映画「白昼堂々」

白昼堂々白昼堂々
渥美清                        藤岡琢也

今回は野村芳太郎監督1968年製作「白昼堂々」をピックアップする。
本作はコメディと言うより人情劇になっているのは、名俳優達の心に残る演技が深みを持たせ、多くの登場人物が見事に描き分けられた演出が冴える作品だ。群像劇は散漫になりがちな作品が多いが、本作は例外である。

白昼堂々白昼堂々
倍賞千恵子                      生田悦子

【ストリー】
ワタ勝こと渡辺勝次(渥美清)は、名の通ったスリだった。しかし、敏腕なスリ係の刑事森沢(有島一郎)の説得もあり、堅気になって九州の炭坑で働いていた。ワタ勝は間もなくヤマがつぶれたのを機会に、仲間を集めてスリの集団組織をつくり上げたのだ。ワタ勝は東京のデパートに狙いをつけ、大仕掛けな万引きをやる計画を立てた。東京に向ったワタ勝は、盗品をさばくために昔のスリ仲間銀三(藤岡琢也)を口説いた。銀三は更生してデパートの警備員となり、女房の春子(三原葉子)は小さいながら洋品店を営んでいた。銀三は一人娘桃子(大貫泰子)のためにも、ワタ勝の誘いを断るべきだと思いながら、ついに自分の洋品店で盗品を捌くことになった。知恵者の銀三が仲間に加わったことで、万引集団の成果はうなぎ上りに上昇した。それも高級洋品の布地を一巻ごと万引きするという大掛りなものだった。東京、大阪、京都、北海道と、ワタ勝たちは全国を仕事場にしていたが、危なくなると九州のボタ山集落へ帰るという具合に、機動的である。デパート側が警備を強化しても、結局はワタ勝たちの素早さにかなわなかった。仲間が捕まると、専門の弁護士坂下(フランキー堺)に処理させるという具合。ある日、絶世の美人スリよし子(倍賞千恵子)が仲間に加わった。スリの鬼ワタ勝も彼女にはぞっこんまいり、見かねた銀三のとりもちでめでたく結婚した。一方、銀三やワタ勝がすっかり足を洗っていたものとばかり思っていた森沢は、万引集団が二人の手になるものと知って烈火の如く憤り、着々と捜査の輪をせばめていた。そんな時、ワタ勝は仲間があちこちで捕まり、しかも、よし子が仲間四人と名古屋で捕まったと知ってガックリした。盗品の捌きもストックがふえ出し、坂下が弁護料を大幅に値上げしてきている時でもあった。思いあまったワタ勝はデパートの売り上げ金二億円を奪うという、途方もない作戦を立てたのだ。デパートの警備員をやめた銀三は、その手助けは断ったがやはりなにかと援助するのだった。しかし、この計画は九分九厘まで成功しながら、森沢の炯眼の前に、あえなく潰えてしまった。銀三とワタ勝は逮捕された。しかし、二人ともくよくよしなかった。ワタ勝はよし子の手紙を読みながら、刑期の終るのを待っている。

白昼堂々白昼堂々
有島一郎                     フランキー堺

題名:白昼堂々
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美
原作:結城昌治
脚本:野村芳太郎、吉田剛
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:梅田千代夫
編集:浜村義康
音楽:林光
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
助監督:吉田剛
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、倍賞千恵子、藤岡琢也、有島一郎、生田悦子、田中邦衛、新克利、フランキー堺、穂積隆信、高橋とよ、三遊亭歌奴、コント55号、大貫泰子、桜京美
1968年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー81分35mmフィルム
あの頃映画 「白昼堂々」 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

白昼堂々白昼堂々
コント55号                    渥美清、藤岡琢也

映画「喜劇 急行列車/団体列車」

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
渥美清                        楠トシエ

喜劇 急行列車
今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 急行列車」をピックアップする。
本作は、渥美清さんが、男はつらいよシリーズ 開始以前に東映で主演していた列車シリーズの第一作だ。寝台特急さくらは、EF65-509号機に牽引された20系客車が舞台となる訳だが、東京車掌区の点呼から始まり、車内検札、乗客係による寝台のセッティング、食堂車など貴重な映像が盛りだくさんだ。寝台特急さくらは、九州に入線するとED73形、長崎本線ではDD51形ディーゼル機関車の43号機に牽引される。長崎本線は当時未だ非電化で、電化は本作劇場公開から9年後だった。

【追記・訃報】
喜劇映画を得意とし、「列車」シリーズなどで知られる映画監督の瀬川昌治さんが2016年6月20日に老衰のため東京都内の自宅で死去した。テレビドラマでも山口百恵さんの「赤い」シリーズのほか、「スチュワーデス物語」「ホテル」などを演出。後年は若手俳優を育成する「瀬川塾」を主宰した。

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
佐久間良子                       楠トシエ

【ストリー】
特急列車の専務車掌青木吾一(渥美清)は、十七歳から鉄道一筋に生きてきたベテランで、妻きぬ子(楠トシエ)との間にできた四人の子供も、特急・さくら・つばめ・ふじと汽車の名前をつけるほどの鉄道キチガイだ。持ち前の顔は少し間が抜けているが、乗客には徹底した奉仕、部下の指導にはなかなかのウルサ型だ。食堂車のウェイトレス洋子と恋愛中の乗客掛古川(鈴木ヤスシ)など年中、青木の叱言をあびていた。東京出発、長崎行「さくら号」に乗組んだ青木は、乗客のなかにかつての知合いで初恋の人、塚田毬子(佐久間良子)を発見した。毬子は夫とうまくいっておらず、一人旅に出て来たというのだ。久し振りに会った二人は何となくホンわかした気持になった。徳山を過ぎた頃、事件が起きた。ホステス五人組の貴重品がなくなったのだ。が、青木の活躍とそれに毬子の機転で犯人は捕まった。列車は長崎に着いた。明日の上りまで勤務を解かれた青木は、毬子と楽しい一夜を過ごし、他日、鹿児島での再会を約して東京に帰った。家に帰ってきた青木のそわそわした態度に、疑問を持った妻きぬ子は、鹿児島行特急“富士号”の勤務についた夫の後を追って列車に乗りこんでしまった。忽ち二人は大喧嘩となったが、とにかく、二人は終点まで一緒に行くことになった。初めて夫と一緒に乗って、車掌という仕事がきびしいものであると知ったきぬ子は、夫を見直すことになった。乗り越しの乗客の世話や、部下の失敗を自分の失敗として処理する青木。心臓病手術のため、別府に向う少年をはげまし、心のこもったサービスをする青木、きぬ子は感動した。終着駅西鹿児島駅についた。ホームには、毬子が夫慎太郎(江原真二郎)と共に姿を見せていた。和解がなってもう一度やり直す--という毬子の言葉に心から喜ぶ青木。きぬ子と夫と久しぶりに水入らずの時が持てて幸せそうだった。

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
西村晃

題名:喜劇 急行列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:飯村雅彦
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:武田英治
助監督:山口和彦
協力:日本国有鉄道
スチール:加藤光男
出演:渥美清、楠トシエ、佐久間良子、江原真二郎、関敬六、楠トシエ、西村晃、小沢昭一、大原麗子、鈴木やすし、西村晃、三遊亭歌奴、根岸明美、桜京美、三原葉子、左卜全、桑原幸子、田沼瑠美子
1967年日本・東映/シネスコサイズ・フジカラー90分35mmフィルム
喜劇 急行列車 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

喜劇 急行列車喜劇 急行列車
大原麗子                 大原麗子、鈴木やすし
喜劇 団体列車喜劇 団体列車
渥美清                    城野ゆき


喜劇 団体列車
今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 団体列車」をピックアップする。
本作は、喜劇列車シリーズの第2作で、第一作との物語上の関連はない。国鉄四国支社(現・JR四国)の全面協力で奥道後温泉、松山、宇和島、高松、高知、足摺岬などの観光スポットを中心に四国全土でオールロケを敢行している。伊予和田駅のモデルとして撮影されたのは、予讃線の堀江駅だそうで、登場する車両のうち、C58形蒸気機関車333号機は、廃車後に多度津工場に保存されている。また土佐電気鉄道(現・とさでん交通)の路面電車も登場している。

喜劇 団体列車喜劇 団体列車
佐久間良子                   佐久間良子、渥美清

【ストリー】
奥道後温泉をひかえた小さな駅、伊予和田駅に勤務する山川彦一(渥美清)は、30歳で独身、母親お杉(ミヤコ蝶々)と二人暮しである。過去三回助役試験に落っこちてはいるが、四度目を前に張切っていた。国鉄ローカル各線は赤字に悩んでおり、赤字克服の手段として、伊予和田駅では、倉持駅長(市村俊幸)以下が、団体旅行客の獲得に大わらわであった。ある日、彦一は迷子の坊やを拾ったことから、その母親志村小百合(佐久間良子)と知り合になった。小百合は学校の先生で未亡人。彦一は小百合の美しさにぼーっとなってしまった。そんな時に、叔父の風間八五郎(由利徹)から見合の話を持込まれた。相手は、昔国鉄に勤めていた日高友造(笠智衆)の娘邦子(城野ゆき)で、父の友造は助役試験に八回も落ちた人物だと聞かされ、彦一は見合を承諾した。友造は、好人物で、邦子も明るい娘であった。だが、彦一の頭には何故か小百合の面影がちらついて離れなかった。そんなうちに、助役試験の日がやって来た。第一次試験はパス。二次試験は自由討論であった。受かった二人、山川彦一と太宰淳一(大辻伺郎)はテーマの「四国鉄道の赤字の克服」で激論を戦わした。だが彦一はまたも落ちてしまった。ヤケ酒をあおる彦一は、飲み屋で友造にバッタリ。落第記録保持者の友造に慰められ、彦一は一晩中友造と飲み屋をほっつきまわるのだった。ある日、四国巡りの団体客に、彦一が添乗としてついて行くことになった。その中には、子供を連れた小百合もいた。彦一は張り切った。だが、出発間際には、邦子も乗りこんできた。高知から徳島へ向う途中、邦子から彦一は求婚された。しかし彦一は上の空、チャンスをみつけて、小百合に恋をうちあげようと思うからである。しかしである、逆に彦一は、小百合から再婚話の相談をうけるはめになった。彦一はがっくりとなった。それから一年が過ぎた。五回目にやっと助役試験にパスした彦一は、大阪で開かれる講習会に出席するため、伊予和田駅を発った。見送りには、今は彦一の妻となった邦子の姿があった。

喜劇 団体列車喜劇 団体列車
笠智衆                      小沢昭一

題名:喜劇 団体列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:坪井誠
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
進行主任:武田英治
協力:日本国有鉄道四国支社
スチール:田中真紀夫
出演:渥美清、城野ゆき、佐久間良子、小沢昭一、笠智衆、由利徹、楠トシエ、ミヤコ蝶々、三遊亭歌奴、大辻伺郎、市村俊幸
1967年日本・東映/シネスコサイズ・フジカラー91分35mmフィルム
喜劇 団体列車 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

喜劇 団体列車喜劇 団体列車
城野ゆき