映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「スーパーの女」


津川雅彦、宮本信子、矢野宣               伊東四朗

今回は伊丹十三監督1996年製作「スーパーの女」をピックアップする。
スーパー大好きの主婦が、幼馴染の経営するダメスーパーマーケットを立て直していくというサクセスストーリーである本作は、スーパーマーケットのバックステージを丹念に調査し、リアルに裏打ちされた内容になっている。予定調和の展開と結末に「マルサの女」に見られる様な臨場感はないが、リアリティに納得してしまう作品である。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


三宅裕司、松本明子、宮本信子        あき竹城、岡本信人、松本明子、宮本信子

【ストリー】
スーパー“正直屋”の専務・小林五郎(津川雅彦)は、ライバルの“安売り大魔王”が価格破壊の激安キャンペーンを開始したと知って早速調査に出向いたが、そこで偶然、幼なじみの井上花子(宮本信子)と再会する。五郎は、スーパーの内情にやたらと詳しい花子が次々に安売り大魔王の激安トリックを見破ったことから、正直屋を立て直すために彼女にレジ主任として働いてもらうことにした。「いいスーパーには主婦を興奮させるドラマがある」と、花子は正直屋の改善に乗り出したが、現実は厳しかった。問題は次から次へと持ち上がり、特に花子を悩ませたのは、精肉部・鮮魚部・青果部の職人たちとの意思の疎通がはかれないことだった。職人というプライドから彼らはなかなか花子に心を開いてくれない。やがて副店長に抜擢された花子は、正直屋を「日本一お客様の立場に立ったスーパー」にするために、客の意見を直接聞くキャンペーンを実施する。その結果、食品の新鮮さを何より重視すべきだと考えた花子は、惣菜にも新鮮な素材を使用することと、肉や魚のリパックをやめることを提案する。パートの主婦たちの支持も得て花子の提案は五郎にも承諾されたが、職人たちは面白くなかった。そんな折、正直屋を買収しようと動いていた安売り大魔王の社長(伊東四朗)は、店長をはじめ職人たちをゴッソリ引き抜こうと画策する。しかし、花子の懸命の説得にスーパーの働き手としての自覚、誇りに目覚めた従業員たちは前にも増して結束を固め、結局、正直屋を離れたのは店長(矢野宣)と精肉部のチーフ(六平直政)のほか数名だけであった。以前から出入りの屑肉業者(不破万作)と結託して上等の肉を盗み出し、私腹を肥やしていた精肉部のチーフは、店長とともに安売り大魔王への手土産として正直屋の冷蔵庫から肉を盗み出していた。知らせを受けて現場へ駆けつけた花子は、手違いから冷凍車の荷台に閉じ込められてしまう。五郎はデコトラの運転手(佐藤蛾次郎)の協力を得て、とある漁港で花子を救出した。ここで偶然知り合った漁師の好意で、1月1日の初荷を全部仕入れる契約を結んだ花子たちは、お正月商戦においても、閑古鳥の鳴く安売り大魔王に見事勝利を納めた。


金萬福、柳沢慎吾                     高橋長英

題名:スーパーの女
監督:伊丹十三
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利 (東洋音響カモメ) リーレコ:神保小四郎
美術:川口直次
装飾:佐藤結樹 (ポパイアート)
衣裳:岩崎文男
特殊メイク:江川悦子、寺田まゆみ、神田文裕、山田陽
技斗:高瀬将嗣
操演:白熊栄次
振付:宮崎
配役:斎藤謙司
記録:松澤一美
編集:鈴木晄 ネガ編集:村山勇二
音楽:本多俊之 音楽プロデューサー:立川直樹、梶原浩史
撮影機材:三和映材社
照明機材:日本照明
フィルム:富士フィルム
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一(イマジカ)
デジタル合成:島村達雄(白組)、山崎貴、渋谷紀世子(白組)、武坂耕二(イマジカ)
助監督:中嶋竹彦、山内健嗣、中村義洋
撮影助手:石山稔、岩崎登、江崎朋生
照明助手:鈴木達也、小林敦、大橋陽一郎、永田英則
録音助手:白鳥貢、松本昇和、渡邊信司
第二撮影班・撮影:浜田殻、柳島克己、高瀬比呂志
第二撮影班・撮影助手:長谷川卓也、小松高志
プロデューサー:川崎隆
製作担当:鎌田賢一
製作:玉置泰
製作主任:田尻正和
製作進行:荒木正人、渋谷恭史
製作デスク:吉川次郎
アドバイザー:荒井伸也
カースタント:タカハシレーシング
ウィッグ製作:アデランス
撮影スタジオ:日活撮影所
グラフィック・デザイン:佐村憲一
出演:宮本信子、津川雅彦、伊東四朗、金田龍之介、矢野宣、六平直政、高橋長英、三宅裕司、あき竹城、松本明子、絵沢萠子、野際陽子、原日出子、岡本信人、小堺一機、柳沢慎吾、伊集院光、不破万作、佐藤蛾次郎、金萬福
1996年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
スーパーの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


津川雅彦、六平直政                    スーパーの女

映画「はなれ瞽女おりん」


岩下志麻                        原田芳雄

今回は篠田正浩監督1977年製作「はなれ瞽女おりん」をピックアップする。
本作は、水上勉氏の同名小説を映画化したものだが、瞽女(ごぜ)とは、盲目の女芸人の事を言い、その旅一座グループから離脱した者を”はなれ瞽女”と呼ぶ。
目を閉じて瞽女おりんを演じるにあって、繊細な心情と逞しさの芝居を淡々と美しく魅せた岩下志麻さんに感動する。
演出は実に堅実であり、巨匠宮川一夫氏の映像で素晴らしい作品に仕上がっている。

照明技師の佐野武治さんが、ラストの小浜で警察に密告する村人役で出演されている!
お世話になった丸山文雄さんが、照明部チーフでタイトルされていた。これにも驚いた。

本作を1月20日に、池袋の新文芸坐で行われた特集上映 “デビュー60年 女優・岩下志麻” で、35mmプリントで観て来たが、DVD映像では暗部が潰れていた。ポジテレシネしたものをキャプチャーし、MPEG2にしたのだから、フィルムのラチチュードを再現出来る訳ではないので、良い作品は劇場で観るべきだと再確認した。

はなれ瞽女おりん」撮影エピソード 語り:岩下志麻さん
「私は暗闇恐怖症なので、盲目の女性の役がきたとき、暗闇に慣れるか不安でした。化粧をしたり、風呂に入ったりするときも目をつむり、暗闇になれることから始めました。実際に新潟で生存されておられる瞽女さんを訪ねると、夜8時でも真っ暗闇の中にいらっしゃり、私たち訪問者のために電気をつけてくれました。目が見えないというのはこういうことかと実感し、役に入っていけました。瞽女さんには、傘の差し方など色々ご指導いただき、とてもありがたかったです。
目をつむって何か月か生活しました。盲学校にも行きましたが、こんなにたくさんの方が、暗闇で生活されているのかと思うと、取材をする前に涙が止まらず大変でした。校長先生に目隠しされ、廊下をまっすぐ歩くように指示を受け、歩いてみたのですがどうしても左方向に歩いてしまうのです。人間は耳がいい方に歩いてしまうと聞き、演技するときも誰かがセリフを言ったときに耳を差し出すようにしました。瞽女が弾く三味線の稽古をするのも大変で、6か月間毎日通って習いました。いつも微笑みを浮かべているようなおりんでいたい。目が不自由でも否定的ではなく、いつも明るいおりんをイメージして演じました。私にとっては大変思い出深い、大好きな映画です。


奈良岡朋子                     岩下志麻、樹木希林

【ストリー】
大正7年、春まだ浅い山間の薄暮、おりん(岩下志麻)は、破れ阿弥陀堂で一人の大男・平太郎(原田芳雄)と出会った。翌日から、廃寺の縁の下や地蔵堂を泊り歩く二人の奇妙な旅が始まる。ある日、木賃宿の広間で、漂客や酔客相手におりんが「八百屋お七」を語っている時、大男はその客に酒を注いだり、投げ銭を拾い集めていた。またある夜には、料理屋の宴席で「口説き節」を唄うおりんの声を聞きながら、大男は勝手口で、下駄の鼻緒のすげかえをすることもあった。それからも大男は、大八車を買入れ、おりんと二人の所帯道具を積み込んで、旅を続ける。そんな時、柏崎の薬師寺で縁日が開かれた。露店が立ち並ぶ境内の一隅に、下駄を作る大男と、できあがった下駄をフクサで磨きあげるおりんの姿があった。しかし、札をもらわずに店をはったという理由で、大男は土地のヤクザに呼び出される。大男が店を留守にした間に、香具師仲間の一人である別所彦三郎(安部徹)に、おりんは松林で帯をとかれていた。松林の中で、すべてを見てしまった大男は逆上し、大八車の道具箱からノミを取り出すと、松原を走り去った。やがて、渚に座りこんだままのおりんの前に大男が現れ、「また一緒になるから、当分別れてくらそう。俺は若狭の方へ行く。」と言い残すと姿を消した。季節は秋に変り、おりんは黒川の六地蔵で出会ったはなれ瞽女のおたまと共に、南の若狭方面へと向っていた。そんな時、大男は別所殺しの殺人犯として、また福井県鯖江隊所局の脱走兵としても追われていた。残雪を残す若狭の山に春が訪れる。若狭の片手観音堂に来ていたおりんは、ある日、参詣人でにぎわう境内で、大男に呼びとめられた。その夜、うれしさにうちふるえながら、おりんは初めて、大男に抱かれた。翌日から二人はまた旅を始める。しかし、二人の背後に、憲兵中尉・袴田虎三(小林薫)の姿が迫っていた。


小林薫                       岩下志麻、安部徹

題名:はなれ瞽女おりん
監督:篠田正浩
製作:岩下清、飯泉征吉
原作:水上勉
脚本:長谷部慶治、篠田正浩 台詞:長谷部慶治
撮影:宮川一夫
照明:佐野武治
録音:西崎英雄
効果:本間明
美術:栗津潔
衣裳:新井喜一 (京都衣裳)
結髪:中村さき
美粧:境厚子
考証:市川信次、市川信夫
編集:山地早智子 ネガ編集:南とめ
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作補:三島巌
製作宣伝:市川しげ子
製作進行:星野常一郎
助監督:永井正夫
監督助手:岡田敏宏、鯉渕優
撮影助手:藤井秀男、榊原勝巳、川口徹也
照明助手:丸山文雄、井上富夫、佐野誠
録音助手:徳永誠
美術助手:平賀俊一、伊藤保恵、市村隆
編集助手:渋谷英子、原裕子
衣装助手:京野ツエ
撮影機材:ナック
照明機材:三和照明
録音所:アオイスタジオ
スチール:山崎博
出演:岩下志麻、原田芳雄、奈良岡朋子、樹木希林、 小林薫、安部徹、横山リエ、西田敏行、山谷初男、加藤嘉、殿山泰司、浜村純、桑山正一、不破万作、原泉、神保共子、宮沢亜古、中村恵子、嶺川貴子
1977年日本・表現社/スタンダードサイズ・カラー117分35mmフィルム
はなれ瞽女おりん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浜村純                       佐野武治氏(照明技師) 

原田芳雄                        岩下志麻、小林薫

1 2