映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「女番長 野良猫ロック」


「女番長 野良猫ロック」梶芽衣子

和田アキ子                                梶芽衣子

今回は長谷部安春監督1970年製作「女番長 野良猫ロック」をピックアップする。
本作は、今も活躍する歌手の和田アキ子さん主演で梶芽衣子さん達ベテラン俳優が助演し、新宿駅西口の高層ビル群が出来る前に撮られている。懐かしい風景が随所に見られ、バイクの疾走シーンでは西新宿地下街、歩道橋などを無許可で撮影しているのが凄かった。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


范文雀                                  和田浩治

【ストリー】
土曜日の新宿の街は爆発する若者のエネルギーでムンムンしていた。西口の工場現場では若い女達の二つのグループ、十数名が鋭く対立していた。番長・メイ(梶芽衣子)が乗り込むや、他方の番長・トシエ(小磯マリ)の合図でナイフとパンチの凄惨な乱闘がくり広げられた。バギーを運転する勝也(藤竜也)をボスにする黒シャツ隊がトシエ達に加勢してきた。それを見守っていた流れ者・アコ(和田アキ子)はオートバイに跨り、敵を蹴散らしてメイ達を助け出した。アジトに逃げ帰ったメイ達は、アコに畏敬の念をいだき始めた。一方、アジトにたむろするメイの恋人、道男(和田浩治)は黒シャツ隊の元締めである青勇会に取り入り、幼なじみのボクサー・ケリー(ケン・サンダース)を抱き込んでボクシングの八百長を引き受け、青勇会の会員にしてもらおうとしていた。その夜の試合で負けを強いられていたケリーは得意のパンチを出せず、KO寸前だった。しかし、アコやメイの強烈な声援に奮起し、八百長を忘れ、相手をKOしてしまった。道男に八百長をひっくり返された青勇会は怒り狂い、道男に落とし前をつけた。恋人を殺されそうになったメイは、アコの協力で青勇会に殴り込み、ひん死の道男を救い出す。だが、怒りに燃えた青勇会に道男は殺されてしまう。そして、その仇を討ったメイも、ショットガンの弾丸を浴びて死んだ。月曜日の朝、アコは爆音を残して新宿の街から去って行った。


藤竜也                                      睦五郎

題名:女番長 野良猫ロック
監督:長谷部安春
企画:佐々木志郎
製作:笹井英男、飯島亘
脚本:永原秀一
撮影:上田宗男
照明:梅野義雄
録音:杉崎喬 (目黒スタジオ)
美術:斎藤嘉男
擬斗:沢田和
編集:鈴木晄
音楽:鈴木邦彦 主題歌:和田アキ子「野良猫ロック」「男と女のロック」
現像:東洋現像所
製作担当:金沢博
助監督:蔵原惟二
色彩計測:永塚各一郎
スチール:浅石靖
出演:和田アキ子、梶芽衣子、和田浩治、范文雀、藤竜也、中丸忠雄、ケン・サンダース、小磯マリ
1970年日本・ホリ企画+日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
女番長 野良猫ロック -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新宿駅西口の歩道橋                          和田アキ子

映画「ハワイの若大将」


加山雄三                        星由里子

今回は福田純監督1963年製作「ハワイの若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第4作になる。ロケーションは、ハワイ・ワイキキビーチ、ホノルル国際空港、ポリネシアン・センター、アラワイ・ヨットハーバー、カラニアナオレ・ハイウェイ76号線、61号線、ヒルトン・ハワイアンビレッジなどで行われた。1963年8月、劇場公開時の同時上映作品は「マタンゴ」だった。


田中邦衛、ニ瓶正也、加山雄三            上原謙、左卜全

【ストリー】
京南大学ヨット部のキャプテン・若大将こと田沼雄一(加山雄三)は練習中、中里澄子(星由里子)の操るモーターボートに衝突され、ヨットの修理費捻出のためダンス・パーティを計画した。券を売り歩くうち、先輩平岩(中丸忠雄)と同じ化粧品会社の宣伝課に働く澄子と再会する。パーティが盛会だったのは、ヨット部入りを条件に青大将こと石山(田中邦衛)が券を買い占めてくれたからだ。学期末試験の日、雄一は青大将に答案を見せたことがバレて停学処分となり、父親(有島一郎)から勘当された。他方、父新介の指金でハワイの古屋老人に身柄を預けられ同地の大学に入ることになった青大将は、又もやカンニングが露顕して不合格。新介の懇望もだしがたく雄一は青大将をつれ戻すためハワイに向った。だが、青大将は古屋家を飛び出したあと、パスポートと財布を紛失して途方にくれている雄一に、ジェーン上田(ハヌナ節子)が10ドル紙幣を恵んでくれた。化粧品の宣伝のためハワイにきていた澄子と夏子に会い、雄一は地獄の仏の思いだ。翌日から青大将探しにかかり、やっと豪華なヨットにトグロを巻いていることが判った。奇縁にもジェーンの父・上田(上原謙)のヨットであり、彼女は古屋老人(左卜全)の孫娘でもあった。日本へ帰る旅費を作るため、雄一と青大将は古屋老人の経営する食堂で働くが、青大将は、澄子が雄一に心をよせているのに気がつかず夢中になった。そんなある日、澄子は赤まむしと異名をとった赤塚(堺左千夫)とドライブに出かけた。ハイウェイを突ッ走るスポーツカーを、雄一と青大将が追った。


中丸忠雄                        平田昭彦

題名:ハワイの若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、角田健一郎
脚本:笠原良三、田波靖男
撮影:内海正治、西垣六郎
照明:金子光男、西川鶴三
録音:斎藤昭
整音:下永尚
美術:竹中和雄
大道具:大谷益夫
背景:菅道男
衣裳:高畑耕次郎
技髪:山田順二郎
化粧:加瀬満江
編集:藤井良平
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「ハワイの若大将」「ラブリー・フラ・ガール」
現像:東京現像所 合成:泉実
製作担当:成田貫、井上卓之
製作進行:田代秀雄
製作経理:石井幸一
製作宣伝:白石剛敏
助監督:長野卓
監督助手:坂野義光、大森健次郎、松本正志
美術助手:本多好文、大竹久彌、白木勝彦
大道具助手:小川峰雄、坂口隆喜、山崎三郎、市村文雄、柴田馨、萩原昭広、阿久津近雄、斎藤光
協力:パンアメリカン航空
スチール:岩井隆志、秦大三
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、中真千子、上原謙、飯田蝶子、有島一郎、中丸忠雄、平田昭彦、藤木悠、ニ瓶正也、左卜全、江原達怡、堺左千夫、柳川慶子、ハヌナ節子
1963年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー94分35mmフィルム
ハワイの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハワイの若大将                   星由里子、加山雄三

加山雄三                      ハワイの若大将 

1 2 3