映画「失楽園」


役所広司                      黒木瞳

今回は森田芳光監督1997年製作「失楽園」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏による同名ベストセラーで、閑職に追いやられた中年サラリーマンと、冷めた夫婦関係に体を持て余した人妻が、激しい恋におちて情事を重ねていく姿を描いた性と愛のドラマだ。黒木瞳さんの濡れ場シーンが多く他に残らなかったが、久木文枝役の星野知子さんの芝居は特に素晴らしかった。


役所広司、黒木瞳               役所広司、寺尾聰

【ストリー】
出版社の敏腕編集者だった久木祥一郎(役所広司)は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、彼の友人・衣川(寺尾聰)が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子(黒木瞳)という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だったが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。ふたりの関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦(柴俊夫)は興信所の調査で妻の不貞を知る。晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝(星野知子)は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。家庭や社会からの孤立が深まっていくなか、それでもふたりは逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、ふたりだけの性と愛の充足は純度を増していく。そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、ふたりでこの世を去ろうと決意する。雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿であった。


柴俊夫、黒木瞳                  星野知子

題名:失楽園
監督:森田芳光
製作総指揮:角川歴彦
製作:原正人、永井正夫
原作:渡辺淳一
脚本:筒井ともみ
撮影:高瀬比呂志
照明:小野晃
録音:橋本文雄
音効:伊藤進一
美術:小澤秀高
衣装:松井律子
視覚効果:大屋哲男 (マリンポスト)
編集:田中愼二
記録:森永恭子
音楽:大島ミチル 音楽プロデューサー:石川光 音楽録音:伊藤圭一
現像:イマジカ
助監督:杉山泰一
スチール:安保隆
出演:役所広司、黒木瞳、星野知子、柴俊夫、寺尾聰、平泉成、木村佳乃、岩崎加根子、中村敦夫、小坂一也、あがた森魚、石丸謙二郎、原千晶
1997年日本・東映+エースピクチャーズ/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
失楽園 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


映画「儀式」


河原崎建三                          賀来敦子

今回は大島渚監督1971年製作「儀式」をピックアップする。
日本アート・シアター・ギルド(ATG)の創立10周年を記念し、創造社と提携制作した本作は、家長制を頂点とした桜田家に集まる複雑な血縁関係者が織りなす人間模様を通して、日本の戦後民主主義を問い詰める内容だ。撮影は巨匠成島東一郎氏が担当されている。

作品リスト


佐藤慶                          小山明子

【ストリー】
「テルミチシス」テルミチ」という奇妙な電報を受取った桜田満洲男(河原崎建三)は輝道のかつての恋人律子(賀来敦子)と共に急拠打電地の南の島へと旅立っていった。その道行で、満洲男は過去桜田家で行なわれた数々の冠婚祭の儀式と、その時にだけ会うことのできる親戚の人々の事を想い起こしながら、この電報の意味を考え続けた。昭和8年満洲事変の余波さめやらぬ頃、満洲で生まれた満洲男が、昭和22年、母親のキク(高山真樹)と共に命からがら引き揚げて九州の桜田家にたどり着いた日は、満洲男の父韓一郎の一周忌の日だった。韓一郎は敗戦の年、満洲から東京に渡ったが、日本の前途に絶望して自殺した。その法事の席には、内務官僚であったために追放中の祖父の一臣(佐藤慶)、祖母のしづ(乙羽信子)、曽祖母の富子(河原崎しづ江)、祖父の兄嫁のちよ(三戸部スエ)、ちよと一臣の間に生まれた守(戸浦六宏)、父親の腹ちがいの弟の勇(小松方正)、もう一人の腹ちがいの弟進の子忠(土屋清)、叔母の節子(小山明子)とその子供の律子、しづが可愛がっている輝道(中村敦夫)などが列席した。幼ない弟を満洲で失い、これから母と二人で生き抜こうと決心した満洲男であったが、祖父の命令で桜田家の跡継として、この複雑な血縁関係のなかに引き込まれていった。昭和27年の夏、全国高校野球大会に東京代表チームの投手で四番打者として活躍していた満洲男は、準々決勝戦の前夜、母の危篤を知らされた。翌日の試合で満洲男が致命的な失投をした頃、母は息を引きとった。追放がとけ、ある公団の総裁に就任した祖父の力もあってキクの葬儀は盛大であった。その通夜の晩、滴洲男は節子から父の遺書を手渡されたことによって父と節子が愛し合っていたこと、そして、その愛が祖父によて引き裂かれ、節子は祖父の政治的野望の犠牲になったことを知った。そして、その夜、満洲男は、自分の憧れの的であった節子が、輝道の愛撫を受けているのを見てしまうのだった。その翌年、輝道が祖父の秘書として上京したのと入れかわりに、満洲男は京大に入り、再び野球の世界に没入していった。昭和31年、日共の党員である叔父勇(小松方正)の結婚式が行なわれ、その席には中国から戦犯としての刑期を終えて帰国した叔父進(渡辺文雄)の顔があった。その夜、満洲男は好きだという自分の気持を律子に言いだせず、輝道が律子を抱くのをただ呆然とながめていた。夜更け、節子が死んだ。原因不明のまま自殺として盛大に葬られた節子の死を、満洲男は祖父が殺したのだと思った。昭和36年、政財界人を集め祖父の命令で行われた自分の結婚式、花嫁の失踪をかくした虚飾に満ちた披露宴に怒りをぶつけた忠(土屋清)、その忠の事故死。そして輝道の家出。その後、満洲男は、輝道が自分の父の許嫁と祖父との間にできた子であることを知った。そして偉大な祖父の死などさまざまな出来事の想い出が満洲男の脳裏を横切っていった……。旅の終りが近づいていた。満洲男と律子を乗せた船は、紺碧に輝く南の海を、輝道のいる島へと進んだ。そして、そこで見たものは、全裸で横たわる輝道の死体だった。生きる意志を失った律子は、満洲男の目前で自ら手足を縛り薬を口に含んだ。


中村敦夫                           乙羽信子

題名:儀式
監督:大島渚
製作:葛井欣士郎、山口卓治
脚本:田村孟、佐々木守、大島渚
撮影:成島東一郎
照明:山下礼二郎
録音:西崎英雄
音効:倉嶋暢
美術:戸田重昌、下石坂成典
装置:吉見光男、馬場保行
背景:高橋作次
装飾:眞城一夫
結髪:宇野久夫
美粧:ムラハシ英子
記録:松田美津子
編集:浦岡敬一
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
撮影助手:藤井秀男、杉村博章
移動効果:西村伊三男
照明助手:石原喜三
録音助手:山田貢、高井唯夫
編集助手:永富勲
製作主任:眞田正典
製作進行:足立源一郎
協力:大映京都撮影所
出演:河原崎建三、賀来敦子、中村敦夫、土屋清、乙羽信子、佐藤慶、小山明子、小松方正、渡辺文雄、戸浦六宏、原知佐子、小沢栄太郎、殿山泰司、高山真樹、河原崎しづ江、椿隆一、大田良明、成島有美
1971年日本・創造社+日本ATG/シネスコサイズ・カラー123分35mmフィルム
儀式 -DVD-
2018年11月現在、DVDレンタルはありません。


佐藤慶、椿隆一                                                   土屋清、中村敦夫

儀式                           大田良明、小山明子、成島有美

映画「無頼漢」


仲代達矢                           岩下志麻
今回は篠田正浩監督1970年製作「無頼漢」をピックアップする。
本作は、大島渚監督、吉田喜重監督と共に松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれれ、2003年に「スパイ・ゾルゲ」を最後に映画監督からの引退を発表した篠田正浩監督の寺山修司氏脚本による異色時代劇である。

美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道」 (春日太一著・文藝春秋刊)より
A:岩下志麻 Q:春日太一
————————————————————————-
Q:これは東宝の作品です。松竹側は大丈夫でしたか?
A:他社出演に関しては結構スムーズでしたね。ですから、本当にありがたかったです。
Q:今回は花魁役でしたが、どのような役作りを?
A:花魁の役は初めてでしたので、まず高いぽっくりを履いて練り歩くのが難しくて。最初、ぽっくりだけ借りてずいぶん歩きの練習をしました。歩くのも、外側に足を廻して歩かないといけないんですよね。しかもゲタが高いでしょう。ですから結構難しくて。
Q:相手役は仲代さんでした。
A:仲代さんはいつも厳しかったり逞しかったり、という役が多いのですが、あれは白塗りでナヨッとしていて、妙に色っぽく見えました。それから、お母さんの市川翠扇さんが素晴らしくて。あの市川翠扇さんと仲代さんの母子関係、母親が子どもにベタベタする関係もよかったですね。
Q:反権力の集団を描く、篠田監督らしい時代劇でした。
A:そこを意識して作った映画なんじゃないかなと私は思いました。ああいうかたちを借りて、体制と反体制をクリアに描いていると思うんです。「権力は変わらない、交代するだけだ」という水野忠邦の最後のセリフがありますが、あの言葉は印象的でした。
Q:独立プロでありながら進んでメジャーと組んで大作を作っていくところが、表現社というか篠田監督の面白さでもあります。
A:そうです。表現社製作で受け持つ場合と、スタッフだけ貸す場合と、いろいろな形があります。表現社単体で作るのが難しい場合は無理に作らない。
Q:作品のスケールや必要な予算に応じて柔軟に製作体制を変えている印象があります。
A:ですから、独立プロで赤字を作らないでずっとこれたのは、表現社ぐらいじゃないかしら。他はみんな家を売ったりして苦労されていますものね。
Q:そこの計算が見事ですね。
A:篠田が絶対に自分のところで背負い過ぎないような製作体制にして、作品のスケールによって作り方を変えていたと思います。


仲代達矢、岩下志麻                    丹波哲郎

【ストリー】
天保13年、水野忠邦(芥川比呂志)の天保の改革は庶民を苦しめ、市井には不満の声が満ちていた。江戸、猿若町の見世物小屋が軒を並べるあたり、役者志願の遊び人直次郎(仲代達矢)は、美しい花魁犬口屋の三千歳(岩下志麻)を知った。直次郎が母親のくま(市川翠扇)と住む犯罪長屋。1年ぶりに帰ってきたなまけ者丑松(小沢昭一)だが、留守中に女房お半と子供は、御用聞き、五斗米市と家主の紋左衛門(春日章良)の手にかかり姿を消していた。芝居小屋の前で「水野体制批判」をして役人に追われた三文小僧を救ったのは、河内山宗俊(丹波哲郎)だった。三千歳を直次郎とはり合う森田屋(渡辺文雄)は御家人くずれの金子市之丞(米倉斉加年)に直次郎殺しを頼んだ。だが金子市は、直次郎と間違えて河内山を襲い、顔を合わせた金子市、河内山、森田屋の三人は、互にふくみ笑いして見合った。直次郎は老いて醜い、おくま(市川翠扇)がいては三千歳と世帯ももてないと考え蒲団にくるみ、大川へ投げ込んだ。一方、河内山は上州屋の一人娘浪路(太地喜和子)が、松江出雲守(中村敦夫)にめかけになれと無理難題を押しつけられているのを聞き、200両で浪路をとり返すことをうけあった。河内山の生命をかけた大仕事を知り直次郎が仲間に加わった。ところで、金子市は丑松、三文小僧など水野体制からはみだした連中を集め、改革に謀叛の火を打ちあげんとしていた。松江家では依然、出雲守が浪路を追い回していたが、家老北村大膳はこの乱行が外にもれることを怖れ、浪路と近習頭宮崎数馬を不義の仲とデッチあげた。そこへ、河内山扮する御使僧北谷道海と直次郎扮する駕篭脇に控える侍桜井新之丞が現れ、晴れの舞台よろしく、大芝居をうった。出雲守からまんまと、浪路をだましとった河内山だが、大膳に見破られ凄絶な最後をとげた。直次郎は邪魔者おくまを背負って捨てに家を出たが、その時、夜空にひろがる花火を見た。それは金子市、丑松、三文小僧の三人が打ち上げた謀反の火柱だった。


市川翠扇                              小沢昭一

題名:無頼漢
英題:THE SCANDALOUS ADVENTURES OF BURAIKAN
監督:篠田正浩
製作:藤本眞澄、若槻安重
原作:河竹黙阿弥「天衣紛上野初花」
脚本:寺山修司
撮影:岡崎宏三
照明:榊原庸介
録音:西崎英雄 (アオイスタジオ)
音効:本間明
美術:戸田重昌
装飾:荒川大
衣装:上野芳生
結髪:細野明
調度:高津年晴
風俗構成:林美一
題字:粟津潔
記録:島田はる
編集:杉原よ志
音楽:佐藤勝
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東京現像所
製作担当:小笠原清
助監督:中野恵之
演技事務:中村英子
スチール:遠藤正、亀倉正子
出演:仲代達矢、岩下志麻、小沢昭一、丹波哲郎、渡辺文雄、米倉斉加年、山本圭、芥川比呂志、市川翠扇、中村敦夫、浜村純、藤原釜足、蜷川幸雄、太地喜和子、春日章良
1970年日本・表現社+にんじんくらぶ/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
無頼漢 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


丹波哲郎、米倉斉加年                   仲代達矢、岩下志麻、渡辺文雄

1 2