映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

映画「温泉ポン引女中」


温泉ポン引女中

橘ますみ                                 葵三津子

今回は荒井美三雄監督1969年製作「温泉ポン引女中」をピックアップする。
本作は石井輝男監督に師事していた荒井美三雄監督第一回作品である。前作よりもヌードの露出度は多い。「東映温泉芸者シリーズ」は”性愛もの”シリーズとして打ち出し、全作を当時の東映社長であった岡田茂氏の企画とタイトル命名でスタートしたそうだ。日本映画界で興行成績が東映独走の当時、日活は”青春路線”を中止して題名から内容まで徹底的に東映作品のマネをした映画製作を決定していた。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「温泉ポン引女中」葵三津子

岡田眞澄

【ストリー】
南紀白浜の温泉旅館「望海楼」の女中頭イク代(葵三津子)は、おかかえのポン引女中に売春をやらせて大繁盛。ある日、元関東昇龍会の三郎(林真一郎)が子持の情婦ミミ(橘ますみ)を連れ乗込んで来た。キャバレー「ナポリ」を開業、イク代の客をさらってしまい、彼女と対立した。ミミはイク代の妹であったが、三郎の情婦と知って、二人は5年ぶりに逢ったのに喧嘩別れしてしまう。そして、昇龍会への対抗策として、イク代が考えたアイデアが当って、再び活気がもどったが、そんな時、イク代の恋人のダンプ運転手秀男(岡田眞澄)はミミが「望海楼」から引抜いたポン引女中を「ナポリ」へ運んでしまい、談判に行ったがイク代もヤクザには勝てず女中たちを失ってしまった。そんな矢先、秀男が事故を起こし、修理代を作るために、かねてからイク代に執心のルポライター山之辺(南原宏治)に身をまかせた。一方ミミは昇龍会幹部の阿久津(高橋昌也)の情婦になっていたが、彼の計画したヌーデスト・パーティーを警察に密告したイク代の罪をきせられ私刑を受け三郎に助けられたが、三郎は射殺された。イク代とミミは、阿久津と、彼にピストル密輸の橋渡しを頼んだ政界の黒幕相沢(安部徹)をゆするがミミの子供弘子を人質にとられ、弘子を引取りに行った時、スポーツカーに襲われ、ミミは辛うじて助かったが、イク代は弘子の身代りになり息を引取った。


南原宏治                                安部徹

高橋昌也                               小池朝雄

題名:温泉ポン引女中
監督:荒井美三雄
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:松本功、鳥居元宏
撮影:吉田貞次
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:鈴木孝俊
装置:谷内嘉造
装飾:宮川俊夫
美粧:久斗敏厚
結髪:横田三佳代
衣装:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:塚越恵江
編集:神田忠男
音楽:八木正生 主題歌:津島波子「女ひとりのブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:武久芳三
助監督:清水彰
協力:南紀白浜温泉 ホテルニュー白浜
スチール:藤本武
出演:橘ますみ、岡田眞澄、葵三津子、林真一郎、片山由美子、三笠れい子、木山佳、沢淑子、南風夕子、武智豊子、山口火奈子、黒田のり子、武藤洋子、南原宏治、安部徹、高橋昌也、小池朝雄
1969年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
温泉ポン引女中 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


葵三津子                      橘ますみ