映画「怪談海女幽霊」


明智十三郎                                 万里昌代

今回は加戸野五郎監督1960年製作「怪談海女幽霊」をピックアップする。
本作は怪談と言うよりも殺人ミステリーものになるが、新東宝の海女シリーズ「海女の戦慄」「海女の化物屋敷」に比べて色気度は少ない。だが好きなティストで時間は流れる。


若杉嘉津子

【ストリー】
九鬼港沖合の小島“神島”の素封家里村勇作(倉橋宏明)が、終戦直後のある夜シケにあって遭難した。妻の照代(若杉嘉津子)が夫を追って自殺し、一人娘の奈美江(万里昌代)も地獄岩から身を投げた。里村家唯一人の血筋である俊也(御木本伸介)も戦死が判明し、里村家は人手に渡った。数年後、港に勇作と照代の亡霊が出るという噂が出た。その噂を裏書きするように、流れ者の漁師大場為三郎(大谷友彦)と木下源蔵(鈴木信二)が行方不明になった。今は村一番の網元で実権を握る紀州屋の旦那宮内進太郎(九重京司)は、昔は勇作の家で働く漁師だった。娘の京子や使用人達が亡霊の話をすると、笑って打ち消したもののその夜から亡霊に悩まされた。駐在の連絡でやって来た池田警部(明智十三郎)は、調書から為三郎と源蔵の事件を殺しと断定した。捜査を開始してまず浮かんで来たのは紀州屋であった。紀州屋と為三郎が口論したこと、事件の前の晩、妾の家にいた源蔵が見知らぬ男に呼び出されたこと、などが理由だった。しかし、紀州屋は答えず幽霊封じの祈祷を始めた。神島近辺の海女が地獄岩の海底で勇作の幽霊を見勇作の家を買い取った長浜吉次(沢井三郎)が地獄岩の近くで勇作と照代の亡霊に取りつかれて海底に姿を消すという事件が起きた。神島に渡った池田警部は、吉次の伜大吉が奈美江を愛し、大吉が海にはまったのと、奈美江が身投げしたのが同一の日だったことを知った。島の者に導かれて地獄岩にもぐった警部は、岩に安置された勇作と照代の位牌の前に、為三郎、源蔵、吉次三人の苦悶を物語る遺骸を発見した。怨恨による殺しと確信した警部は、里村家の使用人だった亀松(山川朔太郎)から、紀州屋と為三郎が勇作夫婦を殺して、実権を握ったらしいということを聞き出した。惨事を予期した警部が九鬼に引き返したのは紀州屋がかつての勇作夫婦の亡霊に殺害されたあとだった。--かつての里村家の四人の使用人、為三郎、源蔵、吉次、紀州屋を殺したのは、死んだと伝えられた奈美江だった。父勇作を四人に謀殺されたことを知り、自害を装い幽霊の姿を借りて四人に報復したのだった。

題名:怪談海女幽霊
監督:加戸野五郎
製作:大蔵貢
企画:津田勝二
原案:海樹満咲
脚本:松木功
撮影:岡田公直
照明:石森浩
録音:根岸寿夫
美術:宮沢計次
編集:笠間秀敏
音楽:長瀬貞夫
製作主任:毛利幸久
助監督:渡邊祐介
スチール:西崎新
出演:明智十三郎、万里昌代、若杉嘉津子、矢代京子、御木本伸介、倉橋宏明、九重京司、小高まさる、大谷友彦、鈴木信二、沢井三郎、山川朔太郎
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ56分35mmフィルム
怪談海女幽霊 -DVD販売-
怪談海女幽霊/怪談本所七不思議[DMMレンタル]


怪談海女幽霊

映画「続・座頭市物語」


勝新太郎                        城健三朗(若山富三郎)

今回は森一生監督1962年製作「続・座頭市物語」をピックアップする。
本作は、前作「座頭市物語」のヒットにより直ちに製作された続編になる。
勝新太郎さんの兄で東映から大映に移籍した城健三朗(若山富三郎)が、劇中でも市の兄・与四郎を演じている。

座頭市シリーズ


水谷良重                         万里昌代

【ストリー】
下総、取手川の渡しでやくざ達が一人のあんま(市=勝新太郎)を川へ突き落そうとした。瞬間、勘造(水原浩一)が顔を斬られた。驚愕した仲間の森助(伊達三郎)らは市を取り囲んだ。が、突然、片腕の浪人与四郎(城健三朗=若山富三郎)が邪魔に入り退散させた。去って行く彼を無言で見送る市。二人の間には何か曰くがありそうだ。座頭市は大名黒田越前守(春本富士夫)のもみ治療の帰途、家中の侍に襲われた。狂っている殿様の秘密を封ずる手段だ。が、居合斬りの名人座頭市は一瞬三人を斬り捨てた。あわてた黒田家臣は市暗殺の賞金を出した。張り切った与四郎の子分三蔵(中村豊)は市に斬りかかったが、なぜか与四郎は手出しをしない。ただ市がお節(水谷良重)を抱いて去って行くのを見ているだけだ。その夜、座頭市はお節と一夜を明かして今度逢う時は、昔の恋人お千代の身代りでなくお節自身として来ると約した。そしてお節の世話で舟をやとい水路笹川へ向った。飯岡助五郎(柳永二郎)の鉄火場で、かつて座頭市と相思相愛だったおたね(万里昌代)が、飯岡一家がお尋ね者渚の与四郎召捕りと市を斬る策略を知った。彼女は市が来ているという西光寺へ駈けつけた。そこには以前笹川飯岡の喧嘩で平手造酒を斬った市が回向をつとめていた。黒田家から市を斬るよう命ぜられた勘兵衛一家は、市を取り巻き斬りかかったがもとより彼の敵ではない。ついに勘兵衛一人になってしまった。それを見た与四郎は勘兵衛から斬り賃二十両をせしめて抜刀した。彼は市の実兄であり、市の女お千代を奪ったことがあった。が、お千代が死んだと知ると矢庭に与四郎を切った。ちょうどそこへ助五郎を先導とする八州捕方の一団が来た。市は与四郎をかばって水中に姿を消した。まもなく、市たちが溺れ死んだと嘲笑し合っていた助五郎と勘兵衛たちの行手に、抜刀を下げて立ちふさがった黒い影は。その痛快な啖呵と凄じい剣法でまぎれもない座頭市その人だった。


「続・座頭市物語」万里昌代

「続・座頭市物語」勝新太郎

題名:続・座頭市物語
監督:森一生
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:本多省三
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
製作主任:大管実
助監督:井上昭
スチール:浅田延之助
出演:勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)、水谷良重、万里昌代、中村豊、柳永二郎、沢村宗之助、山路義人、水原浩一、伊達三郎、春本富士夫
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ72分35mmフィルム
続・座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「続・座頭市物語」万里昌代

城健三朗(若山富三郎)、勝新太郎

「続・座頭市物語」撮影風景        ※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「妖僧」


「妖僧」市川雷蔵

市川雷蔵                              藤由紀子

今回は衣笠貞之助監督1963年製作「妖僧」をピックアップする。
本作は、女帝を守り風雲を呼ぶ不死身の怪僧を描いた平安時代劇だが、公金横領に権力闘争という現代に通ずる腐敗政治をストリーのベースにしている。衣笠貞之助監督を始め巨匠を輩出した大映映画は、美術セットや照明、森田富士郎氏の特撮など目を見張るカットは数多くあるが、ストリーが陳腐だった。


「妖僧」万里昌代

万里昌代                                近藤美恵子

【ストリー】
厳しい山嶽仏教の修業に百人のうちで唯一人堪えた、行道(市川雷蔵)は、恐るべき魔力を秘めた法力を獲得した。山を下りた行道はその法力を駆使して、病人を治し、やがて、その噂は宮廷に迄およんだ。類まれな美貌の女帝(藤由紀子)が幼時から不自由であった御足が、とみに悪化してきたというのだ。ひそかに招かれた行道は如意輪の秘法をもって遂に御足の痛みを取り去った。喜びの女帝は行道を重宝にし、忌憚のない言葉に耳を傾けた。政権を欲しいままにする太政大臣・藤原良勝(城健三朗)に反感を抱く左大臣・藤原清川(小沢栄太郎)、右大臣・藤原光成(稲葉義男)、大蔵卿犬養(島田竜三)らは、行道の勢力に力を得、良勝が金銭を私している事を行道に告げた。この事実を知った良勝は、女帝の耳に達するのを恐れ、行道に刺客をさしむけた。しかし行道の恐るべき法力は、体を貫く刃に一滴の血も流さなかった。追いつめられた良勝は、かねてから不平をかこつ市原の皇子(成田純一郎)と語らい反逆の兵を挙げた。法術で事を知った行道は、女帝を守るために永久に留まろうと決意、頭を剃り、見違えるような美僧の姿となり名を道鏡と改めた。道鏡の魔力と朝廷側の反撃が功を奏し、良勝の軍は敗走した。女帝の信任をあつくした道鏡は、権力に近づき、女人を愛し、僧の戒律を破った苦悩に悩みつづけた。新に大政大臣に藤原清川が、大政大臣禅師に道鏡が任じられた。女帝の愛寵を深くした道鏡は、天皇の位と同等の法王の位を与えられた。嫉妬に狂った清川は秘かに道鏡を狙った。折も折、女帝は病に犯され必死に如意輪の秘法を念じる道鏡の法力もむなしく、女帝は絶命した。なきながらにとりすがる道鏡の背後から、清川の放った刺客が襲った。かつては、刃も通じなかった道鏡の胸も、今や法力はなく女帝の手を握ったまま崩れた憎の姿があるのみだった。


小沢栄太郎                             城健三朗(若山富三郎)

題名:妖僧
監督:衣笠貞之助
企画:原田光夫
製作:永田雅一
原案:八尋不二
脚本:衣笠貞之助、相良準
撮影:今井ひろし
特撮:黒田義之、森田富士郎、美間博
照明:加藤博也
録音:大谷巖、加藤茂
音効:倉島暢
美術:柴田篤二
装置:山本佐一郎
衣装考証:上野芳生
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
製作主任:田辺満
助監督:黒田義之
スチール:小牧照
出演:市川雷蔵、藤由紀子、万里昌代、近藤美恵子、片岡彦三郎、小沢栄太郎、城健三朗(若山富三郎)、小林勝彦、小林勝彦、丹羽又三郎、中条静夫
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
妖僧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


妖僧

1 2 3 5