映画「仁義なき戦い 頂上作戦」


菅原文太                       梅宮辰夫

今回は深作欣二監督1974年製作「仁義なき戦い 頂上作戦」をピックアップする。
“仁義なき戦い”シリーズ第4作となる本作は、広島第二次抗争(代理戦争)が描かれ、脚本の笠原和夫氏と深作欣二監督はシリーズ終焉作と決めていたそうだが、シリーズのヒットで東映側の要請があり「完結編」が作られる事になったそうだ。


黒沢年男                      小林旭

【ストリー】
昭和38年春/西日本広域暴力団明石組と、ライバル神和会との代理戦争とも言うべき広島抗争は、激化する一方だった。明石組系の打本組(広島)と広能組(呉)、神和会系の山守組(広島)の双方は、はっきりと対立の様相を呈していた。同年5月相次ぐ暴力事件への市民の批判と相まって、警察は暴力団撲滅運動に乗り出し“頂上作戦”を敷いた。その頃、呉市では広能組が、山守組傘下の槙原組と対立していた。広能(菅原文太)と打本(加藤武)は、広島の義西会・岡島友次(小池朝雄)に応援を依頼し、ひたすら中立を守る岡島を、明石組の岩井(梅宮辰夫)も説得する。やがて、広能組の若衆河西(八名信夫)が、槙原組の的場(成瀬正孝)に射殺されたことから、広能と山守の対立は正に一触即発となった。一方、広島では、打本組々員三上が、誤って打本の堅気の客を殺害したことから、一般市民、マスコミの反撥が燃えあがり、警察も暴力取締り強化に本腰を入れはじめた。その頃、山守組系の早川組若衆仲本が、女をめぐって打本組の福田を襲撃、惨殺した。同年6月19日/山守組傘下の江田組々員が、打本組の若衆に凄絶なリンチを加え、一人を死に至らしめた。だが、打本は、その弱腰から報復に打って出なかった。広能は、岩井の発案で、殺された組員河西の葬式を行なうという名目で、全国各地から応援千六百人を集め、一気に山守組に攻め込もうとした。同年7月4日/打本が、山守系の武田組に位致され、山守に脅迫されたために、広能の計画を吐いてしまった。山守は早速、警察に密告する。同年7月5日/広能は別件容疑で逮捕され、明石組とその応援組員は呉から退去。ここに形勢は逆転し山守、福原が呉を支配するようになった。以後も、広熊組と槙原組との間に、血の応酬が相次いだ。同年8月下旬/岡島友次は、愚連隊川田組々長を金で買収し、山守勢と対決すべく決心をした。同年9月8日/岡島の動向をキャッチした山守は、組員吉井に、岡島を射殺させた。同年9月12日/打本組の谷口等が山守組のアジトに、義西会の藤田等が江田組事務所に、それぞれ爆弾を投げ込んだ。同年9月21日/命を狙われ憔悴した山守は、早川組のバーに身を隠していたが、そこにも打本組々員が殴り込み、山守はからくも逃亡した。いきり立つ打本組若衆たちは、山守・江田両組の組員たちと凄絶な市街戦を行ない、市民を恐怖のどん底に陥入れた。暴力団追放の世論が沸騰し、警察と検察当局は、ついに幹部組長一斉検挙に踏み切った。やがて、山守は逮捕された。一方、岩井は、広島に乗り込んで義西会を中心に陣営の再建に着手し始めるが、武田は、暴力団を糾合して、岩井の挑戦を真向から受けて立った。同年9月24日/明石組事務所を、武田組組員が爆破。明石組は、これを神和会の仕業と誤解して即座に報復したために、武田組と岩井組の間で、激烈な銃撃戦の火ブタが切って落された。かくして、広島抗争事件は、西日本をゆるがす大流血事件と発展してしまった……。死者17名、負傷者20余人を出した実りなき抗争。広能は、ひとり獄舎で深い虚しさを噛みしめていた……。


小倉一郎                      松方弘樹、小池朝雄

題名:仁義なき戦い 頂上作戦
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:笠原和夫
撮影:吉田貞次
照明:中山治雄
録音:溝口正義
美術:井川健道
装置:近藤幸一
装飾:松原邦四郎
衣装:松本俊和
技斗:上野隆三
記録:田中美佐江
編集:宮本信太朗
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
助監督:土橋亨
製作進行:伊藤彰将
スチール:藤本武
出演:菅原文太、梅宮辰夫、黒沢年男、松方弘樹、小林旭、田中邦衛、金子信雄、木村俊恵、中村英子、中原早苗、渚まゆみ、小池朝雄、山城新伍、加藤武、内田朝雄、小倉一郎、夏八木勲、八名信夫、成瀬正孝
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
仁義なき戦い 頂上作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


金子信雄、山城新伍                                               小林旭、中村英子

映画「仁義なき戦い 代理戦争」


菅原文太、成田三樹夫、小林旭、山城新伍

菅原文太                            小林旭

今回は深作欣二監督1973年製作「仁義なき戦い 代理戦争」をピックアップする。
“仁義なき戦い”シリーズ第3作となる本作は、やくざ組織の抗争事件の裏に渦巻く、欲望、背信、復讐の凄惨かつ陰惨な組織の実態を描いたものだ。


梅宮辰夫                     室田日出男、田中邦衛

【ストリー】
昭和35年4月、広島市最大の暴力団村岡組の第一の実力者杉原(鈴木康弘)が、博奕のもつれから九州のやくざに殺された。杉原の兄弟分打本組々長打本(加藤武)はこの時、きっちりと落し前をつけなかったために、村岡組の跡目をめぐって熾烈な抗争が起こることになった。山守(金子信雄)も村岡組の跡目に野心をもつ一人で、広島に顔の利く広能を強引に山守組傘下に復縁させた。一方、打本も、村岡組の幹部江田(山城新伍)と共に広能(菅原文太)と兄弟盃を交わし、更に日本最大の暴力団、神戸の明石組へ広能を介して盃を申し入れた。そして、打本は明石組々長明石辰男(丹波哲郎)の舎弟相原と兄弟盃を交わした。しかし、明石組の勢力をバックに村岡組の跡目を狙う打本の思惑は村岡(名和宏)の気分を害することになり、跡目は山守に譲られた。かくして、山守組は広島最大の組織にのし上った。その頃、山守系の槙原(田中邦衛)の舎弟分浜崎と打本の舎弟分小森が岩国でもめていた。山守は傘下の者を督励して岩国へ兵隊を送った。打本と兄弟分の広能や江田はそれには参加しなかったが、筋目を通すために松永(成田三樹夫)、武田(小林旭)と共に打本に盃を返した。孤立無援になった打本は指を詰め、明石組へと逃れた。明石組は早速、最高幹部の宮地(山本麟一)や相原(遠藤辰雄)を広島に送った。やむなく広能たちは打本に詫びを入れ、浜崎と小森は打本の仲裁で手打ち、という事になった。これは事実上山守組の敗北である。やがて、打本は兼ねての念願が叶って明石辰男から盃を受け、その傘下に加った。結果、明石組は遂に広島にくさびを打ち込んだことになった。山守は対抗上、明石組に対抗できる唯一の暴力団、同じ神戸の神和会と縁組みすることにして、その斡旋を広能に依頼するが、広能は冷たく拒否した。数日後、広能は槙原の若い者に命を狙われた。広能ははっきり山守の存在がこの世界のためにならぬと思い、罠にはめるべく、神和会との渡りをつけた。神和会は山守組と兄弟盃を交わした。これによって広島に於いて二大勢力の対決という事になったが、明石組は広能らに打本との盃を復活するようにと強硬に申し入れてきた。広能は打本との盃を復活した。それを知った神和会は山守の責任を厳しく追求してきた。広能の思惑は見事に当ったが、しかし老獪な山守は、全ての責任を広能におしつけ、破門することで逃れた。明石組は、広能の窮地を救うため、打本に命じて武田、松永らを絶縁させた。しかし武田は、元打本組の早川(室田日出男)を抱き込み、打本を襲撃した。昭和38年5月、遂に広島抗争事件の幕が切って落された。


池玲子                            渡瀬恒彦

題名:仁義なき戦い 代理戦争
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:笠原和夫
撮影:吉田貞次
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:雨森義允
装置:稲田源平兵衛
装飾:清水悦夫
衣装:豊中健
技斗:三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
助監督:土橋亨
製作進行:伊藤彰将
スチール:藤本武
出演:菅原文太、小林旭、梅宮辰夫、田中邦衛、渡瀬恒彦、山城新伍、池玲子、中村英子、堀越光恵、金子信雄、内田朝雄、加藤武、曽根晴美、名和宏、川谷拓三、成田三樹夫、室田日出男、丹波哲郎、鈴木康弘、山本麟一
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
仁義なき戦い 代理戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、金子信雄             菅原文太、山城新伍、成田三樹夫、小林旭

映画「仁義なき戦い」


菅原文太

菅原文太                       松方弘樹

今回は深作欣二監督1973年製作「仁義なき戦い」をピックアップする。
原作は日本暴力団抗争史上で最も多くの血を流した“広島ヤクザ抗争”を、獄中手記をもとに書き綴った飯干晃一氏の同名小説で、ドキュメンタリー・タッチで描いた大ヒット実録ヤクザシリーズの記念すべき第1作目だ。


松方弘樹

【追記・訃報】
東映の時代劇、やくざ映画を中心に活躍した俳優の松方弘樹さんが、2017年1月21日に死去した。享年74歳だった。また「仁義なき戦い」シリーズなど数多くの映画・テレビドラマで活躍した渡瀬恒彦さんが、が2017年3月14日に死去した。享年72歳だった。


松方弘樹、菅原文太                  金子信雄

【ストリー】
終戦直後の呉。復員後遊び人の群れに身を投じていた広能昌三は、その度胸と気っぷの良さが山守組々長・山守義雄の目にとまり、山守組の身内となった。当時の呉には土居組、上田組など四つの主要な組があったが、山守組はまだ微々たる勢力にしかすぎなかった。そこで山守は上田組と手を結ぶことに成功し、当面の敵、土居組との抗争に全力を注ぐ。その土居組では組長の土居清と若頭・若杉が仲が悪く、事あるごとに対立し、とうとう若杉は破門されてしまった。そして、若杉は以前からの知り合いである広能を通じて山守組へと接近していった。若杉の山守組加入で、土居殺害の計画は一気に運ばれた。広能は土居殺害を名乗り出た若杉を押し止どめ、自ら土居を襲撃し、暗殺に成功。ところがそれ以来、山守の広能に対する態度が一変し、組の邪魔者扱いにするようになり、広能は結局自主して出るのだった。その態度に怒った若杉が、山守の若い衆を殺害したことから、警察に追われ、激しい銃撃戦の後、殺された。その間にも、土居組の崩壊と反比例して、山守組は増々勢力を伸ばしていった。しかし、その組の中でも、主流派の坂井鉄也と、反主流派の有田俊雄という二つの派閥が生まれ、山守を無視しての内戦が始まっていた。まず、市会議員・金丸と、土居組の残党を味方に引き入れ勢いづいた有田は、坂井の舎弟山方、兄弟分上田を殺害した。激怒した坂井は有田を破門するとともに、報復に出た。次々と射殺される有田一派、ついに血で血を流す凄惨な抗争車件に発展してしまった。そして、警察の出動により有田は逮捕、兄貴分の新開は殺された……。勝ち残った坂井は、広島の海渡組と手を組み、山守に替って呉を支配するかのように振るまうようになった。やがて今ままでの内戦を黙視していた山守の巻き返しが始まった。山守は、丁度その時仮釈放で出所した広能に坂井暗殺を捉した。冷酷な山守の魂胆を見抜いている広能は、微妙な立場に立たされた。山守に従う気はないが、そうかと言って坂井に手を貸す気もなかった。そんな時、矢野組々長・矢野修司が坂井と海渡組の手を切るぺく画策中に殺された。山守の恐るぺき執念がついに実行される。殺気立っていた矢野組々員をけしかけ坂井を襲撃させたのである。坂井は血だるまになるまで銃弾を受けた。翌日、坂井の葬儀が盛大に行われた。広能はかつて憧れたやくざ社会に虚しさと怒りを抱きながら無傷の喪主山守の前を去っていった。


梅宮辰夫                       渡瀬恒彦

題名:仁義なき戦い
監督:深作欣二
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:笠原和夫
撮影:吉田貞次
照明:中山治雄
録音:溝口正義
美術:鈴木孝俊
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
衣装:山崎武
技斗:上野隆三
記録:田中美佐江
編集:宮本信太郎
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
助監督:清水彰
製作進行:渡辺操
出演:菅原文太、松方弘樹、梅宮辰夫、川地民夫、金子信雄、木村俊恵、中村英子、渡瀬恒彦、三上真一郎、田中邦衛、川谷拓三、伊吹吾郎
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
仁義なき戦い [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川地民夫                     田中邦衛

【追記・訃報】
日活のアクション映画や、故菅原文太さんと共演した東映「まむしの兄弟」シリーズなどで活躍した俳優の川地民夫(かわち・たみお、本名河地猛=かわち・たけし)さんが2018年2月10日に神奈川県横須賀市の病院で死去した。逗子の家の隣に住んでいた石原裕次郎さんの勧めもあって大学1年生の時に日活に入社。1958年に映画「陽のあたる坂道」で裕次郎さんの弟役でデビューした。その後、小林旭、沢本忠雄との「三悪トリオ」として売り出した。当時の日活では裕次郎さんの“タフガイ”、二谷英明さんの“ダンプガイ”など“ガイ”が付くとスターの証となったため、「“僕たちは何ガイ?と聞きに行ったら“問題ガイ”だって」とテリー伊藤との雑誌の対談で明かしていた。日活退社後は文太さんとのコンビで「まむしの兄弟」シリーズ9作に出演。他にも時代劇や2時間ドラマにも数多く出演し、昨年もフジテレビ「トクチョウの女~国税局特別調査部~」で元気な姿を見せていた。
(スポニチアネックス2018年2月12日配信)