映画「大いなる旅路」


三國連太郎                 風見章子、三國連太郎、小宮光江

今回は関川秀雄監督1960年製作「大いなる旅路」をピックアップする。
本作は国鉄機関士の青年が、壮年まで家族と共に歩んだ30年を描いた作品だ。当時の東映社長であった大川博氏は、国鉄OBだった事もあり、自ら企画をしたそうだ。その結び付もあって蒸気機関車の脱線シーンは、盛岡鉄道管理局長の立会いで実車を脱線転覆させて撮影を行ったというから凄い。東映は国鉄から、鉄道機関士の真摯な生き方を描く作品であると評価され表彰を受けたが、その後の「新幹線大爆破」で信頼・協力関係を失ったそうだ。


国鉄8620形蒸気機関車の脱線シーン      ※ミニチュアやCGではない実写撮影

【ストリー】
大正末期の北国。吹雪をついて機関車が進む。轟音を発し、なだれを浴びた機関車は断崖に転落した。橋本機関手(河野秋武)の助手をつとめていた岩見浩造(三國連太郎)にとって、この事件は、彼の一生を決定した。列車の安全運転に生涯をかけようというのだ。浩造には佐久間太吉(加藤嘉)という親友がいた。二人は東鉄教習所の試験を受けた。失敗した浩造は、黙々と山間の機関士を務めた。その間、石巻の漁師の娘ゆき子(風見章子)と結婚、長男忠夫(南廣)が出生した。世の中は満洲事変、日支事変、やがて大東亜戦争へと移り変った。家族は次男静夫(高倉健)、三男孝夫(中村賀津雄)、長女咲子(小宮光江)と増えた。父と同じ盛岡機関区に勤務する忠夫は出征した。静夫は東鉄教習所に見事パス。父の運転する列車で東京へ向った。孝夫は予科練に入隊した。その頃、忠夫の戦死公報が入った。咲子は親の反対を押切って、徴用工田辺(長谷部健)と家を出た。浩造とゆき子には心痛が続いた。静夫は太吉の娘芳江(八代万智子)と結ばれ、久しぶりに明るい表情が浩造夫婦に戻った。昭和30年。浩造の機関士生活も30年を教え、髪も雪のように白くなった。田辺に捨てられた咲子も名古屋の製材所で働く神崎(山本麟一)との新生活に再出発した。東京に出たまま行方がわからなかった孝夫が戻って来た。彼はみるかげもなくやつれ、数日後、短い一生を終った。新橋駅長になって帰郷した太吉は、浩造と想い出の岩手山を訪れた。鉄道記念日の日、浩造は国鉄から功績章を受けた。晴れの授賞の日に老妻ゆき子と二人で盛岡を出発した。功績章を胸につけた浩造は、ゆき子と静夫の運転する“こだま”に乗って名古屋に向った。そこには元気な咲子が待っていた。鉄道生活30年、雪と汗と油にまみれた。喜びも悲しみも機関手一筋に生き、鉄路を愛してきた浩造を、故郷の山河は暖く迎えた。そして明日への決意を新たにした。


高倉健                       中村賀津雄

題名:大いなる旅路
監督:関川秀雄
企画:岡田寿之、斎藤安代、加茂秀男
製作:大川博
脚本:新藤兼人
撮影:仲沢半次郎
照明:銀屋謙蔵
録音:廣上庄三
美術:森幹男
編集:長沢嘉樹
音楽:斎藤一郎
製作主任:山下明
助監督:梨岡元
出演:三國連太郎、高倉健、南廣、中村賀津雄、梅宮辰夫、風見章子、加藤嘉、小宮光江、八代万智子、利根はる恵、河野秋武、東野英治郎、日高澄子、山本麟一、長谷部健
1960年日本・東映/シネスコサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
大いなる旅路 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大いなる旅路
八代万智子、加藤嘉                  八代万智子

三國連太郎 (国鉄8620形蒸気機関車を運転)        高倉健 (国鉄151系こだま号を運転)

大いなる旅路」国鉄8620形蒸気機関車

大いなる旅路」国鉄151系こだま号

三國連太郎、風見章子                大いなる旅路

映画「婉という女」


岩下志麻                         緒形拳

今回は今井正監督1971年製作「婉という女」をピックアップする。
本作は、封建制度下の土佐藩で40年もの間、幽閉された婉(えん)の実話を記した大原富枝氏の同名小説を映画化したもので、岩下志麻さんが好演している。しかし、狭いスタジオに配置された家屋のセットに感じた圧迫感は、狙いなのか?独立プロダクションでの低予算の為に用意出来なかったのか?分からなかった。


中村賀津雄                       北大路欣也

岸田今日子                       北林谷栄

【ストリー】
土佐藩家老野中兼山が失脚して死ぬと、藩政を握った政敵たちは、当時わずか四歳であった婉たち兼山の遺族を宿毛へ閉じ込めた。外界と完全に接触を断たれた婉は、せまい獄舎をそれ程苦しいとは思わなかったが、娘として成熟するにつれ、獄舎はせまくなり、自由ではなくなってきた。異腹の兄弟とはいえ、せまい一つの世界での男であり女である。「他人に会いたい!」くずれるような婉を学問が支えた。婉が二六歳になった時、奇蹟が訪れた。亡き父兼山を敬慕する青年学者谷秦山が幽居を訪ねてきたのである。獄吏に遮られ対面こそできなかったが、許された年に一、二度のそれも学問上の質疑に限られた秦山との文通は、婉の中の女の生命の炎を烈しく燃やした。そして四〇年ぶりに触れる新しい世界、岩石をくだき、白い飛沫をあげる川の流れ……。互の存在を知りあって実に二〇年ぶりの初対面。別れしな、婉の手をつつむように握った秦山の手のぬくもりは、いつまでも消えることはなかった。だが外界も婉ののぞんだような自由な世界ではなかった。世間の好奇な眼があり、妻子ある秦山と会う事は思うにまかせず、いぜんとして文通でしか心は通じあえなかった。世間という漠としてとらえがたい障害、しかも秦山はその力に抗じがたいものを見、婉から遠ざかろうとしている。秦山に想いを寄せる婉の気持とは逆に、秦山は婉に婚姻をすすめた。やがて思いがけぬ悲運が婉を見舞った。土佐藩の継続問題がもとで、秦山が幽居を命ぜられたのである。婉と秦山の立場が逆転した。「幽居にはじめて訪れたただ一人の人。こんどは私が会わずば気がすまぬ」。婉は駕篭を駆った。途中城代、山内主馬の行列とぶつかった。婉は侍たちをキッと見上げた。「元家老、兼山の娘、婉、邪魔だちは許しませぬぞ!」。婉の体内に政治へのすさまじい抵抗がみなぎっていた。

題名:婉という女
監督:今井正
企画:本田延三郎、高島幸夫、鈴木尚之、今井正
製作:内山義重
原作:大原富枝
脚本:鈴木尚之
撮影:中尾駿一郎
照明:平田光治
録音:安恵重遠
音効:福島幸雄
美術:川島泰三、平川透徹
装飾:荒川大
衣装:上野芳生
美粧:川口裕弘
技髪:川口義弘
考証:林美一
着付:橋本潔
記録:吉田栄子
編集:丹治睦夫
音楽:間宮芳生
製作主任:小山孝和
助監督:長井博
撮影助手:豊田収
照明助手:本橋俊男
美術助手:永沼宗夫
装飾助手:安田彰一
録音助手:中山義広
編集助手:丹治光代
スチール:木庭鴻志
現像:東洋現像所
出演:岩下志麻、中村賀津雄、緒形拳、江原真二郎、河原崎長一郎、北大路欣也、山本学、岸田今日子、加藤嘉、長山藍子、北林谷栄、織本順吉、田代美恵子、佐々木すみ江
1971年日本・ほるぷ映画/シネスコサイズ・カラー123分 35mmフィルム
婉という女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


婉という女

映画「喜びも悲しみも幾歳月」


佐田啓二、高峰秀子

今回は木下惠介監督1957年製作「喜びも悲しみも幾歳月」をピックアップする。
本作は戦前から戦後の燈台守一家の波乱に満ちた生活を描いたものだが、1956年に雑誌掲載された福島県塩屋埼灯台長の妻、田中きよさんの手記から題材を得て木下監督が脚本を執筆している。撮影は、観音崎、御前崎、安乗崎、野寒布岬、三原山、五島列島、瀬戸内海の男木島、女木島など全国で行われた。本作で「戦場のメリークリスマス(1983年/大島渚監督)」の撮影監督である成島東一郎氏が色彩技術(色彩計測=撮影チーフ助手)として参加されている。


佐田啓二、高峰秀子

【ストリー】
上海事件の昭和7年--新婚早々の若い燈台員有沢四郎(佐田啓二)ときよ子(高峰秀子)は、東京湾の観音崎燈台に赴任して来た。日本が国際連盟を脱退した年には、四郎たちは雪の涯北海道の石狩燈台へ転任になった。そこできよ子は長女雪野(有沢正子)を生み、2年後に長男光太郎(中村賀津雄)を生んだ。
昭和12年には波風荒い五島列島の女島燈台に転勤した四郎一家はともすると夫婦喧嘩をすることが多くなった。きよ子は家を出ようと思っても、便船を一週間も待たねばならぬ始末であった。気さくな若い燈台員野津(田村高広)は、そんな燈台でいつも明るく、台長の娘真砂子(伊藤弘子)を恋していたが、真砂子は燈台員のお嫁さんにはならないと野津を困らせた。昭和16年--太平洋戦争の始った年に有沢一家は、佐渡の弾崎燈台に移り、今は有沢も次席さんとよばれる身になっていた。B29が本土に爆音を轟かす昭和20年--有沢たちは御前崎燈台に移り、東京から疎開して来た名取夫人と知合った。まもなく野津といまは彼の良き妻の真砂子が赴任してきた。艦載機の襲撃に幾多の燈台員の尊い命が失われた。戦争が終って、野津夫婦も他の燈台へ転勤になった。それから5年--有沢たちは三重県安乗崎に移った。燈台記念日に祝賀式の終ったあと、美しく成長した雪野と光太郎は、父母に心のこもった贈物をするのであった。やがて雪野は名取家に招かれて東京へ勉強に出ていった。昭和28年には風光明眉な瀬戸内海の木島燈台に移った。ところが大学入試に失敗して遊び歩いていた光太郎は、不良と喧嘩をして死ぬという不幸にみまわれた。歳月は流れて--思い出の御前崎燈台の台長になって赴任する途中、東京にいる雪野と名取家の長男進吾(仲谷昇)との結婚話が持ち出された。やがて二人は結婚して任地のカイロに向う日、燈台の灯室で四郎ときよ子は、二人の乗っている船のために灯をともすのであった。そしてめっきり老いた二人は双眼鏡に見入った。そして、長い数々の苦労も忘れて、二人は遠去かる船に手を振った。旋回する燈台の灯に応えて、船の汽笛がきこえて来た。

題名:喜びも悲しみも幾歳月
監督:木下惠介
原作:木下惠介
脚本:木下惠介
撮影:楠田浩之
照明:豊島良三
録音:大野久男
美術:伊藤熹朔、梅田千代夫
装置:小林孝正
装飾:山崎鉄治
衣装:吉田幸七
編集:杉原よし
音楽:木下忠司 主題歌:若山彰「喜びも悲しみも幾歳月」
フィルム:イーストマン・コダック
現像:東洋現像所
色彩技術:成島東一郎
特殊撮影:川上景司
製作渉外:小倉武志
撮影渉外:手代木功
出演:高峰秀子、佐田啓二、中村賀津雄、桂木洋子、有沢正子、田村高廣、仲谷昇、伊藤弘子
1957年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー149分35mmフィルム
喜びも悲しみも幾歳月 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰秀子、佐田啓二