映画「ミッション:インポッシブルIII M-I:III」


トム・クルーズ                 ミシェル・モナハン

今回はJ・J・エイブラムス監督2006年製作「ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)」をピックアップする。本作はトム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションの第3弾で敵役にアカデミー賞受賞俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンを迎え、目まぐるしいアクションを展開する。撮影は2005年6月にイタリアで開始され、ベルリン、ローマ、バチカン、上海、西塘(浙江省)、ヴァージニア州、カリフォルニア州などでロケが行われた。2006年6月21日に主演のトム・クルーズが、東京~新大阪間の新幹線「のぞみ」を借り切った来日キャンペーンが実施された。時刻表にない特別ダイヤで運行し、出発時刻などは混乱を避ける目的で非公開となった。この企画の経費は、「のぞみ」の貸切りの1,500万円など、約3,000万円とされる。
(ウィキペディア参照)


マギー・Q                     ケリー・ラッセル

【ストリー】
スパイを引退したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。新人スパイの教育に当っていたイーサンだが、教え子リンジーが誘拐されたことを知らされ、その救出作戦に参加する。しかし救出に成功したと思ったのも束の間、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまった。その後、一連の事件の裏に闇商人デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)がいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを捕獲すべく、バチカンへと向かった。見事デイヴィアンを捕らえたイーサンたちだったが、帰国後、襲撃を受ける。リンジーが遺したマイクロドットには、上官のブラッセルが、デイヴィアンと通じているという秘密が語られていた。奇襲を受けたイーサンたちは、結局デイヴィアンを奪われてしまう。イーサンに恨みを抱くデイヴィアンは、ジュリアを誘拐し、機密物質「ラビットフット」を48時間以内に探し出さないとジュリアを殺すと脅迫してきた。ブラッセルの裏切りに気づいた上司マスグレイブの機転により、イーサンは上海に向かった。そこにはチームの面々も揃っていた。「ラビットフット」があるという高層ビルに潜入し、盗み出すことに成功するイーサン。それをデイヴィアンの元に持っていくが、頭に爆弾を埋め込まれた挙句、目の前でジュリアを殺されてしまう。絶望するイーサン。しかし何故かそこにマスグレイブが現れ、実は殺されたジュリアが偽者だったことを明かす。デイヴィアンと結託していたのはマスグレイブだったのだ。イーサンはマスグレイブを出し抜き、本物のジュリアが囚われている場所へと向かった。そこでイーサンはデイヴィアンを倒し、頭の爆弾を破壊することにも成功する。追ってきたマスグレイブを撃ち殺したのはジュリアだった。イーサンは新しい仕事を丁重に断り、ジュリアとハネムーンに出かけるのだった。

題名:MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III
邦題:ミッション:インポッシブル3/M-I:III
監督:J・J・エイブラムス
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス
製作総指揮:ストラットン・レオポルド
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー
撮影:ダン・ミンデル
美術:スコット・チャンブリス
VFX:インダストリアル・ライト&マジック(ILM)
効果:ロジャー・ガイエット
衣装:コリーン・エイトウッド
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マイキー
音楽:マイケル・ジアッチーノ
音楽スーパーバイザー:ダニー・ブラムソン
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ビリー・クラダップ、ミシェル・モナハン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ケリー・ラッセル、マギー・Q、サイモン・ペッグ、ローレンス・フィッシュバーン
2006年アメリカ/シネスコサイズ・カラー126分35mmフィルム
ミッション:インポッシブル3 M-I:III -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)

映画「運び屋」


クリント・イーストウッド

2019年3月8日に日本で劇場公開されたクリント・イーストウッド監督2018年製作「運び屋(THE MULE)」を25日にTOHOシネマズ日比谷スクリーン6(97席)で観た。監督作品は「15時17分、パリ行き」以来1年ぶりで、兼主演となると名作「グラン・トリノ」以来10年ぶりとなった。本作は、1950年代から疾走し続けてきた俳優、クリント・イーストウッドが10年もの間、麻薬カルテルの運び屋になってしまった90歳の老人を静かに演じ、また丁寧に描いている。ベースになったものは、2014年6月に「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」に掲載された「シナロア・カルテルの90歳の運び屋」という記事を「グラン・トリノ」のシナリオライター、ニック・シェンクが秀悦な脚本にしている。


ダイアン・ウィースト、クリント・イーストウッド               ブラッドリー・クーパー、マイケル・ペーニャ

【ストリー】
アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独に暮らす90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけた時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたものの、それが実はメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”だということを、彼は知らなかった……。


アリソン・イーストウッド(実娘)                                           アンディ・ガルシア

題名:運び屋
邦題:THE MULE
監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:アーロン・L・ギルバート
製作:クリント・イーストウッド、ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤー、ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス
原案:サム・ドルニック
脚本:ニック・シェンク
撮影:イブ・ベランジ
美術:ケビン・イシオカ
衣装:デボラ・ホッパー
編集:ジョエル・コックス
音楽:アルトゥロ・サンドバル
撮影機材:パナビジョン
出演:クリント・イーストウッド、ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、アンディ・ガルシア、イグナシオ・セリッチオ、アリソン・イーストウッド、タイッサ・ファーミガ、ユージン・コルデロ、ローレン・ディーン、グラント・ロバーツ、ピート・バリス、ロバート・ラサード、ソウル・ウエソ、リー・コック、ノエル・G、クリフトン・コリンズ・Jr.、ダニエル・モンカダ、ポール・リンカーン・アラヨ
2018年アメリカ/シネスコサイズ・カラー116分デジタルシネマ
運び屋 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


運び屋(THE MULE)

映画「理由」


ショーン・コネリー

ショーン・コネリー                 ケイト・キャプショー

今回はアーネ・グリムシャー監督1995年製作「理由(JUST CAUSE)」をピックアップする。
本作はアメリカ南部の街で起こった少女の殺人事件を背景に、濡れ衣を着せられた黒人青年を助けようと主人公が真相を追及する中、思いもよらぬ衝撃の事態に直面するというサスペンスドラマだ。プロットは良かったが、展開と結末が物足りない内容だった。ショーン・コネリーの娘に、スカーレット・ヨハンソン(子役)が出演している。


ブレア・アンダーウッド            ローレンス・フィッシュバーン

【ストリー】
死刑反対論者であるハーバート大学の法学部教授ポール・アームストロング(ショーン・コネリー)の許に、エヴァン・ジェリン(ルビー・ディー)という老婦人がやってきた。少女誘拐殺人の濡れ衣を着せられ、死刑監房に入れられている孫の命を助けて欲しいという彼女の申し出を一度は断ったポールであったが、もと弁護士の妻ローリー(ケイト・キャプショー)の説得で、事件の解明に乗りだすことに。フロリダに飛んだポールは刑務所のボビー・アール(ブレア・アンダーウッド)と面会、彼は警官タニー・ブラウン(ローレンス・フィッシュバーン)らの苛酷な取調べに屈し、自分が犯人であると告げたと語る。ポールは事件の起きた町オチョビーに赴き、閉鎖的な町の実体を垣間見る。そして黒人というだけで煙たがられていたボビーの身の上と、彼を犯人に仕立てるべくおざなりな捜査が行なわれていたことを確信する。再度刑務所に行ったポールはボビーの口から、同じ死刑囚にして連続殺人鬼のブレア・サリバン(エド・ハリス)こそ真犯人であると知らされ、そのブレアも誇らしげに自分がやったと語った。ボビーの無実を立証できる様々な証拠を手にしたポールは再審を要求、ボビーは勝訴し釈放された。ところが、ポールの妻ローリーと娘がボビーに誘拐される。ボビーの本当の目的はローリーを殺すことだった。ボビーは少女殺人事件の前にも犯罪を犯して逮捕されており、その時警官たちの虐待に遭って去勢されてしまった。その事件の担当弁護士がローリーだった。彼女を逆恨みしたボビーは復讐を決意するが、数年後に犯した少女殺しのため刑務所に入れられてしまった。目的を達成するためには無実を勝ち取って出所するしかない。そこで敏腕な法律学者であり、ローリーの夫でもあるポールに白羽の矢を立てたのだ。ポールは、ボビーが真犯人であると見抜いていたタニーと協力し、家族の命を救う。


エド・ハリス

題名:JUST CAUSE
邦題:理由
監督:アーネ・グリムシャー
製作総指揮:ショーン・コネリー
製作:リー・リッチ、アーネ・グリムシャー、スティーヴ・ペリー
原作:ジョン・カッツェンバック
脚本:ジェブ・スチュアート、ピーター・ストーン
撮影:ラホス・コルタイ
美術:パトリシア・フォン・ブランデンスタイン
編集:ウィリアム・A・アンダーソン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ショーン・コネリー、ローレンス・フィッシュバーン、エド・ハリス、ケイト・キャプショー、ブレア・アンダーウッド、ルビー・ディー、スカーレット・ヨハンソン
1995年アメリカ/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
理由 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


理由(JUST CAUSE)