映画「狂った野獣」


渡瀬恒彦                              星野じゅん

今回は中島貞夫監督1976年製作「狂った野獣」をピックアップする。
本作の制作予算は2,000万円で、撮影用に購入した車がバス1台とパトカー8台。主演の渡瀬恒彦さんは、撮影の為に大型免許を取得し、バスの転倒シーンは自ら買って出てスタントマンは使わなかったそうだ。東映カーアクション路線は、本作と「暴走パニック 大激突」の2作だけで、共に興行は振るわずその後は続かなかった。

※バスが50万円で足回りのメンテナンスに100万円。
※パトカーは車検切れギリギリで10万円以下。
※俳優のギャラは100万円以上は渡瀬さんだけで、他の役者は極端に安かった。
(ウィキペディア参照)


川谷拓三                          片桐竜次、川谷拓三

【ストリー】
テストドライバーの速水(渡瀬恒彦)は、テスト中に事故を起こし会社をクビになってしまう。数日後、速水は友人の女性ドライバーの岩崎美代子(星野じゅん)を誘い、大阪の宝石店を襲い数千万円相当の宝石強奪に成功、警察の追手をくらますために別々に逃亡した。速水は宝石を持って府営バスに乗り込み、逃走は完全に成功したかのように思われた……。ところが、そのバスに、銀行強盗に失敗して警察に追われている谷村(川谷拓三)と桐野(片桐竜次)が乗り込み、バスを占拠してしまったのだ。愕然とする速水、バスの運転手で心筋梗塞を患う官本(白川浩二郎)、そして乗客たち--駆け出し女優の立花かおる、主婦の戸田政江(荒木雅子)、ホステスの小林ハルミ(中川三穂子)、大工の西勲(松本泰郎)、小学校教師の松原啓一(野口貴史)、その松原の教え子で彼と浮気を続ける河原文子(三浦徳子)、チンドン屋の極楽一郎(志賀勝)、良子(丸平峰子)、達たち、無職の老人・半田市次郎(野村鬼笑)、塾に通う小学生の加藤(細井伸悟)と田中(秋山克臣)、総勢13名である。谷村、桐野は乗客を人質にしたため、恐怖を感じた乗客たちは徐々にエゴをむき出し、車内のパニック状態はエスカレートしていく。やがて、速水は隙を見て脱出を試みるが、逆に宝石泥棒であることを見破られてしまう。警察は各国道沿に非常線を張るが、バスは次々と非常線を突破し、その後をパトカー、白バイが追った。一方、速水の乗ったバスがバスジャックされたと知った美代子も、オートバイでバスを追走した。やがてバスの運転手の宮本は持病の心筋梗塞で倒れたため、速水が運転することになったが、緊張のために眼は徐々にかすんでいった……。


挿入歌:三上寛「小便だらけの湖」

題名:狂った野獣
監督:中島貞夫
企画:奈村協、上阪久和
脚本:中島貞夫、大原清秀、関本郁夫
撮影:塚越堅二
照明:北口光三郎
美術:森田和雄
録音:溝口義正
装置:吉岡茂一
装飾:白石義明
美粧:枦川芳昭
結髪:中村美千代
衣装:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎 挿入歌:三上寛「小便だらけの湖」
製作主任:長岡功
助監督:藤原敏之
演技事務:上田義一
スチール:木村武司
出演:渡瀬恒彦、星野じゅん、川谷拓三、片桐竜次、室田日出男、志賀勝、橘麻紀、中川三穂子、三浦徳子、荒木雅子、白川浩二郎、松本泰郎、野口貴史、丸平峰子、野村鬼笑、秋山克臣、細井伸悟、三上寛、笑福亭鶴瓶
1976年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー78分35mmフィルム
狂った野獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡瀬恒彦、川谷拓三                      狂った野獣


狂った野獣

映画「津軽じょんがら節」


津軽じょんがら節

「津軽じょんがら節」江波杏子

今回は斎藤耕一監督1973年製作「津軽じょんがら節」をピックアップする。
公開当時、新宿文化アート・シアター・ギルドで観た憶えがある作品で、津軽の荒れ果てた海を描いたトーンが、忘れられない映像として残っている。DVDで見るとテレシネ・キャプチャー映像なので分からないが、フィルムのラチチュードを最大限生かした撮影設計は素晴らしかった。主演は、惜しくも2018年10月に急逝した江波杏子さんが、ヤクザの情婦イサ子を見事に演じている。イサ子役は江波杏子さん以外考えられないと思った。

【追記・訃報】
映画「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで知られる女優の江波杏子さんが、2018年10月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなったことが11月2日、分かった。76歳だった。所属事務所が公式サイトで明かした。また報道各社にFAXで発表した。
スポーツ報知 2018年11月2日(金) 14:14配信


江波杏子、織田あきら                中川三穂子

西村晃、織田あきら                 江波杏子、佐藤英夫

【ストリー】
津軽の荒れ果てた漁村に、中里イサ子(江波杏子)がヤクザ風の若い男をつれて帰って来た。この村は東京のバーで働いていたイサ子の郷里である。男は岩城徹男(織田あきら)、よその組の幹部を刺したために追われており、イサ子は徹男を匿うためと、出漁中に死んだ父と兄の墓を建てるつもりだったのだ。海辺の小屋で二人の新しい生活が始まったが、徹男にとっては単調な毎日が、やりきれなかった。そんな徹男を、盲目の少女・ユキ(中川三穂子)は慕っていた。やがて生活に行きづまったイサ子は、村の飲屋に働きに出た。村から出ようという徹男に、イサ子は墓を建てるまで、と言い返すのだった。昼間、ユキと遊ぶ徹男は明るかった。そして徹男は、ユキの祖母から、盲目の少女はイタコか瞽女になる、という話を聞いた。イサ子の稼ぎを当てにしている徹男は、村の連中を集めて花札賭博に熱中していた。父の遭難には保険詐欺の疑いがあるとして保険金の支払いを拒否され、貯金通帳を飲屋の同僚に持ち逃げされるなど、イサ子の不運は続いた。しかも、次第に自分から離れていく徹男に不安を感じ、徹男と一緒に村を出ようと決心した。東京からの追手の気配を感じた徹男は、ユキを騙して金儲けをしようという、飲屋の主人・金山(佐藤英夫)の話に乗った。翌日、旅仕度をした徹男は、何も知らないユキを、客のいる飲屋の二階へ連れて行き、イサ子の待つ停留所へ向った。その時、徹男は津軽三味線の音を聞いた。盲目の女旅芸人--瞽女の中にユキを見た。彼は幻想を見たのだ。身をひるがえした徹男は、飲屋へ戻り、ユキを救った。そして、徹男はこの村に留まる決心をしたのだった。そんな徹男を見てイサ子は「あんた、ふる里が見つかって、よかったわね」と咳くと、一人村を去っていった。以来、徹男は海に漁に出て働き、ユキの家に帰っては互いに求めあった。しかし、その幸福な日は長くはつづかなかった。ある夜、徹男は何者かに、ドスで腹をえぐられ、そのまま暗い河口へ落ちて入った……。


津軽じょんがら節

中川三穂子

題名:津軽じょんがら節
監督:斎藤耕一
製作:島田昭彦、多賀祥介
脚本:中島丈博、斎藤耕一
撮影:坂本典隆
照明:水村富雄
録音:杉崎喬
記録:中町真理
編集:大島ともよ
音楽:高橋竹山、若美家五郎、鳴海重光、白川軍八郎、海童道宗祖
現像:東洋現像所
製作主任:馬道昭三
製作進行:川島照満
監督助手:山下稔、永井譲滋
撮影助手:松前次三、榊原勝巳
照明助手:小宮山靖夫
編集助手:川口和子
考証・挿入画:斎藤真
方言指導:富山真沙子
出演:江波杏子、織田あきら、中川三穂子、西村晃、佐藤英夫、寺田農、戸田春子、東恵美子、田中筆子、河村久子、富山真沙子、上村一夫
1973年日本・斎藤耕一プロダクション+ATG/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
津軽じょんがら節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「津軽じょんがら節」江波杏子

津軽じょんがら節