映画「汚れた英雄」


草刈正雄                      レベッカ・ホールデン

今回は角川映画の社長であった角川春樹氏が出資し自ら監督した1982年製作「汚れた英雄」最悪作品賞をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の原作を映画化したものだが、原作とは大きく異なっている。当時、私もバイクに乗っていた事もあって劇場へ行ったが、走行シーンが多い本作は、バイクフリークではないと観るに堪えない。
つまり、映画としては、内容がなく陳腐な作品である。


磯崎洋介、浅野温子                 勝野洋、草刈正雄

【ストリー】
全日本選手権ロードレース第8戦、メインレースの国際A級500cc決勝を迎え、SUGOのサーキットは興奮のるつぼと化している。北野晶夫(草刈正雄)と大木圭史(勝野洋)の宿命の対決が始まろうとしていたのだ。晶夫が96点で1位、2位には連続チャンピオンを狙う大木、3位は若手の鹿島健(貞永敏)がつけていた。いつものように晶夫が飛び出し、9周目にはコース・レコードを出す好調さだったがラストの直線で大木に抜かれ、一輪差で敗けた。敗因はマシーンの差、ファクトリー・チームの技術と組織の差だった。ともあれ、これで晶夫と大木が同点で、勝負は最終戦にもち込まれた。北野のプライベート・チーム〈KITANO〉は、メカニックの雨宮(林ゆたか)、かつてのライダー仲間・緒方(奥田瑛二)、その妻でチーム・マネージャーのあずさ(浅野温子)、その息子の和巳(磯崎洋介)に支えられている。チームを維持する莫大な資金は、晶夫の美貌とセックス・テクニックによってパトロンとなっている国際的なデザイナー、斎藤京子(木の実ナナ)、財閥の令嬢・御木本菜穂子(朝加真由美)が出しているがまだ世界を狙うには金がいる。晶夫は、折りから来日した、国際的なコングロマリットのオーナーのクリスティーン・アダムス(レベッカ・ホールデン)に的をしぼった。彼女とはヨーロッパで知り合っていたが、パーティで再会、晶夫の誘惑に何なく陥落する。恋のライディングは着々と成果を上げたが、肝腎のマシーンの性能アップは思うように進んでいなかった。メカの雨宮は女の事で作業をスッポカした。その為、晶夫は雨宮を解雇、自ら徹夜でマシーンに取り組んだ。いよいよ決勝の時が来た。全日本選手権最終戦、国際A級500cc決勝レース。晶夫、大木、鹿島らが一斉に飛びだした。38周目、魔のヘアピンにさしかかる晶夫。ついに勝利の女神は晶夫に微笑んだ。


木の実ナナ                     林ゆたか、草刈正雄

題名:汚れた英雄
監督:角川春樹
製作:角川春樹
原作:大藪春彦
脚本:丸山昇一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:瀬川徹夫
音効:大橋鉄矢
美術:今村力
衣装:山田実
記録:小山三樹子
編集:西東清明
音楽:甲斐正人 主題歌:ローズマリー・バトラー
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東映化学
製作担当:元持昌之
助監督:松永好訓
プロデューサー:橋本新一、和田康作
バイクスタント:平忠彦、木下恵司、Hiro T.A Sheene
カーアドバイザー:三上祥一
カースタント:武士レーシング
VFX:四方義朗
スチール:池田岳史
出演:草刈正雄、レベッカ・ホールデン、木の実ナナ、浅野温子、勝野洋、朝加真由美、伊武雅刀、中島ゆたか、貞永敏、林ゆたか、奥田瑛二、磯崎洋介、トニー・セテラ
1982年角川春樹事務所+東映/ビスタサイズ・カラー112分35mmフィルム
汚れた英雄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


汚れた英雄

草刈正雄

映画「唐獅子株式会社」


「唐獅子株式会社」予告編より

横山やすし                        伊東四朗

今回は曽根中生監督1983年製作「唐獅子株式会社」をピックアップする。
本作は、伝説の天才漫才師横山やすしさんを主演で、小林信彦氏原作の同名小説の映画化したものだ。当時、テレビのレギュラー番組だけで9本もある横山やすしさんは超多忙だった為に、撮影は、週3日で、トータル30日の香盤が組まれ、1983年9月中旬~11月中旬に東映東京撮影所内でのスタジオ撮影が行われ、撮影の中盤には1983年10月に数日、大阪と神戸でロケーション撮影が行われたそうだ。


桑名正博                         甲斐智枝美

【ストリー】
3年ぶりに刑務所から出所した須磨組組員ダーク荒巻(横山やすし)は、島田組のチンピラに襲われ、九死に一生を得てようやく組の所在地にたどりついた。ところが、そこには、「唐獅子通信社」の見慣れない看板が……。親分の新し物病が始まったらしく、兄貴分の哲(伊東四朗)は専務と呼ばれ、組の様相は一変していた。翌日、ダークの出所祝が須磨邸で開かれた。シェフは親分の長男・安輝(木村一八)。コック姿で料理を運びやくざ稼業には全く関心がない。そこへ親分、義輝(丹波哲郎)の娘・輝子(斉藤ゆう子)が現れ、「これからはビデオの時代」と提案する。かくて、唐獅子ビデオの看板が掲げられた。さらに、親分は芸能社を作り、どこで見つけてきたのか新人歌手・伊吹ひとみ(甲斐智枝美)を東京のテレビ局主催のスーパースターコンテストで優勝させろと命令する。ところが、ひとみは体は魅力的だが、歌の方はカラッきしダメ。そして、ダークがマネージメント、原田(桑名正博)が歌のレッスンを担当することになった。デビュー曲も出来上がり、東京へ飛んだダークたちは、クラブでまずテレビ局のプロデューサーと評論家を買収する。そこに島田組が現われ、3人は捕まり、監禁された。翌朝、やっとの思いで抜けだしたダークたちは、コンテスト会場にギリギリで到着し、「唐獅子ロック」を歌ったひとみは優勝した。その夜、ダークの自分への愛の独り言を聞いたひとみは、彼に抱いてくれと告げるが断られ外に飛び出した。大阪に戻ったひとみは哲の前で、ダークにベタベタする。ある日、島田組がひとみのマンションにやって来た。居合わせたダークとひとみは逃げだし、やがてモーターボートでの闘争が始まった。そこに、島田組とダークの争いを心配していた栗林警部補(杉浦直樹)が助けに入り、足をゲガする。次の日、栗林を見舞ったダークとひとみは、奥さんに死なれ子供をたくさん抱えて困っている彼の姿を見た。坂津音楽祭当日、子供を連れてお祝いにかけつける栗林に、意を決してダークは「ひとみはあんたが好きだから嫁にもらってくれ」と頼む。そんなダークを哲が「よくやった。惚れた女を他人に渡すはのつらい」と慰めるのだった。


杉浦直樹                         丹波哲郎

題名:唐獅子株式会社
監督:曽根中生
企画:天尾完次
製作:井上眞介、木村政雄、林信夫
原作:小林信彦
構成:笠原和夫
脚本:内藤誠、桂千穂
撮影:鈴木耕一
照明:梅谷茂
録音:川島一郎
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:開米慶四郎
装飾:岡万雄
背景:上田義明
美粧:武藤佳子
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:西本良治郎
刺青:毛利清二
記録:勝原繁子
編集:西東清明
音楽:甲斐正人 主題歌:山本譲二「ローリング・ストーン」
現像:東映化学
製作調整:山田光男
製作主任:酒井喬ニ
演技事務:鎌田賢一
音楽事務:新井明美
水中撮影:中村征夫
助監督:田中雄二
音楽プロデューサー:高桑忠男、石川光
カー・スタント:高橋レーシング
宣伝担当:松田仁、荒井一郎、西嶋光弘、藤沢正博
スチール:関谷嘉明
出演:横山やすし、伊東四朗、桑名正博、甲斐智枝美、丹波哲郎、杉浦直樹、佳那晃子、風祭ゆき、中島ゆたか、斉藤ゆう子、荒勢、小野ヤスシ、岡本信人、成瀬正孝、阿藤快、安岡力也、なぎら健壱、明石家さんま、島田紳助、木村一八
1983年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
唐獅子株式会社 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


斉藤ゆう子                        なぎら健壱

唐獅子株式会社

映画「影の軍団 服部半蔵」


影の軍団 服部半蔵

渡瀬恒彦                        緒形拳

今回は工藤栄一監督1980年製作「影の軍団 服部半蔵」をピックアップする。
本作は、忍者・服部半蔵がもしも2人いたらというユニークな着想で描かれたものだ。当初は千葉真一さんが服部半蔵役を予定していたが降板し、渡瀬恒彦さんが起用されたという経緯がある。


西郷輝彦                       森下愛子

原田エミ                       森下愛子

【ストリー】
慶安4年、徳川政権は表向きは安泰の色を呈していたが、江戸城内では、三代将軍・家光が急死したため、混乱のるつぼと化していた。副将軍・水戸光圀(金子信雄)をはじめとする御三家は、光圀の実弟で会津藩主、保科正之(山村聡)を世継ぎ家綱の補作役と決め、事態の収拾を計った。一方、老中筆頭、松平伊豆守(成田三樹夫)は権力を維持するために密かに策を練っていた。伊賀忍者、服部には上下二家があり、上は隠れ名にて常に世人に混わり、下は草に生き機に乗じ時に応じ現われる。上の服部半蔵(西郷輝彦)は隠れ名を由比民部と称した。下半蔵(渡瀬恒彦)は大名屋敷を狙う盗賊の頭でもある。下半蔵は伊豆派の内藤山城守の屋敷に押し入るが失敗し、伊豆守に引き会わされる。下半蔵は、保科正之の首を取れば許してやるという伊豆守の甘い言葉を信じてしまう。伊豆守の影には甲賀忍者の頭目、甲賀四郎兵衛(緒形拳)が控えている。下半蔵は正之の屋敷に忍び込むが、警備に見つかり、上半蔵に助けられ、なんとか脱出する。政権を狙う上半蔵はこの事件を機会に正之に接近。数日後、正之は光圀によって執政職に命じられ、上半蔵の思い通りに事は運んだ。だが伊豆守も金を使い優位な立場にたとうと光圀へ莫大なワイロを送る。そして、家綱の生母、お楽の方(中島ゆたか)に取り入り、四郎兵衛の娘、千里(森下愛子)を大奥へ潜入させることに成功。伊豆守は、家綱側仕えの青山図書(三浦洋一)らの意見を無視して、お世継の日光参詣を強引に決行する。そして、日光へ向う行列の中、家綱(上田孝則)の姿が消えてしまった。四郎兵衛の仕業だ。下半蔵は女忍者小萩(原田エミ)を大奥に潜入させ千里の後をつけ、四郎兵衛の隠れ家をつきとめるが、あと一歩のところでとり逃してしまう。図書は伊豆守の陰謀で、ぬれぎぬを着せられたまま殺され、正之は執政職を返上、上半蔵の由比道場にも、正之に加担していたと伊豆守の手の役人が乱入して来る。上半蔵は道場に火を放ち、下半蔵の隠れ家に逃げ込む。そこへ、家綱は伊豆守の城内鬼門櫓に閉じ込められている知らせが入った。鬼門櫓は初代半蔵が飛騨の工匠によって作らせたもので、櫓を一挙に崩してしまう仕掛が施してあり、それは半蔵家に伝わる秘伝であった。家綱救出に、鬼門櫓に向う上半蔵と下半蔵。櫓上層部に斬り込む上半蔵は応戦する四郎兵衛の腹に大クナイを突き刺す。下半蔵は両者の死闘の脇をすり抜け、家綱を抱え櫓を脱出。その時、凄じい亀裂が櫓全体に走り、最後の呻きのような異様な爆音とともに、上半蔵と四郎兵衛を呑み込んだ鬼門櫓は崩れ落ちていった。翌朝、城中で新将軍家綱御宣下の儀が滞りなく行なわれていた。無称の大名として列座している正之。伊豆守が得意満面で家綱を勅使対面の席に導く。一同が平伏したとき、天井が開き、伊豆守と家綱の前に下半蔵が飛び降りて来た。呆然となる伊豆守。平伏したままで気づかない諸侯。家綱が半蔵を見て笑いかけたとき、下半蔵の抜き討ち一閃。伊豆の絶叫で一斉に顔をあげる一同。しかし、事すでに遅く、伊豆守は血の海に横たわり、死んでいたのだった。


山村聡                        成田三樹夫

題名:影の軍団 服部半蔵
監督:工藤栄一
企画:翁長孝雄、日下部五朗、松平乗道
脚本:高田宏治、志村正浩、 山田隆之
撮影:中島徹
照明:海地栄
録音:溝口正義
美術:井川徳道、山下謙爾
装置:三浦公久
装飾:山田久司
背景:平松敬一郎
衣装:岩逧保
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:菅原俊夫
記録:梅津泰子
編集:市田勇
特撮監督:矢島信男(特撮研究所)
撮影:増田敏雄(特撮研究所)
操演:鈴木昶(特撮研究所)
美術:松原裕志(特撮研究所)
特技:崎津均、竹内誠治、藤川聡、吉田昌雄、黒崎誠輝(特技TAC)
音楽:原田祐臣
進行主任:山本吉応
助監督:藤原敏之
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、西郷輝彦、緒形拳、森下愛子、原田エミ、中島ゆたか、三浦洋一、山村聡、蟹江敬三、成田三樹夫、金子信雄、仲谷昇、藤田まこと、上田孝則
1980年日本・東映/シネスコサイズ・カラー133分35mmフィルム
影の軍団 服部半蔵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


蟹江敬三                     影の軍団 服部半蔵

1 2