映画「三匹の侍」

三匹の侍三匹の侍
丹波哲郎                       長門勇
三匹の侍三匹の侍
平幹二朗                   平幹二朗、丹波哲郎、長門勇

今回は五社英雄監督1964年製作「三匹の侍」をピックアップする。
本作は、1963年から1969年までフジテレビ系列で放映され、相当な人気があった同名連続テレビ時代劇を映画化したもので、効果音を使用した殺陣は、それまでの時代劇とは異なる独自のアクション表現を確立した。1970年にはレギュラー出演者を交代した「新三匹の侍」が作られた。

三匹の侍三匹の侍
桑野みゆき                       香山美子

【ストリー】
浪人柴左近(丹波哲郎)は、代官松下宇左衛門(石黒達也)支配下の村で、凶作と重税に泣く百姓が、代官の娘亜矢(桑野みゆき)を人質にして、強訴しようとしている騒動に出喰わした。左近は持ち前の侠気から百姓に加担して、亜矢を奪回しようと、押し寄せた役人達を蹴散らした。松下は、江戸から帰る領主に百姓が強訴するのを恐れて浪人桔梗鋭之助(平幹二朗)や桜京十郎(長門勇)ら、不良浪人を狩り集めて、百姓達のたてこもる水車小屋を襲った。しかし鋭之助や京十郎は、百姓たちが義民であることを知り、逆に、左近と協力して不良浪人を斬り倒した。手をやいた代官は百姓の一人五作(今橋恒)の娘おやす(香山美子)を捕え、亜矢との交換を迫った。おやすの身を案じた左近は、百姓たちの身の安全を条件に自ら首謀者として名のりでた。しかし代官は約束を果さず、百姓たちを斬り殺した。京十郎は、怒り狂う百姓たちを制して、鋭之助と共に、代官屋敷にしのびこみ左近を救い出した。いよいよ城主がこの村を通る日、左近らは城主に直訴するつもりで行列の通り道近くの網小屋にたてこもった。松下は行列のさきぶれにきた剣客大内玄馬(青木義朗)らの一隊に網小屋を襲撃させ、左近、鋭之助、京十郎らはこれを迎え討った。壮絶な死闘の末三人は、松下、大内らを斬りたおした。城主の行列を後に三人はまたいずこともない旅に出るのだった。

三匹の侍三匹の侍
平幹二朗、三原葉子                 木村俊恵、長門勇

題名:三匹の侍
監督:五社英雄
企画:さむらいプロダクション、フジテレビ
製作:岸本吟一、丹波哲郎
脚本:阿部桂一、柴英三郎、五社英雄
撮影:酒井忠
照明:染川広義
録音:福安賢洋
音効:高井唯夫、篠原利夫
美術:大角純一
装置:林弘保
装飾:田尻善一
衣裳:藤田茂
技髪:村田春松
結髪:木村よし子
殺陣:湯浅謙太郎
時代考証:林悌三
編集:太田和夫
現像:東洋現像所
音楽:津島利章
進行主任:内藤誠
助監督:増田彬
撮影助手:藤井重光
照明助手:正堺信太郎
録音助手:太田弘
編集助手:木村幸雄
スチール:佐々木千栄治
出演:丹波哲郎、長門勇、平幹二朗、桑野みゆき、香山美子、葵京子、藤原釜足、石黒達也、井川比佐志、木村俊恵、三原葉子、伊沢一郎、多々良純、青木義朗、左卜全、織本順吉、上田吉二郎、青山宏、今橋恒、永田光男、富田仲次郎
1964年日本・松竹+さむらいプロダクション/シネスコサイズ・モノクロ93分35mmフィルム
三匹の侍 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

三匹の侍三匹の侍
丹波哲郎、平幹二朗、長門勇                三匹の侍

映画「女体桟橋」

女体桟橋女体桟橋
宇津井健                       三原葉子

今回は石井輝男監督1958年製作「女体桟橋」をピックアップする。
本作は、新東宝が作品を量産していた時代の潜入捜査ものである。作品題名はコールガール組織の事であり、濡れ場シーンが一つもないのが逆に良い。新東宝のセット美術はいつも感心するが、昭和30年代初期の銀座や横浜大桟橋のロケーションカットは貴重である。

女体桟橋女体桟橋
三原葉子                       筑紫あけみ

【ストリー】
吉岡(宇津井健)は、公金横領手配中の犯人というふれこみで、コール・ガール組織にもぐっている腕利きの刑事である。折しも、香港から新しいボスの情婦ルミ(三原葉子)の入国が伝えられ、吉岡はナイトクラブ“アリゾナ”に出向いた。ルミを見て彼は驚いた。6年前には、二人は恋仲だった。それが、ルミの浮気から恋は破綻したのだった。支配人黒川(植村謙二郎)や、ピアニスト兼歌手の照夫(旗照夫)はルミにぞっこん惚れこんだ。だが、ルミは黒川も照夫も眼中になかった。アリゾナに、フアッションモデルの晴子(筑紫あけみ)が黒川にスカウトされて迎えられた。彼女はすでに吉岡と面識があった。神戸のとある事件の際、吉岡は捜査課長であり晴子は婦人記者だった。二人の挙動に疑念を抱いた照夫は、二人がグルになってさぐりを入れに来ているに違いない、とルミに告げた。ルミは晴子を照夫の部屋へ軟禁した。が、吉岡に再び惚れなおしたルミは、この一件を支配人に密告しようとする照夫を制止した。吉岡と黒川との間に、ボスのトムソン(ハロルド・コンウェイ)の過分な儲けを公正に配分しようという商談が成立した。当夜、横浜大桟橋出港のグレイト・スカイ号にトムソンが乗りこむので、そこで取引することになった。ルミは晴子を釈放、この件を警視庁へ連絡するよう照夫に依頼した。この密談を黒川は怪しみ、照夫のあとをつけさせた。グレイト・スカイ号のタラップを上る吉岡とルミはハッとなった。トムソンと黒川がピストルを持ち、立ちはだかっているのだ。ルミは黒川の弾に倒れたが、その時警官隊が駈けつけた。吉岡はまた新しい任務を帯びて西下することになった。

女体桟橋女体桟橋
旗照夫                      三原葉子、宇津井健

題名:女体桟橋
監督:石井輝男
製作:大蔵貢
企画:佐川滉
脚本:石井輝男、佐川滉
撮影:平野好美
照明:矢口明
美術:加藤雅俊
録音:沼田春雄
編集:鹿島秀男
音楽:渡辺宙明 主題歌:「思い出」「彼奴」旗照夫
製作主任:高橋松雄
助監督:下山堯二
出演:宇津井健、筑紫あけみ、三原葉子、旗照夫、小倉繁、中村彰、植村謙二郎、葉山由紀子、矢代京子、宮田文子、吉田昌代、浅見比呂志、ハロルド・コンウェイ
1958年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ73分35mmフィルム

女体桟橋女体桟橋
女体桟橋

映画「爆弾を抱く女怪盗」

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」高倉みゆき
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
高倉みゆき                      菅原文太

今回は土居通芳監督1960年製作「爆弾を抱く女怪盗」をピックアップする。
新東宝時代(1958~1961年在籍)の菅原文太さんが、鉄道公安官と海上保安庁捜査官を演じている。その後の東映時代とは全く違うキャラであるのが目新しい。ヒロインは1957年に新東宝社長の大蔵貢氏によってスカウトされた高倉みゆきさんである。「天皇・皇后と日清戦争(1958年/並木鏡太郎監督)」「明治大帝と乃木将軍(1959年/小森白監督)」で皇后役に起用され「皇后女優」と呼ばれたそうだが、本作の様なクライムサスペンスものも難なくこなしている。画面サイズは、新東宝最大のヒット作である「明治天皇と日露大戦争(1957年/渡辺邦男監督)」で初めて採用されたシネマスコープ・レンズを使用している。

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」三条魔子(シークレット・フェイスとしてタイトルされている)
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
三条魔子                        吉田輝雄

【ストリー】
暗夜を西下する急行“銀河”。鉄道公安官・朝倉伸男(菅原文太)は網棚からボストンバッグを抜き取ろうとしている二人連れの置き引きを取り押えようとしたが、美貌の女にさえぎられた。不思議なことに女の手にボストンバッグが握られていた。それを被害者の東洋貿易専務・吉沢文雄(岬洋二)にかえした朝倉は女を取り調べるため乗務車掌室に入ったが、麻薬をかがされ逃げられてしまった。朝倉は責任をとって辞表を出した。その夜、芝浦海岸の東洋貿易が襲われた。その一団を指揮していたのが謎の女だった。かねてから密輸のうたがいで張り込んでいた朝倉はその女に不二ホテルへつれ込まれた。そこで謎の女を首領にしたこの一団が東洋貿易社長・立花竜太郎(沼田曜一)の仕事を妨げるため暗躍していることを知った。興味を持った朝倉はすすめられるまま協力することとなった。立花は取り調べの刑事に5,000万円相当のダイヤを奪われたと申し立てたが実はダイヤは地下の秘密金庫にあった。その夜、このダイヤを秘密裏に神戸に送るトラックが襲われダイヤは奪われた。謎の女の一団だった。ところが翌朝ダイヤはふたたび立花の手に返った。一団の一人島崎(御木本伸介)の裏切からだった。その島崎が殺された。警察の追求をのがれるため山小屋にひそんだ時、朝倉は彼女が元北支開発の副総裁だった三ノ宮伯爵令嬢・雅子(高倉みゆき)であることを知らされた。父を殺し三ノ宮家の財産を横領した元執事の立花に復讐しようとしていたのだ。これをたすけたのが立花の秘書に入り込んだ星野久美(三条魔子)だった。不二ホテルを密輸の巣と密告して外国に脱れんとする立花一味の動きを知った雅子はヘリコプターで城ヶ島に向った。そして逃亡寸前の立花らをとらえたが不覚にも拳銃を奪われてしまった。ダイナマイトをくくりつけられた雅子と久美のあわやという一瞬、巡視艇に乗った朝倉がかけつけ、立花一味はとらえられた。

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」菅原文太
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
三原葉子

題名:爆弾を抱く女怪盗
監督:土居通芳
製作:大蔵貢
企画:佐川滉、中塚光男
原案:室町加納
脚本:土居通芳、大貫正義
撮影:森田守
照明:平岡岩治、岡庭正隆
美術:加藤雅俊
録音:鈴木勇
編集:鹿島秀男
音楽:渡辺宙明
製作主任:奥原徳太郎
助監督:大貫正義
出演:高倉みゆき、菅原文太、三原葉子、三条魔子(シークレット・フェイス)、沼田曜一、吉田輝雄、御木本伸介、岬洋二、高松政雄、浅見比呂志、九重京司、渡辺高光、村山京司
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ79分35mmフィルム

爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗

1 2 3 15