映画「内海の輪」


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                        中尾彬

今回は斎藤耕一監督1971年製作「内海の輪」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の連載小説「黒の様式」から「霧笛の町」を映画化したものだが、スリルもサスペンスもない内容だった。それを期待する訳ではないが、ラストの “男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった” 岩下志麻さんの演技が秀悦である事以外は、見るところはなく冗長だった。
松竹は、1957年に松本清張氏の原作「顔(監督:大曽根辰保)」を手掛けて以来、数多くの松本清張作品を映画化して来たが、本作は特に面白味がなかった。


「内海の輪」岩下志麻

三國連太郎                       富永美沙子 

【ストリー】
西田美奈子29歳(岩下志麻)。いまは四国松山の呉服の老舗伊予屋の当主慶太郎の妻である。彼女は3ヵ月に1回上京した。半分は商用であり、半分は大学で考古学を専攻し、まもなく助教授の椅子につく江村宗三(中尾彬)との秘かな情事のためであった。宗三は妻の父が考古学の権威で次期学長に擬せられるという人物なので、労せずにエリートコースに乗っていた。彼は5年前の鮮烈な記憶が忘れられなかった。そのころ、美奈子は宗三の長兄寿夫(入川保則)の新妻だった。しかし、寿夫は水商売の女と出来ていて駈け落ち同然に、静岡きっての菓子屋の暖簾を捨てた。二人が同棲している新潟へ迎えに行く美奈子の護衛役に、まだ学生だった宗三が選ばれた。その時、愛情のない夫との訣別を決意していた美奈子は水上温泉で宗三に躰を与えた。彼女は童貞のおののきを示す宗三に、江村家への報復をこめたのかも知れない。それから3年、銀座で再会した二人は自然に求めあうように愛欲を燃え上がらせた。その時から美奈子は3ヵ月に1度上京しすでに男性機能を失っている夫、慶太郎(三國連太郎)の代りに宗三に抱かれるようになった。二人だけの秘密はひっそりと保たれたが、美奈子も宗三もやがてくる破綻を恐れていた。だから二人は愛欲の中にすべてを忘れようとした。やがて宗三の出張で、逢瀬は1ヵ月に短縮された。二人はしめし合わせて、1月の瀬戸内海に遊んだ。しかし、二人は伊丹空港で宗三と同窓の新聞記者長谷(夏八木勲)にバッタリ出会った。ついに二人のエゴイスティックな愛も均衡を失った。長谷は美奈子夫婦とも顔見知りであった。慶太郎にこの不倫が暴露されたら、美奈子はもちろん、宗三の輝ける将来も崩れ去るにちがいなかった。宗三はそんな犠牲を払ってまで、美奈子と心中立てする必要はないと思った。しかし、彼女から逃れることも出来そうになかった。旅の終りに選んだ蓬莱峡は奇岩が群がり立つ断崖の景勝地だった。ここで、美奈子を殺そうと宗三は心に決めた。男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった。宗三は美奈子を断崖に誘った。そして一突きにしようとしたが一瞬ためらった。「あたしを殺して」と美奈子はうずくまり慟哭した。愛欲の終焉が二人の愛の記憶を華麗に染め、そして消えた。


「内海の輪」岩下志麻

入川保則                     岩下志麻、中尾彬

題名:内海の輪
監督:斎藤耕一
製作:三嶋与四治
原作:松本清張
脚本:山田信夫、宮内婦貴子
撮影:竹村博
照明:中川孝一
録音:小林英男
調音:松本隆司
美術:芳野尹孝
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
衣裳:東京衣装
編集:杉原よ志
音楽:服部克久
現像:東洋現像所
制作補:江夏浩一、織田明
製作主任:沼尾鈞
製作進行:玉生久宗
助監督:三村晴彦
スチール:赤井博且
出演:岩下志麻、中尾彬、三國連太郎、入川保則、夏八木勲、富永美沙子、水上竜子、加藤嘉、北城真記子、赤座美代子、滝沢修、高木信夫、高原駿雄
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
内海の輪 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                       内海の輪

映画「極道の妻たち 最後の戦い」


岩下志麻                        かたせ梨乃

今回は山下耕作監督1990年製作「極道の妻たち 最後の戦い」をピックアップする。
本作は家田荘子氏の原作ルポルタージュをベースにした新しいタイプの任侠映画として、極妻(極道の妻)に焦点を当てたヒットシリーズ第4作で、内容的には第1作に劣るが、見事な嵌り役を魅せた岩下志麻さんの凄みが素晴らしい。本作以降、岩下志麻さん主演で以下の6作品が作られた。

1991年「新極道の妻たち(監督:中島貞夫)」
1993年「新極道の妻たち 覚悟しいや(監督:山下耕作)」
1994年「新極道の妻たち 惚れたら地獄(監督:降旗康男)」
1995年「極道の妻たち 赫い絆(監督:関本郁夫)」
1996年「極道の妻たち 危険な賭け(監督:中島貞夫)」
1998年「極道の妻たち 決着[けじめ](監督:中島貞夫)」


小林稔侍                         中尾彬

津川雅彦                       かたせ梨乃、岩下志麻

【ストリー】
関西地区を牛耳る広域暴力組織の中松組が跡目相続問題で分裂した。5年後、枝分かれをした川越会本部では病床の川越会長(須賀不二男)をはじめ、幹部連中が集まっていた。その中に服役中の瀬上組々長瀬上雅之(小林稔侍)の妻芙有(岩下志麻)の姿もあった。彼女は夫の服役中、気丈の強さで組織の運営を務めているのだ。そんな時、5年前に中松組の銃弾で夫を失った伊勢夏見(かたせ梨乃)という女が残った組員の根津豊(哀川翔)を連れて大阪へやって来る。そしてふとした事件で出会った芙有と夏見は固い友情で結ばれるのだった。亡き夫の復讐に燃える夏見は、瀬上組を中松組と互角に張り合える組織へ拡大しようとする芙有に協力するが、川越会系組長の光石(品川隆二)の裏切りにあい、夏見は乱闘の末光石を射殺しそのまま身を隠してしまう。夏見からの連絡も途絶え、妹分の安否が気にかかった芙有は確たるあてもなく夏見の故郷である美浜へと足を向けた。だがそんな芙有の心配をよそに夏見は仇である中松組々長田所亮次(中尾彬)を射めようとするが、逆に銃弾を浴び息絶えてしまうのだった。それは中松組に丸め込まれた川越会が解散をした直後であった。出所後、中松組におだてあげられていた瀬上は結局自分がただの道化役であったことに気付き、戦争を再開しようとするが、芙有は豊らを連れて組を去って行く。そして夏見の死に決着をつけるべく、芙有は田所を射止めるのだった。


石田ゆり子                        森永奈緒美

哀川翔、石田ゆり子                   中尾彬、岩下志麻

題名:極道の妻たち 最後の戦い
監督:山下耕作
企画:日下部五朗
製作:奈村協、天野和人
原作:家田荘子
脚本:高田宏治
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:伊藤宏一
整音:荒川輝彦
音効:堀池美夫、栗山日出登
美術:井川徳道
装置:梶谷信男
装飾:極並浩史
背景:西村三郎
衣裳:宮川信男
美粧:田中利男
結髪:山田真左子
擬斗:菅原俊夫
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:津島利章
現像:東映化学
製作主任:長岡功
製作進行:尾崎隆夫
助監督:鈴木秀雄
監督助手:長岡鉦司、石川一郎
演技事務:藤原勝
撮影補佐:信坂利文
撮影助手:田中勇二、松本嘉通、木子尚久、村上喜代美
照明助手:磯野雅宏、三上日出志、魚住俊哉、矢島俊幸、永坂良一、山口晴弘
録音助手:山口勉、近藤義兼
美術助手:今井高瑞、秋好泰海、後藤雄一郎
編集助手:坂口由美、藤田和延
装置助手:平始 装飾助手:宮村敏正、岩花学
衣装助手:中村恵 結髪助手:生長幸子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアメイク:小島大誠(岩下志麻)、早藤みちよ(かたせ梨乃)、村上景子(石田ゆり子)
刺青:毛利清二
スチール:中山健司
出演:岩下志麻、かたせ梨乃、小林稔侍、哀川翔、津川雅彦、石田ゆり子、森永奈緒美、中尾彬、西村和彦、曽根晴美、三上真一郎、平泉成、品川隆二、中村美律子、緒形幹太、浜田晃、須賀不二男、野口貴史
1990年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー116分35mmフィルム
極道の妻たち 最後の戦い -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                      極道の妻たち 最後の戦い

映画「ミンボーの女」


宮本信子                     村田雄浩、大地康雄、三谷昇

今回は伊丹十三監督1992年製作「ミンボーの女」bestをピックアップする。
本作は、伊丹監督の徹底したリサーチに基づいた脚本作りとテーマに沿ったストリー展開に釘付けになる演出手法で、ミンボー(民事介入暴力)の本質を正面から描いた優秀な作品である。

本作の舞台は、東京にあるホテル「ホテル・ヨーロッパ」という設定だが、撮影は当時開業前だった長崎県のハウステンボス内のホテル・ヨーロッパで行われたそうだ。

本作公開1週間後、自宅近くで刃物を持った山口組(稲川組)系後藤組の5人組に伊丹監督が襲撃され、全治三ヶ月の重傷を負う事件が起きた。これは本作が絵空事ではなく真実に迫り、結果としてヤクザ社会の本質を晒した証となってしまった。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


宝田明                             伊東四朗、宮本信子

中尾彬                           大滝秀治

【ストリー】
東京の名門ホテル・ヨーロッパではサミットの開催を控えていたが、ヤクザの逗留を許しているという危機管理の甘さが理由で、その開催権をライバルホテルに奪われてしまう。ホテル・ヨーロッパの総支配人(宝田明)は断固ヤクザを排除しようと決心し、経理マンの鈴木(大地康雄)とベルボーイの若杉(村田雄浩)をヤクザ担当に任命する。2人はヤクザにおびえながらも排除に取り掛かるが、ズブの素人である彼らは手もなくヤクザの術中におちいり、金をむしりとられてしまう。そんな彼らの不適切な対応は逆にヤクザを刺激する結果となり、事態はさらに悪化していく一方であった。そんな状況にたまりかねたホテルはミンボー専門の女弁護士・井上まひる(宮本信子)を雇う。女でありながらもミンボーのプロであるまひるは、知識と経験と胆力によって難事件を次々にさばいていき、そんなまひるの指導もあって鈴木と若杉は次第にヤクザに対しての対応を心得、成長していく。そんなある日、ゴルフ・クラブで入内島(伊東四朗)という男と出会った総支配人は、彼に誘われるがまま、とばく行為に手を出してしまう。ところが入内島はヤクザ組織の中心人物で、これをネタに総支配人を次々とワナにはめてしまい、ホテルそのものに揺さぶりをかけてきた。戦えばスキャンダル、降伏すれば多額の金をゆすり取られてしまう。それを知ったまひるは、ホテルの会長に企業全体としての決断を迫り、ホテル側も真っ向から闘うことになるが、そんな時、まひるはヤクザの鉄砲玉(柳葉敏郎)に刺されてしまう。そしてまひるがいなくなったのを幸いにホテルに押しかけてくるヤクザ。だが企業全体で暴力団に立ち向かう体質に生まれ変わったホテル・ヨーロッパは、正当な手段でヤクザを撃退するのだった。


小松方正                         ガッツ石松

題名:ミンボーの女
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斎藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝
衣裳:小合惠美子、斎藤昌美
化粧:小沼みどり、横瀬由美
配役:田中忠雄
擬斗:高瀬将嗣
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:又吉雅人
音楽:本多俊之 音楽監督:立川直樹
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一
プロデューサー:細越省吾
プロデューサー補佐:川崎隆
製作担当:鎌田賢一
製作進行:益岡正志、森太郎
助監督:山川元
演技事務:北原三智子
監督助手:足立公良、村上秀晃、千葉昇、槌橋雅博
撮影助手:栗山修司、石山稔、斎藤圭祐、小宮由紀夫
特機助手:剱持忠
照明助手:赤津淳一、関根謙一、矢島俊幸、中村和也、添田龍二
美術助手:山崎秀満、新田隆之、深川絵美
録音助手:桜井敬悟、白取貢、石井ますみ、岩倉雅之
組付:福田義昭
装飾:豊島隆、小林聖樹
小道具:長谷川圭一、鈴木隆之、廣田啓
特殊メイク:佐和一弘
スタイリスト:鈴木智子、豊平ちせ
フードスタイリスト:石森いずみ
グラフィック・デザイン:佐村憲一
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
フィルム:富士フィルム(報映産業)
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
撮影協力:ハウステンボス
スチール:野上哲夫
出演:宮本信子、宝田明、大地康雄、村田雄浩、伊東四朗、中尾彬、小松方正、渡辺哲、津川雅彦、三谷昇、大滝秀治、三宅裕司、柳葉敏郎、結城美栄子、ガッツ石松、流山児祥、柳生博、矢崎滋
1992年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー123分35mmフィルム
ミンボーの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡辺哲                             中尾彬、伊東四朗

ミンボーの女                            宮本信子

1 2 3