映画「若い東京の屋根の下」

若い東京の屋根の下
「若い東京の屋根の下」吉永小百合
若い東京の屋根の下若い東京の屋根の下
吉永小百合                      浜田光夫

今回は斎藤武市監督1963年製作「若い東京の屋根の下」をピックアップする。
本作は、源氏鶏太氏の原作を映画化した青春ドラマであり、吉永小百合さんと浜田光夫さんのコンビが冴える定番作品である。ロケは目黒区の東急東横線「都立大学」駅周辺、東急池上線「久が原」駅前、港区の神宮外苑(外苑グラウンド)や神奈川県箱根町十国峠などで行われたそうだ。

若い東京の屋根の下若い東京の屋根の下
山内賢、浜田光夫              吉永小百合、初井言栄、小沢昭一

【ストリー】
桑野蕗子(吉永小百合)は19歳のビジネスガール、家庭は停年を控えた父親の謙太郎(伊藤雄之助)と母親(三宅邦子)、高校生の弟(太田博之)の4人暮しである。兄の太郎(下元勉)は重役の娘達枝(山岡久乃)と結婚し、次郎(近藤宏)は姉さん女房の夏子(朝風みどり)と共稼ぎのアパート暮しだ。姉の律(初井言栄)子は薬局の利男(小沢昭一)と結婚して娘もいるが、姑とのいざこざが絶えない。目下、蕗子の悩みは父親の停年問題である。ある日、今度の父親の誕生日に両親の生活費について相談をして貰おうと、蕗子は兄や姉たちの家を訪ねて廻った。その日から次郎の後輩の大学生・三上良平(浜田光夫)が下宿するようになり、桑野家は急に賑かになった。父親の誕生日には太郎を除いて全員が集った。子供たちで分相応に両親の生活費を捻出することを決め、蕗子が月末に集金に廻ると宣言した。蕗子が同窓の幸吉(山内賢)たちと恩師(内藤武敏)を見舞った日、偶然知りあった良平と幸吉の間に、蕗子争奪の紳士協定が彼女の如らぬ間に結ばれた。良平の顔を見るといつも、プンプンしていた蕗子の心にも微妙な変化が起りつつあった。良平は蕗子の面影がちらついて勉強も手につかず、下宿を変ることを考えていた。そんな時、良平の友達で父親が電機会社の重役をしているという渡瀬和子(松尾嘉代)の世話で、謙太郎の就職がスラスラと決った。そんなことから何となくちぐはぐになった二人を、いち早く見抜いたのは幸吉だった。幸吉は蕗子をつかまえ「意地を張ってると君の好きな三上君は出て行くぜ」と言った。言われて蕗子は帰ったら良平にハツキリ「好きです」と言おうと思った。

若い東京の屋根の下若い東京の屋根の下
山岡久乃                     太田博之、伊藤雄之助

題名:若い東京の屋根の下
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:源氏鶏太 「緑に匂う花」
脚本:才賀明
撮影:横山実
照明:高島正博
美術:坂口武玄
録音:橋本文雄
特機:金田啓治
音楽:吉田正、大森盛太郎 主題歌:吉永小百合・橋幸夫「若い東京の屋根の下」
記録:飯村知子
編集:近藤光雄
現像:東洋現像所
製作主任:二反田実
助監督:手銭弘喜
色彩計測:北泉成
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、浜田光夫、山内賢、平田大三郎、朝風みどり、下元勉、三宅邦子、内藤武敏、近藤宏、山岡久乃、初井言栄、太田博之、松尾嘉代、武智豊子、伊藤雄之助、小沢昭一、有田双美子、河上信夫、光沢でんすけ
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム

若い東京の屋根の下若い東京の屋根の下
松尾嘉代、浜田光夫                若い東京の屋根の下

若い東京の屋根の下若い東京の屋根の下
東急5000形(東急東横線)                東急池上線「久が原」駅

映画「若い港」

若い港
「若い港」和泉雅子
若い港若い港
山内賢                           和泉雅子

今回は柳瀬観監督1964年製作「若い港」をピックアップする。
本作は松浦健郎氏の原作を映画化したものだが、清く美しい倫理観のベタな青春ドラマではあるが、若い頃の作曲家平尾昌晃氏は貴重な記録である。

若い港若い港
三田明                        長谷百合、平尾昌晃

【ストリー】
南海高校の花形は音楽部のブラスバンドであった。トランペットを受け持つ山口健(山内賢)、水戸明(三田明)の二人は、商船大学への受験をひかえて、高校生活を有終の美で飾ろうとしていた。そんなある日、近くのロザリオ女子学園バトン部の三人娘、谷道子(和泉雅子)、江藤アイ子(伊藤アイ子)、毛利圭子(西尾三枝子)から、合同練習を申し込まれた。ブラスバンド部は、この申し込みに雀躍りした。健は以前から道子が好きだったが、この日道子を自宅に送る途中、健は感情を押えきれず道子にキスした。この一件以来健も道子も元気を失って練習にも身が入らなくなった。明はそんな二人を励ましていたが、いつか、道子も健も、結婚の約束をする程愛しあっていた。一方バンド部は、先輩貝塚(平尾昌晃)をコーチに招いて練習に励んでいた。貝塚はトランペットの名手で音楽大学を出ると、某フィルハーモニーに所属したが、麻薬に手を出して愚連隊と関係していた。このくされ緑を断ち切るため、貝塚は帰省したのだ。飯能市の10周年記念行事に招かれた音楽部は、貝塚のタクトで見事な演奏をみせた。帰った翌日「健は大人になっても君を好きだったら結婚しよう」と道子に告げると、朗かな健に戻っていった。やがて待望の文化祭の日、ロザリオ女子学園のバトン・ガールが女教師マヤ(長谷百合)に連れられて入場してきた。男子の素晴しい演奏で、明が歌を歌い始めると、会場にいた愚連隊二人が、指揮をする貝塚めがけて罵声を浴びせ会場は大混乱に陥ったが、正義感にあふれる生徒と、女教師マヤの応援で、貝塚を守った。商船大学に見事合格した健と明は、華やかなブラスバンドに送られて、横浜港から船に乗った。

若い港若い港
高品格                          若い港

題名:若い港
監督:柳瀬観
企画:笹井英男
原作:松浦健郎
脚本:酒井尽三、上野研一、銀座三十五
撮影:藤岡粂信
照明:三尾三郎
録音:宮永晋
美術:坂口武玄
編集:鈴木晄
音楽:河辺公一、池田正義 主題歌:三田明「若い港」
製作主任:牛山正夫
助監督:内田一作
スチール:石川久宣
出演:山内賢、和泉雅子、三田明、平尾昌章、長谷百合、伊藤アイ子、トリオ・こいさんず、杉山俊夫、西尾三枝子、高品格、郷英治、初井言栄、相馬幸子、下元勉
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ94分35mmフィルム

若い港若い港
郷英治                       山内賢、三田明

映画「その人は遠く」

その人は遠く
「その人は遠く」芦川いづみ
その人は遠くその人は遠く
芦川いづみ                     和泉雅子、山内賢

今回は堀池清監督1963年製作「その人は遠く」をピックアップする。
私は芦川いづみさんを「硝子のジョニー野獣のように見えて(1962年蔵原惟繕監督)」で “この純粋無垢な美しさとはかなさ”は「 (1954年フェデリコ・フェリーニ監督)」のジュリエッタ・マシーナと肩を並べるのではないだろうか?
“現代のアイドル顔負けの芦川いづみさんに魅了された” と、以前、映画女優・芦川いづみさんを評したが、本作の出演シーンに何度もときめいた。これがファン心理の典型なのは分かっているが、現役若手女優でこの様な人が存在しないのが寂しい。

その人は遠くその人は遠く
山内賢、芦川いづみ                 信欣三、小夜福子

【ストリー】
高校3年生の岡田量介(山内賢)は大学入試を来年に控え、試験勉強に明け暮れている。母一人子一人の静かな生活を破ったのは、遠い親戚で国文科を卒業した才女の奈津子(芦川いづみ)だった。彼女の父親が急死したため、量介の家に来ることになったのだ。奈津子は量介が想像していた以上に美しく、岡田家は花が咲いたように明るくなった。同時に、奈津子のことが気になる量介は勉強に身が入らなくなった。まめまめしく働く奈津子を見て「花嫁修業中だからね」と微笑む母・久子(小夜福子)の言葉を聞き、量介は淋しさを感じた。ある日、奈津子が自分で彫ったという鎌倉彫のベン皿をくれた。翌日、量介はお礼に奈津子を東京見物に連れていき、二人は楽しい時間を過ごした。やがて試験シーズンとなり、合格発表の朝、奈津子のもとへ親せきから縁談話が届いた。量介は悲しくなり、大学合格も嬉しくなかった。しかし奈津子の縁談はまとまり、大沢(井上昭文)という大学教授と秋に結婚した。翌年の夏、量介は奈津子が幸福か自分の目でたしかめるため、大阪にある大沢と奈津子の新居を訪ねた。大沢に甘える奈津子の姿をみて、いたたまれぬ気持で帰京した量介を新たな悲しみが襲った。デパートへ買い物にいった久子が心臓麻痺で倒れたところを、車が撥ねたのだ…。

その人は遠くその人は遠く
芦川いづみ、山内賢                  井上昭文

題名:その人は遠く
監督:堀池清
企画:大塚和
原作:藤原審爾「遠い人」
脚本:金子担、青山民雄
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
録音:古山恒夫
美術:中村公彦
編集:丹治睦夫
音楽:西山登
製作主任:山野井政則
助監督:橋本裕
スチール:坂東正男
出演:芦川いづみ、和泉雅子、山内賢、下元勉、井上昭文、小夜福子、小園蓉子、信欣三、佐々木すみ江、堺美紀子、原恵子、市村博、紀原土耕、玉村駿太郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ83分35mmフィルム

その人は遠くその人は遠く
芦川いづみ                      その人は遠く

1 2 3 4