映画「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」


池玲子                          叶優子 

今回は志村正浩監督1973年製作「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」をピックアップする。
本作は”恐怖女子高校 シリーズ”第3作であり、”ずべ公番長シリーズ“や”女番長シリーズ“とは違って”学園”という閉鎖空間で展開されるので、常に陰惨で閉鎖的な雰囲気が漂っている。ラストのセーラー服姿で敵を機関銃で一掃する池令子さんのビジュアルは、相米慎二監督1981年製作の角川映画「セーラー服と機関銃」のオリジナルイメージに他ならない。

【恐怖女子高校シリーズ】
1972年「恐怖女子高校 女暴力教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」監督:志村正浩 出演:池玲子、叶優子
1973年「恐怖女子高校 アニマル同級生」監督:志村正浩 出演:池玲子、一の瀕レナ
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


衣麻遼子                        太田美鈴

【ストリー】
米軍基地のある町、ここに私立女子高校・聖愛学園がある。その良家の女の子だけを集めている三年A組には“紅ばら会”なるグループがあり、番長の西園寺美也が北海道に転校するので、選挙により、副番の野中鷹子が跡目をついだ。だがその頃、鷹子の父で市会議員の総太郎が、妊娠した尾形雪子という女性を同乗させて自動車事故で死んでしまう、という事件を起こした。そこで、鷹子と同じ副番で、PTA会長の速水勇作を父にもつ絹枝は、鷹子をハーフや貧乏人ばかりのD組に強制的に組を代えさせて、自分は“紅ばら会”の番長となった。D組には、リンダ、テレサ、吹子らで組織された“恐竜会”なるグループがある。鷹子はリーダーのリンダと対決して番長の座を奪った。ある日、鷹子は、絹枝たちに襲われるが、尾形二郎と名乗るダンプの運転手に救われた。二郎は雪子の弟で、雪子は、ある重大な秘密を知ったので殺されたのだ、と告げて去った。一方、絹枝は、勇策と取り引きのある商事会社の社長・シェパードの配下を使って“恐竜会”のエミリーを強姦させ、反抗したエミリーは射殺されてしまった。鷹子たちは、学校側に抗議をするが、この事件は勇策とシェパードに闇から闇へと葬られ、逆に“恐竜会”のメンバーは全員退学させられてしまった。そんな時、鷹子は、再会した二郎から、雪子は勇策の秘書で、妊娠の相手は勇策であること、勇策と米兵の間で行っていた密輸を雪子と総太郎が知ったことから殺されたことを知らされた。そして、その二郎も奴らに殺されてしまった。ある日、今は新人歌手として戻って来た美也の立あいのもとに“恐竜会”は“紅ばら会”と決闘して叩きのめしてしまう。やがて鷹子らは勇策と絹枝父娘を、仕組んだ情事で失脚させ、二郎の持っていたマシンガンで、シェパード一味を撃ちまくった……。


三原葉子                       白石襄、池玲子

題名:恐怖女子高校 不良悶絶グループ
監督:志村正浩
企画:天尾完次
脚本:関本郁夫、志村正浩、鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:吉村晟
装置:近藤幸一
装飾:松原邦四郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:土井淳之祐
記録:森村幸子
編集:堀池幸三
音楽:荒木一郎 挿入歌:愛川まこと「私が今愛し始めた女は」 太田美鈴「好きではじめた女じゃないが」」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:真沢洋士
演技事務:伊駒実麿
助監督:俵坂昭康
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、叶優子、衣麻遼子、白石襄、三原葉子、太田美鈴、ベラ・シーム、早乙女りえ、一の瀬レナ、鈴木サチ、愛田純、碧川ジュン、城恵美、芹明香、遠藤辰雄、大泉滉、松村康世、名和宏、中村錦司、松井康子、星美智子、畠山麦
1973年日本・東映/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
恐怖女子高校 不良悶絶グループ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。




恐怖女子高校 不良悶絶グループ             池玲子

映画「女渡世人 おたの申します」



藤純子、菅原文太                  島田正吾、藤純子

今回は山下耕作監督1971年製作「女渡世人 おたの申します」をピックアップする。
本作は、藤純子さん主演の任侠シリーズ「女渡世人」の第2作だ。私は藤純子さん主演の任侠映画で最高傑作であると思う。良く練られた優秀な脚本、手抜きのない華麗な殺陣、色香を漂わせ、人情の華を咲かせる表情豊かな藤純子さんの演技、どれをとっても素晴らしい。本シリーズは残念ながら、藤純子さんの結婚引退により本作で打ち切られていた。


藤純子、三益愛子                    金子信雄

【ストリー】
ひと昔前、上州で名を売った柔政の娘、太田まさ子(藤純子)は渡世修業のため各地を点々と旅していた。大阪に立ち寄ったまさ子は、博徒南田一家の賭場で宇野の船宿浜幸の息子良吉(林彰太郎)を徹底的に負かしてしまう。博奕で負け、その上、三百円の借金まで背負った良吉は、この博奕はいかさまだといってまさ子に刃を向けたが、その時、この前田一家の客人としてワラジをぬいでいた梅田の銀三(待田京介)が飛び出し、良吉を殺してしまう。賭博の胴師をつとめたまさ子は、やくざの掟に従い、賭けの借金取立てを引受けるとともに、良吉に対する多少の憐れみもあって、良吉の故郷宇野へと旅立つのだった。その旅の途中、元やくざで今は渡り床職人として旅をする音羽清次郎(菅原文太)と出逢ったまさ子は清次郎の人柄に魅かれるようになった。宇野へとやってきたまさ子は、幸作(島田正吾)と盲目の妻おしの(三益愛子)に歓迎されるうちに、二人の暖かい心に打たれた。幸作は、良吉が背負った、三百円の借金を作るために、船宿の権利証を担保に金融業者の小西(中村錦司)に金を貸り受けるが、小西が暴力団滝島組とつながっていたため、権利証は滝島(金子信雄)の手に渡ってしまう。この街に遊廓を作ろうと前々から幸作の土地を狙っていた滝島は、権利証を手に入れると、これをタテに幸作や、それに続く長屋の住人に圧力を加え始めた。金を受取ったものの、こういった事情を知ったまさ子は滝島組に乗り込み、権利証を返すように頼むが、滝島は受けつけなかった。その頃、まさ子に横恋慕する銀三は、滝島組の助勢のため南田とともに、宇野に到着した。数日後、まさ子と共に宇野にきていた清次郎は、銀三と会った。清次郎は、銀三に弟の勘次郎を殺されたことから床職人となって銀三を捜し続けていたのだった。幸作に恩義のある清次郎は、船宿の権利証と引きかえに助命をこう銀三を見逃した。無事権利証が幸作のもとに戻ったのも束の間、滝島組の作業員として働いていた三蔵が幸作に助けを求めてきたため、これをかくまったことから、幸作は銀三に殺されてしまう。おしのの閉された瞳から流れる涙を見たまさ子は、この知らせを聞いて駈けつけた清次郎と共に滝島組へと殴り込んでいった。まさ子は傷付きながらも滝島を討つが、清次郎は銀三たちと相打ちとなり倒れる。まさ子に抱きかかえられながら清次郎は「姐さん。お前さんだけは日向に咲かしてあげたかった。」と言い残し事切れる。警察に連行されるまさ子を人々は冷たい目で見送るが、おしのは必死でまさ子の名を叫ぶのだった…。


待田京介、菅原文太                 藤純子、南利明

題名:女渡世人 おたの申します
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:山岸長樹
照明:中山治雄
録音:中山茂二
美術:鈴木孝俊
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:松田孝
技斗:谷明憲
記録:田中美佐江
編集:宮本信太郎
音楽:渡辺岳夫 主題歌:藤純子「女渡世人」
進行主任:上田正直
助監督:篠塚正秀
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、菅原文太、島田正吾、待田京介、金子信雄、三益愛子、南利明、遠藤辰雄、三原葉子、阿井美千子、林彰太郎、中村錦司、志賀勝
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
女渡世人 おたの申します -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


女渡世人 おたの申します

映画「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」



藤純子

今回は山下耕作監督1969年製作「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」をピックアップする。
緋牡丹のお竜”こと女侠客・矢野竜子が闇討ちで殺された父の仇を求めて賭場を流れ歩き第一作で仇を討ち、二作目以降は、渡世修行するために、諸国まわって義理と人情を踏みにじる不正な悪党と戦っていくという緋牡丹博徒シリーズの第5作は、四国徳島が舞台になる。本作は、東映任侠映画の頂点に達している作品だと思う。

【ストリー】
明治中頃の四国徳島。緋牡丹のお竜(藤純子)は、子分清吉(高宮敬二)を重病のまま刑務所から出迎えたものの、折からの嵐の中で途方に暮れてしまった。そんなお竜を救ったのは江口(待田京介)、だが清吉は世話になった藍の小作人茂作(中村錦司)の家で他界した。その頃、百姓たちは地主である旦那衆にしいたげられて、小作料争議を起していた。ところが旦那衆は江口を代表とする交渉を拒否、鳴門川一家は旦那衆の命によって悪くどい仕打ちに出た。この鳴門川(天津敏)は四国一帯に勢力を伸ばす観音寺親分(河津清三郎)と手を結び、徳政一家を乗っ取ろうとしていた。そんな折、茂作の息子猪之吉(五十嵐義弘)がイカサマをしたことから、江口が傷つけられ、千吉が殺された。遺体を引取りに来たお竜、鳴門川、それに千吉の親分武井(名和宏)の間に殺気がみなぎった。だが、居合わせた三次(鶴田浩二)の機転で事なきを得、お竜は窮地を救われた。三次から鳴門川の悪事を聞いた武井はお竜と手を結び、観音寺を敵に回した。そんなある日、清吉に怨みを持つ博徒の小城(丹波哲郎)がお竜に迫った。だが、小城はお竜の態度に好意を抱き、勝負をあずけた。お竜が熊虎(若山富三郎)を尋ねて道後へ向った留守に、鳴門川と観音寺は武井を闇討ちし、阿波踊りの当日を迎えた。三次は、武井に対する恩義から大尽賭博の真っ只中に乗り込んだが斬られ、小城の看病のかいなく死んだ。お竜の怒りは爆発し、阿波踊りに興ずる鳴門川を倒した。一方、お竜から事の一部始終を聞いた熊虎も観音寺の前で盃を割ると容赦なく斬り込んだ。


鶴田浩二

題名:緋牡丹博徒 鉄火場列伝
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:矢田精治
装置:岡田邦雄
装飾:柴田澄臣
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
技斗:谷明憲
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:俵阪孝宏、福井良春
助監督:篠塚正秀
スチール:諸角義雄
出演:藤純子(富司純子)、待田京介、若山富三郎、鶴田浩二、丹波哲郎、里見浩太朗、河津清三郎、天津敏、三島ゆり子、名和宏、高宮敬二、中村錦司、五十嵐義弘
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
緋牡丹博徒 鉄火場列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 鉄火場列伝

藤純子