映画「大病人」


三國連太郎                       宮本信子

今回は伊丹十三監督1993年製作「大病人」をピックアップする。
本作は、今までの伊丹監督作品と違い、死をテーマにしている。ガンを宣告された俳優が、死を前にしてそれまでを如何に生きていくかを描いている。コメディ要素を入れる事で、死への緊張感に緩急をつけて病名告知や延命治療といった現代医療に疑問を呈しているが、当時の最新CGで臨死体験を描いたシーンは、頂けないと思ったが、冒頭を始めとする映画撮影の現場シーンは、長年映画業界にいらした伊丹監督だけあって、描き方は的確であり無駄がない。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人」
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


津川雅彦                  三國連太郎、宮本信子、津川雅彦、木内みどり

【ストリー】
俳優兼映画監督の向井武平(三國連太郎)は、癌で余命いくばくもないオーケストラの指揮者が最後のコンサートに挑むという映画を自ら監督・主演していたが、撮影中に倒れて病院に運ばれる。妻・万里子(宮本信子)の大学時代の友人でもある医師の緒方洪一郎(津川雅彦)が担当医となるが、向井の体はあともって1年という癌に冒されていた。緒方は向井に病名を偽り手術を施すが、暫くすると向井はまた倒れてしまう。映画の共演者であり愛人である神島彩(高瀬春奈)を病室に密かに呼び出し情事を行うなど、何かと問題患者の向井に怒った緒方はつい軽率な発言をしてしまい、向井はショックのあまり自殺を図る。一命を取りとめた向井は緒方に真実を告げてくれと訴え、いがみあっていた二人は協力して死を迎えることになった。向井の映画の最後のクライマックス、彼の指揮するカンタータ『般若心経』のシーンも無事撮り終えた。向井は万里子や緒方、映画のスタッフたちが見守る中、最後の日々を満足して生き、死を迎えられたことを喜びつつ息をひきとるのだった。


高瀬春奈                          左時枝

題名:大病人
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:渡部健一 (東洋音響カモメ) リーレコ:中村洋
美術:中村州志
装飾:山崎輝、豊島隆、小林聖樹
背景:島倉二千六
小道具:山浦克己、荒井雄樹、松本周子
衣裳:小合恵美子、岩崎文雄、鈴木智子、三浦みち子、石涼啓子
化粧:吉野節子、石川雅代(アートメイク・トキ)
特殊メイク:江川悦子、宗理起也、寺田まゆみ、神田文裕
デジタル合成:島村達雄(白組)、山崎貴(白組)
水中撮影:中村宏治 (日本水中映像)
技斗:高瀬将嗣、森聖二
配役:田中忠雄
記録:石山久美子
編集:鈴木晄 ネガ編集:高橋孝一
音楽:本多俊之 音楽監督:立川直樹
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
フィルム:富士フィルム
製作担当:鎌田賢一
製作進行:森太郎、尾崎友康、後藤弘樹
演技事務:城戸史郎
助監督:中嶋竹彦
監督助手:蝶野博、中村隆彦、遠藤秀一郎
撮影助手:栗山修司、石山稔、斎藤圭祐、神村志宏
特機助手:松田弘志
照明助手:赤井淳一、関野高弘、関根謙一、中村和也、加藤耕史、森川知
美術助手:山崎秀満、金勝浩一、深川絵美、新田隆之
録音助手:桜井敬悟、白取真、石井ますみ、大塚学
編集助手:米山幹一
医療指導:三崎晴嘉 医療コーディネーター:竹内廣徳
看護婦指導:長島美和子
指揮指導:鈴木行一 演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
合唱:東京混声合唱団 お経:真言宗冨山派不二会
記憶合金の花:渡辺裕子
フード・スタイリスト:石森いずみ
湯気効果:谷口承
ヴイック制作:アデランス
エクゼクティブ・プロデューサー:竹中行雄
コ・エクゼクティブ・プロデューサー:NIDEL SINCLAIR
プロデューサー:細越省吾 製作協力:細越省吾事務所
プロデューサー補:川崎隆
カンタータ般若心経作曲・指揮:黛敏郎
スタジオ:にっかつ撮影所
ロケ協力:東十条病院、倉本記念病院(現:セコメディック病院)、横浜総合病院、東京都立松沢病院
グラフテック・デザイン:佐村憲一
製作デスク:吉川次郎
製作宣伝:早乙女明子、モーションプロ
スチール:瀬古正二、岩崎輝義
出演:三國連太郎、津川雅彦、宮本信子、木内みどり、高瀬春奈、熊谷真実、田中明夫、三谷昇、高橋長英、左時枝、南美希子、清水よし子、渡辺哲、田中明夫、村田雄浩
1993年日本・伊丹フィルムズ/ビスタサイズ・カラー116分35mmフィルム
大病人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎                  田中明夫、宮本信子、熊谷真実

映画「八甲田山」


「八甲田山」高倉健

高倉健                          北大路欣也

今回は森谷司郎監督1977年製作「八甲田山」をピックアップする。
本作は、実際に真冬の八甲田山でロケを敢行し、日本映画史上類を見ない過酷なロケとして有名になった。遭難現場は八甲田山北東斜面だが、ロケは八甲田山北西の寒水沢、酸ヶ湯温泉付近や岩城山の長平、奥入瀬などでも行われたそうだ。徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンは、劇場版「八甲田山(169分)」ではカットされたが、それを追加した「八甲田山完全版(171分)」は、映画の公開から5年後に再編集された。


三國連太郎                        緒形拳

【デジタル修復について】
2018年に東京現像所が4K解像度によるデジタル修復を行った。木村大作氏が監修を務め、スキャニングによる高解像度マスターの取得、デジタル補修として傷の消去、光量の補正や空撮シーンの揺れをスタビライザーによる抑制などの改善が行われた。東京現像所によると「35mmフィルムには6K程度の情報量が眠っていると言われ、もともとネガフィルムに記録された情報量が多い為にその情報を十分に発揮出来る」との事だ。昭和52年(1977年)の公開当時、大ヒットした事で、各地の映画館に送るフィルムを何度も焼き付けた為、オリジナルネガに傷も多かった。その傷を物理的に修復した後、各コマを約24万枚のデジタルデータに変換した。


小林桂樹、神山繁                    秋吉久美子

【ストリー】
「冬の八甲田山を歩いてみたいと思わないか」と友田旅団長(島田正吾)から声をかけられた二人の大尉、青森第五連隊の神田(北大路欣也)と弘前第三十一連隊の徳島(高倉健)は全身を硬直させた。日露戦争開戦を目前にした明治34年末。第四旅団指令部での会議で、露軍と戦うためには、雪、寒さについて寒地訓練が必要であると決り、冬の八甲田山がその場所に選ばれた。二人の大尉は責任の重さに慄然とした。雪中行軍は、双方が青森と弘前から出発、八甲田山ですれ違うという大筋で決った。年が明けて1月20日。徳島隊は、わずか27名の編成部隊で弘前を出発。行軍計画は、徳島の意見が全面的に採用され隊員はみな雪になれている者が選ばれた。出発の日、徳島は神田に手紙を書いた。それは、我が隊が危険な状態な場合はぜひ援助を……というものであった。一方、神田大尉も小数精鋭部隊の編成をもうし出たが、大隊長山田少佐(三國連太郎)に拒否され210名という大部隊で青森を出発。神田の用意した案内人を山田がことわり、いつのまにか随行のはずの山田に隊の実権は移っていた。神田の部隊は、低気圧に襲われ、磁石が用をなさなくなり、白い闇の中に方向を失い、次第に隊列は乱れ、狂死するものさえではじめた。一方徳島の部隊は、女案内人を先頭に風のリズムに合わせ、八甲田山に向って快調に進んでいた。体力があるうちに八甲田山へと先をいそいだ神田隊。耐寒訓練をしつつ八甲田山へ向った徳島隊。狂暴な自然を征服しようとする210名、自然と折り合いをつけながら進む27名。しかし八甲田山はそのどちらも拒否するかのように思われた。神田隊は次第にその人数が減りだし、辛うじて命を保った者は50名でしかなかった。しかし、この残った者に対しても雪はとどめなく襲った。神田は、薄れゆく意識の中で徳島に逢いたいと思った。27日、徳島隊はついに八甲田に入った。天と地が咆え狂う凄まじさの中で、神田大尉の従卒の遺体を発見。神田隊の遭難は疑う余地はなかった。徳島は、吹雪きの中で永遠の眠りにつく神田と再会。その唇から一筋の血。それは、気力をふりしぼって舌を噛んで果てたものと思われた。全身凍りつくような徳島隊の者もやっとのことで神田隊の救助隊に救われた。第五連隊の生存者は山田少佐以下12名。のちに山田少佐は拳銃自殺。徳島隊は全員生還。しかし、2年後の日露戦争で、全員が戦死。


栗原小巻                         八甲田山

題名:八甲田山
監督:森谷司郎
企画:吉成孝昌、佐藤正之、馬場和夫、川鍋兼男
製作:橋本忍、野村芳太郎、田中友幸
原作:新田次郎「八甲田山死の彷徨」
脚本:橋本忍
撮影:木村大作
照明:高島利雄(セット)、大澤暉男(ロケーション)
特機:三沢一義
録音:吉田庄太郎
美術:阿久根巖
装飾:滋野清美、大光寺康
大道具:西田忠光
衣裳:長島重夫
美粧:高橋勝三
記録:米山久江
編集:池田美千子、竹村重吾
音楽:芥川也寸志
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン
製作担当:小山孝和
製作進行:三島巌、久保井修
助監督:神山征二郎、橋本信吾、永井正夫、桃沢裕幸
撮影助手:加藤雄大、岸本正弘、信坂利文、野村俊祐
照明助手:小山勲
録音助手:田中進
美術助手:小方一男
編集助手:竹村重吾、糸賀美保
スチール:藤巻健二
出演:高倉健、北大路欣也、加山雄三、三國連太郎、緒形拳、丹波哲郎、栗原小巻、加賀まりこ、秋吉久美子、小林桂樹、島田正吾、大滝秀治、藤岡琢也、前田吟、神山繁、森田健作、東野英心、下絛アトム、加藤嘉、花澤徳衛、山谷初男、菅井きん、田崎潤、浜田晃、加藤健一、江幡連、高山浩平、安永憲司、樋浦勉、広瀬昌助、早田文次、吉村道夫、渡会洋幸、金尾鉄夫、古川義範、荒木貞一、芦沢洋三、山西道宏、蔵一彦、新克利、海原俊介、堀礼文、森川利一、浜田宏昭、玉川伊佐男、竜崎勝、江角英明、井上博一、佐久間宏則、伊藤敏孝、石井明人、船橋三郎、丹古母鬼馬二、青木卓、永妻旭、大竹まこと
1977年日本・橋本プロダクション+東宝映画+シナノ企画/シネスコサイズ・カラー公開版169分完全版171分35mmフィルム
八甲田山 特別愛蔵版 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎                        八甲田山


撮影:木村大作氏 監督:森谷司郎氏 脚本:橋本忍氏
八甲田山

映画「セーラー服と機関銃」


「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子 ”カイ…カ・ン”※機関銃はM3グリースガン(ハドソン産業製)

薬師丸ひろ子                                        薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦

今回は相米慎二監督1981年製作「セーラー服と機関銃」をピックアップする。
本作は主演の薬師丸ひろ子さんが、高等学校2年生だった1981年の夏期休暇に合わせて撮影されたそうだ。ゲリラ(不許可)撮影については、新宿通りを暴走するシーンで本物の暴走族を起用しての一発撮り、ラストで星泉(薬師丸ひろ子)が短い髪型に変わり、赤いハイヒールを履いて「七年目の浮気」のマリリン・モンロー風に地下鉄通風口からの風でスカートをひらめかせるシーンは、伊勢丹新宿店の前(新宿通り)で撮影が行われ、数百メートル離れた新宿東映会館上階から長玉を用いて隠し撮りしたそうだ。製作費は1億5,000万円で配給収入は23億円のヒット作となった。
本作で薬師丸ひろ子さんがセーラー服姿で、敵を機関銃で一掃するというキー・イメージは、1973年に志村正浩監督が製作した「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」の池玲子さんがオリジナル・イメージである事は他ならない。


1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ(志村正浩監督)」池玲子

風祭ゆき                      薬師丸ひろ子

【ストリー】
4人しか子分のいない小さなヤクザ、目高組の親分が跡目は血縁者にと遺言を残して死んだ。その頃、女高生の星泉(薬師丸ひろ子)は、成田空港の前で車に轢かれて死んだ父・貴志と火葬場で最後の別れを惜しんでいた。泉が帰りかけたとき、中年の男が父の遺骨に線香をあげていた。泉の母はずっと昔に亡くなって、これで彼女は本当の一人ぼっちだ。泉がマンションに帰ると、マユミ(風祭ゆき)という女がおり、彼女は「もし自分が死んだら泉をよろしく」という父の手紙を持っていた。フーテンの様な格好のマユミはとても父の愛人には見えない。その日からマユミと一緒に暮す泉。翌日、黒いスーツを着こんだ大勢の男たちが学校の前に並んでいる。泉のとりまき、智生(柳沢慎吾)、哲夫(藤岡竜也)、周平(光石研)が止めるのを無視して、泉は校門に向った。すると、あの火葬場にいた男が歩み出て「星泉さんですね」と言う。佐久間(渡瀬恒彦)というその男に汚ない事務所に連れていかれた泉は、そこで、目高組四代目組長を襲名してほしいと頼まれた。佐久間の話では、親分の遺言通り血縁者を探しあてると、事故死したばかりだった。それが泉の父だ。だから、跡目は血縁者の泉に回ってきたのだ。かたくなに拒否した泉だが彼らの熱意にしぶしぶ承諾してしまう。目高組は佐久間の他に、政(大門正明)、ヒコ(林家しん平)、明(酒井敏也)の三人しかいない小さなヤクザだ。その日から、泉は佐久間に連れられ大組織の組長、浜口(北村和夫)のところへ挨拶に行った。可愛い組長に浜口は驚くと同時に笑いだすが、佐久間は大真面目だ。数日後、泉のマンンョンが何者かに荒されていた。そこへ、黒木(柄本明)と名乗る刑事がやって来た。黒木は「泉の父の死は、麻薬の密輸が絡んでおり、そのために部屋が荒らされたのでは、そして、マユミは札付きの不良娘だ」と話す。父が麻薬を密輸、泉にはとても信じられない。さらに、マユミも姿を消してしまった。その日から数日後、組の事務所の前にヒコの死体が投げだされていた。暫くして、マユミから泉に電話が入り、二人は会った。マユミの父は、“太っちょ”と呼ばれる、浜口(北村和夫)も恐れるヤクザの大親分だと言う。そして、太っちょが動くときは必ず麻薬が絡んでいるそうだ。泉のマンションが再び何者かに荒され、かつての佐久間の弟分、萩原(寺田農)に、ボディガードの明が殺され、彼女は太っちょの所に連れて行かれた。麻薬を渡せと太ょちょに迫られ、泉があわやというときマユミがやって来て、麻薬のありかを教えるから彼女を助けるように話す。娘の願いで泉を解放する太っちょ。そこへ、あの刑事の黒木が現われた。黒木は刑事の特権を利用して麻薬を密輸していたが、あの日、成田の取締官に追われ、麻薬を隣にいた泉の父のバッグに投げこんだのだ。ところが、その父が死んでしまった。一方、愛人だったマユミは麻薬を見つけ、それを水に溶かしローションの瓶に入れてあると話した。早速、黒木はマンションに向った。その夕、佐久間が現われ、泉を連れて逃げだした。後を追おうとする太っちょの前にマユミが立ちはだかり、父を撃った。そこへ、マンションの黒木から電話が入り、浜口組の奴に麻薬を横取りされたと言うと、息絶えた。泉と佐久間は政を連れて浜口の所へ向った。「太っちょを殺ってくれたし、麻薬も手に入った、お礼に目高組のシマを広げてあげよう」と言う浜口の言葉を無視して、泉は、机の上にあるローションの瓶に機関銃をブッ放した。しかし、そのドサクサで政が殺され、佐久間と二人きりになった泉は目高組を解散することにした。佐久間は堅気になると言って故郷に帰った。数日後、警察から泉に死体を確認してほしいと呼び出しがあった。佐久間だった。サラリーマンになって東京に出張に来た佐久間はヤクザ同士の喧嘩を止めに入って殺されてしまったそうだ。泉のマンションには、佐久間のサラリーマンの名刺に書かれた伝言が置いてあった。「出張で東京に来ました。留守なのでブラブラしてまた来ます」と。泉は話すことのない佐久間の唇に自分の唇を重ねるのだった。

【追加・訃報】
故・松田優作さん主演の「蘇える金狼」など多くの名作映画の撮影監督を務めた映画カメラマンの仙元誠三(せんげん・せいぞう)さんが2020年3月1日に死去していたことが5日、分かった。81歳だった。近親者により、密葬は済ませた。1938年、京都府生まれ。1958年に松竹に入社し、1967年にフリー。薬師丸ひろ子主演の映画「セーラー服と機関銃」「探偵物語」や「西部警察」「あぶない刑事」などの人気ドラマも手掛けた。
3/5(木) 18:25スポーツ報知配信


セーラー服と機関銃

題名:セーラー服と機関銃
監督:相米慎二
製作:伊地智啓(キティ・フィルム)、角川春樹、多賀英典
原作:赤川次郎
脚本:田中陽造
撮影:仙元誠三
照明:熊谷秀夫
美術:横尾嘉良
録音:紅谷愃一、信岡実
編集:鈴木晄
記録:正木輝明
音楽:星勝 主題歌:薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」
フィルム:イーストマンコダック
現像:東映化学
制作補佐:山本勉
製作進行:田中雅夫
助監督:森安建雄、黒沢清
スチール:正木輝明、小島由起夫
出演:薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦、風祭ゆき、大門正明、寺田農、三國連太郎、林家しん平、酒井敏也、柄本明、北村和夫、佐藤允、柳沢慎吾、藤岡竜也, 光石研
1981年日本・角川春樹事務所+キティ・フィルム/ビスタサイズ・カラー112分35mmフィルム
セーラー服と機関銃 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


薬師丸ひろ子                   セーラー服と機関銃

1 2 3 4 7