映画「最後の博徒」

最後の博徒最後の博徒
松方弘樹                 千葉真一、峰岸徹、三島ゆり子、成田三樹夫
最後の博徒最後の博徒
岡田奈々                       三島ゆり子

今回は山下耕作監督1985年製作「最後の博徒」をピックアップする。
仁義なき戦いシリーズ」開始から12年後に作られた本作の舞台も広島だが、”仁義ある任侠”もあったというノスタルジックな内容で拍子抜けした。東映任侠映画を支えて来た俳優陣が総出演するのは良いのだが、アクションやガンファイトシーンも少なく、迫力に乏しい内容だった。本作は鶴田浩二さんの遺作となった作品でもある。

最後の博徒最後の博徒
成田三樹夫                   千葉真一、松方弘樹
最後の博徒最後の博徒
鶴田浩二                        梅宮辰夫 

【ストリー】
昭和52年4月13日、北陸最大の組織で北陸の帝王と呼ばれた川名組・川名勇組長(柳田真宏)が越前三国で殺害された。福井県警はその日のうちに刺客4人を逮捕。さらに殺人教唆の黒幕として、荒谷政之(松方弘樹)を逮捕した。荒谷には懲役20年の判決が下りた。荒谷は少年時代から呉の素人賭場に出入り、石岡博(梅宮辰夫)の子分となる。そこで博徒の行儀作法を学んだ。一年後には若中に成長した彼に目をかけてくれたのは兄費分の大松義寛(江夏豊)である。昭和21年8月、大松は愚連隊を叩き潰した。その中には後の大原組組長大原勝(泉谷しげる)がおり、彼は後に呉一帯をしきる山辰信男(成田三樹夫)と親交があった。石岡は大松を怒った。朝鮮戦争勃発直前、新興の運送業者山辰は勢力を伸ばし、山辰組を拡大していく。そんな時、呉駅近くで博徒のいざこざが起り、山辰組の若い者に突然現われた加納良三(千葉真一)が助っ人をした。山辰は警察に捕まった加納を見込んで5万円の保釈金を積み子分にした。だが加納は刑務所内で大松と兄弟分の盃を交わしていた。荒谷と加納もすぐ親しくなった。昭和24年9月、加納は石岡を撃つ。だが命までは取れず刑務所入りとなった。この事件が山辰の命令と知った荒谷は単身山辰の命を狙うが、彼をかばうために出て来て命を落してしまったのは大松だった。この抗争は、山辰が加納を破門にするという条件を加え、広島の大親分清島春信(萬屋錦之介)の仲介で手打ちとなる。荒谷は山辰を狙って逮捕される。昭和27年6月、大原によって石岡が刺殺された。この仇は荒谷の若い者杉本(清水健太郎)が打ったが、山辰はのうのうと毎日を送っていた。荒谷はいつかは山辰を殺ると決心した。そんな荒谷に脅えて、山辰は刑務所内にまで刺客を送り込んできた。だが、荒谷の命はなかなか取れなかった。昭和34年2月、荒谷は出所。彼は神戸の神岡組の三代目、田城一正(丹波哲郎)の最高幹部の菅田組組長菅田猛雄(鶴田浩二)と兄弟分の盃を交わした。その頃、山辰は呉を一本化、共栄会という組織を作り、初代会長におさまっていた。昭和45年9月、加納の出所の時が来た。加納と荒谷は手を握り合い、打倒山辰をめざす。そんな二人の前に清島が現われ、山辰を引退させるから、彼から手を引いてくれと言うのだった。加納は足を洗い、荒谷は幼な馴染の道代(岡田奈々)を妻にして、大阪で一匹狼としての組を組織した。昭和50年9月、菅田組内の川名組と浅井組が戦争に突入。菅田は神岡組から絶縁状を送られてしまう。そんな時、荒谷のところに川名殺害の殺人教唆の逮捕状がきた。彼は菅田に最後の言葉を送った。菅田と神岡組三代目は和解した。昭和59年9月、最高裁は荒谷の原判決を破棄した。

最後の博徒最後の博徒
丹波哲郎                         峰岸徹
最後の博徒最後の博徒
萬屋錦之介                     松方弘樹、江夏豊

題名:最後の博徒
監督:山下耕作
企画:藤映像コーポレーション
製作総指揮:俊藤浩滋、高岩淡
製作:佐藤雅夫、厨子稔雄
原作:正延哲士「最後の博徒 波谷守之の半生」
脚本:村尾昭
撮影:鈴木達夫
照明:渡辺喜和
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:梶谷信男
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣裳:森譲、豊中健
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:上野隆三
配役:葛原隆康
記録:石田照
編集:玉木濬夫
音楽:伊部晴美 主題歌:松下奈生「叱られた子のように」
進行主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
演技事務:村田五郎
和楽:中元敏生
舞踊指導:藤間紋蔵
方言指導:国一朗太、司祐介、宮川珠季
宣伝:寺西国光、小田和治、吉富三久良、佐藤一也
製作宣伝:丸国艦
スチール:飯塚文正
出演:松方弘樹、鶴田浩二、丹波哲郎、千葉真一、梅宮辰夫、萬屋錦之介、成田三樹夫、品川隆二、岡田奈々、待田京介、江夏豊、泉谷しげる、清水健太郎、木之元亮、誠直也、ガッツ石松、三島ゆり子、峰岸徹、日高澄子、森次晃嗣、苅谷俊介、岡崎二朗、丹波義隆、岩本多代、下川辰平、柳田真宏、小松方正(ナレーター)
1985年日本・東映/ビスタサイズ・カラー125分35mmフィルム
最後の博徒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

最後の博徒最後の博徒
苅谷俊介、森次晃嗣                  最後の博徒

映画「大奥十八景」

大奥十八景大奥十八景
勝野洋                          辻沢杏子

今回は鈴木則文監督1986年製作「大奥十八景」をピックアップする。
“摩訶絶品、世紀末風エロス・スペクタクル大作!”と銘打たれた本作は、南原幹雄氏の同名小説を映画化したものだが、大奥なのに絢爛さがなく、濡れ場はそこそこあるが物足りないのだ。この時代になると70年代の東映パワーは、減衰していると思われる作品だった。

大奥十八景大奥十八景
新藤恵美                        あおい輝彦

【ストリー】
延宝7年の頃、武蔵野の山野で鷹狩りをしていた四代将軍、家綱(あおい輝彦)は、貧しい農家の娘おなつ(伊織祐未)を見染めた。家綱に力ずくで凌辱された彼女は、大奥に召し上げられあでやかなお手付中臈に変身した。家綱は未だに世継ぎに恵まれていなかったため、大奥総取締り役の年寄り、姉小路の局(新藤恵美)は、おなつに期待をこめて性教育をする。お手付中臈、おみの(山本奈津子)が妊娠した。大奥は待望の世継ぎ懐妊と色めきたったが、おみのが宿した子は市井の下賎の男のものだった。おみのは炎の間に閉じ込められ、半裸にむかれて陰惨な私刑を浴びた。息絶えだえのおみのから、同じお手付中臈、おすみ(辻沢杏子)は、家綱に子種がないと確信した姉小路が、おみのに他の男の種を宿させ世継ぎ懐妊をふれまわったことを知った。おみのは自害した。恐ろしくなったおすみは江戸城を出、産婦人科を営む初恋男性、中条源四郎(勝野洋)の住む裏長屋に逃げ込んだ。一方、世継ぎもままならぬ家綱の焦りは頂点に達し、女漁りは激しさを加え、遂には湯殿でお末女中、よしの(野村真美)を抱きすくめた。以後、家綱はよしのに溺れた。やがて、家綱が急死し、綱吉(宮内洋)が五代将軍の座についた。そんなある日、源四郎は老中、堀田正俊(中野誠也)に呼び出され、意外な頼みを持ちかけられた。それは亡き家綱の胤を宿した側妾が一人だけ居るが、その女を探し出し胎児を闇に葬れとのことだった。そして、源四郎が断るならばおすみとその家族を処刑に処するという。源四郎は性の営みに及ぶとき、麝香の匂いを放つというその女性探しを手下の巾着切り、隼の完次(ベンガル)に頼んだ。家綱の寵愛を受けた中臈たちは、追放されて探すすべもないが、桜田御用屋敷に気のふれたおなつをはじめ5人ほど預けられていた。源四郎と完次は屋敷に忍び込み、一人一人に接触するが徒労に終った。源四郎は大奥に潜入し、秘術を尽して姉小路を責め麝香の女の名を聞きだした。それはよしのだった。よしのは郷里、若狭でひっそりと暮らし玉のような男の子を産んでいた。自分の命に替えても我が子を守ろうとするよしのに、源四郎はきっぱりと役目を捨てるのだった。

大奥十八景大奥十八景
絵沢萠子、伊織祐未                    ベンガル、勝野洋

題名:大奥十八景
監督:鈴木則文
企画:佐藤雅夫
製作:厨子稔雄、豊島泉、横溝重雄
原作:南原幹雄「大奥十八景」
脚本:志村正浩、鈴木則文
撮影:北坂清
照明:安藤清人
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:小林勝美
装置:和田順吉
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:森譲も豊中健
美粧:中村清和
結髪:福本るみ
配役:葛原隆康
擬斗:菅原俊夫
記録:中野保子
編集:荒木健夫
音楽:はる、佐久間正英 主題歌:はる「むらさき」音楽プロデューサー:高桑忠男
進行主任:宇治本進
現像:東映化学
助監督:藤原敏之
演技事務:寺内文夫
和楽:中元哲
絵画制作:白数徳郎
舞踊振付:藤間紋蔵
作法指導:春藤真澄
スチール:小原健志
出演:辻沢杏子、勝野洋、伊織祐未、あおい輝彦、新藤恵美、ベンガル、絵沢萠子、野村真美、三島ゆり子、山本奈津子、八神康子、美波千秋、森田水絵、渡辺良子、宮内洋、中野誠也
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー115分35mmフィルム
大奥十八景 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
辻沢杏子                        野村真美
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景

映画「まむしと青大将」


菅原文太                        川地民夫

今回は中島貞夫監督1975年製作「まむしと青大将」をピックアップする。
まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作は最終第9作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「まむしと青大将」緑魔子

荒木一郎                     川谷拓三、佐藤蛾次郎

菅原文太、悠木千帆(樹木希林)、川谷拓三         安部徹、室田日出男、志賀勝

【ストリー】
日本全国の刑務所を寝城としているまむしのゴロ政(菅原文太)が久々にシャバに出て来た。一方、政の弟分・不死身の勝(川地民夫)は、大阪で政神会という一家の親分になっていた。政はすぐにでも勝に会いたかったが、手土産の一つも欲しい。そこで土地の暴力団抗争に眼をつけ、抗争相手の組長殺しを引き受けるが、その組長に200万円で命乞いされる。その金でソープランドに行き刑務所のアカを落した政は、欣一(川谷拓三)というチンピラにマージャンに誘われ、欣一の兄貴分でイカサマ師の健(荒木一郎)らと麻雀に興じるが、たちまちトラの子の200万円を取られてしまった。だが、イカサマを見破った政は、健の持ち金数百万円を無理矢理奪い取った。しかし気のいい政はその金も、麻雀気違いで生活費もスッてしまった電気商の坊本(金子信雄)に泣き落されて全額くれてやった。再び無一文になった政は、一億円を貯め込んでいるという風俗嬢・沙織(緑魔子)に目をつけた。早速、政は彼女を麻雀に誘うが、健ともども負けてしまう。実は沙織もイカサマ師だったのだ。健と沙織の仲が密接になり、二人は近く大阪で行なわれる全日本麻雀大会に出場することにした。一方、政は欣一を連れて大阪の勝を訪ねた。勝は暴力団と抗争を続けながら縄張りを拡大していたが、政神会は、会長・元村(安部徹)が引きいる大阪東邦連合会に面倒をみてもらっているため勝手な行動はできなかった。数日後、政は健と沙織に会ったが、沙織は株の失敗で一億円を失っていた。健は沙織に惚れている政を利用して政に資金調達を頼む。政は勝と組んで東邦連合会から3,000万円を横取りし、政神会は東邦連合会から脱会した。全日本麻雀大会の日、健と沙織は3,000万円を持って出場した。その頃、政と健は東邦連合会に捕われ私刑を受けるが、玄竜会々長・藤山(渡辺文雄)を殺せば勝の命を救けると言われた政は、可愛い弟分のために決意した。その藤山は健、沙織の麻雀の相手で、政がその会場に殴り込んだ時、丁度、健、沙織のイカサマが見破れた瞬間だった。政は藤山から一億円を奪い沙織と逃げだし、その金を手渡した。しかしその直後、沙織が連合会に捕われた。政は勝を連れて、東邦連合会に殴り込んだ……。


坊屋三郎                       三島ゆり子

金子信雄、石井富子                 渡辺文雄

志賀勝、菅原文太                     緑魔子

題名:まむしと青大将
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、佐藤雅夫
脚本:高田宏治
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晃
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
背景:西村三郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩谷保
擬斗:三好郁夫
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:広瀬健次郎
進行主任:長岡功
助監督:篠塚正秀
演技事務:上田義一
麻雀指導:小島武夫
スチール:中山健司
出演:菅原文太、川地民夫、緑魔子、荒木一郎、悠木千帆(樹木希林)、室田日出男、川谷拓三、三島ゆり子、橘麻紀、名和宏、坊屋三郎、潤ますみ、汐路章、佐藤蛾次郎、安部徹、金子信雄、石井富子、渡辺文雄、志賀勝、林彰太郎、成瀬正孝
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
まむしと青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、川地民夫

1 2 3 7