映画「白い野獣」

白い野獣白い野獣
三浦光子                        山村聡

今回は成瀬巳喜男監督1950年製作「白い野獣」をピックアップする。
本作は「ゴジラ(1954年)」以降、東宝の看板シリーズとなった怪獣・SF映画のほとんどをプロデュースした名匠である田中友幸氏の田中プロダクション制作である。内容は、1957年に売春禁止法が施行される以前の売春婦の更生施設”白百合寮”を巡る物語で、当時としては先進的な内容であった様に見受けるが、私が生まれる前の作品であり、ディテールは分からない。

白い野獣白い野獣
飯野公子                        岡田英次

【ストリー】
ここ白百合療では多くのヤミの女に強い自覚と生活のよろこびを与えるため青年療長泉(山村聡)と理知的な女医中原(飯野公子)が、自分を忘れて尽していた。新しく療へ入って来た啓子(三浦光子)は、自分の踏んで来た道を間違ったものと考えていなかった。「きょう楽と共に自分の生活が苦もなく続けられたことがどうして間違ったことであろう、汚れた女だとひとはいう、しかし私が求めた喜びがどうして汚れているというのだ」と彼女は思う。だが泉は「身体の問題じゃない、そのことが間違ったことであるとわかるのは君が本当に何かに愛情を感じたときにはじめてわかることだ、今はただここで真面目に働らけばいい」そういって聞かせるのだ。中原は泉の寛い愛情の中で、同性のために働らくことが幸せであった。そしてそのような正しい生き方をしている泉や中原をみる啓子の心はしだいに自分自身のあゆんで来た道へのキグがうまれてきた。それは泉へのいつか芽生えた女の心であったかもしれぬ。そのころ、療生の一人玉江(北林谷栄)は脳ばい毒で気が狂って死んでいった。最後まで女の肉体の尊さを知ることなく--。そして同じころまだ少女のあどけなさの残っているマリ(木匠久美子)は新しい生命を宿していた。それらを知った啓子の心は急に何か知らぬ大きな転換をはじめた。だがすでに享楽はけがれでないと信じていた彼女の肉体も病魔に襲われていた。ばい毒性視神経交さ炎がそれであった。眼がいたみ、そして次第に明るさを失っていく彼女の耳に、マリの赤ん坊の産声が聞えた。しらじらと夜が明けた。啓子はすでに心のさく乱がなかった。朝の庭に泉と中原が夜明けの誕生を喜びあい、「すべての女が母というものをいつも感じていたら多くの間違いがなかったのに--」と語りあっている姿が、光を浴びて立っていた。

白い野獣白い野獣
飯野公子                        千石規子

題名:白い野獣
監督:成瀬巳喜男
製作:田中友幸
脚本:西亀元貞、成瀬巳喜男
撮影:玉井正夫
照明:島百味
美術:平川透徹、武田正夫
録音:三上長七郎
編集:坂東良治
音楽:伊福部昭
現像:東宝現像所
製作主任:眞木照夫
演出補佐:川西正義
出演:三浦光子、山村聡、岡田英次、飯野公子、中北千枝子、木匠くみ子、千石規子、北林谷栄、石黒達也、登山晴子、河野糸子
1950年日本・東宝+田中プロダクション/スタンダードサイズ・モノクロ92分35mmフィルム

白い野獣白い野獣
飯野公子、山村聡                    白い野獣

映画「なつかしい風来坊」


ハナ肇                                 有島一郎

今回は山田洋次監督1966年製作「なつかしい風来坊」をピックアップする。
本作は、ハナ肇さん演じるキャラクターを中心に、巻き込まれ型のドラマ展開で、アイロニーの効いた優秀な人情喜劇だ。
本作は「男はつらいよ・シリーズ」寅さんの原点とも言える作品である。特に中流意識の不信感、差別感、嫌らしさを炙り出しているのが良い。


倍賞千恵子                           中北千枝子、久里千春、ハナ肇 

【ストリー】
衛生局防疫課の課長早乙女良吉(有島一郎)と、土方の源五郎(ハナ肇)と知り合ったのは酒が取り持ったのである。同僚の送別会でしたたかに酔った良吉が、茅ケ崎の駅でタクシーを待つ間、屋台のオデン屋で一杯やっているうち、隣に座った源五郎とすっかり意気投合、あげくには家に泊めてしまったのだ。妻の絹子(中北千枝子)、娘の房子(真山知子)は土方の源五郎を気味わるがり、翌朝、源五郎を追い返してしまった。だが、源五郎は茅ケ崎海岸で道路工事をやっているため、ちょくちょく良吉の家にやって来た。良吉の家の前をローラ車に乗ってやってきて道路直しをしたり、押売りを追っばらったり、今ではすっかり良吉の家庭に入りこんでいた。或る日、良吉の息子の学(山尾哲彦)に、土産だといって純血種の洋犬を連れて来た。知り合いの犬殺しに頼んで、保健所から薬殺寸前の犬を連れて来たのだった。学は大喜びだったが、この犬には引取人が現われた。伊達財閥で名高い伊達家の飼犬だったのだ。これが縁で房子と伊達家の長男一郎(山口崇)とが恋人同士になった。秋も近づいた頃、源五郎はこんど、身投娘を良吉の家にかつぎこんできた。娘は愛子(倍賞千恵子)といい、自殺する程の境遇ながら、性格の明るい控えめないい子だった。愛子は良吉の家にお手伝いさんとして、働くことになった。それからというもの源五郎は足繁く、良吉の家に来るようになった。どうやら愛子に惚れたらしいと睨んだ良吉は、愛子と源五郎を映画に出してやるのだった。その帰り、源五郎が愛子の手を握ろうとし、びっくりした愛子が道路下に落ちこみ、泥んこになったことからおかしくなった。絹子は、源五郎が乱暴したのではないかと言い、愛子は沈黙を守り源五郎は失踪した。暫くして愛子も良吉の家を出ていった。それから一年が過ぎた或る日、汽車の中で良吉はばったりと源五郎と逢った。そこには生れたばかりの赤ん坊を抱いた愛子の姿があった。


倍賞千恵子、山尾哲彦、ハナ肇、真山知子             なつかしい風来坊

題名:なつかしい風来坊
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、森崎東
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:飯島陸夫
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:中村良三
編集:浦岡敬一
音楽:木下忠司
現像:東京現像所
製作主任:沼尾釣
制作進行:福山正幸
監督助手:大嶺俊順
スチール:堺謙一
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、有島一郎、中北千枝子、真山知子、山口崇、久里千春、松村達雄、桜井センリ、犬塚弘、武智豊子、山尾哲彦
1966年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
なつかしい風来坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松村達雄、有島一郎、鈴木瑞穂            倍賞千恵子、有島一郎

映画「乱れる」


高峰秀子                                    加山雄三

今回は成瀬巳喜男監督1963年製作「乱れる」をピックアップする。
本作の内容は、未亡人と義弟の許されない愛を描いたもので、難しい設定ではあるが、礼子(高峰秀子)の心の軌跡、切ない思いの描き方、演技は秀逸だと思う。その後の「乱れ雲」と共に素敵な作品である。


三益愛子、草笛光子                   白川由美、草笛光子

【ストリー】
礼子(高峰秀子)は戦争中学徒動員で清水に派遣された際、しず(三益愛子)に見染められて森田屋酒店に嫁いだ。子供も出来ないまま、夫に先だたれ、嫁ぎ先とはいえ、他人の中で礼子は森田家をきりもりしていた。森田家の次男幸司(加山雄三)は、最近、東京の会社をやめ、清水に帰っていた。何が原因か、女遊びや、パチンコ喧嘩と、その無軌道ぶりは手をつけられない程だ。そんな幸司をいつも、優しくむかえるのは、義姉の礼子だった。再婚話しも断り、18年この家にいたのも、次男の幸司が成長する迄と思えばこそであった。ある日見知らぬ女(浜美枝)との、交際で口喧嘩となった礼子に幸司は、今までわだかまっていた胸の内をはきすてるように言った。馬鹿と言われようが、卑怯者といわれようが、僕は義姉さんの側にいたい」義姉への慕情が純粋であるだけに苦しみ続けた幸司だったのだ。それからの幸司は真剣に店をきりもりした。社長を幸司にしてスーパーマーケットにする話がもちあがった日、礼子は家族を集め『せっかくの良い計画も、私が邪魔しているからです、私がこの店から手をひいて、幸司さんに先頭に立ってスーパーマーケットをやって欲しい。私も元の貝塚礼子に戻って新しい人生に出発します私にも隠していましたが、好きな人が郷里にいるのです』とうちあけた。荷造りをする礼子に、幸司は「義姉さんは何故自分ばっかり傷つけるんだ」と責めた。『私は死んだ夫を今でも愛してる、この気持は貴君には分からない』礼子の出発の日、動き出した車の中に、思いがげない幸司の姿があった。『送っていきたいんだ!!いいだろ』幸司の眼も美しく澄んでいた。


浜美枝                        加山雄三、高峰秀子

題名:乱れる
監督:成瀬巳喜男
製作:藤本真澄、成瀬巳喜男
脚本:松山善三
撮影:安本淳
照明:石井長四郎
録音:藤好昌生
整音:下永尚
美術:中古智
編集:大井英史
音楽:斎藤一郎
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当者:黒田達雄
監督助手:川西正純
スチール:秦大三
出演:高峰秀子、加山雄三、三益愛子、草笛光子、浜美枝、白川由美、藤木悠、十朱久雄、北村和夫、坂部紀子、柳谷寛、中北千枝子
1963年日本・東宝/シネスコサイズ・モノクロ98分35mmフィルム
乱れる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰秀子                                    乱れる

1 2 3 4