脱出して来たと も知らず逮捕してしまった。翌日逮捕状を持ったクレイトンが現われ保安官に協力を頼んだ。事の次第を知った保安官は、協力を拒否、ブレントを釈放した。町 は険悪な空気につつまれ始めた。ブレントとルーシーは闇夜に乗じて町を抜け出したが、クレイトンの追撃は執拗だった。しかしブレントの拳銃は次々と彼らを 倒していった。

続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼
ジュリアーノ・ジェンマ、イブリン・スチュワート

題名:ADIOS GRINGO
邦題:続・さすらいの一匹狼
監督:ジョージ・フィンレー(本名:ジョルジオ・ステガーニ)
脚色:ジョージ・フィンレー
原作:ハリー・ウィッティントン
撮影:フランシスコ・センペレ
音楽:ベネデット・ギリア
出演:ジュリアーノ・ジェンマ、イブリン・スチュワート、ロベルト・カマルディエル、イダ・ガッリ、ヘスス・ブエンテ、ピーター・クロス、ジョヴァンニ・パッツァフィーニ
1965年イタリア・フランス合作/ユーロスコープ・イーストマンカラー94分35mmフィルム
続・さすらいの一匹狼 [DVD]

続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼
続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼
続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼
続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼続・さすらいの一匹狼
続・さすらいの一匹狼(ADIOS GRINGO)

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「荒野の無頼漢」


ジョージ・ヒルトン                                                   チャ-ルス・サウスウッド

朝日新聞出版より6月22日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第32号が届いた。二作品のうち今回はアンソニー・アスコット(本名:ジュリアーノ・カルニメーオ)監督1970年製作「荒野の無頼漢(TESTA T’AMMAZZO, CROCE…SEI MORTO! MI CHIAMANO ALLELUJA)」をピックアップする。原題は「お前を殺す…お前はもう死んだ…人呼んでハレルヤ」という意味である。当時のイタリアでヒットしたモンキー・パンチ原作のテレビアニメ「ルバン三世」を思わせる作風が好評を博し、1972年に本作と同じスタッフ&キャストで「続・荒野の無頼漢」が製作された。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 31号 2017年 6/18号 [分冊百科]


アガタ・フローリ                                               ロベルト・カマルディエル

「ある愛の詩」の原曲(?)を作曲したチプリアーニ
本作の音楽を担当しているのは、甘く切ないメロディで日本でも人気を博した名曲作家ステルヴィオ・チプリアーニである。1937年8月20日にローマで生まれ、サンタ・チェチーリア音楽院卒業後、主にジャズ・ピアニストとして活動していたチプリアーニは、マカロニ・ウエスタン「ガンクレイジー(1966年)」で映画音楽家としてデビュー。仲介したのは、チプリアーニのヴォイス・トレーニングを受けていた同作の出演俳優トーマス・ミリアンだったという。以降、精力的な作曲活動を続けたチプリアーニは「荒野の無頼漢」を手掛ける数ヶ月前もエンリコ・マリア・サレルノ監督の「ベニスの愛(1970年)」の主題歌を作曲したのだが、この曲が大ヒットしたアーサー・ヒラー監督の「ある愛の詩」の主題歌に酷似しているとして、世界的な”盗作騒動”に巻き込まれてしまう。
しかも「ある愛の詩」の作曲者は「男と女(1966年)」「パリのめぐり逢い(1967年)」などで名声を得ていたフランシス・レイであり、同作が1970年度のアカデミー賞作曲賞を受賞した事もあって、チプリアーニに疑惑の目を向ける人々も多かった。しかし「ベニスの愛」は「ある愛の詩」の約半年前に完成していた事が証明され、レイは「ベニスの愛」に影響を受けた事を認めてチプリアーニ側に謝罪。慰謝料として「栗色のマッドレー(1970年)」のサウンド・トラックの版権を譲渡した事で、騒動に終止符が打たれたのだった。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

“死のタバコを発案したチャールズ・サウスウッド”
本作でアレクセイ・ワシーロビッチ皇太子を演じているチャールズ・サウスウッドは、1937年8月30日にロサンゼルスで生まれ、大学は哲学を専攻。卒業後に渡ったフランスで湾岸労働者、自動車保険のセールスマンとして働き、移り住んだイタリアで経験したエキストラ出演をきっかけに、映画俳優となったという経歴の持ち主である。その後、1981年の米仏合作映画「Documenteur」を最後に俳優業を引退してアメリカに戻ったサウスウッドは1980年代の後半、斬新な事業計画を発案する。タバコの有害性を世間に訴えるべく「死のタバコ(Death Cigarettes)」と名付けた辛口のタバコを、ドクロ(頭蓋骨)を描いた真っ黒な箱に入れて売り出そうというのだ。ところが、このアイディアを大手タバコメーカーが受け入れる筈もなく、サウスウッドはアメリカ発売を諦めて再び渡欧。ようやく販売を決めたオランダの小さなタバコ会社が、大企業の圧力によって白紙撤回するという挫折を味わったものの、イギリスのタバコ会社”Enlightened Tobacco Company”が興味を示し、1991年、念願の発売が実現したのである。その後、”死のタバコ”は、サウスウッドの思惑とは裏腹にイギリスのパンクロッカーを中心に人気銘柄となり、1994年にはF1グランプリに新規参入したパシフィック・レーシングのスポンサー契約が実現の一歩前まで迫った。しかし、アイルトン・セナ(ウィリアムズ・ルノー)の事故死の影響もあって契約が破棄された矢先、古くから”Black Death”というウォッカを販売していたルクセンブルグの酒造メーカーから「パッケージが似ている」との訴訟を起こされてしまう。かくして「死のタバコ(Death Cigarettes)」は販売中止に追い込まれ、サウスウッドは一切の事業を捨ててオレゴン州で物理学の研究に没頭。2009年8月8日、71歳でこの世を去ったのだった。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


荒野の無頼漢(TESTA T’AMMAZZO, CROCE…SEI MORTO! MI CHIAMANO ALLELUJA)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「荒野の無頼漢」当ブログ 2014年8月25日公開
荒野の無頼漢
ジョージ・ヒルトン

今回はアンソニー・アスコット(本名:ジュリアーノ・カルニメーオ)監督1970年製作「荒野の無頼漢(TESTA T’AMMAZZO, CROCE…SEI MORTO! MI CHIAMANO ALLELUJA)」をピックアップした。

荒野の無頼漢荒野の無頼漢
ジョージ・ヒルトン                アガタ・フローリ

真昼の用心棒」 のジョージ・ヒルトンが主演している本作は、ミシンの格好をしたミシンガンなるギミックを始めシスターに扮する女スパイのアガタ・フローリーがガーターに 通信機仕込んであっ て電柱に登って通信したり(写真右)、チャ-ルス・サウスウッド扮するバラライカを弾きながら現れるロシア皇帝の皇太子と言い張りコサックダンスをす る…..などコメディタッチに徹した70年代マカロニウエスタンだ。

荒野の無頼漢
アガタ・フローリ

チュニジア出身の美人女優アガタ・フローリは、1964年にデビューし、本作のプロデューサーであるダリオ・サバテロと後に結婚し1974年に引退したそうだ。

【アガタ・フローリ出演(マカロニウエスタンのみ)】
「禿鷹のえさ(7 GUNS FOR THE MACGREGORS/1966年)」
「殴りこみ兄弟(7 WOMEN FOR THE MACGREGORS/1967年)」
荒野の無頼漢(TESTA T’AMMAZ/1970年)」
「続・荒野の無頼漢(IL WEST TI VA STRETTO, AMICO… E ARRIVATO ALLELUJA/1972年)

荒野の無頼漢荒野の無頼漢
ミシンガンを操るジョージ・ヒルトン

【ストリー】
革命軍に加わったアレルヤ(ジョージ・ヒルトンン)は大将ラミレス(ロベルト・カマルディエル)を政府軍から救い出し、政府軍のつかわした密使から宝石を 奪い、悪商クランツから新式のマシンガンをせしめようと目論んだ。しかし密使はすでに何者かによって襲われていた。僧服を着た悪漢どもの巣窟を襲ったアレ ルヤは宝石を頂戴したが全部偽物だった。クランツとの取引は美しい尼僧(アガタ・フローリー)の奸計によって失敗、捕われてしまった。尼僧はアレルヤの宝 石箱を盗み出そうとして捕まり、さそりの拷問にかけられるが、アレルヤに救われる。尼僧はアメリカの秘密諜報員だった。僧服の首領は実はクランツであり、 彼はなんとか本物の宝石を手に入れんと秘密を握る尼僧に追手をかけた。クランツ一味に襲われた尼僧はロシアのプリンスと称する年若いコサック(チャール ズ・サウスウッド)に助けられたが彼も実は大泥棒だった。アレルヤとコサックは同盟を結び、獅子奮迅の活躍でクランツ一味を倒した。残った偽物の宝石をブ チわると輝くばかりの宝石が入っていた。

荒野の無頼漢荒野の無頼漢
チャールズ・サウスウッド、ジョージ・ヒルトン  ロベルト・カマルディエル、チャールズ・サウスウッド

題名:TESTA T’AMMAZZO, CROCE…SEI MORTO! MI CHIAMANO ALLELUJA
邦題:荒野の無頼漢
監督:アンソニー・アスコット(本名:ジュリアーノ・カルニメーオ)
製作:ダリオ・サバテロ
脚本:ティト・カルピ
撮影:ステルヴィオ・マッシ
音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ
出演:ジョージ・ヒルトン、チャールズ・サウスウッド、ロベルト・カマルディエル、アガタ・フローリ、パオロ・ゴズリーノ、アンドレア・ボシック、アルド・パルペリート、フランコ・ペシ
1970年イタリア/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
荒野の無頼漢 [DVD]

荒野の無頼漢荒野の無頼漢
アガタ・フローリ
荒野の無頼漢(TESTA T’AMMAZZO, CROCE…SEI MORTO! MI CHIAMANO ALLELUJA)

1 2 3