映画「不良番長 やらずぶったくり」


梅宮辰夫                       梅宮辰夫、渡瀬恒彦

今回は野田幸男監督1971年製作「不良番長 やらずぶったくり」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第11弾になり、カポネ団のメンバーチェンジが行われる。
梅宮辰夫さん、山城新伍さん、安岡力也さん、助っ人の菅原文太さんの他は、渡瀬恒彦さん、潮健児さん、芦屋小雁さん、一ノ瀬レナさん、渡辺やよいさんなどが加わっている。
内容的にはコメディ要素が、当時のコンプライアンスなしのテレビ番組の影響を受け、より過激に炸裂している。話の流れはシリーズ共通である故、コメディ路線に舵を切ったのだろうか。


渡瀬恒彦、一の瀬レナ                 渡辺やよい

天津敏                        若水ヤエ子

【ストリー】
食いつめて気勢のあがらない神坂団長以下カポネ団の面々は、地元新宿で冴えない毎日を送っていたが、金儲けを思いつき例の如く全国ソープランド連盟と称するインチキ組織を設立しては、風俗嬢たちの引き抜き作戦を展開する。そして、同業の五郎をリーダーとするズベ公グループ七色会と鉢合わせするが、やがて気意投合する。しかし、暴力団花岡組の連中に眼をつけられた彼らは新宿を追放され、神坂のネリ鑑時代のダチ公伊吹信次を訪ねて、ある漁村で働くことになった。この漁村は、水産会社の肥料工業から排泄される廃液のために公害問題が持ちあがり、信次らの船は近海漁業ができなくなり、鮪を追って遠洋にでかけた。捕獲を終えて帰ってきた信次たちだったが、鮪が汚染されていると廃棄処分を受けてしまう。その鮪は密に日の丸水産に運び込まれた。これを目撃した神坂らは、工場に乗り込み、この廃棄処分が漁業組合長の榊と日の丸水産の仕組んだ計略であることを知る。神坂の口から発覚することを恐れた工場側は、会社と関係のある花岡組を使って神坂らを消そうと企むのだった。その夜、ゲームセンターに集るカポネ団は、花岡組に襲われ、逃げ遅れたみどりは殺された。翌朝、みどりの復讐のために立ちあがったカポネ団の面々は日の丸水産へと向った。


丹下キヨ子、山城新伍                   芦屋小雁

山城新伍、梅宮辰夫、一の瀬レナ          渡辺やよい、渡瀬恒彦、梅宮辰夫、芦屋小雁、安岡力也

題名:不良番長 やらずぶったくり
監督:野田幸男
企画:矢部恒
脚本:山本英明、松本功
撮影:稲田喜一
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:江野慎一
装置:根上徳一
装飾:酒井喬ニ
美粧:井上守
美容:花沢久子
衣裳:長谷稔
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」「ダイナマイト・ロック」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
助監督:岡本明久
演技事務:佐々木一郎
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、渡瀬恒彦、山城新伍、菅原文太、一の瀬レナ、渡辺やよい、芦屋小雁、安岡力也、潮健児、小林千枝、丹下キヨ子、三原葉子、若水ヤエ子、天津敏、正司玲児、正司敏江、中村是好、後藤ルミ
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
不良番長 やらずぶったくり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


不良番長 やらずぶったくり

映画「不良番長 暴走バギー団」


梅宮辰夫                        菅原文太

今回は内藤誠監督1970年製作「不良番長 暴走バギー団」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第9弾になる。
シリーズ途中から映画の内容を知った女優のマネージャーたちが、地方ロケがあるとビビって女優を出してくれなくなり、本作で主演女優が見つからず、止む無く「見た目は女の子だから分からないだろ」「カルーセルなら誰も手を出さないだろう」とカルーセル麻紀さんを起用したそうだ。カルーセル麻紀さんは「ズバリ脱いであげる。監督さん遠慮なさらないでね」と内藤監督に迫ったが、映倫関係がややこしくなるので、ハードなシーンは撮らなかったという。
(ウィキペディア参照)



谷隼人、山城新伍、梅宮辰夫             カルーセル麻紀

【ストリー】
集団万引事件の犯人に間違えられ、留置所入りしていたカポネ団の面々は、釈放されると、新宿にあるモデル住宅を根城にガセネタのテキヤ商売を始めるが、そこを縄張りとする暴力団拓心会の機ヤリが入って失敗。なんとか再起を計ろうと考えついたのが当られ屋。大日本ムチ打ち協会なるものを設立させ、事故後の補償金をせしめては儲けていたが、五郎(山城新伍)はホンモノのムチ打ちになり入院する始末。この商売にみきりをつけた神坂(梅宮辰夫)は、次に「東都畜犬協会」なるものを設立し、野良犬を集めては血統書付きの名犬に仕立てて、ホステスや奥様族に売りつけてボロ儲けをしていたが、これも拓心会の横車にあってやめざるをえなくなった。ある日、神坂の練鑑時代のダチ公五木勝(菅原文太)が、不動産屋の社員となって、けっこう儲けているのを知ると神坂らは「万博不動産」というこれまたインチキ不動産会社を新設、家のカラ売りをはじめた。そして都下の土地まで手をのばし、宅地造成で大儲けをたくらむが、ここでも拓心会と対立してしま今拓心会々会長で新日本土地の社長でもある二階堂修造(天津敏)は、兄の泰造(八名信夫)と組んで、計画倒産をもくろむマンション投資会社や、五木の会社が造成した別荘地の横取りを計画していた。その上、京子(永原和子)の伯母の土地まで手に入れようとしていたのだ。二階堂兄弟のために、ことごとく仕事の邪魔をされ、相棒のアパッチ(砂塚秀夫)、銀子(カルーセル麻紀)、それに五木の上司市村(上田吉二郎)まで殺されたカポネ団は、ここで一か八かの勝負に挑んだ。バギー車、そしてオートバイに乗り込んだカポネ団は撃音とともに拓心会に殴り込んでいった。


永原和子、植田峻                 藤村有弘、五十嵐じゅん

三原葉子                      八名信夫、天津敏

題名:不良番長 暴走バギー団
監督:内藤誠
企画:矢部恒、吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:吉田喜義
装飾:佐藤善昭
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:河辺公一 主題歌:梅宮辰夫「ダイナマイト・ロック」「ウッシッシッ節」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
助監督:岡本明久
スチール:遠藤努
出演:梅宮辰夫、菅原文太、谷隼人、山城新伍、鈴木ヤスシ、砂塚秀夫、カルーセル麻紀、植田峻、園佳也子、三原葉子、根岸明美、天津敏、八名信夫、中田博久、由利徹、藤村有弘、南利明、玉川良一、殿山泰司、浦辺粂子、五十嵐じゅん、相馬剛三
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
不良番長 暴走バギー団 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梅宮辰夫                           不良番長 暴走バギー団

映画「温泉スッポン芸者」


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

杉本美樹                              三原葉子

今回は鈴木則文監督1972年製作「温泉スッポン芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の5作目である。前作に続き東映ポルノ路線であるが、カメオ出演が凄い!団鬼六氏、笹沢左保氏、福地泡介氏と常連の田中小実昌氏が、濡れ場込みで出ている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「温泉スッポン芸者」名和宏、三原葉子

三原葉子                             山城新伍、名和宏

【ストリー】
温泉芸者をしていた姉(松村康世)が交通事故で死んだため、浅井夏子(杉本美樹)は早速その温泉町にかけつけて来た。姉には、服部倉次郎(菅貫太郎)というスッポンの研究をしている変人の恋人がいた。偶然夏子がその町の観光ポスターのモデルになったところ、経総連理事長石橋(殿山泰司)に目をつけられ、芸者置屋の女将富子(三原葉子)の仲介で一夜を共にすることになったが、夏子の名器が、石橋のカラダを放さなくなり、病院に連れ込まれ大騒動。一躍、夏子はスッポン芸者の異名をとどろかすことになった。そんな夏子に、怪し気な研究家毛利高麿(山城新伍)と、偶然再会した昔の恋人信治(成瀬正孝)とがつきまとっていた。その頃、女体ブローカー竿師段平(名和宏)が町に現われた。段平はその精練されたセックステクニックで次々と芸者たちを、骨抜きにしていった。最後に段平は夏子にセックス勝負を挑んで来た。両者相ゆずらぬ白熱のセックス合戦が展開され、勝負はなかなかつかず、夏子は今しも悶絶せんとするが、その時現われたスッポンの幻影に勇気ずけられ、最後の気力をふりしぼった夏子が、遂に段平を倒した。翌日、賞金額を惜しげなく倉次郎に与え、いずこへともなく去って行くのだった。


「温泉スッポン芸者」田中小実昌(右)

成瀬正孝、金子信雄、大泉滉                    城恵美

題名:温泉スッポン芸者
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:掛札昌裕
脚本:関本郁夫、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:荒木一郎 主題歌:杉本美樹「温泉スッポン芸者」
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:関本郁夫
スチール:中山健司
出演:杉本美樹、城恵美、潤まり子、三原葉子、成瀬正孝、菅貫太郎、金子信雄、殿山泰司、大泉滉、山城新伍、名和宏、殿山泰司、女屋実和子、笹沢左保、田中小実昌、団鬼六、福地泡介、一条さゆり、川谷拓三、菅原文太、松村康世、岡八郎、月亭可朝、川谷拓三
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
温泉スッポン芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

成瀬正孝                                                              菅貫太郎

温泉スッポン芸者

1 2 3 4 13