映画「対決」


高橋英樹、葉山良二                  小林旭

今回は舛田利雄監督1967年製作「対決」をピックアップする。
日活で任侠ものを作ると東映とは全く違うスタンスになる。セット画作りの奥行き感は、素晴らしいものがあるが、東映作品に比べキャラクターが弱いと思った。社風カラーの違いがよく出ている。


和泉雅子                       青木義朗

【ストリー】
大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅(安部徹)は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山(青木義朗)にまかせた。銭山は代貸清太郎(中谷一郎)の弟直二郎(高橋英樹)や客人の満州常(小林旭)を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安(山田禅二)と代貸益子(玉川伊佐男)を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。
それから6年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしん(北林早苗)は銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。


北林早苗、高橋英樹                    安部徹

題名:対決
監督:舛田利雄
企画:高木雅行
脚本:池上金男、舛田利雄
撮影:萩原憲治
照明:宮崎清
録音:福島信雅
美術:木村威夫
技斗:高瀬将敏
記録:土屋豊
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎 主題歌:小林旭「落日」
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:小澤啓一
色彩計測:前田米造
スチール:土屋豊
出演:高橋英樹、小林旭、和泉雅子、北林早苗、葉山良二、三条泰子、中谷一郎、玉川伊佐男、青木義朗、安部徹、山田禅二
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
2017年7月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「対決」

小林旭、高橋英樹「対決」

映画「またの日の知華」

またの日の知華またの日の知華
「第一章 知華と良雄」吉本多香美         吉本多香美、田中実

今回は原一男監督2004年製作「またの日の知華」をピックアップする。
本作は、知華というキャラクターを四人の女優が演じる構成なので、オムニバス映画ではないが、1970年代のニュース・フィルムを挿入しながら激動の時代を奔放に生きた女性・知華の生き様をテーマにしている。原監督は、劇映画初作品であるが「極私的エロス・恋歌1974」で紹介した様に、今村昌平監督、浦山桐郎監督や日活出身のキャメラマン姫田真佐久氏に師事して劇映画の礎は仕上がっている。だから本作を”ドキュメンタリー作家が作った劇映画”というのは当たらない。むしろ、台詞で説明したり、画解きをするベタなステロタイプを用いず、映像で語っているのが、原一男監督らしく素晴らしい作品だ。私は、桃井かおりさんのニュートラルな情念の演技に感動した。

※原一男監督作品についてはこちらをご覧下さい。

またの日の知華またの日の知華
「第二章 知華と和也」渡辺真起子        田辺誠一、渡辺真起子

【ストリー】
「第一章 知華と良雄」
元機動隊員の良雄(田中実)は、60年安保闘争時に身も心も傷付いていた。そんな良雄にとって従妹の知華(吉本多香美)は、いつも眩しい存在だった。知華は、自分が母の不義の子であることから、自分と良雄は実の兄弟ではないかという幻想にとらわれていた。大会中の事故がもとで体操選手となる夢を断念し、中学校の体育教師となった知華と、良雄は結婚する。東京での新生活が始まり、1969年1月、全共闘運動で揺れる東京で、知華は純一を出産する。教師として、母として、妻として、懸命に生きようとする知華。そんな矢先、良雄が結核と診断され、入院を余儀なくされる。
知華:吉本多香美 良雄:田中実
「第二章 知華と和也」
良雄が療養所に入院中、郷里の母校に勤めるようになった知華(渡辺真起子)に、新任体育教師、和也(田辺誠一)が接近してくる。和也の亡父は少女時代の知華の後援者であり、父の遺した8ミリフィルムに映る知華の映像に、和也は焦がれつづけていた。和也に求められ、知華は夫の留守に耐える妻の殻を脱ぎ捨てて、性の悦びに浸る。1972年正月、自宅療養を許された良雄が帰ってくる。和也との仲が噂になり、退職届を出した日の夜、知華は嫉妬に駆られた和也に呼び出され、モーテルへ行く。良雄は無言で送り出し、テレビを点ける。連合赤軍あさま山荘事件が映し出されていた。
知華:渡辺真起子 和也:田辺誠一
「第三章 知華と幸次」
知華の教え子、幸次(小谷嘉一)は、姉の率いるアナーキーなゲリラグループに属していた。アジトが内ゲバで襲われた夜、幸次は知華(金久美子)と再会する。かつて、生意気な転校生だった幸次を、暴力的な男性教師からかばったのも知華だった。教職を辞した後、知華は借金取りに追われるように単身で上京していた。レズビアンの姉に複雑な思いを抱きつつ、知華を慕うようになる幸次。和也から手切金を受け取った知華は、アジトを襲撃されて行き場のなくなった幸次を連れて、豊川に住む幸次の祖母の元に身を寄せる。1974年8月、手筒花火の大役をやり遂げた幸次は、東京丸の内での過激派による爆破事件に衝撃を受ける。その夜、知華と幸次は結ばれる。しかし、ふたりで南の島に旅立とうとしたとき、姉が迎えにくる。
知華:金久美子 幸次:小谷嘉一
「第四章 知華と瀬川」
流れ者の瀬川(夏八木勲)は、場末のスタンドバーでの売春の客として、知華(桃井かおり)と出会う。女を刺した前科をもつ瀬川と、知華は深い仲になってゆく。その一方で、和也との生活も続いていた。小学生になった純一が新潟から訪ねてくる度に、知華はどちらかの男性と束の間の親子の時を過ごした。瀬川は、自分が預けていた金を使い込んでしまった知華を、遠い旅に誘う。たどり着いたのは、瀬川の故郷・飛鳥。瀬川が朽ち果てた生家を訪れている間に、知華は純一に電話をかけ、「いっしょに暮らそう」と言う。しかし、電話の向こうからは、つれない返事が返ってくる。岸壁の上で瀬川とたわむれる知華。海には、真っ赤な夕焼けが燃え落ちる。
知華:桃井かおり 瀬川:夏八木勲 リエ:三条泰子 純一:吉岡秀隆「エピローグ」

またの日の知華またの日の知華
「第三章 知華と幸次」金久美子、小谷嘉一

題名:またの日の知華
監督:原一男
企画:原一男
製作:小林佐智子
脚本:小林佐智子
撮影:岡雅一
照明:山川英明
録音:西岡正己
美術:大庭勇人
記録:溝木久子
編集:鍋島惇
音楽:上田亨
撮影機材:映像サービス(AATON16)
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所、SONY P.C.L
プロデューサー:莟宣次
製作担当:平増邦彦
助監督:森宏治
出演:吉本多香美、桃井かおり、渡辺真起子、金久美子、夏八木勲、吉岡秀隆、田中実、田辺誠一、小谷嘉一、三条泰子、根岸季衣
2004年日本・疾走プロダクション/ビスタサイズ(Super16mm)・カラー114分16mmフィルム
またの日の知華 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

またの日の知華またの日の知華
またの日の知華またの日の知華
「第四章 知華と瀬川」夏八木勲、桃井かおり