映画「男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様」


関敬六、渥美清                    かたせ梨乃

今回は山田洋次監督1994年製作「男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様」をピックアップする。
第47作となる本作のロケ地は、新潟県上越市、滋賀県長浜市、西浅井町、神奈川県鎌倉市江ノ島電鉄線鎌倉高校前駅、長崎県雲仙市旧長崎県南高来郡小浜町、島原鉄道バス”雲仙バス停”、東京都渋谷区などで行われ、封切り時の観客動員は217万6,000人、配給収入は15億5,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,800円、併映は「釣りバカ日誌7(監督:栗山富夫 出演:西田敏行、浅田美代子、谷啓、名取裕子、三國連太郎)」であった。


吉岡秀隆、牧瀬里穂                小林幸子、渥美清

【ストリー】
地方都市の繁華街で歌う演歌歌手(小林幸子)の応援をした寅(渥美清)は、ふらりと柴又へ帰って来た。甥の満男(吉岡秀隆)は就職して半年が過ぎ、セールスマン仕事にすっかり嫌気がさしていたが、そんな彼を寅はやんわり諭す。ある日、長浜市で家業を継ぐ大学時代の先輩・川井信夫(山田雅人)から誘われ、満男は休日を利用して地元のお祭りを観に行った。そこで出会った信夫の妹・奈穂(牧瀬里穂)に町の案内をしてもらい、2人は急速に打ち解け合っていく。一方、寅も同じ長浜に来ていて、大きな撮影機材を抱えた宮典子(かたせ梨乃)がケガをしたのを助けた。年に一度撮影旅行に出かけるのを楽しみにしている典子と寅は周囲から見ると夫婦のように親しくなるが、ケガを聞いて典子の夫・幸之助(平泉成)が迎えに駆けつけ、典子は突然帰ることになった。何も言わず、送り出す寅。一方、地元の曳山祭りたけなわの夜、奈穂と二人きりになり、彼女に何げなく恋人はいるかどうか聞く。そんな満男の姿を見かけた寅は、満男にひと言声をかけて励ました後、すうっと人混みの中に消えていった。その晩、信夫から「よかったら妹をもらってくれないか」と言われ、驚きながらもまんざらでもない満男。だが、東京へ戻ってきた後、それが信夫のひとりよがりだったことを知らされがっくりし、やはり柴又に戻ってきていた寅と恋をめぐって語り合うことに。年が明け、もう会えないと思っていた奈穂がひょっこり満男の元を訪ねてきて、満男は大喜びする。そんな満男を知ってか知らずか、遠くまた旅に出た寅であった。


前田吟、下條正巳、渥美清、吉岡秀隆 渥美清、吉岡秀隆、太宰久雄、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子

題名:男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作総指揮:櫻井洋三
製作:野村芳樹、深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影監督:高羽哲夫
撮影:池谷秀行
照明:野田正博
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男、横山豊
編集:石井巌
音楽:山本直純、山本純ノ介 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
助監督:阿部勉
撮影助手:近森真史
ステディカム:佐光朗
スチール:金田正
出演:渥美清、かたせ梨乃、牧瀬里穂、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、小林幸子、平泉成、河原崎長一郎、山田雅人、関敬六
1994年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・拝啓 車寅次郎様 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渥美清、吉岡秀隆                                      江ノ電「鎌倉高校前」駅

映画「男はつらいよ・寅次郎の縁談」


松坂慶子、渥美清                城山美佳子、吉岡秀隆

今回は山田洋次監督1993年製作「男はつらいよ・寅次郎の縁談」をピックアップする。
第46作となる本作のロケ地は、香川県仲多度郡琴平町、三豊市志々島(塩飽諸島)、仲多度郡多度津町高見島(塩飽諸島)、栃木県那須郡烏山町(現那須烏山市)などで行われ、封切り時の観客動員は216万2,000人、配給収入は15億7,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,800円、併映は「釣りバカ日誌6(監督:栗山富夫 出演:西田敏行、石田えり、三國連太郎、久野綾希子、谷啓)」であった。マドンナ役の松坂慶子さんは「浪花の恋の寅次郎(第27作/1981年)」編にも出演している。(別キャラクター)


松坂慶子、島田正吾               渥美清、松坂慶子

笹野高史、桜井センリ

【ストリー】
来年大学を卒業し、就職しなければならない満男(吉岡秀隆)は、不況の追い風を受けて採用試験に苦戦していた。さくら(倍賞千恵子)と博(前田吟)は苛立つ満男をハラハラしながら見守るだけ。そのうち、自分自身にも嫌気がさした満男は旅に出てしまうのだった。ひさしぶりに葛飾に帰った寅(渥美清)は、事情を聞いて満男を連れ戻すことを安請け合い。さっそく、瀬戸内海の小島・琴島へ出掛けた。満男を見つけ出し、説教してみたものの、当の本人は看護婦の亜矢(城山美佳子)に恋してしまい、帰る気がないらしい。寅はその晩、とりあえず、満男の居候先に泊まった。そこに年老いた当主(島田正吾)とその娘、洋子(松坂慶子)がいた。洋子は絶世の美女で、神戸では料理屋もやっていたという。しかし、不況のために借金を作ってしまい、それを返すために働き過ぎて体を壊し、この島に帰って来たのだった。疲れ切った様子の洋子を、寅は一生懸命勇気づける。洋子は寅の優しさに次第に惹かれていった。ある日、洋子は満男に寅への気持ちを伝えた。満男自身もまた亜矢から告白され、尻ごみしてしまう。そして明け方、寅は洋子に置き手紙を残し、満男も就職するために東京へ帰るのだった。


下條正巳、倍賞千恵子、前田吟、太宰久雄 渥美清、前田吟、三崎千恵子、倍賞千恵子、下條正巳

題名:男はつらいよ・寅次郎の縁談
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作総指揮:櫻井洋三
製作丸山富之、島津清
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影監督:高羽哲夫
撮影:池谷秀行
照明:野田正博
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男、横山豊
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
助監督:阿部勉
撮影助手:近森真史
スチール:金田正
出演:渥美清、松坂慶子、城山美佳子、光本幸子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、島田正吾、関敬六、すまけい、笹野高史、桜井センリ、松金よね子、人見明、西田敏行(友情出演)
1993年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎の縁談 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


光本幸子                      西田敏行(友情出演)

第1作でマドンナ役を務めた光本幸子さんが、御前様の娘役という同じキャラクターで配され「釣りバカ日誌」の”ハマちゃん”役の西田敏行さんが、役柄そのままに”くるまや”の前の通りを横切る当時の松竹2大人気シリーズ間のサービスカットがある。(上画像右)


城山美佳子                    吉岡秀隆、渥美清

映画「男はつらいよ・寅次郎の青春」


渥美清、吉岡秀隆                風吹ジュン(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1992年製作「男はつらいよ・寅次郎の青春」をピックアップする。
第45作となる本作のロケ地は、宮崎県日南市油津、飫肥、岐阜県益田郡下呂町(現:下呂市)の下呂温泉などで行われ、封切り時の観客動員は207万人、配給収入は14億5,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「釣りバカ日誌5(監督:栗山富夫 出演:西田敏行、石田えり、三國連太郎、中本賢、戸川純、笹野高史、谷啓)」であった。御前様役を長年演じた笠智衆さんは、本作公開の3ヶ月後に死去した為に遺作となってしまった。


後藤久美子                倍賞千恵子、佐藤蛾次郎、笠智衆

【ストリー】
秋風の漂う頃、旅から旅のフーテンの寅こと車寅次郎(渥美清)は九州・宮崎のある港町で、“髪結いの亭主”よろしく理髪店の女店主・蝶子(風吹ジュン)のもとに居候することになった。一方、寅の故郷、葛飾・柴又では、東京のレコード店に就職した泉(後藤久美子)が、休み前になると満男(吉岡秀隆)の家に遊びに行き、さながら家族のように過ごしていた。そんな泉は高校時代の親友の結婚式で宮崎に出かけ、偶然、寅に出会う。久しぶりの再会に喜ぶ2人だったが、そこへ蝶子がやって来て、大あわてした寅は足をくじいてしまう。泉から電話でそのことを聞いた満男は、大急ぎで宮崎へ。その慌てようにさくらたちは大騒ぎとなるが、満男が急いだのはもっぱら泉に会いたいからだった。宮崎に着いた彼を迎えに来たのは泉だけでなく、蝶子の弟で漁師の竜介(永瀬正敏)も一緒だった。泉が竜介と仲良くしている様子に満男はふくれるが、竜介にはちゃんと許婚がいることが分かると、とたんに元気を取り戻す。こうして彼らはしばしの楽しい日々を過ごすが、いざ満男と泉が帰るという日、寅も一緒に帰ると言い出し、蝶子は怒ってしまう。蝶子も寅のことが好きになっていたのだった。
久しぶりに柴又に戻ってきた寅が相変わらず社長(太宰久雄)と喧嘩したりしている頃、名古屋で働く泉の母親・礼子(夏木マリ)が入院することになり、泉は東京の勤め先をやめ、名古屋に向かうことを決心する。新幹線のホームまで見送りにいった満男は、離れたくない思いをかみしめ、泉を励まして別れる。そんな満男の成長を見届けながら、寅はまた旅に出るのだった。


吉岡秀隆、渥美清、倍賞千恵子、下條正巳、三崎千恵子          前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、倍賞千恵子

題名:男はつらいよ・寅次郎の青春
監督:山田洋次
製作:中川滋弘、島津清、深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫、花田三史
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
助監督:阿部勉
撮影助手:池谷秀行
ステディカム:佐光朗
スチール:金田正
出演:渥美清、風吹ジュン、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、永瀬正敏、夏木マリ、関敬六
1992年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー107分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎の青春 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


永瀬正敏、渥美清                   風吹ジュン

1 2 3 4 15