映画「青い山脈」

青い山脈
浜田光夫、吉永小百合
青い山脈青い山脈
吉永小百合、芦川いづみ               浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作(1963年1月公開)「青い山脈」をピックアップする。
石坂洋次郎氏の原作は、1949年今井正監督(東宝),1957年松林宗惠監督(東宝),1975年河崎義祐監督(東宝),1988年斎藤耕一監督(松竹)と映画化された。本作では設定を時代に合わせて旧制・高等女学校から新制・女子高等学校に、旧制高校生から大学生に変更し、原作では東北が舞台だが、ロケーションは滋賀県彦根市で行われた。
内容は当時の爽やかな青春映画で、可憐な女子高生を演じる吉永小百合さんと凛とした英語教師を演じる芦川いづみさんに、時代を超えて魅了される。嗚呼、私も麗しのいづみさんに叱られたい!

青い山脈青い山脈
二谷英明、芦川いづみ              南田洋子、二谷英明
青い山脈青い山脈
高橋英樹                    藤村雄幸
青い山脈青い山脈
芦川いづみ、北林谷栄              井上昭文

【ストリー】
城下町にあるこの女子高校に転校してきた寺沢新子(吉永小百合)はちょっと変っていた。前の学校で恋愛問題を起して退学になったのだという噂もとんでいた。が、新子は級友たちの反感の渦の中でも少しも悪びれなかった。ある日、英語教師の島崎雪子(芦川いづみ)の所に新子が一通のラブレターを持って来た。これはクラスの誰かのいたずらだ、と新子にいわれてみれば、誤字だらけの文章はどうみても大学生の手紙ではない。雪子は丁度そこに来合わせた校医の沼田(二谷英明)に相談した。徹底的に究明しようといきりたつ雪子に、沼田は事を荒立てるなと忠告した。ひそかに雪子を愛する彼は、彼女がいつまでも前向きの姿勢でいることを危ぶんでいたのだった。数日後、雪子はとうとうラブレターの一件を生徒たちに切り出したが、強い反撃にあった。犯人は松山浅子(進千賀子)と分ったものの新子が男の子とキスをしたという発言があって教室は蜂の巣をつついたような騒ぎになった。そのあとの休み時間に、丘に連れ出し気分を晴らすように踊りながら話を聞く雪子に、新子は事件が誤解であることを訴えた。翌日、新子はキス事件の相手として騒がれている六助(浜田光夫)と出逢った。話を聞いて目を丸くした六助と親友のガンさん(高橋英樹)。二人とも進歩的な青年をもって任じているだけあって、大いに新子に同情し力を合わせることを約束したが、折も折、三人が街を歩いていると浅子たちがやって来たのでまたまた一騒動である。問題は日毎に大きくなった。父兄たちの反響、ことにPTA会長の井口(三島雅夫)の怒りを恐れた校長(下元勉)は職員会議を聞いて善処を要望したが、教員の殆んどは雪子の行き過ぎを非難した。ただ、沼田だけが雪子を支持し励ました。井口は雪子と新子、それに沼田の締め出しにかかった。沼田もすぐ雪子、新子それに六助とガンさんを呼んで対策をねった。そしてPTA会議、六助とガンさんも父兄代表に化けてのりこみ断固として井口一派と対決するのだった。

青い山脈青い山脈
吉永小百合、進千賀子

題名:青い山脈
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:井手俊郎、西河克己
撮影:萩原憲治
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
編集:鈴木晄
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:白鳥信一
色彩計測:前田米造
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、芦川いづみ、二谷英明、高橋英樹、田代みどり、南田洋子、松尾嘉代、下元勉、織田政雄、井上昭文、殿山泰司、浜村純、藤村有弘、北林谷栄、進千賀子、三島雅夫、左卜全
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
青い山脈 HDリマスター版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

青い山脈青い山脈

青い山脈
吉永小百合

麗しの芦川いづみさん
青い山脈
青い山脈青い山脈
青い山脈青い山脈

映画「銀座化粧」

銀座化粧銀座化粧
田中絹代                      香川京子

今回は成瀬巳喜男監督1951年製作「銀座化粧」をピックアップする。
本作は東宝争議の影響で成瀬監督が初めて新東宝で監督した作品だ。映画評論家から新東宝のプロデューサー兼脚本家に転じた岸松雄氏による脚本は、雑誌”近代映画”に井上友一郎氏が連載した原作を大きく改変したそうだ。戦後からそうたっていない銀座4丁目、築地付近、新富町の実景が貴重なものとなっている。

銀座化粧銀座化粧
田中絹代                    花井蘭子、田中絹代

【ストリー】
雪子(田中絹代)は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久(清川玉枝)の二階を借りて、昔の情人藤村(三島雅夫)との間の子供春雄(西久保好汎)と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江(花井蘭子)は、葛西(小杉義男)という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるのだった。雪子の勤め先の酒場のマダム幸子(津路清子)が、二十五万円金策出来なければ店を手放さなければならないと相談をもちかけて来たとき、雪子はその金策のため、静江のすすめる男の世話になろうとしたが結局はそんなことも出来得ない彼女だった。路上の疎開していた村の素封家の息子石川京助(堀雄二)が上京したとき、静江は旦那が上京中のこととて、案内役を雪子にたのんだ。村の観測所に勤める京助から、朴訥な調子で星の話など語られると雪子はふと忘れていた少女時代を思い出して、ロマンチックな気持ちになり、この京助と結婚して田舎へ住むことを考えたりするのだった。しかし、春雄が見えなくなったという知らせに、おどろいて家に帰り、芝居見物の案内は、妹分の京子にたのんだ。幸い春雄は帰って来た。が、京助と京子は一晩のつき合いで愛し合うようになり婚約をして、いずれ京助が京子を迎えに来ることを約束して帰って行った。雪子はふと抱いた仄かな希望を忘れて、また夕方になると相変わらず銀座へ通うのだった。

銀座化粧銀座化粧

題名:銀座化粧
監督:成瀬巳喜男
製作:伊藤基彦
原作:井上友一郎
脚本:岸松雄
撮影:三村明
照明:大沼正嘉
録音:神谷正和
美術:河野鷹思
編集:笠間秀敏
音楽:鈴木静一
製作主任:服部仙太郎
助監督:石井輝男
スチール:橋山愈
出演:田中絹代、花井蘭子、堀雄二、香川京子、柳永二郎、東野英治郎、田中春男、小杉義男、三島雅夫、清川玉枝、春山葉子、津路清子、小倉繁、西久保好汎
1951年日本・新東宝+伊藤プロ/スタンダードサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
新東宝映画傑作選 銀座化粧 [DVD販売]
銀座化粧[DMMレンタル]

銀座化粧銀座化粧
田中絹代、花井蘭子                 三島雅夫

映画「新・男はつらいよ」


渥美清                      栗原小巻

今回は小林俊一監督1970年製作「新・男はつらいよ」をピックアップする。
第4作となる本作のロケ地は、愛知県名古屋市などで行われ、封切り時の観客動員は48万5,000人、配給収入は1億3,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は550円、併映は「アッと驚く為五郎(監督:瀬川昌治 出演:ハナ肇、梓みちよ、尾崎奈々、佐藤友美、谷啓、財津一郎)」であった。
本作は、TV版「男はつらいよ」の演出やプロデュースで深く関わった小林俊一監督が担当している。これは第3作「男はつらいよ・フーテンの寅」と同様、第1作の大ヒットによるもので、製作工程が1ヵ月半という短期間だったそうだ。尚、本作のラボは東京現像所(調布市)から東洋現像所(現:イマジカ/品川区五反田)に全48作中、唯一の変更だった。


佐山俊二、三崎千恵子、森川信           渥美清、太宰久雄

【ストリー】
名古屋の競馬で大穴を当てたフーテンの寅こと(車寅次郎)が久しぶりに懐しの生まれ故郷柴又に帰って来た。柴又では寅のおいちゃん夫婦(森川信、三崎千恵子)、妹さくら(倍賞千恵子)、その夫博(前田吟)らが寅の噂に花を咲かせていた。寅は100万円を見せびらかせ大得意、日頃の恩返しにとおいちゃん夫婦をハワイ旅行に行かせると大はりきりだった。弟分で今は旅行社に勤める登(秋野太作)に準備万端をととのわせた寅は、日一日とハワイの夢に胸はずませるおいちゃん夫婦に有頂点。この噂は近所に知れ、寅の株はグッとあがった。ハワイへ出発する日がやってきた。が、好事魔多し、寅の金を登の社長が持逃げして、旅行の夢ははかなくも消えた。近所の人の手前を気にする夫婦は、夜中にこっそり帰ってきた。そして、寅の提案により、数日を戸締りし、電気もつけないで暮すことになった。だが、その第一日目、留守を承知に押入った泥棒(財津一郎)が暗闇の中に三人を発見して大恐慌。この件により事の始終は近所の人たちの知るところとなった。かくして又ぞろ寅さんは柴又から姿を消すハメになった。それから一カ月。おいちゃん夫婦が心配になって、寅は帰郷した。その日から寅の小さな目が輝いた。自分の部屋に下宿する美しい幼稚園の先生・春子(栗原小巻)に恋をしたのだ。日増しにつのる慕情。春子と生き別れの父が病死し、寅は春子を元気付けようとするが、春子には会沢(横内正)という恋人がいた。失意の寅。彼はまたまた旅に出た。


渥美清、三崎千恵子、森川信      森川信、倍賞千恵子、三崎千恵子、秋野太作

題名:新・男はつらいよ
監督:小林俊一
企画:高島幸夫
製作:斎藤次男
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:松本隆司
美術:宇野耕司
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
現像:東洋現像所
製作主任:峰順一
助監督:大嶺俊順
スチール:久保哲男
出演:渥美清、倍賞千恵子、栗原小巻、前田吟、三崎千恵子、森川信、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、財津一郎、三島雅夫、横内正、村瀬幸子、秋野太作、佐山俊二、浜村純
1970年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
公式サイト
新・男はつらいよ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


森川信、前田吟、渥美清、三崎千恵子

1 2 3 4