映画「喜劇 駅前女将」


森繁久彌                           伴淳三郎

今回は佐伯幸三監督1964年製作「喜劇 駅前女将」をピックアップする。
「待ってました! 豪華20大スターの超娯楽大作!」と宣伝された本作は、当時の有名喜劇俳優陣、女優陣を大挙して作られた。喜劇を通じて当時の世相を鋭く描いている。劇場公開時の同時上映作品は、成瀬巳喜男監督「乱れる」だった。


フランキー堺                        淡島千景、森繁久彌、 森光子

【ストリー】
両国駅前にある酒屋「吉良屋」の主人徳之助(森繁久彌)と柳橋に寿司屋をもつ「孫寿司」の主人孫作(伴淳三郎)は兄弟の間柄で、徳之助の女房満子(森光子)は孫作の妹である。この二人は大の仲良しで、いつも行動を共にしている。徳之助には、錦糸町でバーを経営するごひいきの藤子(淡路恵子)がいるが、この藤子にダブル・ベットを買ってやったことから、家庭騒動が起きそうな気配だ。或る日、徳之助は孫作から、かつての恋人景子(淡島千景)の消息を知らされた。今は夫とも死別し両国に帰って来た景子のために、店をもたせようと徳之助は奔走した。そんな時、孫作の家では大騒動がもちあがった。孫作の家に「マゴサク」とネームの入ったガウンと「フジコ」とネームの入った下着が届いたのだ。怒った妻の千代(京塚昌子)はフジコなる女を捜す為、満子の所に走った。それがあのダブルベット事件の足立藤子と同一人と睨んだ満子は、早速錦糸町におもむき、バー「ふじ」で孫作も徳之助も現行犯でつかまえた。徳之助のおかげで全部自分の責任にされた孫作は、おさまらなかった。そこで孫作は満子に景子のこと、そして養子縁組と思っていた次郎(フランキー堺)の相手、染太郎(池内淳子)も実は景子の妹だと告白した。とんだとばっちりをうけた次郎と染太郎は置き手紙をして駈け落ちした。行く先は、伯父の力造のいる銚子だ。徳之助と満子、孫作と千代それに景子(淡島千景)と菊太郎(沢村貞子)の奇妙な関係の六人は呉越同舟で一路銚子へと向った。が、力造(加東大介)の家でも、二人を捜してもう6時間もたつという。しょんぼりした力造の家では、満子も折れて、次郎と染太郎はめでたく結婚を認められた。丁度そこえのんきに帰って来た二人。三枝(中尾ミエ)の音頭で大漁節の歌声の中、次郎のかわりに養子に行く、力造の息子和男(峰健二)と二人のカップルが明るく出発していった。


森繁久彌、淡島千景、沢村貞子、京塚昌子、森光子

加東大介                            大空真弓

池内淳子、フランキー堺                      峰健二(峰岸徹)、池内淳子

題名:喜劇 駅前女将
監督:佐伯幸三
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:黒田徳三
照明:比留川大助
録音:長岡憲治
整音:西尾昇
美術:狩野健
編集:広瀬千鶴
音楽:松井八郎
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
助監督:松本あきら
協力:銚子民芸千鳥会
スチール:大谷晟
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、森光子、三木のり平、山茶花究、淡島千景、淡路恵子、池内淳子、加東大介、京塚昌子、大空真弓、乙羽信子、沢村貞子、中尾ミエ、峰健二(峰岸徹)
1964年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
喜劇 駅前女将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中尾ミエ                           淡路恵子、森繁久彌

映画「リオの若大将」

「リオの若大将」星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                          星由里子

今回は岩内克己監督1968年製作「リオの若大将」をピックアップする。
若大将シリーズ第12弾の本作は、若大将がフェンシング競技に参戦する。1961年に「大学の若大将」でスタートした本シリーズの大学生編最終作になり、次作「フレッシュマン若大将」より社会人編になる。本作のリオデジャネイロ・ロケは、スケジュールの関係で、加山雄三さん・中尾ミエさん・田中邦衛さん・ランチャーズは渡航しているが、星由里子さんのリオでの登場シーンは、すべて日本国内で撮影されたそうだ。封切り時の併映は「年ごろ(監督:出目昌伸 出演:内藤洋子、黒沢年男)」であった。

リオの若大将リオの若大将
中尾ミエ                         田中邦衛

【ストリー】
京南大学の若大将田沼雄一(加山雄三)は、恩師平山博士(宮口精二)の助手としてリオ・デ・ジャネイロの造船所に招待され、ご機嫌な毎日を送っていた。その上リオ滞在最後の晩、技師長、谷村(北沢彪)に案内された日本料理店で押田澄子(星由里子)に出会った。澄子は東京極東観光の営業部員で、在留邦人に日本旅行のPRに来ていた。そして接待中の客が急病で倒れた時、それを救ってくれた雄一に好意をもつようになった。東京に帰った雄一は、谷村の娘江美子(中尾ミエ)に谷村から預った手紙を届けた。江美子は清明女子大に在学中で、大学バンド合戦を前に闘志を燃やしていた。二人は負けた方が食事をおごる約束をした。だが、雄一のバンドは青大将の演奏ミスで江美子のバンドに敗退。声援にかけつけた澄子を前に、江美子と約束のデートに出かけなければならなかった。夏休み、雄一は平山教授の代理で再びリオに行くことになった。ところが機内で、父親のもとに帰る江美子とバッタリ。雄一に気のある江美子は、豪華な観光旅行に招待した。コパカバーナの浜辺にやって来た二人は、そこでランチャーズの面々に出会ってビックリ仰天。青大将(田中邦衛)が演奏旅行と称し、連中を連れてきていたからだった。無一文のランチャーズ。雄一はリオのクラブでアルバイトをはじめた。そこで澄子と再会したか、ハレンチな青大将の横やりが入って、二人のデートもむちゃくちゃ。心と心は結ばれながら、雄一には江美子、澄子には現地の有力者宇野の孫一郎(久保明)と別のカップルが出来上ってしまった。ある日、雄一に造船会社から就職試験の合格通知が届いた。「田能久」の跡とりが店をつがないと父親の久太郎(有島一郎)は烈火のごとく怒ったが、おばあちゃん(飯田蝶子)が雄一の肩をもちその場はおさまった。雄一の学生生活最後の試合のフェンシング大会が近づいてきた。雄一は邪念をはらうため豪海和尚(今東光)の寺にこもり修業、見事優勝の栄誉に輝いた。やがて卒業式がやってきた。そこには、田能久の婿養子を決意した江口(江原達怡)、それに澄子から愛をうちあけられた雄一の晴れやかな顔があった。

リオの若大将リオの若大将
加山雄三、江原達怡                 有島一郎、飯田蝶子、中真千子

題名:リオの若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:斎藤孝雄
照明:石井長四郎
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:村木忍
小道具:杉本茂
結髪:藤本美穂子
記録:梶山弘子
編集:小川信夫
音楽:服部克久 主題歌:加山雄三「ある日渚に」「シェリー」中尾ミエ「恋のさだめ」「シェリー」
現像:東京現像所 合成:松田博
製作担当:根津博
製作進行:森知貴秀
演技事務:吉竹悠一
助監督:高橋薫明
監督助手:大森健次郎、河崎義祐
撮影助手:市原康至、松尾民夫
照明助手:羽田昭三
録音助手:小川恵正
美術助手:櫻木晶
小道具助手:秋元和男、武富光弘
宣伝:白井泰二
協力:パンアメリカン航空、石川島播磨重工業
スチール:秦大三
出演:加山雄三、星由里子、中尾ミエ、田中邦衛、有島一郎、飯田蝶子、江原達怡、中真千子、久保明、藤木悠、宮口精二、浦島千歌子、松原光子、小林夕岐子、北沢彪、中村伸郎、左卜全、内田裕也、今東光
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー104分35mmフィルム
リオの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

リオの若大将リオの若大将
久保明、星由里子              飯田蝶子、左卜全、加山雄三
リオの若大将リオの若大将
北沢彪                           内田裕也
リオの若大将リオの若大将
今東光                         加山雄三、星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                      加山雄三、星由里子

リオの若大将

映画「クレージーメキシコ大作戦」


「クレージーメキシコ大作戦」浜美枝

植木等                           ハナ肇、犬塚弘

植木等、谷啓                                           谷啓、ハナ肇、植木等、安田伸

今回は坪島孝監督1968年製作「クレージーメキシコ大作戦」をピックアップする。
本作は、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第11弾で全14作が制作された。
本作は、途中でインターバルが入る程の長尺で、サンフランシスコ、メキシコシティ、アカプルコと約2週間にわたり海外ロケを行っているが、興行成績が振るわず東宝クレージー・キャッツ映画の大作路線は本作までとなったそうだ。
※前作「黄金作戦」の観客動員数は290万人、本作は170万人、興行収入4億5,000万円、約2億3000万円減少。


浜美枝

園まり                                                                春川ますみ

大空真弓、園まり、浜美枝

中丸忠雄、ハナ肇                                                アンナ・マルティン

加藤茶                                                               いかりや長介

荒井注、仲本工事                                                   高木ブー

【ストリー】
日本で開かれたメキシコ展の会場から、秘宝のありかを知る手掛りとなる石像が盗まれた。盗んだのはムショ帰り早々の花岡組の忠治(ハナ肇)だったが、逃げる途中、ひょんなことから、石像は大酒飲みの酒井(植木等)の手に渡った。ぬけ目のない酒井は美術専攻の学生絵美(浜美枝)に偽物をつくらせ、それを500万で花岡組に売りつけたのだ。花岡組はアメリカのギャングのボスから石像を手に入れると命令されていたのだった。偽の石像を待って花岡(田武謙三)は秘書の光子(大空真弓)とアメリカに飛んだが、光子と結婚するつもりの忠治もその後を追った。一方、進はギャング団のボスが悪性の癌にかかり、名医中村博士に手術させようと日本に来たケン(桜井センリ)に、間違えられてアメリカに連れられて行った。また、殺人事件に巻き込まれた銀行員の鈴木(谷啓)は、刑事に追われて新婚旅行の行先であるアメリカに逃げ出した。花嫁の雪子(園まり)もその後を追った。その頃、進はデタラメにやった、癌の手術が成功し、ボスから感謝されたが、居合せた花岡親分に石像が偽物と見破られ、追われてメキシコへ逃げた。そこには忠治と鈴木がいて、同じ日本人ということで、行動を共にすることになった。ある日、美しいメキシコ娘マリア(アンナ・マルティン)から石像の秘密はピラミッドに隠されている秘宝らしい、と聞いて、三人はピラミッドを捜し回り、ついに大秘宝のありかをさぐりあてた。そのあと、三人はアカプルコに豪遊としゃれこみ、そこに来ていた絵美、光子、雪子と再会した。しかし、彼らをギャング団が狙っていた。一味はまんまと進たちの持っていた大量の宝石を手に入れたが、そこで格闘になった。知らせで駆けつけたメキシコ警察はギャング団を取り押さえ、進たちはメキシコの秘宝を救った大恩人ということになった。


犬塚弘、谷啓、石橋エータロー、植木等、ハナ肇、桜井センリ

大空真弓、田武謙三                                                 中尾ミエ

ザ・ピーナッツ                                          沢田研二、アンナ・マルティン

題名:クレージーメキシコ大作戦
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:内海正治
照明:小島正七
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:竹中和雄
衣裳:藤崎捷江
記録:野上照代
編集:武田うめ
音楽:宮川泰、萩原哲晶 主題歌「人生たかが二万五千日」
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
製作担当:島田武治
助監助手:浅野正雄
メキシコ国立劇場ショー構成:河野洋、田村隆
メキシコ国立劇場ショー監督:小谷承靖
メキシコ国立劇場ショー振付:小井戸秀宅
スチール:石月美徳
出演:植木等、ハナ肇、谷啓、浜美枝、大空真弓、園まり、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、藤田まこと、ザ・ドリフターズ、アンナ・マルティン、春川ますみ、十朱久雄、藤岡琢也、田武謙三、中丸忠雄、人見明、ザ・ピーナッツ 、中尾ミエ、沢田研二
1968年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー161分35mmフィルム
クレージーメキシコ大作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハナ肇、大空真弓、犬塚弘、植木等、浜美枝、谷啓、園まり

クレージーメキシコ大作戦

1 2 3